FC2ブログ

はじめまして!みのりです!


「みのり先生もブログ書いてみーひん?」
「給食への思いとみのり先生から見た保育園
っていう感じで、かるーーく、かるーーく」
「責任は私が取るから(男前)」

園長先生からの
いつもながらの急な
でも嬉しい提案により
今日からにじのとり保育園のブログ全部・・
ではなく

保育園でのお給食のことや
おやつのことだけでなく
私自身のおうちごはんや
美味しいお店のお話など
食べ物にまつわるあれこれを
この場をお借りして
書かせていただくことになりました。

小林美栞(こばやしみのり)です。
(実はコロナ禍に地味に結婚しました)

にじのとり保育園で現在
分園の子ども達のお給食と
おやつを作っています。

にじのとり保育園で働き始めて半年とちょっと..
わたし自身今までにない
かけがえのない時間を
先生達や
子ども達とともに過ごす毎日です。

給食の時間は
今日の献立に使われている
食材の栄養のお話だけでなく、
正しい姿勢でご飯を食べること
野菜の価格変動など...(笑)
(天気によってお野菜の値段って変わるんだよ!などなど...)
そんな小話をしたり、

お誕生日にはリクエストを聞いて
おやつを手作りさせていただいています。
(すでに修行に出ないといけないくらい
難関おやつのリクエストもチラホラ...笑)

給食の時間だけでなく
一緒にお散歩に出かけたり、
外に走りに行ったり
お部屋で遊んだり...

他にはない
子ども達との距離が近すぎる
給食の先生かと思います。
(決して園長先生が人使い荒いわけではありません)

そこで、保育園で起きるアレコレを
(給食のことはもちろんそのほかも)
わたし目線でお伝えできたらなと
思いますのでよろしくお願い致します!

今日のところはごあいさつだけです。
オチはありません。


S__37896209.jpg



みのり(文面ですが緊張しております)

5歳男子が見たアメリカ大統領選挙と運動会

本題の前に
保護者の方からご要望を頂きましたので
本日より
にじのとり保育園本園と分園の
毎日更新している黒板を
私のTwitter 
@nijinotori_1135
あきやまちかこ(Chikako Akiyama)
で毎朝共有させて頂くことに致しました。

今日だけコチラでも。

kokuban.png

先生は「サッカー」?とか真剣に考えて答えたら
出題したかもめ組の兄さんは
「ぶっぶーー!!!ちがいまーーす!!
正解は、サボン玉でしたーーーー!!」と。
大人ってホントに頭が固いのですよ。


kokuban2.png


今年度前半のお誕生日会は少なくて
後半に集中しているのが分園の特徴で
今からお誕生日会大ラッシュなのです。
カードの手作り、
黒板の文言、
一人一人に向けた絵本やお話。
心を追いつかせることが
本当に一大仕事なのです。

心をこめることが仕事の大半
という先生ならではの心の声なのです。

今日はお昼過ぎの更新になりましたが
明日からは基本、朝の更新にしたいと思います。
見て頂けましたら
リアクションいただけますと
励みになってとても嬉しいです。
明日の黒板も沁みいります。(まだ企業秘密)

現在私のTwitterは
より自由度を上げるため
ブログと連携させていませんので
お時間見つけてTwitterでぜひご覧ください。

ついでに、今私が
毎日夢中になっている
Twitterアカウントをひとつ
今日は共有致します。

@jamafra1243
世界の驚くべき生き物たち-スマホケース販売中!
というアカウントで

珍しい動物や昆虫の生態や自然の姿が
そこでは紹介されています。
ついつい見入ってしまいます。

先日は
こんなキレイな鳩の写真が
掲載されていました。
自己責任で閲覧してみてください。


S__37896196.jpg


ムネアカアオバト

さて、アカなのかアオなのか
あいだとって
ムラサキじゃん・・・・
いや、実際胸は
オレンジじゃん・・・

と、なかなかに色味深いハトですが
こんなハトは初めて見たので
嬉しくなって共有です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アカかアオかと言えば。。。。。。

にじのとり保育園(本園・分園共に)と
ななつぼし保育園には
ピンク色のノートがあります。

そこには
ご家庭での様子をはじめ
保育園とはまた違うお子さまの姿や
ご両親のお考え、
子育てを離れた時のママの興味など
色々なことを共有して頂け、
日々の保育に相当の力を発揮しています。


今日と明日は
そのノートの中からお話をしたいと思います。
今日はつばめ組のとある彼のお話です。

アメリカ大統領選挙のさなか
家で新聞の見出しを見ながら
「バイデンさん、あと5州だね~」と
彼は呟いたそうで、
なかなかに興味ありげなので

ママが
「あなたは
バイデンさんとトランプさん
どちらを応援してる?」と聞くと
考えた末に彼は
「トランプさん」だと。

まさか政治的根拠があったりなかったりか?
とママが思ったかどうかは定かではありませんが
「なぜトランプさんなの?」と
その根拠を聞くと

「だって、バイデンさんはカムイ。
トランプさんはシーサーだからだよ。」

ふむ!なるほど!

第三者の皆さまは
きっとポカーンですからご説明をしますと
保育園の運動会のチーム分け、
今年は
ブルーカムイと
レッドシーサーで競っています。

すなわち
青と赤との闘いなのです。

選挙の結果を示すアメリカの地図は
赤と青で色分けされていましたね。

件の彼がどちらのチームに所属しているのかは
ご想像の通りなのですが、

運動会という行事への参加は
当日のかけっこや綱引きのみならず、
運動が得意かどうかも無関係です。

大きいクラスも
小さいクラスも
大切なのは、それまでの関わり
というところにあります。

私自身も
運動はそんなに大得意!
というわけではありませんでしたが
運動会は大好きでした。

保育園の運動会では
毎年色んなドラマが繰り広げられるのですが
数年前に優勝した
ブルーチームのリーダーが
メンバーに夜な夜なしたためた
がんばろうレターの話を
思い出しました。。。。

当時リーダーの彼女は
決して足が速いわけでも
力が強いわけでもなく
目立つこともあまり
得意ではなかったのですが

自分より小さい子達を励まし
負けて泣く子のそばにいることができる
という優しい資質を伸ばすことに
運動会が大きく貢献したと思います。

「がんばろうね」と書いた
そのお手紙を渡すことが
自分のできることだと
そこに全神経を
注いでいたのだと思います。

みんなにこっそり渡すのだと
束になったお手紙を見た時に
鳥肌が立ったことも思い出しました。

時を経て、
バイデンさんとトランプさんを
自らの運動会になぞらえて
うふふ♪と楽しむ姿。
そこにも新しい
運動会の楽しみ方がありますね。

それでいいのだと思います。
彼のこの発言を
ご家庭から教えてもらったことを機に
今私は身の回りのものを
赤と青に分類しては楽しんでいます。

運動会まで赤と青ごっこを
折に触れ子ども達と共に
楽しみたいと思います。

それも
運動会。
そういうことが
運動会。

たとえ当日が中止になっても
それまで重ねた<運動会>は
決して消えませんし
重ねたことで育まれた
大切な心の根っこもなくなりません。

子ども達と過ごす私達は
当日を目指してきちんと旗を立てながらも
当日神話に
振り回されてはいけないのです。

写真は
これまでの戦いの結果。




undoukai.jpg




園長(ノートはまだまだ面白い♪明日に続く♪)



絶景

今日は、にじ組で
誕生日会が行われました。

今日の主役は
保育園生活最後のお誕生日会です。
今年も例年通り
おめかしをしてきてくれました。

だけど今年のは少し違う。
女の子らしいドレスなのだけど
色やディテール合わせを
ママに手伝ってもらいながら
好きなアレに完成させてやってきて
自信満々のニッコニコでした。

今回の衣装には
相当のポリシーがあったようで
担任の先生との朝のコソコソ話での
衣装確認も気合が入っています。
わかってもらえた嬉しさと
わかった喜びと。

さて、今年のにじ組は
みんなからお祝いをしてもらったら
当日の主役が
みんなにお返しのナニカをするのですが

これまで
ボククイズや楽器演奏、
マジックなどがありました。

先生が事前に
当日の主役とミーティングをするのですが
今回は
『鬼滅の刃クイズをしたい』という
たっての要望が叶いました。

でもこれ
ただ先生が考えてきたクイズを
皆の前でやって
正解か不正解かを言うものではなく

・自分で3択クイズの出題を考える
・クイズの進行も自分主導で行う

というハードルが与えられていますから
鬼滅の刃は好きだけど
みんなの前で話すのはちょっと・・・
とか
クイズ考えるのはちょっとなぁ・・
では成立がしないのです。

今日の主役の彼女は
いつもは内弁慶で
みんなの前に出たら
恥ずかしくてもじもじしたり
大切なことを伝えられずに
口惜しい思いをしながら
自分の中に抱えてしまいがちな姿を
私は保育の中でたくさん見てきましたから
出し物をする前
一人ドキドキを抱えて応援していました。

でも、やっぱり
『好きなこと』を手にした彼女にとっては
そんなことは怖くもなんともなかったのです。

クイズが始まった途端に
いつもと違うとびきりの笑顔がそこにあって
私の無駄な心配は
一瞬で喜びに変わりました。

最初っからとっても自信満々に
そしてとっても嬉しそうに
クイズを出題している姿に
人が本来みんな持っている
ほんとに
好きなことをして輝いている姿の
核を見せつけられて涙が滲みました。
絶景を見た時に流れるソレと同じ涙です。

クイズを出題している姿。
ジェスチャーを示している姿。
それは絶景でした。

先生も子どもも。
老いも若きも。
やらされているのや
やらなければならないのとは違う
好きなことや、やりたいこと、
実現したいことがあって
それを楽しんでいる時の
ワクワクとかイキイキとか
時間が止まったような、
言葉にならない
神がかりなひとときというのが
ココにはちゃんとあります。

この姿が見られたら
他はもう何もいらない
と思えるほどの絶景。

子ども達を見る私の目も
先生達を見る私の目も
私自身を見る私の目も
変わらず同じです。

得意とか不得意とかの概念は不要です。
そもそもが
なんでもできるよう
なんでもが備わっているはずですから
大人は
できるようになることを目的にしがちですが

本当は
もうできていることに気付くだけで
いいのかもしれません。

子ども達は
大人の先生です。

さぁ。
もうすぐおやつタイムです。
今日のおやつは主役のリクエストで
決まります。

今日は『ごませんべい』のリクエストです。
みのり先生
それはそれは
何度も何度も何度も何度も
試作を繰り返し、試行錯誤をして
『柔らかい瓦せんべい風ごませんべい』
が、美味しく形になりました。

ポイントは『すりごま』タンマリと
『味噌』を入れること。
『味噌がミソでした♪』とみのり先生♪
(言ってないのに言ったことにしてスベらせる)

お誕生日
おめでとう♪♪
写真は
今日の主役のための黒板と
今日の主役のためにチョイスした絵本です。

S__37871618.jpg



園長(来年度もリクエストおやつは続きますよ♪)


ハロウィンと誕生日会と選挙と

さて、
保育園でのハロウィンの様子は
保護者の皆さまと
動画で共有しましたので
もうそろそろお腹いっぱいかと
思うのですが

その日、本園へ向かうために
例の姿で歩いていた
ななつぼし保育園の子ども達に
声を掛けてくださり
キャンディーを配ってくださった
美容室のお兄さんとお姉さん、
ありがとうございました!

写真はハロウィンの日の
樋口先生。

お給食は
具沢山のかぼちゃシチュー。
ななつぼし保育園のおやつは
樋口先生手作りのマフィンと
おせんべいです。

楽しんで欲しい♫
一緒に楽しみたい♫
は、保育園の隅々まで
ビッシリです。



・・・・・

朝からハロウィン三昧でしたが
分園では
お誕生日会が行われました。

今年のにじ組の
エンターティナーは
女の子にも
小さい子にも優しいナイスガイ。

この時期の子ども達の
成長の段階で育まれる「優しさ」は
往々にして「涙」が伴うことを
私は実感しています。

嬉しい、楽しい、不快
だけでなく、
悲しい、とか
悔しい、とか
寂しい、などの感情も
日に日に育つ子ども達は
時に現実と頭の中とが
チグハグになって
言葉で説明できなくて
自分の感情に
ついていけなくなる時が
それぞれにあって
そのひとつの着地として
「涙」が出るのだなぁと思います。

よく見ていると
6歳になる頃には
みんな、少しずつ自分の涙や感情に
オトシマエをつけられるように
なってきています。

お誕生日を迎えたエンターティナーが
今まさにその時です。

今年のにじ組は
みんなの前でやりたい「ナニカ」を
事前に先生と話し合って決めて
お誕生日会当日に披露します。

今回は
「マジック」でした。
笑って驚いての
楽しい時間でした。

楽しい時間×楽しい時間=♾

お楽しみ
リクエストおやつは
「ぶどう」でした。
ハロウィンも重なったので
フワフワ生クリームタップリの
「フルーツサンド~ぶどう~」
でした。

友達からも先生からもお祝いされて
嬉し恥ずかしい思いを
存分に体験することで、
喜びの器は確実に
チャージされますね。

やがて成長した時、
目の前の誰かのハッピーを
見返りなく
抵抗なく喜べる道筋や
素地ができたら嬉しいです。

6歳!おめでとう !



保育園のあり方も
きっと今後どんどん変化を伴います。
それは予知でも夢でもなんでもなく
現場にいれば
肌を突き刺すように感じています。

家庭との連携の大切さや
正直なところを
これからも発信し続けていきます。


園長(私は選挙に行きます♫)

お知らせ

にじのとり保育園に関わる
多くの皆さまと
にじのとり保育園を知る
更に多くの皆さまと
これから
にじのとり保育園を知るかもしれない
更に未知数の皆さまへ

2012年3月。
大阪市北区紅梅町に
小さな認可外保育園として
にじのとり保育園は産声を上げました。

その時の私の思いを
言葉にすると、
『さ、できたよ!』に集約されます。

当時の私には
遥か昔に魂レベルで約束をした子ども達が
この場所を見つけてくれる
根拠のない確信しかありませんでした。

しがない
私の思いだけでスタートした
認可外保育園でしたが
ありがたいことに
半年もしないうちに
満員になりました。

その3年後に分園の場所と出会い
3歳以上の子ども達が
通える環境を作り、

更に2年後、当初視野になかった
企業主導型保育園を
とあるNPO法人さまからのご提案によって
始めることができ、

北区の地に
現在構えている3園がそろい踏みして
気付けば
産声を上げたあの年から数えて
9回目の秋を迎えています。

そんな実りの季節に
皆さまへご報告がございます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

にじのとり保育園(本園)は
このたび、
2021年4月(奇しくも10回目の4月)より
認可の小規模保育園
(所在地変わらず自主財源での設置施設)として
リスタートを致します。

これまでに関わってくださった
全ての皆さまには
感謝しかございません。

何もない私のことを
学生時代から
なぜか大きく信頼してくれていた
30年来の付き合いになる学友の
おもちゃのお姉さんを筆頭に
(現3年生には
キレイなお姉さんと呼ばせてたな・・・)

お恥ずかしい
ボランティア価格で
バックヤードを
美しく整備してくださり
時期を見計らって
認可へのトライを推し進めてくださった
経験豊かで優れた社労士の先生をはじめ

ご縁あって
ここで私と一緒に子ども達と向き合い、
人生の時間を惜しげなく使ってくれた
多くの先生達。

そして、なにより
ほぼ私との面談とブログだけで
命よりも大切な我が子の
一日を過ごす場所として
認可外の新設保育園を選ぶ
という選択をしてくださった
開園当時ご利用頂いた
保護者の皆さまのご決断に
心より感謝を申し上げます。

ムチャな皆さまがいてくれたからこそ
現在まで、この細い道が繋がりました。

その他書ききれないほど
これまで関わってくださった
本当に多くの皆さまの
お一人お一人に
心から感謝をお伝え致します。

ありがとうございました。
ありがとうございます。
これからも
にじのとり保育園は
子ども達とご家族の今を
共に慈しんで歩み、育んで参ります。

どうぞこれからも
これまで通りのあたたかいお見守りと共に
これまで以上にご指導ご鞭撻のほど
よろしくお願い致します。 


写真は入園時に
皆さまにお渡ししている
手作りのおまもりさんです。

開園当初は私が
まだ建物も見つからない時から
夜な夜な
まだ見ぬ子ども達の
保育園生活の安全とハッピーを祈願して
作っていたものを、お渡ししていました。

少し後からは
そのおまもりさんを手にした一人のママが
私の暑苦しい思いを引き継いでくださり
声を出して仲間を募って『手芸部』を結成し
現在では、その手芸部の皆さんが
作ってくれています。

少し前からは
卒園した子ども達の中から
得意な子達がそのメンバーに加わりました。

中に入れる魂は保育園で
より深くかかわる担任の先生が用意します。

来年度
早々に入園をお決めくださった皆さま、
こちらもオタノシミに
今しばらくお待ちくださいませ。

もちろん
にじのとり保育園
ななつぼし保育園
共通の贈り物です。


fc2blog_20170415125556fe4.jpg



10月吉日
株式会社にじのとり代表
にじのとり保育園園長 秋山智賀子

プロフィール

にじのとり

Author:にじのとり
大阪市北区で(株)にじのとりが運営する
にじのとり保育園/ななつぼし保育園の日常と
園長の主観だらけのひとりごとです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
5位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR