FC2ブログ

NJT Revolution♪


お待たせしました。
つばめ組さん、いきます。

タイトルにあるよう
にじのとり保育園の
革命児達の学年です。

しかし、人数が多いということは
こんなにも個性のサンプル数が
増えるのですね。

毎日帰りの電車の中で
電車の窓を鍵盤に見立てて
鍵盤ハーモニカの練習をしていた
というのを音楽祭が終わってから
ママに教えてもらったり

ナレーターの台詞が
あんなに多いと思ってなくて
本気でびっくりしたという声や

いっぱいネタバレ劇場だったのに
自分の役のことは
一切家では口にも態度にも
出してなかったことや

終わってからみんなに褒められて
かなり自信をつけたことなど
たくさん教えて頂きました。

入園する年の音楽祭で
子ども達の劇を見て
まだ赤ちゃんのお子さんを抱っこして
「ウチの子も
いつかこんな風に劇をするんですね・・
みんなとっても可愛かったです~
早く大きくならないかなぁ~」

と、感想を述べてくださったママが
今年「いよいよウチの子が
あの頃の
にじのとりっ子世代になりましたが
どの時見たものより
我が子がやっぱり可愛いです♪」
とおっしゃってくれました。

本当に嬉しいです。
堂々と私が、<親バカ>なんて
公言できるほど
恥ずかしがらずに
我が子愛しやを前面に出して
地で行くのが
この学年の保護者の皆さんの特徴です。

だからでしょうか。
全員しっかり<自分が好き>です。
認められていることの自信が
全身から漲っています。

そして今年のこのクラスの子達もまた
担任の先生のことが
大好きすぎるクラスだったなぁと
思います。

担任の先生は二人とも
やりたいことや理想の姿が
かっちり頭の中にある
先生達でしたから

先生のやってることに
子どもが憧れて
ついていこうとするパターン。
子ども達は
目をキラキラと輝かせて
身の丈以上のことを
いつもさらりとやり遂げていました。

そして活動が終わると
スイッチが切り替わって
甘えた表情を見せる子ども達に
先生と子ども達の絆の深さを
まざまざと見せつけられました。

ご家族の皆さまにとっては
音楽祭の日が<本番>なのですが
子ども達にとっては
重ねた毎日こそが<音楽祭>です。

特に劇を通して
実は主役は1人じゃないことを
学びます。
台詞が多い人や
カッコイイ衣装を着てる人が
主役じゃない。

その人がいるだけで
場が明るくなったり
楽しくなったり、
そうして出来上がる
ひとつのストーリーを楽しみます。

音楽祭の舞台で
つばめ組さんが表現していたのは

劇遊びや鍵盤ハーモニカが
大好きだという気持ちと
大好きな先生と
作り上げた幸せの練習風景。

終わってからも
休む暇なく
キャッツチームと
かぐや姫チームの
演目交換で
自分が何をやるかで
目がランランと輝く子ども達です。

とどまることを知らない革命児達は
今日もまた<役割を演じる>
ということを楽しみます。

とあるママがノートに
「小さいクラスの時から
にじのとり保育園にいたかったです。」
と今年も書いてくださっていて
改めて力を頂きました。




革命児達が
次に何を仕掛けてくるのか
毎日ドキドキとワクワクが
止まりません。

園長(さて次はにじ組♪)



スポンサーサイト



プロフィール

にじのとり

Author:にじのとり
大阪市北区で(株)にじのとりが運営する
にじのとり保育園/ななつぼし保育園の日常と
園長の主観だらけのひとりごとです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
2位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR