FC2ブログ

黒いマヨネーズ

今日はお休みですから
子ども達のことは
少し外れて、、。



人間の一番の好物は
おそらく<ネガティブ>
なんだろうと思います。

多分人は生まれながらに
そもそもがネガティブにできていて
ポジティブを
持ち合わせていないからこそ
ポジティブこそを良しとして
ポジティブに憧れて
何かコトが起きるたびに
半ば無責任に
「ポジティブに生きよう!」とか
「前向き前向き!」とか
言うんだろうな、と思います。

それは
飾ることを知らない子ども達も
顕著に示してくれます。

子ども達が
話をしだすと
つい、ママは
「今日保育園で何したの?」
「どんなことあったの?」
と、インタビューしがちです。

いつも言いますが
大人の1日は
幼い子どもの1年です。

帰る頃にはもう
朝のことは忘れていて普通です。

ママも疲れていますから
「今日何をしたの?」は
慣れてくると
ノールックだったりします。

親は勝手なもので
子どもの話を
聞きたいのではなく
自分が聞きたい話を
聞きたいのです。

対して子どもは
話をしたいのではなく
フェイストゥフェイスで
ぬくもりを感じたいだけ
なのです。

なので
自分がハッピーだった話を
するのですが
ママはそこに興味はなさげ、、

「今日綺麗な石を拾ったよ」
なんていう話は
<今日保育園でやったこと>
というフォルダには
もうたくさん入ってるから
スルーを決め込んでしまうことが
あるのです。

そこで子どもは
本能でわかっている
ママが絶対に自分の方を
向いてくれる話をします。

「今日先生に叱られた」
「お友達に押された」

に、代表される
ネガティブなワードを出した時は
ママは一生懸命になって
こちらを見て
話を聞いてくれる、、、。

「なんで叱られたの?」
と、ママが聞くと要領を得ず
「叱られてない、、、」と。

すると今度は
「嘘ついたらアカンでしょ」問題。
やれやれ
子育てって、、と
悩むママの出来上がり。

・・・・・

解決の方法は
保育園から帰った子に
今日あったことの
インタビューを
必要以上に
尋問のようにしないこと
だと思います。

保育園で1日を過ごす子ども達は
圧倒的に
家で自由に過ごせる時間が
少ないですから
おうちに帰ったら
集団での決まりごとだらけの
1日から開放させて
おうちとママに
マーキングさせることだけの為に
寝るまでの時間を
使って頂きたいなと思うのです。

時々
「うちの子は保育園のこと
何も言わないんです、、、」
というママがいらっしゃいますが
これはこれで
正解だと思います。

言いたかったら言うし
言いたくなかったら言わないし
言いたくても忘れたら言わないし
聞かれてないし言わないだけで
1日何もせず
何も感じてないわけではありません。

またなんでも言っていても
事実とは少し違う
思い込みというケースも
多々ありますし
大きくなるにつれ
自分にとって都合の悪いことは
言わなくなるのも
また可愛い成長です。

注意すべきは
子どもは聞いてないだろう
わからないだろうと
知らなくていいこと
(たとえば
お友達の家庭の話や
ゴシップや
誰かの悪口、
学校や保育園の先生の批判)を
子どもの前で話してしまうこと。

時々子ども達の言葉で
ゾッとして
ヒヤリとすることがあるのも
本当の話です。

人のことを
気にしなくなる時代は
まだ来ないのかもしれませんが
今既に
人のことを
とやかく言ってる時間など無いのは
事実です。

話はそれましたが
お子さんへのインタビューは
どんな話も喜んで聞いて
ハッピーに展開させるまで
責任を持って
聞いてあげてくださいね。



・・・・・

写真は
今週読了した本です。
著者は
ネガティブ漫才でおなじみの
ブラックマヨネーズの
吉田さんです。

今日私が
こんな内容のブログ記事を
書けたのも
この本のおかげかもしれません。

ネガティブ退治の方法は
ポジティブを
取ってつけるのではなく
ネガティブを認めて
開放することが
一番ポジティブじゃないか?
と改めて思った一冊です。

そういう意味では
超絶ポジティブな本です。
油断してたら
いや、
ラッキーだったら
自分が生まれながらに持ち合わせ
知らない間に
育ちに育って肥大した
真っ黒いネガティブの
嗚咽が聞こえます。

今年は
私が読んだ本も
こちらに
備忘録として残していこうと
思います。



・・・・・

求めたことの
答えやヒント
じゃないところに
てんこ盛り♫

園長(1日1行でも本を読む)

スポンサーサイト



プロフィール

にじのとり

Author:にじのとり
大阪市北区で(株)にじのとりが運営する
にじのとり保育園/ななつぼし保育園の日常と
園長の主観だらけのひとりごとです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
61位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
4位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR