FC2ブログ

お餅つきとお餅行脚のこと

かもめ組さんやひばり組さんの
お餅つきのイメトレが激しすぎる中
お餅つきの朝を迎えました。

お米を洗って
ふかして
ついて
こねて
丸めて
食べて

みんなで一緒に楽しみました。


タイガーマスクさまからの差し入れも届いて


fc2blog_20171215190820add.jpg


今日は嬉しいお餅つき♪

fc2blog_201712151907554ae.jpg


いちご大福と
きな粉餅をみんなで楽しみました。

fc2blog_201712151906322cc.jpg


お餅をつく力もついた今年は
もち米の蒸し時間を少し増やしてみたら
とっても美味しいお餅がつきあがりました。


fc2blog_20171215190647e33.jpg


つまみ食いという名の
お味見でみんなホクホクです。

fc2blog_201712171018556d8.jpg


イケメン達との自撮りは
いつも大騒動です。

fc2blog_201712151909062d4.jpg


この日のお給食は
魔法のお給食さんの
栄養士さんとの事前のお話し合いで
こちらの要望に答えてくださる形で
クリームシチューでした。

fc2blog_201712171020274e5.jpg

実はいつも
シチューの時のパンは
大きい方のパンをオーダーしています。
本当に大きいパンなのです。

お餅を食べた私の胃袋には
ちょっと収まりきらないので
この日お邪魔したテーブルの子ども達に
均等割をしました。

すごいですね。
さすがです。
みんなペロリでした。
その上
シチューのおかわりまでして
たらふく食べています。
知らない間に
お野菜たくさん食べていますよ。

fc2blog_2017121710200439d.jpg



お餅を食べて
お給食を食べたら
ついたお餅を持って
お世話になっているところへ
今年のお礼を伝えに行きました。

お世話になっているお寺さんへは
つばめ組さんが
天満宮さんへは
ひばり組さんが

あと
応接室のコーヒー屋さん
内科の先生
歯科の先生
おもちゃのお姉さん
レストランのお母さん
魔法のお給食さん へは
にじ組さんと一緒に
ご挨拶をさせていただきました。


リラックスした雰囲気の中で
にじ組の子ども達と
道すがら
いろんなお話をしました。

そんな時には<素>が出ますね。
普段のパパやママとの関わりや
また逆に
パパやママの前では出さない姿なんかも
垣間見れたのではないかな・・・と
思っています。


一駅だけですが
電車にも乗るのですが
切符は
子ども達に責任を持って
もってもらうのが決まりです。


誰が持つ?
誰が持つ?
誰が買う?

切符買うだけで大騒ぎになっているのは
この学年の子達の特徴かもしれません。

ロマンティック部長
スカッシュくん&えっちゃんのペア

「えっちゃんが持ってたら
絶対落とすと思うから
僕が切符を持っておいた方がいいよ」

「え?ほんまやな。(ゲラゲラ)
ほな、はい。スカッシュくん。お願い(ゲラゲラ)」

遠足の時は階段だけど
園長センセイとのお出かけの時は
エスカレーターを使います。

あの東西線の長いエスカレータを
降りきった時にこだまくん、
「手に持ってた切符を
エスカレーターの
銀のところに置いちゃいました。
今持ってません、ごめんなさい」

今降りた長いエスカレーターを
再びUターン。
誰も文句言いません。

ほどなく途中で切符を手にして
再び下へ。

「ごめんなさい」

ちゃんとしかるべきタイミングで
その言葉を言えるこだまくんは
相当おうちで
子どもあるあるの轍を
踏んでいるのだなぁ(笑)と
そして
そんな時の対処も
ちゃんとできているなぁと
嬉しく思いました。

失敗することや
やらかしは
人間の証なので誰でもありますが
その後すぐに、周りに謝れたり
次の行動をとるということを
しっかり仕込むのは家庭の
子育ての醍醐味ですが
そこが抜かりなく
今回のお餅行脚でも主役を張るこだまくんは
さすがだなぁと思いました。

しかも
泣いてごまかしたりせず。
あんなに泣き虫だったのになぁ・・・
と、感慨深いエスカレーターでした。

今後何年経っても
東西線のエスカレーターを下る時に
私はこの話を思い出し
今後の歴代にじ組に
語り継いでいくのです。


そして到着。
おもちゃのお姉さんのいる場所へ。

夏に夏祭りのお菓子を
差し入れした時に

「隣町の綺麗なお姉さんやで」

と、仕込まれていましたから
遠くの方で
私よりも先にお姉さんを見つけた子ども達が
手を振ります。

風船やチョコレートのお土産をもらって
ホクホクで保育園へ帰ります。

fc2blog_20171217101927fcb.jpg



帰り際に子ども達と約束したのは

「ちゃんと誰に何をいただいたか
お母さんにお話をしてお渡ししてね」

ということです。


子ども達、そのお約束は
ちゃんと守れていたでしょうか。


みかんもたくさん頂きました。
それまでには
りんごもたくさん頂きました。

いつもいつも
わらしべ長者の
にじのとり保育園です。
本当にありがとうございます。





<余談>


道中のにじ組の子ども達との会話。

「なんでお餅配りにいくの?」と、素朴な疑問が
一人の子から出ました。

「お世話になっている人へのお礼だよ」と、私。

「そうか・・・じゃあ!ひとみセンセイや!」

「なんでひとみセンセイ?」と他の子ども達。

「めじろさんの時
泣いてる時にいつも抱っこしてくれてたって
お母さんが言ってた。
だからひとみセンセイや」



・・・・


4〜5歳児の教育に関する部分を無償化にする
とか言ってることのナンセンスさ
そして無償化になることだけを
手放しで喜んでしまう大人達は
ガツンと思い知らなければ。

この子の発した言葉や思いの大切さを
噛み締められる保育者がいなければ
この子の思いは根を張らないということを
保育者や運営の責任者は
心から噛み締めて欲しいと願います。

ずっとずっとずーーーーーっと
ここ最近
私の中で消えなかったもやもやの答えを
子ども達との
お餅行脚でようやく見つけることが
できました。

たくさんのありがとうが
ここにございます。

ありがとうがございます。

ありがとうございます。





おあとがよろしいようで。




園長(世界一幸せな園長)


スポンサーサイト



プロフィール

にじのとり

Author:にじのとり
大阪市北区で(株)にじのとりが運営する
にじのとり保育園/ななつぼし保育園の日常と
園長の主観だらけのひとりごとです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
4位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR