FC2ブログ

変化を受け入れる

近年希に見る長いお休みは
それこそ本当に
盆と正月が一緒にやってきた以上のお休みで
神様からの贈り物として受け止めて
大切に毎日を過ごしました。

今年は保育園として
基本にかえる~Return to basic~
ということをスローガンに掲げていますが
それは私自身のスローガン(大げさ)
でもあります。

住まいを整えること
食を整えること
体を整えること
動く限りは動くこと
を意識付けています。

それは「忙しい」に流されずに
「今の自分」をしっかり生きるということです。

どんなに忙しい日でも
朝10分はどこかを掃除することを
習慣付けています。

ようやくですが、どんなに忙しい日でも
自分の為に一食は
きちんと料理することを
習慣付けています。

休みの日でも
雨の日でも
必ず午前中の早い時間に
外に出て
お日様の光や外気を浴びることを
習慣付けています。

そうするだけで
どんどん体だけではなく
心が丈夫になっていくのを感じています。

必要なものと
そうでないものが
おのずとわかるようになりました。

そんな生活をこころがけるだけで
あんなに取れなかった
読書の時間や
映画を観る時間が
普通に自分の時間の中に
存在していることに気付きました。

好きな作家さんが薦めていた
料理本を手にしてみると
そこには
これまで作ったことのある
定番中の定番料理が掲載されていました。

その本は料理本としてだけでなく
読み物としても楽しめる
贅沢な作りの本でした。

<まずは、自分なりのアレンジは
ちょっと横に置いて
レシピ通りに作ってみてください>

と書いてありましたから
まずはその本が言う通り
レシピ通りに料理を作る為に
軽量スプーンを百均まで買いに走りました。

軽量スプーンなんて
これまで買ったこともなかったことに
気付きました。

いつも料理本を買ったら
それだけで作ったつもりになっていましたが
その本のマジックに
すっかりかかってしまった私は
レシピ通りに
オムライスを、唐揚げを
エビフライを、ちらし寿司を
作りました。

オムライスなんて
レシピ見たことなかったです。

そうしたら
これまでの私のオムライス作りの
常識にはなかったことが
書かれています。
他の料理も全てそうでした。

自分の為に一生懸命になって
料理をすることも
なかったように思います。

子ども達の手が離れてから
私は初めて
(というかようやく)
自分の為に料理をする喜び
すなわち、料理を通して
自分を大切にする喜びを
知りました。

生きているうちで良かったなぁと
本気で思っています。

自分を大切にすることを覚えたら
更に生きやすくなりました。
高級なノイズキャンセルのヘッドホンを
つけた時って
こんな感じだろうなぁと
思うぐらいの別世界感です。

あんまり本の紹介はしないのですが
ちなみに
その料理本はコチラです。
同シリーズはPART3まで出ています。
副菜本も2冊。
朝食の本もあったような気がします。

fc2blog_2019050716105660e.jpg


そのどれもが
とってもベーシックで
基本にかえる料理達です。
レシピ通りにオムライスを作る経験は
本当に貴重でした。
どこからでも
いつからでも
変われますね♫

自分の変化を楽しんで生きるというのは
晩年の楽しみですね。
なにせ
いつ終わるかわからないのですから。

こんな話を
子育てとお仕事真っ最中の
「忙しい」と一心同体のママや
料理がそんなに好きではないママも
いらっしゃるかもしれない中
あえてお伝えしていますよ。

「私は無理」とか
「私はそうじゃない」とか
何でもいいのですが
とにかくこの料理本が伝えているように
「私のやり方や私なりのアレンジを
一旦横に置く」ことで
自分を新たに発見できたり
ごそっと変えることができたりしたら
モウケモンですよね。

自分が変えられるのは自分だけです。
人は人に教えられず
ただ学ぶのみだと思っています。

自分がお腹を痛めた子でさえ
自分の思い通りには
生きませんからね。

気になられた方は是非
1冊お手に取ってみてください。
私がおばあさんになってから気付いたことに
ママ達の年代で気付けていたら
もっともっと楽に・・・
・・・と思うことがもう老害かもしれませんから
これ以上は、美・サイレント ということで。


・・・・・・・・・・・


今日は長い連休明け初日です。
年齢なりのお部屋の様子でした。

今年から入園してきた
子達が大半の
1歳児さんのお部屋では
もう私の顔を忘れている子がいて
また最初の人見知り泣きをされたり

fc2blog_20190507165024b48.jpg


園生活をすっかり忘れていて
また行動の一から涙を伴う子もいたり

fc2blog_201905071651508e5.jpg


新しいお友達全員集合の
ひばり組さんは
少し賑やかになりました。
お姉ちゃんパンツを見せてくれたり
トイレでおしっこができたことを
嬉しそうに教えてくれたり

fc2blog_201905071652185c8.jpg


かもめ組さんは
私の顔を見るなり
みんな今日の自分のお洋服の
おしゃれポイントを教えに来てくれます。

fc2blog_20190507165309703.jpg


「ボク、しましま!」
「ワタシのくまさん泣くんだよ!」
「ボクのはバイクだよ!」

3歳の子達から
自分の洋服のおしゃれポイントを
朝一番で口々に教えてもらえることが
ワタシの一番のおしゃれポイントです♫

つばめさんは
なんだか少し落ち着いていて
一回りも二回りも
お兄さんお姉さんになったように感じます。
置いて行かれないようにせねば!

fc2blog_2019050716533125b.jpg

もちろん、
今日もつばめ組さんは
折り紙に精を出していました。
こっそりしおり先生お手製の
<おりがみブック>を
盗み見しましたよ。

fc2blog_20190507170715508.jpg


お~~~~!素晴らしい!
最後には
こんな感じのものが折れるように
なっているつばめさん達を想像すると
楽しいです。

にじ組さんは
休みの日の体験を
その場で栄養に変えて
体にも心にも補給してきている様子が
ありありです。

fc2blog_20190507165358669.jpg


通常に戻って
少し眠そうにしている姿からも
ランランと目を輝かせて
ちょっと小さい声で
「園長センセ、今日のふりかけ何?」
と聞いてくる姿からも
ママが今日からお仕事に行くことになったことを
上司のように話して聞かせてくれる姿からも
ご家庭での充実ぶりがわかりました。

fc2blog_20190507165432961.jpg


煮物は
ぐつぐつ煮ている時ではなく
火を止めて
冷めていく時に味がしみ込むように

(たとえが良くないかもしれませんね・・)

人は動いている時ではなく
眠っている時に成長すること
オンタイムに保育園で過ごしている時に
得たことは
それからのおうちでのオフタイムで
じっくりじわじわ
子ども達の心と体に
しみ込んでいることを感じます。

・・・・・・・・

連休の間に
年号が変わり
新しい時代が幕を開けました。

これからを生きていく子ども達は
どんどん変化して進化していきます。
昭和生まれの私達が
足を引っ張るようなことのないよう
変化を受け入れていきたいなと思います。

fc2blog_2019050717144284f.jpg



園長(明日は水曜日お間違えなく)

スポンサーサイト



プロフィール

にじのとり

Author:にじのとり
大阪市北区で(株)にじのとりが運営する
にじのとり保育園/ななつぼし保育園の日常と
園長の主観だらけのひとりごとです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
2位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR