FC2ブログ

レッツ読状態♫

久しぶりに絵本のお話を。

絵本屋さんへ行くと
一日中いられます。

今は大型書店の絵本コーナーも
かなりの品揃えですが
なかなか店員さんに相談をして
というのは難しいですね。

90年代初期の頃まで
自宅近くに
<木馬館>という絵本屋さんが
ありました。

授業はもちろん、
実習生だった頃も
現場で働いていた頃も
本当にお世話になりました。

学生時代お世話になった
児童文学の教授が激しく薦めるお店で
何度か先生にそこで遭遇し
講義以外の絵本談義を
聞かせて頂いたことも
今は昔のお話です。

先生はかなり好きな作家さんを
ご贔屓にしておられましたから
19歳だった私は
薦められるまま手にとった
長新太さんや
井上洋介さんを読破して
大好きになったのもその頃でした。

幼少期親からもらう
クリスマスプレゼントや
誕生日プレゼントは
本と決まっていました。

最初の頃こそ
おもちゃが欲しいなぁと
思っていましたが
今となっては
本当にステキなプレゼントを
もらっていたなぁと
改めて親に感謝しています。

本好きに育った私は
本が友達でした。
子ども達にも相当読み聞かせて
たくさん絵本を与えてきました。

今成長した彼らの部屋から
本が出てくる機会が増えて
別のジャンルの本に出会うという
楽しみが増えました。

そんな私、
実は今探している本があります。
それは
<お菓子の男>という本です。

その本は
小学校の図書室にあって
毎回、来る日も来る日も
私はこの本を読んでいました。

お菓子でできた男が
人々に自分の腕などをかじらせる
アンパンマン的なお話なのですが
その男のキャラクターと
絶妙なタイミングで
自分をかじらせるくだりが大好きで
いつもワクワク読んでいました。

そこで今改めて探しているのですが
絶版になっているようで
どこにも見当たりません。
お見かけの際には是非お声かけください!

なので<お菓子の男>は
機会ができたら
読み聞かせたいと思います。

時間を作って近々
私もまた絵本を子ども達と一緒に
楽しみたいと思います。

さしあたって今回は
アーノルド・ローベルの
かえるくんとがまくんシリーズ。
二人の友達っぷりを
読み聞かせたいと思います。

中でも私の好きな話しは
<ふたりはともだち>の中に
収められている
<すいえい>というお話が大好きです。

かえるくんは
泳ぐ時水着を着ないのですが
がまくんは水着を着るのです。
でもその姿は面白いから
見ないでねと念を押して
こっそり着替えます。

泳いでる時に他の動物たちも
二匹の様子を見に来ます。
でも絶対水着姿を見ないでねと
念を押すがまくんです。

とうとう水泳が終わる段になって
みんなは
見ないでとやたら言うので
がまくんの水着姿を
見たくなります。
そしてかえるくんも含めて
みんなで見てしまうのです。

その姿を見て
かえるくんは大爆笑しちゃうんですが
大爆笑しているかえるくんに
「なんでわらってるんだい」
と聞くがまくん。
「キミの格好が面白いから」
と答えるかえるくん。

そんなかえるくんに対して
「だから言ったでしょ」と残して
がまくんはさっさと帰りましたとさ。

っていうお話です。
サイコーですね。
このくだり。

友達ってこんなもんですよ。
そして明日も遊ぶんです。一緒に。
べたべたしない。
いちいち考えない。
大人の智恵なんか
一切入ってない。
教訓もない。

サイコーです。

・・・・・

3歳を過ぎてきたら
絵本もいいですが
私は<素話>を聞かせることも
オススメします。

想像の世界が無限に広がります。
子ども達の頭の中で
それぞれの描くお話の世界が
広がっているさまを想像するだけで
ワクワクします。

ものごとをイメージする力もまた
幼少期の今、
存分に伸びていくものだと思います。

子ども達に絵本を読む時
私はやはり
本を閉じてから始まる
ひとりひとりのストーリーの為に
読み聞かせている気がします。





本を閉じたら
教訓めいたことは一切不要です。
そこは
鶴瓶さんの落語と同じです。
オチの後は、間を見て
サッと去る。
余韻はそれぞれの頭の中で♫
カッコイイですね~。

園長(座右の書はトムソーヤの冒険)
  (それと、赤毛のアン)
  (それに、星の王子様)
  (洋書の感性、好きです)
スポンサーサイト



プロフィール

にじのとり

Author:にじのとり
大阪市北区で(株)にじのとりが運営する
にじのとり保育園/ななつぼし保育園の日常と
園長の主観だらけのひとりごとです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
35位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
4位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR