FC2ブログ

まだまだ続くよ

最近<食>の話題が多いですが
生で伝えないと
どんどん話が古くなっていくので
アウトプットに神経使います。

昨日のお話にでてきた
私が分園でマーキングした
「家庭での食の経験が少ない」
と感じたぼっちゃま。

なぜそう感じたかと言うと
いつもおかずに対して
ナーバスだから。
好きなカレーは
飲むように食べるけど
それ以外はとっても慎重。

はっは~ん、、
ちょっとゴネたら
怒っていても
ママは
簡単に食べられる
好きなものを出してくれるんだな、、

限界までダラダラすれば
ボクの願いはすぐ叶うってことが
しみついてるな、、、
ふーーーーーむ、、

どんな好き嫌いで生きていこうが
そこはそれぞれの自由だってことに
したとしても
<食べる>っていうことが
<幸せなこと>っていうのは
カレー以外でも感じて欲しい。

ただ、それはあくまでも結果で
私が一番伝えたいのは

ママがお子さんに興味を持って
向き合うことの大切さです。
それは小さなことに
いちいち口を出すというのとは違って
日常の小さなことを
一緒に楽しんで欲しいなと願っています。

そして
満を持してママにヒアリング。

・帰りが遅いので夕飯まで待てず
つい好きなお菓子を食べさせてしまう。

・夕飯に鍋をしても全然食べない。
挙げ句納豆ごはんで終わり。

・食べないから食べるものだけを
与えてしまう。

・今日の晩ご飯何にする?って聞いても
「ごはんのことばっかり言わないで!」と
返される。我が子は食べることに
興味がないのだと思う。さて、どうしよう

・・・・・・・

私がママに提案したのは
お鍋の時に用意するところから
一緒にさせてみてください。
ということ。

それだけでした。

ママは二つ返事で翌日
夕飯の鍋料理を
お子さんと準備しました。

「一緒に作る?」と聞いたら
ものすごく嬉しそうに
最後まで手伝ってくれて
これまで食べたことなかった
鍋の野菜も
きれいにたくさん食べたそうです。

一緒に料理をすると
その時間ママは
しっかりお子さんを見ています。
お子さんはそれだけで嬉しいです。
大切なのは
時間の長さではありませんから。

その間にお話もします。
小さなことですが
そんな積み重ねで会話力、磨かれます。
自分で作った!
野菜も食べられる!
と、自信がつきます。

ママからお休みの日にこの報告を頂いて
どんなに嬉しかったか
おわかり頂けますか?

私が嬉しかったのが
野菜を食べられたことではないことも
おわかり頂けますか?

早速私が翌日
「家でお料理したってママに聞いたよ。
BOSSがお手伝いしてくれて
ママはすごく嬉しかったって
言ってたよ。
園長先生も嬉しいよ~♫」
って言いました。

「野菜も全部食べたんだって?」とは
私からは絶対言わない作戦。

「またお料理するねん!」と言って
あんなに<素みそ汁>を
希望していた彼が
お味噌汁の具をキレイに平らげてから
私を見てニンマリしてくれました。

このサイレントトーク
言葉にすると
「野菜だって食べたんだよ」
「だから給食のお味噌汁なんて余裕だよ」
「すごいね♫」
と、なるのでしょうが
そんな言葉ではもったいないのです。

だから私はいつも
大きい子達との会話は
ちょっとだけ
言葉にしない方法をとります。

一緒にお料理をしたこと
野菜を食べたこと
これは手段と結果で
今回一番嬉しいのは
ママがお子さんと
ちゃんと向き合ったこと。

人との関係を育むというのは
<向き合うこと>だと思っています。
相手が子どもの場合
まったくもって親の片思いです。

でもそうしてかける
片思いの愛は
我が子が大きくなった時
友達や自分の子どもや
周りの人に心を掛ける種になります。

よかった。
一人のママが気付いたら
一人の悲しみが癒されて
自分に自信を持って生きられる。

なんてことない
日常に埋もれているお話です。

私のアドバイスや
ブログなどでお伝えしていることに
いちいち刺さらなくても
「うるさい人が言うから
一回そのようにやってみよっかな」
の、気持ちを持ってくださるママの
お子さんはハッピーだと
それはほんとに思います。

一緒に!
一緒に!
1人じゃない!
私がちゃんと覚えています!

fc2blog_201902141900224ca.jpg


・・・・・・

え?なに?
ええお母さんが
今頃こんなこと言ってんの?
お母さんでしょ
自分の子どもぐらい
ちゃんと見てあげなさいよ!

これ、
怖い言葉ですよね。
でも、年配の
しかも
子育て経験者から
実はよく聞く言葉なんですよ。

私も現役子育て時代
同僚の、私がいないところで言ってる
とげのある言葉に
どれだけ悔しい思いをしてきたことか
と思い出してるふりしてみましたが
忘れました。

何をしていても言う人は言いますし
子育てをしているママの敵は
子育て経験者の意地悪おばさんだったり
するのは現実です。

だけど
骨身削って
(あ、なけなしの財産も削って)
相当に嫌われながら
ここで保育園を
開園しているということは
少なくとも私は
私の手を掴んでくれた
ご縁あるママのことは
絶対に見捨てません。
一緒に笑って失敗しましょう♫♫♫

園長(それら全て込みの保育料です)


食育はご家庭で


私は幼少期
福井の田舎で祖父母の家で育ちました。
食材は新鮮な魚介と
様々な方法で調理された野菜
目の前のたんぼでとれたお米と
臭くないお水。

鍵をかける習慣のない
広い玄関の家の茶の間で

祖父がいない時は
厳しい祖母と一緒に
たたみのお部屋で
正座で背中を伸ばして食べないと
檄が飛びましたが
食事中は普通に楽しい話をしてくれました。

また、祖父がいる時は祖父のお膝で
お魚ほじほじしてもらって
食事をしていました。
そんな時は祖母も
目を細めて私と祖父を見ていました。

そして、
毎日ではなかったと思いますが
適当な時間になったら
示し合わせたように
近所のおじさんやおばさんがやってきて
一緒に食べたり飲んだり歌ったりして
そんな喧噪の中眠くなった私は
布団に連れて行ってもらう。
そういうことが私の食の原体験です。

私はその原体験をなぞるように
いつまでも話しをして
いつまでも笑っている食卓を
形にしてきたつもりになっています。

自分が育ったようにしかできないというのは
必ずしもそうではないと思いますが
今の子ども達が

お父さんもお母さんも遅くまでお仕事をしていて
ご飯をいつも一人で食べていたから
参観日にもお母さんは来ないから
そういうもんだと思うから
自分もそれしか我が子にできません、、
ということにならないように
幼少期にしかできない
愛の植え付けを怠らないように
して欲しいと切に願います。

食育という言葉が世の中に出始め
食育インストラクターなんていう肩書きも
ちらほら目にします。

だけどそんな堅苦しかったり
勉強チックなことじゃなくて
おうちでしっかりごはんを食べていたら
それが食育だと思います。

一緒に買い物に行って
時々一緒に作ったりして
下手とかうまいじゃなくて
そうすると会話もしますから
それに勝る食育はないと思います。

カリキュラムとしてなんでもかんでも
学校や幼稚園や保育園に投げては
家庭力がどんどん下がります。
働いて家にいないこととか
我が子に充分かまえないことを
そんなに正当化して
教育機関に投げるより

限られたわずかな時間で
親子時間を培っていく方法を
模索しながら見つけて
行動する以外の時間はないと思います。

・・・・・・

お子さんを19時前にお迎えに行くと
それから夕食の準備です。
当然お腹が空いています。
ご飯ができるまで待てずに
お菓子やパンなど好きなものを
食べることも止められないのも
わかります。

その結果
お子さんの食事が
ドッグフード化して
いつも同じ(味は違う)
レンチンごはんで済ませてしまうケースも
増えてくるのも
致し方ないかもしれません。

それは4歳を迎える頃の集団生活で
みんなと同じものを食べる中で
<家庭での食の経験が乏しい>ということを
子ども達が示してくれるようになります。

示してくれたら
しめたものです。
すぐに私はママにお話をします。

私が分園で給食時間を過ごすのには
そういう理由もあるのです。
ただ、ふりかけ持って行って
鼻先にんじんしているだけではないのですよ~♫

そこで先日見つけた
おうちでの食の経験が
ひょっとしたら乏しいのではないかなぁ?
と、マーキングしたぼっちゃんと
驚くほど素直に行動に移したママの話は
ママの快諾を頂きましたので
次の機会にじっくりお伝えするとして

もう
キミらはこれぐらいにしといてエエよ
っていうお兄さん二人の
今回の連休のおうちごはんの
親バカ写真が今日のお写真。



レオ君は2年ぶりの味噌造りにトライ。
味見をしたら「きなこみたい・・」と
言ったそうです。
感想が生きてますね~。これでこそですね。
保育園で今度お味噌を作る時は
アシスタントやってもらいましょうね。

いつもオチに使ってごめんなさい。
海老蔵兄さんは
今回はホットケーキ作り。
ひっくり返してるかっこいいところの写真は
ママの腕かぶりでお蔵入りです。
おうちでもちゃんとマスクっていうあたりが
面白みなんですよ。

保育園でやっているお楽しみ給食は
あくまでもヒントの糸口です。
たとえば
え?なんじゃ?このメニュー?!
と思って、うちでおお子さんが言う通りのレシピで
作ってみてから身につくものです。
何度も言いますが(たとえば)ですよ。

園で調理のまねごとした
よかったねー ではもったいないのです。
大人数で調理をすると
見ている時間の方が長いのですから。

ボクもっとやりたかったんだよなー
とお子さんが言ったら
次はもっとたくさんやらせてもらいなさい
とたしなめるのではなく
おうちでママと一緒に作るチャンスです。

おうちで一人で
何の順番も待たずにできることを経験すると
保育園などの大人数の時
普通に「どうぞ」と譲れるのです。
それは優しいからだけではなく
大元が満たされているからなのだと思います。

満たされていて初めて
人は人に優しくできるのではないでしょうか。

幸せは決して身を削って与えるのではなく
自分を満たして余った分が
自然にあふれ出して
誰かを満たすお手伝いを
しているのだと思っています。
利息が利息を産む仕組みに
なっているのだと思います。

園長(生きてる間の実験です♫)

気の話

時々、透明人間になりたいなぁ
と思います。
やらなければ に、追いかけられながら
付けっ放しのテレビから
8人の娘を育てる
シングルマザーの1日が
流れてきました。

彼女は朝6時に起きて
全員のお弁当を作り
下の2人は保育園
あとの子はそれぞれ学校へ。
保育園に送った後
スーパーで夕飯の仕込みをします。

なぜ朝にスーパーへ?
の質問に
夕方にスーパーへ行ったら
混んでいて
子ども達との時間が減るからと
さらりと答えて
10分ほどで買い物を終えます。

朝9時からコンビニでの仕事。
4時に終えて保育園へお迎え。
一緒に帰って夕飯の支度。
みんなで手作りのご飯を食べた後は
大きい子に任せて
夜9時からまたコンビニへ仕事に。
2時に終えて帰宅。

子ども達の寝顔確かめて
ようやく夕飯と自分の時間。
4時に寝て、また6時に起きて
振り出しに戻る、、、、。

給料は手取り20万円。
夫からの養育費8万円。
合計28万円でやりくりをし
児童手当には手をつけず
全てそれぞれの子ども達への
貯金に回しているというお話でした。

人それぞれの人生ですから
皆、自分の器で
自分の課題で生きていきます。
仕事も違えば
家で過ごす子どもの数も違います。
人生の価値観もそれぞれですが

生きていく上で大切なことって
そんなに多種多様
バラエティーに富んでいるばかりでも
ないのかなぁと思います。

今から、このテレビのお母さんと
同じ人生を生きてみろと言われたら
すぐに白旗上げて
降参すると思いますし

環境も境遇も違いますから
まるっきり真似はできませんが
何を食べても
何を着ても
今置かれた自分の環境で
見事な愛の花を咲かせている
このお母さんの足元に
少しだけでも
及びたいと思いました。

・・・・・

ふつうに食べていたら
勝手に体は大きくなります。
だけど、
植物で
よく実験されているように

愛ある言葉をかけられて
育った植物は
生き生きと育ちます。
人がそうならないはずはないと
思っています。

私の経験から
もう少し掘り下げると
言葉よりもっと影響を与えるのは
その言葉に込められた「気」
の方だと思います。
発語が困難でも「気」。

発した言葉の魂は
部屋の壁や天井や家具に
付着するのでは
ないかな、、と思っています。

だからせめて朝は必ず
両方向で換気してから
新しい一日始めましょう。

雰囲気の気
気持ちの気
思いやるという行い

手の届く
そばにいる人から
大切にしていきましょうね。

写真は
ある日のにじ組さんと私。
詐欺レベルの美肌加工で
全員と撮り溜め中。





1歳児さんのお肌は
このアプリで撮ると
軽く人間を超えます。

園長(食事は一緒にね♫)

場合ではない!

こんなことをやってる場合ではない時に
やってしまうこんなことだらけの
私の頭の中です。

今日のこんなことは
<来年度のマラソンの取り組み>
についてです。

昨日のこのページの投稿を受けて
更に詳しい情報を
教えてくださる
今も尚熱い1年生ママ達。

去年の卒園児である1年生達が
全員揃っていい順位だったことを
教えてくださいました。
(まさかのえっちゃんも!!)
←えっちゃんごめん!

小さいことですが
たったそれだけですが
私の頭の中は
ぐぉぉぉぉぉぉ~~~~~~
っといううねりの音を立てて
渦巻いております。

なんか、聞くところによりますとね
運動やってる子が
やっぱり上位にいるらしく
バスケを習ってる子の
コーチが見に来てたらしい!!

そんな話を聞いてしまいましたら
ウチにも体育担当が
新年度はもう一人増えますから
(おーーっと、ナイショ、
まだナイショ)

こりゃあかんな。
バスケチームや
サッカーチームから
スカウトがくるぐらい
地道な基礎ランニングを
毎日続けようではないか!

とか

小学校のマラソンコースを
来年の3学期は
走ってみようではないか!

とか

やっぱりスローガンは
カナグリシソウを
入れた方がええのんやろか、、

とか

運動会氏筆頭に
運動会激燃えパパ~ズや

ライザップ爺に
出張依頼して
スポーツ虎の穴
作ろうかな、、

など
書ける範囲はこんなところ
です。
んーーー
今夜は眠れない・・・

この時期
よくママ達に聞かれるのは

「新学期の担任の先生は
もう決まっていますか?」 ですが

まだ答えは「いいえ」です。
気になることかと思いますが
今しばらくお待ちくださいね。

「私です♫」って答えたら
どんな顔されるのかな
(あはははは)

・・・・・・・

とか、
書いてる場合ではない!
今日は真面目な
嬉しい話も。

にじのとり保育園の本園の入り口には
黒板が置かれています。
開園当初は
月1でみんなで持ち回りで
なんやかんやと書いていました。

私の目指すところは
お寺さんの入り口などでよく見かける
ネットでも見かける
<今日のことば>みたいな
そんな日替わりの
癒やしのボードになったらいいなぁと
思ってあの場所に黒板を用意しました。

私が一人で勝手にやるのは
簡単なことですが
みんなで持ち回るうちに
誰か好きな人が現われてくれたら、、
と思っていましたら

昨年から
自分自身の為に
「今まで若い人に任せてきたけど
今年から毎日書かせてください!」と
ソレがあまり得意でなかった先生が
黒板をキレイにリニューアルして
それこそ
雨の日も風の日も
書き続けていました。

そうしていると
ご近所の皆さんから
「写真撮っていいですか?」
「毎日楽しみにしています」と
お声を掛けて
いただけるようになりました。

fc2blog_201902081809240fc.jpg


そのたびに
嬉しいねぇ~♫と
声を掛け合っていたのですが
今日はとうとう
とある会社の
とあるご担当者さんが

「うちのHPでTOPページに
この黒板を使わせて欲しい」と
お声を掛けてくださいました。

それがコチラです。

大阪キタジャーナルさん



これから毎日こちらのページの右上に
本園前の黒板がお目見えします。
そしてその黒板をクリックすると
にじのとり保育園
ななつぼし保育園の
ブログに行き着くという
未開の地に
着地することができるように
なりました。

How wonderful!!

苦手とか不得手だと思っていることも
何かのきっかけで始めてみたら
いつのまにか
それを好きになっている自分に気付いて
心を込める習慣がついたら
いつの間にか
最初は苦手だったそれが
誰かの笑顔の源になる。

最初から好きなことなんか
わからなくてもよくて
大事なことは
聞く耳を持つ素直な心や
心を込めるとう姿勢の方だということを
私達は忘れてはいけませんね。

またひとつ
学んで心に刻みました。

これからも更に
誰も気付かないような小さなことにも
ほっこりとした心を込めて
過ごしていきたいと思います。

そんな黒板を書き続けてくれている
ひとみ先生って
この写真の
一列目向かって左端にいる人です。
好きな飲み物は
ハイボールです♫

fc2blog_201902081807534d1.jpg


園長(さぁ!食べよう!)

マラソンとお洋服のはなし

近くの小学校で
先日マラソン大会が行われたようです。

卒園したお子さんのママ達は
きっとがっつり応援に
行かれたのでは、、と
ニヤニヤが収まりません。

アナとエルサのノートに
3年生になった王子さまと
タイプ違いの友達、師匠の
3年間のマラソン結果を
ママが書いてくださいました。

2年連続紫色した軍師さまは
統計
データの分析・・
私の苦手なことをサラッとやってのけます。

3年生の2人の男子は毎年
ほぼ並んでゴールしているようです。
1年生の時は 25位と26位
2年生の時は 19位と20位
3年生の今は 12位と13位
6年生でのワンツーフィニッシュが
今から楽しみです。

また1年生のママからもノートで
去年のにじ組さん達が
みんな頑張って、
いい順位で走り切ったことや
マラソンコースの下見の時に
ひとみ先生に会ったことなどを
教えて頂きましたよ。

いいとか悪いは抜きにして
昨日と今日では
考えることや思うことが
違うのが人間です。

思うところは色々あっても
ほんとのところがわからない
憶測話や噂話で
わざわざ大切な時間を使って
頭悩ませ、嫌な言葉を集めて
忙しくすることなく
我が家のこと
我が子のこと
自分自身のことの為に
限りある時間を使いましょう。

この時間をどう過ごすことが
自分の幸せかな?
我が子の幸せかな?
家族の幸せかな?
と考えた時に
出た答えに忠実にいきましょう。

子どもの手が少し離れた頃に
ついついしがちなよそ見は
最低限に抑えて
他のことに縛られず生きること
オススメします。

新年度は
基礎体力の更なる向上に向けて
日々の生活を見直していきたいと
考えています。

余談ですが
私は海外通販で洋服を買うことが多いのですが
今は少し買い控えていますが
派手なガチャガチャしたお洋服は
たいてい海外の通販です。
安いのでつい買ってしまいます。
普段着に失敗したら
音楽祭の時の劇の衣装に提供して
ひーこ先生の手によって
毎年華麗に生まれ変わって命を与えてもらっています。

女の子のお洋服も
Poprealさんのサイトなどは
見ているだけで夢を見てしまいます。
お値段も安いので
時々買いそうになっては我に返る・・
そんな息抜きもアリですね。

今はその時々に応じた服装を
小綺麗にチャレンジしながら
いろいろ楽しんでください。

おしゃれごころとか
センスなんかも
今のうちの宝磨きだと思っています。

高いものがよしではなくて
一緒に選ぶ楽しさとか
ピッタリのものを着る気持ち良さ
似合うものの発見
リメイクの面白さ
可愛いね~
かっこいいね~と
パパやママに言われる恥ずかしさ
こういうことも
おろそかにして欲しくはないのです。

どうせもうすぐしたら
小学校も中学校も概ね高校でも
今いる子ども達は
制服に身を包むのですから。

だからにじのとり保育園は
ことあるごとにおめかしOK。
小綺麗な自分の姿を
自分に覚えさせること
ほんとに大切です。

今日の写真は
ついこの前お誕生日を迎えた
めじろ組のお姫様。
この後、
脱いで着替えるのに大汗かいて
今迄見たことないぐらい
大泣きで抵抗して
お部屋は大変なことになりましたとさ。

fc2blog_20190207150404b76.jpg


いい、いい。
嫌なことは断固として抵抗。
嫌だから嫌!
その意思表示大事よ。
それぐらいじゃなきゃね♫

園長(おしゃれ番長勢揃い♪)
プロフィール

にじのとり

Author:にじのとり
大阪市北区で(株)にじのとりが運営する
にじのとり保育園/ななつぼし保育園の日常と
園長の主観だらけのひとりごとです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
37位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
2位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR