FC2ブログ

比多強羅

今日は保護者の皆さまが
首を長くして待っておられた
音楽祭のプログラムを
子ども達は持ち帰っています。

うっすら
公式んーふぁーが
すかし絵のように印刷されていますよ。
大きいクラスの子ども達には
是非聞いてみて下さい。

※んーふぁー
にじのとり保育園に存在する
架空の生き物。
子ども達の頭の中でのみ生息していたが
つい先日とうとう公にその姿を出した。
形態は多種多様存在する。追々発表。

「ん」から始まる言葉なので
みかん→んーふぁー・・と
魔のしりとりループ。

さすがに今日ぐらいになってくると
みんな髪の毛もこざっぱりとして
舞台のこちらから見ていても
可愛い表情がよく見えていますよ。
いいですね~。
この感じ。

そしてみんなの
髪の毛切ったアピールもすごい。

音楽祭と名付けてはいますが
子ども達の生活発表の場です。
もうここまできたら
毎回出来映えが違っていて
その時々が全てですから
当日の子ども達の姿に
ご期待ください。

・・・・・

さて、
今日はどんなことを
ネタばらししようかな・・。

小さいクラスの子ども達。
0歳児のひよこ組
1歳児のめじろ組
を経て
2歳児ひばり組で
一区切りの時を迎えます。

今はまだ
場所が変わったら涙
違う先生がきたら涙
なのですが
そんな子ども達が
舞台の上に立っているだけで
いつも私は感動しています。

小さいクラスの子ども達は
本番で泣き叫んで
何もやらなかったとしても
その時の姿を目に留めていただくとして

先日お部屋の中で
本番の衣装を身につけて
リラックスした空気の中で
出し物を披露した姿は
ムービーに収めていますから
後からおさらいしましょうね。

お熱が出てお休みしても
だから大丈夫♫

明日朝から一度舞台に立ちます。

・・・・・

今回の大きいクラスの劇は
・CATSと
・かぐや姫。

二つの共通点は
どちらにも<おじいさん>が
存在することです。

姉さん女房のおばあさんに
常に色んなことを諭される
なぜか一人だけ大阪弁の元気なおじいさん。
それがTEAMかぐや姫のおじいさん。
あ、ちなみにおばあさん。
2年連続泣きの演技で観客の涙を誘うところで
つい笑ってしまうのは
相方のおじいさんが大阪弁だから
とうことにしておきましょう。

チームCATSのおじいさんは
みんなの信頼一手に集める長老です。
まみ監督から台本読みぐらいの段階で
かなり重厚な演技を求められて
何度も何度も「こんな感じ?」と
踏み込んだ演技に対して
悩みながら答えを追求していました。

おうちで練習していたのかいないのか
中尾彬さんバリのなりきり度は
保育園史上随一ではないでしょうか。
普段の己の姿を全く感じさせない
考えて演じ上げた長老の姿。

両おじいさんをお楽しみに♫♫

今日の写真は
TEAMかぐや姫より
竹林でかぐや姫を見つけた
件のおじいさんのおうちの情景。



たんすの上に飾ってあるのは
おそらくおじいさんが得意とする
例の手作り装置で
その上に飾ってある文字も
おそらく例の言葉・・・・。

そして、最後は
差し入れて頂いたおやつ。
きっと
「みんなよく頑張ったね~」
っていう思いが詰まった愛のラムネ。



明日は
お給食持ち出して外で食べるから
その時に頂きます!

ありがとうございます!


園長(明日は最後の練習日・そしてプチピクニック)

音楽祭ネタばらし

いつもこの時期には
私が少しずつ
音楽祭のことを
公式にネタばらしを
していく時期ですが
プログラムも
実はまだ練っていまして
成形するのは
本番当日寸前のことに
なるのかもしれません。

どの演目も
思いに溢れて見せ場がありすぎて
誰も彼もが主役すぎて
どうしましょう。

たとえば練習のたびに
歌の並び順が変わったり
立ち位置が微妙に変わったり

少し前まで
劇の台詞が長くて
難しいんじゃないかなと
四苦八苦していた子がいました。
もう私は
台詞をカットして
変えてもいいんじゃないかな、、と
進言しようと思って見に行ったら
あらあらあらら
スルスルと言えるようになっているのも
いつものミラクルです。

鍵盤ハーモニカも
えらい上手になっています。
一人一人の弾く音に耳を澄ませて
近くに行くと
イキイキした顔を覗かせてくれます。

どうぞお楽しみに。
どの演目からも
キラキラした子ども達の息吹を
感じてください。

分園に連絡事項があって来ていた
ゆみ先生が
かもめさんが歌う姿を
初めて目の当たりにして
号泣しているシーンを見たり

ひーこ先生から
卒園式の段取りを聞いていたら
もう涙目になりながら
「明日は卒園の練習はナシでいきましょうね」
なんて言われるし。

さささと頭を切り換えて
出さなきゃいけない書類のこととか
考えて頭の中を
必死でフラットにしていました。

・・・・・

卒園式の練習は
ノーコメントです。
色んな寄せ書きとか
文言とか書いているだけで
短いようで
やっぱり長かった
にじ組さんとの年月が
ぶわーーーーっと巡ってきます。

ここを過ぎれば
あっという間に
生まれた時から小学生だったような顔をして
通学路を歩く姿を目にするのですが
節目の時は
やっぱり思いが溢れます。勝手に。

今年はこれまでで一番
卒園式の練習をしていない年かも
しれません。

・・・・・・

実は今週から
4月に入職する先生が一人
研修に来ています。
しおり先生と言います。

しおり先生は
学校を卒業した先週まで
ずっと愛媛の実家で
生活をしていました。

何をしても
何を話しても
キラキラしています。

キラキラの若い魂が放つ
弾けるような笑顔が
いつまでも輝いていられるよう

若いしおり先生が
ここで子ども達と実現したい
あんなことやそんなことを
感動と共に実現できるよう
心してお手伝いしたいと思います。

それと、
ななつぼし保育園に
事務員さんが来てくれました。
まだ2日目ですが
溜まっていた仕事が
サクサク片付きます。

お世話になってる
社労士さん
会計士さん
行政書士さん
税理士さんに加えて
ふきえ先生。

ボンクラな私に
またヘルプの手が差し出されました。
しっかり掴んで
私のやりたいことに
ますます心血注いでいきたいと思います。

ふきえ先生
私を見つけてくださって
ありがとうございます!
これからどうぞよろしくお願いします!

音楽祭の後には
もう一人、また一人と合流しますよ。
お楽しみに♫

・・・・・・・

写真は音楽祭で使う小物。



これ、
今回の音楽祭の為に
購入希望の欄に入っていて
面白いのでOKしたら
コレを持ってる人が
片時も離さず
えらいイキイキしてると
ひーこ先生から報告を受けて見に行くと
本当に片時も離さず
楽しげに操っていました。

これは表には出てきませんが
どうぞ音を想像してお楽しみに♫


園長(明日は2度目の予行練習)



逃げる!!

今日は
ひばり組の演目をチェックし
大きいクラスの劇遊びの様子を見て
卒園式の練習に少し立ち会い
にじ組とデートをして
卒園証書の文言を考えていたことが
表立ってしていたことです。

卒園式の練習をしている時
毎年にじ組さんが涙ぐむのです。
嫌だ!
歌も今年はオリジナルの歌詞で
より今年の子達らしく仕上がってるのが
また嫌だ!

・・・・・・

にじ組さんを見ている私の
最近の心の声

赤ちゃんだったじゃん!
抱っこ紐の中に入って
指くわえてたじゃん!

いつまでも泣いてたじゃん!
先生のお膝は
いつも一人占めだったじゃん!

髪の毛生えるかなぁ
なんてママが言ってたのに
今日は三つ編みしていて
びっくりしたよ。

ママに女子力上げろ!
このままじゃダメ!
なんて無理言ったのに
ママは素直に従ってくれて
今じゃみんなの憧れだ!

もうこのまま
大きくならなくていいよ。
ずっとひばり組だよ!
なんて言ってたのに
勝手ににじ組になって
勝手に小学生になってしまうね。

しかし、
揃って泣き虫な学年だったなぁ。
しっかりしていて
放っておいても
センターに立っちゃうような子達が
みんな違う園に転園が決まって
特におとなしくて
特に前に出たがらない
お友達の様子を見てるのが好き♫
っていう4人が
気付けば残ってくれていたね。

そんな4人がめきめきチカラをつけて
それぞれの個性に磨きをかけたのは
にじ組になってからだったなぁ。
そうか。
一番上になったら
しっかり輝くんだね。

お世話をしてくれる人や
無条件でかばってくれる人が
誰もいなかったら
何でも一人でできるだけじゃなくて
小さいお友達に
優しくしている場面を
いっぱいいっぱい
見せてもらった1年だったなぁ。

優しくしてもらったら
優しくしか返せないよね。
小学校へ行っても
大人になっても忘れないでね。

子どもの世界だって
立派な社会だから
時には友達同士でも
嫌なこと言うし言われるし
やるしやられる。

だけど
ちゃんと
許すこととか
仲直りする気持ち良さを
覚えたよね。

そんな4人に伝えたいことが
ひとつあるけど
今はまだ言わない。
あの日まで取っておくね。

だからいつもこの時期
園長センセはね
1年で一番心と頭を使うのよ。
それは
卒園証書に書く言葉を
心と頭に聞いてるからね。

大きくなった時に
卒園証書を見たら
もうその頃にはきっと
細かいことは忘れてるだろうから
小さな小さな時に
どんな姿でここにいたのかを
短い言葉で書いておくことにするよ。

大きくなって
つまずいた時には
卒園証書見るんだよ。
そこには、その時
あなた達が忘れている
自分の本当の姿が書いてあるからね。

あー
だから今は
もう少し
ボイコットさせてね。

適当に耳をふさいで
聞かないようにして
他のこと考えて
練習の時はいつも聞き流してるよ。
あなた達の歌や言葉。
あー嫌だ!

だから
明日も逃げます。
走ります。
楽しいことだけして過ごそ。



写真左側は
去年の卒園証書。
今もきっと輝いています♫


園長(もういくつ寝ると焼売太楼♫)


自分を表現すること

3月16日の
にじのとり音楽祭に向けて
劇や歌や鍵盤ハーモニカの
仕上げに入っている
分園の子ども達です。

個別練習に精を出したり
お友達の演じる姿を見て
声なき「すごいなー」とか
にじ組さんへの憧れが
お部屋中にたくさん宿っています。

よく勘違いをされますが
一糸乱れぬ完璧さを
披露することが目的ではありません。
子ども達は
劇やミュージカルで
どんな役を与えられても
どんな曲を演奏したり歌っても
表現しているのは
自分自身です。

それは
小さい子も大きい子も同じです。

・・・・・

今日の写真は
ある日の双子コーデ。

洋服が揃ったところで
この2人の共通点を。





隠し持つポテンシャルは
表現力。
紙でも砂でも粘土でも絵の具でも
何を出されても
あらゆるツールを駆使して
自分を表現できること。
常に頭の中に
確固たる自分があること。

時には静だったり動だったりして
ある意味アウトローだから
みんなと同じ時に
同じことするなんてダサいのさ
というのが
学年の違う2人共通のマイルール。

だから
興味ない話の時は
魂がどこかに
お散歩に出かけているのが
よくわかります。

ママはそこを
心配していたりするけれど
少し先に学校へ行ったら
嫌でも訓練されていきます。
やはり今は
今持つ自由な発想と表現を
何より大事に育てたいと
私は思っています。

お誕生日を迎えたお友達に
何か質問ありませんか?
と聞かれた時に
「好きな動物は?」とか
「好きな乗り物は?」という質問の
5歩ぐらい先をいく

「好きな魔法の杖は何ですか?」
なんていう禅問答みたいな質問が
サラッと出てくるので
とても頼もしいのです。

園長(チャッピーちゃんの
魔法の杖が好きです♫)


03/03のツイートまとめ

nijinotori_1135

@kyatarou2014 私のヤツ沸騰10分、蒸らし10分の土鍋です(^^)美味しいですよね〜♫
03-03 22:33

幼稚園の運動会、リレー。次男のクラスはピンクのバトン。やっぱり遠くて見えないから応援を頑張ることに。ビリでバトンをもらって走るピンクのアンカーの子がゴボウ抜きで3人を抜いて1位になった。カッコイイな〜あの子!と思ったら次男だった。これもビデオには残っていない肉眼のステキな思い出。
03-03 00:44

プロフィール

にじのとり

Author:にじのとり
大阪市北区で(株)にじのとりが運営する
にじのとり保育園/ななつぼし保育園の日常と
園長の主観だらけのひとりごとです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
46位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
3位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR