蕎麦屋での一件と保育園と

今年も黒板、
生きてます。

お花も咲いて
春ですね♪

fc2blog_20180411201810522.jpg



今日はちょっと
保育園とは違うお話から。

先日、職場近くの商店街を
所用で歩いておりましたら
新しいお蕎麦屋さんを発見したので
入ってみました。

店内はひとつだけ席が空いていました。
少し待っていたら店員さんがやってきて
「ちょっと待って頂きますけど
それでもよければどうぞ。」と、

表情ひとつ変えず
なんなら帰れと言いたそうな
つっけんどんな接客態度に
心の端っこがちょっとざわつきましたが

いや、
まぁ
しかしと
さっさと空いている席に座り
とろろ蕎麦を注文しました。

ほどなくして
隣の客が注文したであろうお蕎麦が
運ばれてきました。

なにやらお客さんと店員さんとで
揉めている様子です。

お客さんの方は
ちょっとボルテージ上がってきました。
そうしたら店員さんは
大の大人が使ってはいけない
「そんなつもりではありませんでした。」を
再び顔色変えずに言い放ち
その場を去ったのです。

顔色変えないのは
きっと特技なのかもしれません。

しばらく待って
私のとろろ蕎麦もやってきました。

お蕎麦屋さんに入っておきながら
実はうどん派なので
お蕎麦の味は実はあまりよくわかりませんが
ひとすすりしてみました。

こんなもんかな・・と思いながら
箸を進めていたら
隣のテーブルが
お勘定タイムになりました。

店員さんが
「先ほどはいやな思いをさせてしまい
すみませんでした。」と
心のない声で言い放ちました。

それを受けたお客さんもまた
「いえ、大丈夫です。二度と来ませんから。」と
心のない声で言い捨てました。

この一連のやりとりが
繰り広げられる至近距離にいて
やるせない切なさを感じはしたのですが

相当に人間臭さすぎる
人と人とのやりとりの一片に触れて
人が無意識のうちに
求めて止まないものは
結局どんなに時代が変わっても
変わらないことを思い知りました。

高評価をお金で売り買いしたり
ヒト・モノ・コト・アジ・オトの中に
偽物やまがい物が溢れて
上っ面なぞりが大手を振るような
玉石混交の世の中だからこそ

誰かがつけた☆の数や
他人の評価や感想に惑わされず
自分の大切なものは自分で守り
自己責任で生きていかなければと
改めて思えました。

そんな
お蕎麦屋さんでのお話ですが

保育園に置き換えても同じで
私達は
時としてパパやママに対して
<ちょっと冷たいんじゃないの・・>
<それはちょっとナイんじゃないの・・>と
思わせてしまうことも
ないとは言い切れません。

そういった場合
立ち位置としては
保護者の皆さまの方が
遠慮をしてしまう場面です。

ですが私は
目に見える
保育料が高いとか
開園曜日が少ないとか
給食がダメだとか
見える部分につきましては
他と大いに比較をされて
入園・在園を決めて頂ければと思いますが

気持ちに関わることについては
保育園といえども
ここだけで完璧ではありませんが
とはいえ、
それに甘んじず
捉えようが千差万別だからこそ
苦情言う側、言われる側を
作るのではなく、
仲間として

・・ここで言う仲間とは
大切なお子さまを育む
バディーという意味合いです・・

声を出し合っていきたいと考えています。

つい人は
声を飲み込んでしまいがちですから
ほんの小さなことでも
家族間でも
声を出すというのは
簡単なようで
実に難しいです。

職員間でも
毎日毎回
口を酸っぱくして
伝え合っていることです。

とは言え
思ったことを全部吐き出して
全てをさらけ出すだけというのでは
あまりに配慮がありませんから
そこはお互いの経験や想像力による
さじ加減が必要な場面ではありますが
こうしている今も
未熟な者同士
胸の貸し借りし合って
一緒に歩みましょう。

共通の目的は
<心からの笑顔>です。
子育てさえも
もはや目的ではなく
それぞれの手段だということに気付いたら
今よりすこーーし
楽になりませんか?

・・ということで
今年度もどうぞ
よろしくお願いします。


写真は
つばめ組の
ウゴウゴルーガの面々。






と、
走るのが少し早くなったジャニーくんの
つばめさんだから
お絵かきも上手くなったよ の
貴重なシーン。





そして
ひーばりさん♪
はーい♪




めーじろさん♪
はーい♪






園長(明日はもう木曜日)




スポンサーサイト
プロフィール

にじのとり

Author:にじのとり
大阪市北区で(株)にじのとりが運営する
にじのとり保育園/ななつぼし保育園の日常と
園長の主観だらけのひとりごとです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
50位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
3位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR