FC2ブログ

喜び合う喜び♪

無印さんのカレーが
大好きだというパパやママが
意外に多かったことに驚いています。

全メニュー制覇の夢が
できました。
無理なく進めていこうと思います。


・・・・・・・・・・・・・

さて、日頃
ママ達から送って頂く
親バカ写真は
今では
私の生きる支えになっていると言っても
過言ではありません。

なにげないママと過ごす日常を捉えた
1枚の写真や
一編の動画を見ていると
こぼれてくるのは
笑みだけではないのは
恥ずかしながら本当の話です。

もう
嬉しい涙がぽろぽろ出ると
もうすぐ召されるかも?
とさえ思ってしまいます。


たとえば
パパに<あつまれ>してもらわなくても
一人でぴかぴかに食べることができた日の
こんな1枚。

fc2blog_20180710183430bcf.jpg

出来映えだけを見たら
ひょっとすると
もうとっくにこんなことは
できてるお子さんもいるでしょう。

だけどここに写り込んでいるのは
<あつまれ>をしてもらわなくても
一人で食べ切れた自信満々の真顔。

それは
一人でキレイに食べることができたことを
喜んでくれるママがそばにいるという
安心しきった姿です。

大切なのは何ができるようになったか
ではなくて
今のこのひとときを
大切な人と喜び合っている
ということです。

私の一番の喜びは
何より私が伝え続けている
<おうち時間の大切さ>を
ともすれば
お仕事漬けになってしまいがちなママが
わかってくださったことです。

そうなったら
いくらでも共有しますよ!
その喜び!
私はそのためにココにいますから!

お仕事をするママ達は
お子さんの日常のこういうことを
見逃しがちで
ついつい楽だから
もう大きくなってるのに
赤ちゃんのように手を掛けすぎたり
忙しいからと
子どもだけでご飯を食べていたりすることも
多いのかなと思うのです。

保育園ではできるけど
おうちではできないというお話からは
個別にじっくり向き合う時間が
少ないことを物語っています。
そもそも
やらせていなかったり
そこに行き着くまでに
泣かれてアウトになってしまう。

でもそれは忙しい中にあって
親子で向き合って育む
親子の時間のあれこれを
泣いたり喧嘩したりしながら
紡いでいくものですね。
その時間こそが
何にも代えがたい大切な宝物です。



またコチラは
丁度このブログを書いている時に

「一番上まで行けました!」と
喜びいっぱいで
知らせて下さった1枚です。

fc2blog_20180710183412f77.jpg

鉄棒、うんてい、でんぐりかえり・・などなど
我が子の姿にある日愕然とされたママは
方法を模索しながら
また私に
ネガティブな思いを存分に吐き出しながら
お子さんとの時間を
日々試行錯誤を重ねて
自分との戦いに挑んでいました。
現在進行形です。

自分のことなら
ちょっと頑張ったら結果は出るのですが
子どもはそうはいかないのです。

ママ達にとって
そこさえ
初めて通る道ですから
一生懸命です。

私ができることは
その一生懸命への伴走だけです。
あくまでも頑張るのはママなのです。
ほんとはお子さんでもない・・

でも、それが
こんな満面の笑みに繋がるなら
こんなに嬉しいことはありません。

この写真を写しているママの笑顔が
容易に想像できますからね。

この海老蔵さんの笑顔の中には
ジャングルジムの上まで
一人で上れたという喜びだけでなく
それを
一緒に喜んでくれる
ママへの笑顔です。

そしてまたこちらのママにとっても
この瞬間を
保育園が奪わなくて良かった~と
私はホッと胸を撫で下ろします。

何気ないことで
小さすぎることかもしれませんが
そこが核ですから
これからも
どんな小さなことも
喜び合って
共有していきましょう♪


今日のラストは
こちらも先日
<送りつけ写真いきます!>と
小学生のママから頂きました。


大好きな男の子と
彼がお引っ越しした先の
東京で、おデートしてきた時の1枚です。

ブレない王女の
一途な思いは
本当にウェディングベルを
鳴らせそうな気がしてきました。

やっぱりねー
女が男を選ぶんですよー
ここだけはきっと
どんなに時代が変わっても
変わらないのかもしれませんね。

fc2blog_20180710183452336.jpg

その時がきたら
私は親族席に座らせて頂けるんだそうです。

妄想話は
それだけで
生きる希望になりますね。
こりゃまだまだ弱っていられない!

fc2blog_20180710190805cad.jpg



これはにじのとり保育園で行っている
保護者支援(この言葉もイヤですが)の
ほんの一例です。

ノート同様
<親バカ写真送りつけ>
<おうち時間報告LINE>も
保育料に込み込みですから
こんな私を
使わないテはありませんよ。

だめだこりゃ
と思ったら
やめておけばよいだけです。
出ている糸はとにかく掴んでみてから
考えることも
これからを生きていく上で
ものすごく大切なことだと思います。

受けるサービスは
自分で作り出す時代です.

黙っていても
同じサービスが受けられるなんていう時代は
もうとっくに終わっています。

目を覚まして
能動的に子育てしましょ!

世の中で色んなことを教えてもらえる人は
「教えて~~~!」
「わからない~~!」と
声を出した人です。

それは子ども達が
毎日証明してくれていますね。
もうそろそろ
見習っていきましょう。
全体規模で!


ここで終わるとみせかけといて



えへへへ♪
どさくさに紛れて
本園の私もシアワセな顔をしちゃった1枚で
おしまいにします

きゃあ~~~~♪♪


fc2blog_20180710191940228.jpg


園長(結婚式に着ていくお洋服を選べるシアワセ♪)

スポンサーサイト



プロフィール

にじのとり

Author:にじのとり
大阪市北区で(株)にじのとりが運営する
にじのとり保育園/ななつぼし保育園の日常と
園長の主観だらけのひとりごとです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
3位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR