FC2ブログ

カマキリ先生の生き物教室

えんきになった2月の
いきものきょうしつを
ほんじつおこないました。

いつもとかわりなく
エキサイティングにじかんが
すぎていく中

きょうは「か」について
みんなでちしきをふかめました。
きょうのじゅぎょうのようすを
すこしだけ
おしらせします。

しょうがくせいや
きゅうえんしているおともだちも
いっしょにかんがえてみてね♪

・・・・・・・

①にんげんの<ち>をすうのは
メスですがそれはどうして?

②じゃあオスはなにをすうの?

③なにいろのふくをきてたら
さされにくいの?

④にんげんのなにによってくるの?
1、いき(臭い口臭など)
2、ねつ(高いお熱など)
3、あせ(臭い汗臭など)
4、よっぱらい
(お酒臭いおじさんなど)

⑤<か>のあかちゃんは
どこでそだってる?



・・・・・・・

子ども達は
得た知識を試されること
いわゆる<テスト>が好きで
時々私は驚きます。

ドリルのように
こたえが明確なものを答えるのは
特に大好きですが

『〇〇についてどう思う?』
『〇〇はどうしてだと思う?』

など、正解がない問いかけに対しては
いつも
『〇〇ちゃんと一緒』とか
答えが出るまでもじもじして答えようとせず
答えが出たら
『そうだと思ってた』などと
言いがちです。

そしてそういう子ども達のほとんどは
ドリル式の出題では
いつもほぼ全問正解です。

誰も悪くありませんから
保育園でできるのは
少しでも経験値を上げることですね。

かまきり先生も
にじのとり保育園も
<グループでの話し合い>を
場面に応じて設けています。

3択や4択の問題を
話し合いでチームの回答を決めるのは
なかなかに難しいのですが
子ども達は日々経験値を上げています。

出てきた意見に
わーーーっと寄ってたかって
あげ足をとったり
笑ったり

当事者ではなかったり
違う立場の人のことは
考えようともせず
言いたい放題言う大人の文化は
直接わからなくても
そんな空気を
子ども達は間違いなく
感じていると思います。

無駄な抵抗かもしれませんが
少なくとも子ども達には
<黙ってるけど気付いて>とか
<どっちでもいいや>とか
<なんでもいいわ>と
ならないように働きかけ続けたいと
思っています。

ご家庭でも
察しの良すぎるパパやママにならず
子ども達には
少しの不便と
少しの危険
少しの暑い寒いを与えて
どうしたいと思っているのかを
言葉で伝えるようにさせてください。

にじのとり保育園には
自分のお味噌汁が配られていない時に
<いただきます>のタイミングになっても
泣いてるだけの子はいません。
(つばめ組には苦労しましたが・・笑) 

かまきり先生の生き物教室は
今月もう1回あります。
最後の最後の1回は
<恐竜>について学びます。
お楽しみに♪♪

最後の写真は
家に帰って
早速真顔でアウトプットする
プチカマキリ先生。
ママを相手に 
今日の授業のおさらい風景。



園長(子ども達と全力で向き合うだけで
夜中一度も起きずに8時間眠れる毎日)



(平日にめいっぱいの家事は無理・・・)
スポンサーサイト



プロフィール

にじのとり

Author:にじのとり
大阪市北区で(株)にじのとりが運営する
にじのとり保育園/ななつぼし保育園の日常と
園長の主観だらけのひとりごとです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
61位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
4位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR