FC2ブログ

麗しの one of them

小2男子から
写真のような
遥か上からの(笑)招待状を頂いたので
今年初めて
小学校の学芸会に
もぐりこむことができました。



私が授かった息子達は
結婚できないだろう男が1名
海外移住するだろう男が1名という
精鋭なので
おそらく<孫の学芸会>
などという種類のうま味を
味わうことはないだろうというのも
自分の未来予想図に
やんわり組み込んでいるので
今いる小学生達に対しては
<遠くに住む孫を見る目>
に、近いまなざしで
日々を送っています。

で、今回の学芸会。
実は前日午後から熱が出て
寒気と戦いながら
ホウホウのテイで一日を過ごし、
逃げるように家へ帰る
というテイタラクだったのです。

「こんなんじゃいかん!!」と
気持ちを奮い立たせ
節々の痛みに耐えながら
なべ焼きうどんを作って食べ
気休めの薬と
いつもより多めの水分を摂取しました。

スマホをどこかに忘れて帰るという
神さまの優しいいたずらも
ほどよく加わったお陰で
何の作業をすることもなく
何の気がかりをも追いかけず
8時に床につくことがてきました。

パチッ!と目が開いたのは
朝7時。
こんなに続けて眠れたのは
いつぶりでしょう。

快適な目覚めとはこのことか!!!
と、心で叫び
飛び起きてシャワーを浴び
朝食もしっかり摂って
小学校へ自転車を走らせると
ちょうど体育館に入る前の
衣装をつけた1年生の姿を
見ることができました。

見れたのは
時間の都合上
1年生・3年生・2年生だったのですが

どの学年も
みんな一生懸命に真面目に
それぞれの演目に取り組んでいる姿が見られて
とっても良かったです。

それは教える先生方の
丁寧なお姿あってこそのものですから
小学校全体の姿勢が
とてもよくわかる
ステキな学芸会だったと思います。

私は悪い目を必死で凝らして
卒園児達の姿を探すのに血眼でしたが
第三者の目から見て
学年によって趣向・演出を変えておられたこともあり
続けて観ていても飽きませんでした。

・・・・・・・・

生まれ落ちた時から
大いなる one of them の私達です。
そこを起点に考えたら
「好きなことだけしよう」とか
「やりたいことだけやろう」
という概念がとてもチッポケで
自己を満たすだけのものだと
気付かされます。

好きなことや
やりたいことを持つのは
大切なことに変わりはないけれど

それと同じように
<目の前にあることを楽しむ>
という力を
私達大人は育んでいかないと!
そして
子ども達にはそこを伝えていかないと!
と、改めて思いました。

なかなか大人になってからのソレは
難しいから
子どものうちに♪

・・・・・・・・・・・

学芸会で気付いたこと最後にひとつ。

・携帯電話の電源を切る
・前の席で立ち上がらない
・子どもに手を振らない
・子ども達がはけてから親は場所移動を

と、先生がマイクで
1学年終わるたびに
アナウンスしておられました。

子どもの足を引っ張るのは
割にいつでも大人ですから
そこは本当に気を付けていかないと
いけませんね。

確かに座ってはいるけれど
高く掲げた自撮り棒も
ご遠慮ください・・
というのは第三者の心の声です。

保育園の運動会でも
「ママが手を振っても
絶対振ってはいけないよ」と
子ども達は言われて練習をしています。

学校の先生も仰っていましたが
子どもの集中力が
そこで途切れるからです。

ただ、
それをマイクで話しておられる先生の
マイクを通した声がくぐもって
後ろの入り口付近までは
聞き辛かったので
前で喋る立場の人は
マイクパフォーマンスは
しっかり意識して練習しなくちゃな!と
自分に鞭を入れました。

さ、
Myマイクで練習しよう♪♪♪

小学生からの
嬉しい招待状は
これからも待ち続けます♪
今日はお招きしてくださり
ありがとうございました♪


園長(映画はエンドロールを最後まで見る派)


スポンサーサイト



プロフィール

にじのとり

Author:にじのとり
大阪市北区で(株)にじのとりが運営する
にじのとり保育園/ななつぼし保育園の日常と
園長の主観だらけのひとりごとです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
2位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR