FC2ブログ

6月29日、7月に向けて

5月から6月に変わる時
お願いしたことは
<朝の儀式>
<おかえりの儀式>でした。

この1ヶ月、
どのご家庭もお忙しい時間帯の中
本当に忠実におやくそくを守り、
朝夕の子ども達に接しておられる姿に
喜びを感じます。

それはこれからも変わりませんので
更に心を入れてよろしくお願いします。

慣れないよう
飽きないよう大人がしっかり意識して下さい。

引き続き
・ベビーカーはドアの外まで
・みどりのすのこの上は靴では上がらない
・ドアを開けたらご挨拶
自分で靴を脱ぐ
自分で靴を靴箱に入れる
・歩ける子は歩いて保育室に入る

特に
みどりのすのこの上を靴で上がって
ぺたぺたと走っている時は
言葉だけで
『だめよ』の注意など子どもの耳には入っていません。
正しいポジションに戻してやって
子どもと同じ目線で目を合わせて
そうして言い聞かせるのです。
言い聞かせとはそういうことです。

子どもに言い聞かせ
わからせ、よい行いを身に付けることが
もちろん狙いであり、目的ですが
親がどこでもその姿勢を示すという
訓練でもあるのです。

慣れてはいけないし
決して飽きてはいけないことです。

子どもには保育園や幼稚園や学校があって
これからいろんなこと身に付けていきますが
親からの影響
親から学んでいくことの多さにはかないません。

子どもには塾があっても
親には学校も塾もないのです。
心していきましょう。

なないろ戦隊 親レンジャーとして♪



そうそう
そして7月。
7月からは
<ありがとう徹底期>に入ります。

保育園では
何かひとつの手渡し
水筒やおやつやお給食やおもちゃなどがそうですが
必ず
子ども達には
『ありがとう』と
言葉、もしくはアクションで示すよう
これまでよりも更に徹底させていきます。

極端な話
<どうぞ>と自分に向かって差し出されたものに関しては
<ありがとう> がなければ受け取れない仕組みです。

これはご家庭でも
ぜひお取り組みください。

すぐに習慣付きます。
同時に大人もです。
ご夫婦間
子どもとの間で
必ず交わしてください。

保育園では
センセイ同士敬語なのと
必ず元気な声で
『おはようございます』や
『さようなら』などの挨拶はもちろん

『すみません』
『ありがとうございます』の言葉も
とても気持ちよく交し合っています。


身についた<ありがとう>は
これからの生涯で
必ずお子さんの身を守ります。

家で飲み物や食事を与えた時
自分の家なのに他人行儀な、、と誰かに言われても
それは貫いてください。
家でのそのままが
ママやパパがいない時
お外で出ます。

今はまだ小さいのですが
『ありがとうは?』と言われてする最後のチャンスです。

この時期を過ぎると
いつまで経っても
大きくなった子に対して
親が
『ありがとうは?』と言わなければいけない羽目になります。



言葉じゃなくて
『ありがとう』の発生する時を
体で覚えるのです。
そこで心がはぐくまれるのです。
言葉流暢な『ありがとう』は後付けでいいのです。



さ、
今月からはコレですよ。

なんかなしに一日を過ごしていたら
子どもはあっという間に大きくなってしまいますから。

いい子に育てましょう。
やがては社会を彼らが担うのですから。




園長


スポンサーサイト



comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

にじのとり

Author:にじのとり
大阪市北区で(株)にじのとりが運営する
にじのとり保育園/ななつぼし保育園の日常と
園長の主観だらけのひとりごとです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
2位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR