FC2ブログ

お味噌造り


考えたら2月4日というのは
私が1年で1番忙しい日だということを
すっかり忘れて
嬉々として
手作り味噌を作るワークショップに
行ってきました。

新年度の保育の柱である
「基本にかえる」
「心をこめる」
ということのひとつの形を
示すものです。

手作り味噌は
過去に個人的にもトライしています。
開園当初は
田舎部のお兄さんから
お味噌を分けていただいていたのも
記憶に新しいです。

また、保護者の方からも
味噌作りをみんなでやってみませんか
と、開園当初に
おはなしを頂いたこともありましたが
熟考の末時期尚早と判断し
ひとまずは保育園として
確立させ、認知して頂くことが先と
ずっと寝かせていたお話でもありました。

満を持していよいよです。
目先の派手さや
上っ面なぞりに流されることなく
これまで築きあげたものを大切にしながら
これまで以上に
ひとつひとつに心を込めて
保育園で過ごす一瞬一瞬を大切にして
過ごしたいと考えています。

今日私が作った味噌の出来は
秋頃にわかりますから
夏超えを楽しみにしたいと思います。

今回久々にした味噌造りを通して
毎日食べるものに
心を込めるということを
大切にして
基本に立ちかえろう
と心から思いました。

そして、私はそれを
子ども達にしっかりと
伝えていきます。

怒りながら大根はおろしちゃダメ。
おにぎりを握る時も
塩と糀を混ぜる時も
そこにつぶした大豆を混ぜる時も
丸める時も
容器に詰める時も
ちゃんと心を込めて。

昔々、祖母にはそう教わっていたのに
なんだかんだで
流してしまっていたなぁと。

「心を込める」という習慣は
幼い頃に
大人がちゃんと伝えなければ。

それをこれまでなんとなくやり過ごし
怠っていたということを
大人は恥ずかしがらず
ちゃんと思い出さなければ。

そう思う昨今の
そう思った味噌造りでした。



・・・・・

認可保育園の
入所決定通知が
希望者の皆さまのお手元に
届いたことかと思われます。

認可に行けた
認可がダメだった

いずれにしても
皆さまのご希望がどうでも

縁あるところに
必ず出会うようになっていますから
チカラ抜いて
考え過ぎずにいましょう。

何を求めているのかが
ハッキリしたら
答えの方向に必ず導かれますから
自分を信じていきましょう。

誰かが「要らない」と言って
捨てたものは
別の誰かの救いになります。

来年度も一緒にココでと
決めてくださった皆さま
共にまた、
泣いて笑って
よろしくお願い致します♫



園長(概要作り、佳境です)
スポンサーサイト
プロフィール

にじのとり

Author:にじのとり
大阪市北区で(株)にじのとりが運営する
にじのとり保育園/ななつぼし保育園の日常と
園長の主観だらけのひとりごとです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
55位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
9位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR