FC2ブログ

ほんまでっか情報♪

子どもの語彙について
昨日の<ホンマでっかTV>で
興味深いことが取り上げられていましたね。

①4歳ぐらいになったら
しりとりを!

と。

どれだけ教科書とにらめっこできるかよりも
どれだけ生きた会話をして
言葉を知っているか
ということです。

続けましょう。
これはこれまで通り続けましょう。

気をつけなければいけないのは
ただ単に
<ことば>として
<暗記>するのではなく
<実体験>で覚えて欲しいなぁと思います。

にじのとり保育園では
りんご→ごりら→ラッパ→パンツ 禁止です。

絵カードだけ
絵本だけで知ってるより
実際に触ったことのあるもの
食べたことのあるもの
すなわち
経験を増やしていきましょう。

経験は言葉です。

昨年度のにじ組・つばめ組さんが
秋にお絵描きしりとりをしていたのが
とても印象的でした。

アレは芸術でしたね。
面白い言葉もたくさんありましたし
それをまた
イラストにできていたんですよ。

えっちゃんの描いた
生活に密着しまくった<おおきいゴミぶくろ>と
エルサちゃんの偉人特集
<リンドバーグ>面白い絵と発想でした。

あともうひとつ。

②幼少期の頃に初恋を経験している子は
(厳密には初恋でなくてもよいのですが)
その後の成長もスムーズだと。

fc2blog_201806141828014dd.jpg


これは<心>の発達のテリトリーですから
それこそ教科書通りにいかないところですね。

恋でなくても
好きな対象があることが
大切なのかもしれませんね。

fc2blog_20180614182728941.jpg


ちなみに
私が幼稚園の頃気になっていた子は

かけっこが速く
何をやってもそつなくこなし
優しくて
お顔も格好良くて

という王道タイプの
クラスの人気者男子ではなく

毎日毎朝いつまでも泣いて
あんなことや
こんなことも誰よりも手が掛かり
給食を食べるのも遅く
逆目立ちしているような男の子でした。

ところが
自由遊びの時にはイキイキとして
私が知りたい
あんなことやそんなことは
誰よりも知っていて
得意気に教えてくれたアノ子でした。

きっと私は
私の魂が求める<ソコ>にしか
焦点を当てていなかったのでしょうね。

もう今となっては
目の前に現われても
わかりませんけどね・・。

大事なのは
幼少期の頃に好きになるタイプが
潜在的に
その人の魂が求める好きな人ですから
幼少期のお子さんの好みは
よく覚えておかれるとよいですよ。

fc2blog_20180614182828519.jpg


日替わりで好きな人が変わっても
<求めるナニカ>は同じなはずです。

fc2blog_20180614183231cf9.jpg


ただ、思春期や適齢期には
その純粋に求めるものが
いろんな刷り込みによって
見えなくなって
血迷いによって見過ごしてしまうのですね・・。

fc2blog_20180614183549c94.jpg

これからは
そういう常識しばりなく
生きていける時代です。

わかりませんけど
そういう時代にしなくっちゃです。

そんなことを思うと
まだまだ毎日楽しいです♪

fc2blog_2018061418361411f.jpg


園長(春はこれから♪)

スポンサーサイト



プロフィール

にじのとり

Author:にじのとり
大阪市北区で(株)にじのとりが運営する
にじのとり保育園/ななつぼし保育園の日常と
園長の主観だらけのひとりごとです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
2位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR