FC2ブログ

運動会への道③

平成30年度4月〜の
入園ご希望のご家庭の皆さまへ

事前に見学、面談をされたご家庭に
入園申し込み書をお渡ししております。

まずは面談のお申し込みを
お電話にて受け付けますので
よろしくお願い致します。

概要には9月19日(火)〜お申し込み開始と
記してありますが
恐れ入ります。

9月20日(水)13時〜の受付となりますので
よろしくお願い致します。

受付場所→ななつぼし保育園


まだお手元にないご家庭は
保育園まで13時以降にお越しください。

また、面談のお申し込み
お問い合わせは
毎日13時以降にお電話にてお問い合わせくださいますよう
よろしくお願い致します。

今年度10月〜3月の入園は
難しくなっておりますので
悪しからずご了承くださいませ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


さて、
運動会に向けての取り組みにおける
子ども達の成長。

小さいめじろ組さん。
毎年この子達はスタートラインに立つだけで
今年の運動会での仕事を終えたと言ってもいいぐらいです。

ママから離れて
泣いて走り出せなくても
ゴール手前のテープを切る前で立ち止まって
また後ろに向かって走り出しても
心配は無用です。

運動会だということを理解して
よーーし!
という気持ちになって
楽しめるようになるのは
あと2年ぐらい先のお話です。

今は
なんだかわからないまま
本番の当日を迎えます。
ひばりさん世代でも
運動会当日は入り口でママと離れる時に
大号泣する姿が見られますし
わかってきているので
全てをわかって
競技には不参加を決め込む姿も
また可愛いものです。



・・・・・・・・・・・・・・・・・



さて、運動会のこと
の、前に

運動会シーズンとは言え
そればかりをしているわけではありません。

ななつぼし保育園の
<喫茶ひばり>さんから招待を受けて
黄色いお洋服に身を包んで
とうもろこしパーティーに参加しました。

みんな無言でもぐもぐ。
おいしいおいしい
もぐもぐもぐ。
このとうもろこしパーティーのお話は
また改めて
ななつぼし保育園のお話の方で。


fc2blog_20170913105107726.jpg


fc2blog_201709131050509b6.jpg



分園では
9月の壁面構成が出来上がりました。

今月のテーマが
まさか
<世界遺産をめぐる旅>だったとは
予想を超えた
遥か先をいく分園です。


クラスでひとつのテーマに向かう時
分園では必ず
センセイによるグループ分けはせずに
最初から最後まで
子ども達の<やりたい>に忠実です。


今回の世界遺産めぐりで
候補に上がったのは

フランス・・モンサンミシェル
エジプト・・ピラミッド
日本・・・日光東照宮・奈良大仏
アメリカ・・自由の女神


日々積み重ねているカード遊びや
辞典を読む姿は
ダテじゃなかったということですね。



モンサンミシェルの案内人は
まさのりセンセイ。
(実はひーこセンセイと取り合って勝った)
実際に行った時の写真を使った
臨場感あるプレゼンは
おそらく旅人である子ども達を
大いに刺激したことと思います。

fc2blog_201709130737042be.jpg


エジプトは
にじ組の男の子と
特につばめ組さんが関心を持ちました。
さんたセンセイと一緒に作り上げたピラミッド。
中を想像しながら描き上げる姿や
圧巻の壁画を
集中して描いていた姿が目に浮かびます。
きっと当時壁画を描いた人の中には
子どももいたのではないでしょうか。
どんな思いで
ピラミッドの中を想像したのでしょう。
お子さんがどの壁画を描いたのか
ぜひ聞いてみてください。

fc2blog_20170913073720c57.jpg


さて、次は
日本の遺産をめぐる旅です。
こちらは
ひーこセンセイと。

一番に
「僕は日本!」と名乗りをあげたのが
利家くんだと聞いて
私の心が喜びます。

fc2blog_20170913073646f71.jpg


誰かを誘って・・ではなく
誰かに誘われて・・でもなく
<一人になっても自分のやりたいことを貫く>
さすが
お誕生日会で好きな食べ物を聞かれて
迷わず
「柿です!」と答えるお武家さまです。(笑)

日光東照宮っていう漢字も
見ながら僕が書いたんだよ♪と。

fc2blog_201709131100020b2.jpg

fc2blog_2017091311011932b.jpg


こうして漢字も
絵だと思って書くと
ほんとに楽しいですね。

奈良のコーナーに
可愛い鹿が並んでいたので
思わず鹿せんべいをくわえさせてしまったのは
私です。


そして!
実は一番に目を引いたのは
まみセンセイと行く
アメリカツアーのコーナーでした。

明らかにこれは
にじ組は誰も関わっていない
3歳児らしい作風・・・
まさに自由の国アメリカ!

fc2blog_201709130737395c2.jpg


なんとアメリカを選んだのは
あやめちゃんと
ジャニーくんでした。
三歳児2人だけ!
でも納得!
いつも自由な2人だから!

「これはね、自由のめがね」
「自由のめがね〜♪自由のめがね〜♪」
となりにいるのは大統領〜♪


出来上がった自由のめがねを
いろんなことはどこ吹く風で
さぞかし満足気に見上げていたことかと思います。



分園では
自分の思いや考えを
みんなの前でしっかり伝えることができるよう
日々の保育で心がけています。

製作ひとつとっても
お給食でも、遊びでも
まず
自分はどうしたいかを
言葉に出して伝えることから始まります。

なんでも
そこから実現するからです。

食べる量はそれぞれでも
ちょっと苦手なおかずがあったら
少し減らしてくださいと
申告しています。

大したもので
ばあばの立場の私が
時々覗いてけしかけて

残したらいいよ♪
と、
ニコニコ勧めてみても
みんな
「食べる!」と言って頑張るのです。

苦手なお野菜がお給食だから
保育園に行きたくない・・という声が
ばったり聞こえなくなりました。

私達の心理的作戦だけでなく
やっぱり
本当に美味しい
魔法のお給食のおかげで
野菜をとっても美味しく食べることができていることが
一番の要因ではないでしょうか。

お給食が大好きなおかずだから
おやすみ予定を変更する子もいます。

fc2blog_2017091311255730c.jpg









分園でのカード遊びの内容ですか?
毎日カードは更新されていますから
今は、、そうですね、、

こんなものや

fc2blog_20170913073542e6e.jpg


コレを見て何か言えたり

fc2blog_20170913073620183.jpg


ロゴシリーズでは
こういうジャンルにまで
及び始めています。

さて、これは
何のロゴマークでしょう。

fc2blog_20170913073559106.jpg


思うなら今です。
「うちの子天才!」笑

今は運動会前ですから
普段のこういう遊びも
4つのチームで競い合って楽しんでいます。

解答権がかもめ組になると
あ〜あ・・・・と言ってた4月、5月に比べ
近頃ではぐん!と正解率を上げたかもめ組さんに
また違うため息や歓声が湧き上がるのも
楽しいひとときです。
そういう一瞬一瞬の積み重ねの中で
子ども達は育ちます。



今日も
走ってころんで
笑って泣いて
怒って喜んで
遊んで遊んで遊んで遊んで
1日を過ごします。


運動神経の開花で
お兄ちゃん達から一目置かれて
自信をつけてめきめき成長しました。

親の励ましや褒め言葉は
もちろん大切かもしれませんが
それは早い時期に
<おだて>という形に
姿を変えているのかもしれません。

そうなるともう子どもには
効き目はなくなります。

お友達や目上のお兄ちゃんお姉ちゃんに
定型文で褒められる言葉ではなく
<認められている>という感覚が
この時期の子ども達の
人格形成に大きな影響を与えていることを
目の当たりに見る毎日です。

fc2blog_20170913075013c06.jpg


異年齢の子どもとの関わりの中で
おのずと覚えることは
言葉では説明できません。

<ごまめ>になっておく経験こそ
この時代の必須項目だと思います。

fc2blog_201709130748591c5.jpg



意地悪でもなんでもなく
寄せてもらえたりもらえなかったり
ごまめになったり
時には頭数のまとも参加だったり

そういうことを幼少期から経験している子と
そうでない子の違いが出るのは
もう少し先ですね・・・。


fc2blog_2017091307503863c.jpg


今やらなければいけないことは
いっぱい遊ぶこと。

誰かが作ったワンダーランドより
数倍楽しいワンダーランドが
実は子ども達の頭の中には既にあるのです。

じっくり一人遊びをさせてください。
その時は
自分の頭の中のワンダーランドに
どっぷり入り込んでいる時です。
大人レベルのチャチャ入れは
極力しない方がよいと思っています。

求めてもいないのに
ヒントばかり与えたがるのは
いつの時代も大人の悪い癖ですね。

3歳よりもっと幼い子らにとっては
おうちこそがワンダーランドです。

4歳ごろまでは
おうちとご近所を堪能して
子どものオーラをしっかりそこかしこに
マーキングしてくださいね。

いっぱい遊んでいる子は
身のこなしがしなやかです。

いっぱい遊んでいる子は
好奇心が旺盛です。

子どもには絵本!絵本!
読み聞かせ!読み聞かせ!と
時々躍起になって
あまり好きではないけれど
話題の本を購入して
なんとなく読んでいるママのお話を
時々耳にすることがあります。

子ども達が感じたいのは
読んでもらっている言葉ではなく
読んでくれている人の息遣いだったり
感情だったり
表情だったり
その本を読んでもらっている時の
空気だったり
そういうものです。

そこで
心地の良さを味わいたいのです。

話題の本が
その心地よさを保証するわけではありません。


また絵本はあまり読んでもらってなくても
パパやママと日常会話をたくさんしている子は
ボキャブラリーも
創造力も
好奇心もたくましく
周りのこともよく見えています。
なにより
人のお話をちゃんと聞くことができます。

とらわれることは不要ですよ。
ママが好きな絵画の辞典を
ただ一緒にめくって見るだけで
お子さんはきっと心地良いはずです。


写真は某センセイの
おうちの本棚のほんの一角。

右端にある本は
既に分園の子ども達はおなじみです。

いつも正直悔しいです。

どこで見つけてくるんだろう・・・・と。

子どもに与えたい、見せたいと思う本は
必ずしも
幼児書のコーナーにはありません。

まず
自分が見たくならないと・・・・。

fc2blog_20170913131607d04.jpg

保育園では
センセイの数以上の<興味>や<好き>があります。
それだけを拾い集めても
子ども達は
多くの刺激を与えられています。

そしてセンセイ達は
その時の子ども達の目の輝きから
多くを学びとります。


多分昨日今日は
この本が嬉々として
連れて行ってもらっている様子です。

fc2blog_2017091313163354f.jpg




園長(文字のない絵本が好きです)
スポンサーサイト



プロフィール

にじのとり

Author:にじのとり
大阪市北区で(株)にじのとりが運営する
にじのとり保育園/ななつぼし保育園の日常と
園長の主観だらけのひとりごとです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
2位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR