FC2ブログ

瀬戸ワンタン♫

さて、最後はにじ組さん。
今年のにじ組だけの演目は
4人の好きなこと
4人の得意なことを
舞台で披露してもらいました。

演目としては派手でなくても
4人が好きで
得意にしていること、、、
それは
お話を聞かせること
紙芝居をすること。

あの紙芝居は
ひーこ先生の脚本で
さんた先生と子ども達とで
絵を描きました。

いつもショッパナの
にじ組さんの演目で
涙腺崩壊しているママを
たくさん見かけます。

4人の小さかった時の姿が
まぶたに浮かびます。

あの日披露した紙芝居は
にじのとりっ子みんなが
もれなく通る道です。

劇やミュージカル、
歌や鍵盤ハーモニカ、
そのどれもが
集大成でした。

「永遠のひばり組」
というニックネームはもはや
私と古くからいる先生達の
勝手な願望の象徴
でしかないということを
思い知らされた
とっても眩しい音楽祭でした。

今回は
予行前に子ども達の歌を聴いて
突如閃いた
「この子達にソロを」を
実現させてみました。
初の試みです。

マイクで歌うことに慣れる為
という理由をつけて
ある日の午後
お給食を慌てて食べて
私と近所のカラオケへ行ったことも
ホヤホヤの思い出です。

カラオケで
瀬戸の花嫁 鬼リフレイン。
(途中アンルイスとか挟まず)
それは
私自身も初めての経験でした。

卒園式の時に渡した証書ですが
毎年一人一人に対して
伝えたいことやフレーズや
成長の様子を
思いつくまま書き出して
巻紙ぐらいになった中から
削って削って
証書の文言にするのですが

自分でそれを選んでる時に
ぶわーっと滝のように
堰が切れる瞬間が毎年あるのですが
今年は一休さんの文言を
書き出している時に訪れました。

そして思ったのは
大人が子どもに
教えようなんて
おこがましいということです。

子ども達は学びます。
大人の姿を見ています。
そうしながら
持って生まれた宝を
磨いて生きていくんだなぁと
気付かされます。

永遠のひばり組と
勝手に名付けた4人からもまた
私は多くを学びました。
それはこれからも続きます。

寂しい気持ちより
嬉しい気持ちが
やはり上回ります。
最後の最後の最後の日まで
にじ組さんとの日々を
まだまだ
味わい尽くしたいと思います。



あ、タイトルの意味は
高度経済成長期時代の小学生は
みんな知ってます。
私のように いちびった小学生は
全員今でも歌えます。
「瀬戸ワンタン」で
ググってみてくださいね♫

ちびまる子ちゃんは
架空のアニメではなく
がっちりガチガチの
リアルな実話なのですよ。

園長(もうすぐ最後の遠足♫)



スポンサーサイト



プロフィール

にじのとり

Author:にじのとり
大阪市北区で(株)にじのとりが運営する
にじのとり保育園/ななつぼし保育園の日常と
園長の主観だらけのひとりごとです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
2位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR