FC2ブログ

答えられるということ

さて、火曜日です。
今日はななつぼし保育園に
保育科のある高校に通う
3年生のお姉さんが
ななつぼし保育園に遊びに来てくれました。

にじのとり保育園
ななつぼし保育園には
時々
短大などのご担当者さまから

学生が実習場所に
にじのとり保育園(ななつぼし保育園)を
希望していますとご連絡を頂きます。

ですが、
認可外ですから
実習の対象にはなりません。

ほら、
もう
ソコがヘンだよ、日本人 です。

全国の保育士資格を得られる学校へ
通っている学生さんの中で
心ない実習先に出くわして
<保育士になんかなるもんか>
と思う学生さんの数を
調べたことがあるだろうか。

1年未満
2年未満で辞めていく
若い保育士の多くが直面しているのは
給料なんかじゃなく
ナニが問題なのか
調べたことがあるだろうか。

保育指針を
どのように理解して
どのように活動の場で生かしているのか
新しくできた保育園を
つぶさに調査したことがあるのだろうか。

保育園で働く人の資質として
まだ古くさい概念に
とらわれてはいないだろうか。

と、投げっぱなしで
この話題はおしまい。


・・・・・・・・・・・・・・・・・


今朝も分園では
プールの後の
折り返しリレー
白熱しました。

fc2blog_2018080717095976c.jpg


私のまさのりセンセイへの
クレームが入ったまま
保護者の皆さんにも動画を送信してしまって
赤っ恥ですが
たとえ練習の練習でも。
子ども達にとっては
1レース1レースが
それこそ命がけですから

先日のフルーツもぎとりリレーの時も
若いセンセイが
そこで見てるだけの動きをして
子ども達が右往左往していた時に
私の怒号

「そこ!命がけで送り出して!!」

に、
まみセンセイとひーこセンセイが
後々までじわじわ笑ったと
報告を受けました。

子どもにとっては
負けたらレース後泣くほどの一大事ですから
本気でイカンとアカンのです。

スイッチ入れていこうゼ!
ワカモノ!


・・・・・・・・・・・・・・・・


今日は
バレエを習っている
かもめ組の女の子のノートを
ご紹介。

バレエのレッスンで
先生から

ただ、なぞって踊ってちゃダメ。
ちゃんと自分でやる時に
もっとこうしよう
もっとこうならかっこいいかな
と思いながらやってください。

と、注意を受けて始まった
次のラウンド。

終わってから
4歳・5歳のお姉ちゃん達から
先生が聞きます。

今、どこに注意してやりましたか?

シーン・・

誰も答えない。

先生もう一度。

なぜ答えられないの?
今自分がどこに注意していたか
なぜ言えないの?
恥ずかしいの?
それとも
考えてなかったの?

更に
シーーーーーン・・・

4歳・5歳でも
この程度は聞かれます。
習い事ですからね。
それも
ちゃんと真剣なヤツですから。

バレエの先生は
一番小さい
彼女にも聞いてくれました。
おそらく答えは
期待していなかったかもしれませんが・・・

今、どこに気をつけてやってましたか?

すると彼女は

「首をまっすぐ伸ばしてやってみようと思いました」

と、答えられて
ママはびっくりするやら嬉しいやら
で、お知らせ下さいました。

fc2blog_201808071810384ee.jpg


私はお子さんの持って生まれた資質と
ご家庭での会話のありようが
そのまま出た結果だと思っていますが
ママは
保育園での
あのお当番発表の時の
ムチャ掘り下げインタビューによる
賜だと喜んで下さっているのです。

確かにお当番の時や
その他の発表の時の
ムチャかと思うほどの
およそ幼児にはありえないような
掘り下げ質問です。

でもそれが
こうして外で役立っているかもしれないことを
教えてもらえるのは
本当に嬉しいです。

そういえば
先日の東京タワーの絵。
あのバックをみんな塗っていたと思うのですが
子ども達の概念では
紙の半分ぐらいまでが空なのです。
だから半分で塗り終わってしまう子に
担当のセンセイが

空はそんなところで途切れてないよ。
見えなくなることはあるけど
それは建物とか山とか
ナニかがあるからだよと声をかけると
みんな納得して塗ります。

そして空の色も
迷わず青や水色で塗り始めた子にも
必ずしも青や水色でなくていいんだよ。
何色で塗ってもいいよ。
だけど
なぜその色にしたの?って聞いた時に
ちゃんと答えられるように
考えて塗ってね。

からのそれぞれのお子さんの
あのバックの色なのです。

黒や紫で塗っているのは
だから大アリなのです。
グレーもオレンジも大アリです。
ここまでを踏まえてもう一度
持ち帰ったアノ絵をご覧下さい。
一人一人の中でしっかり完結している
素晴らしい東京タワーです。

インタビューだけでなく
日々の生活の中で
積み重ねられている小さなやりとり。
子ども達はその中で育っています。

おそらくにじ組やつばめ組は
みんなもう
自分が今日着てきたお洋服の
どこが好き?
それはどうして?
という質問には
たやすくアタリマエに答えられますからね。

会話は一方通行や
言ったきりではなく
4歳になる頃には
そこからのラリーが必要です。

おうちでそのラリーを経験しているお子さんは
どの子も
もっと聞いてよ~
という顔をして会話を楽しんでいますよ。

答えられる ということは
考えられる ということですから
お仕着せの勉強よりも会話を楽しんで下さい。
そうすると
どこかのタイミングで
かなりの精度で
お子さんから名言が飛び出しますから♪

楽しみしかありませんね♪


fc2blog_20180722210631a47.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


それからつい先日のお話。

本園のシャッター付近に
大きな丸いものが
ごろんと置かれていました。


なんだろう
と思って
中を見ると
大きな美味しそうなスイカでした。

fc2blog_20180802185250e9d.jpg


それを拾って
保育園の中に入れ

落とし物?
忘れ物?
もしかして置物?
と、考え込む本園のセンセイに

「おおーーー!!
とうとうにじのとり保育園にも
本物のタイガーマスクが!!!」
と、舞い上がった私をよそに

あっさり想定内の人物から
「あのスイカ、皆さんで!」と
お電話を頂き、一件落着となったのですが

しばしいい夢を
見させて頂きました。
その日のうちに
おやつで美味しく頂きました。
ありがとうございます!

そして同じ日
分園にもタイガーマスクさまより
スイカの差し入れを頂きました。

fc2blog_20180802185235ad2.jpg

そちらは本日
プールの最中に
みんなで頂きました。
こちらも併せて
ありがとうございました!

fc2blog_2018080717113187e.jpg

fc2blog_20180807171054b67.jpg



さてラストは
めじろ組さんのこのシーン。

にじのとり保育園には事務所がありません。
保育室の一角を
事務作業スペースとして
使わせて頂いているのですが

歴代
この事務スペースへ
ポトスという障害物と戦いながら
方法を駆使して
やってくる子達がいます。
今年の子達も例外なく
この秘密の花園は蜜の味なのでしょう。
遊びの隙をついて
また
トイレの順番待ちをしている時に
必ずお立ち寄りくださいます。

fc2blog_201808071826583b6.jpg

いいお顔です。

fc2blog_20180807182627974.jpg


いつの時代も
秘密の花園へ来る子達は
みんないいお顔なんです♪

fc2blog_2018080717415455d.jpg


秘密の花園では
何を触ってもオールオッケー
どの引き出しを開けてもオールオッケー
私はダメを言いません。

でも
子ども達はきっとおうちで
引き出しを開けたら
叱られているのでしょう。
もしくは
あーーー!
と、声を出されていますね。
それは
子ども達の表情が物語っています。


歴代のにじのとりっ子の中で
躊躇無く引き出しに向かって行った
すなわち
家でもそうさせてもらっているな
家でフリーダムだな
顔色見てないなと
想像させてくれたのは
今3年生の師匠と
今2年生の翼ちゃんです。

それとは違うパターンで
絶対家でダメだと言われてるはずなのに
きっと家でも
ダメ=GO になっちゃってるんだろうなぁと
想像させてくれたのは
海老蔵さんと選手会長。
そしてイルハンさん。
(え?想像できますよって?)

彼らに共通しているのは
真面目なママの声を
頭の上で聞き流しているという
得体の知れない面白さがありました。
そしてそれは3才や4才を
過ぎた今も変わりません。
好奇心はとどまることを知りません。

止まり木として
ほんの少しナニカを解放させる場所。
それが秘密の花園です。


いつでも
ウエルカムなのですよ♪


園長(今年は私も夏祭りに浴衣を着よう!)

スポンサーサイト



プロフィール

にじのとり

Author:にじのとり
大阪市北区で(株)にじのとりが運営する
にじのとり保育園/ななつぼし保育園の日常と
園長の主観だらけのひとりごとです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
55位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
5位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR