FC2ブログ

8月5日、金曜日のそれから

夕方と言っても
まだまだ灼熱の大阪です。

金曜日の夕方、おやつの後の4時ごろから
またセミとりに行きました。

日に日にムシキングが増えていく
にじのとり保育園です。

金曜日に新たにムシキングに仲間入りして
自分で木からセミを捕まえたのは





フクちゃんと

fc2blog_201208050507266c9.jpg



ゆみちゃん。

fc2blog_201208050507385a1.jpg



大王も触れます。

fc2blog_20120805051036f23.jpg



一番小さいまりなちゃんも得意顔です。

fc2blog_201208050516123c5.jpg



お友達が触ってるのを見て
「ボクも♪」と申し出るも
「やっぱりダメ!」となってるのは師匠です。
にじのとり保育園一の<優しい男>は
きっとセミにも優しいのかも。


fc2blog_20120805052130f22.jpg



むしとり主任はかなセンセイです。
センセイ達にも得意と不得意があります。
存分にその得意を披露して
センセイが楽しんでセミをつかんでいる姿が
子ども達への刺激になって
「やってみよう」
「やってみたい」に繋がります。

一人で何もかもができるオール5でなくていいんです。
みんなでひとつの集合体。
それぞれが出来る技能や特性は存分に生かしつつ
心で笑って補い合えればそれでいいんです。

大切なのは<心>です。
にじのとり保育園は
子ども達ができる技能を高めることを目的としているのではなく
<ココロを育む>ことが一番の目的です。

だからセミも
自分で捕まえられることが目的ではなくて
夏の風物詩を知ったり
虫に対してその子がどんな感情を表に出すのか
ということが大切なのです。

ママやパパは
目先の見えることに振り回されて一喜一憂しなくていいのです。

あ、ウチの子はこの場面ではこうなんだ、、、

これを知っていただけることこそが
最大のねらいです。

じゃあそこからどうしていくか
ここを考えてみるだけでも
一人一人への対応も違ってきますから
人と同じでなかったり
親の望む反応をしなくて当たり前だと
気付いていただきたいのです。

子どもの頭の中は
大人なんかの陳腐な想像力でははかりきれない
すごくステキな宇宙が広がっていると
私は敬意を持って子ども達に接しています。




園長

スポンサーサイト



プロフィール

にじのとり

Author:にじのとり
大阪市北区で(株)にじのとりが運営する
にじのとり保育園/ななつぼし保育園の日常と
園長の主観だらけのひとりごとです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
35位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
4位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR