FC2ブログ

お買い物デー♪

毎日色々なニュースに出会いますね。
ここ一番よく見られるのは
自民党の某女性議員の
<暴言パワハラ>でしょうか。

確かにびっくりする音声でしたが
あのようなことがあると
私達はすぐに傍観者になって
ひどい人がいるもんだと
つつきがちですが

いつもどんな時も
どんなニュースが世間を騒がせても
氷山の一角であることと
同じことが
私達個人の中でも
起きていることを
自覚するための出来事なのだと思って
受け止めています。

あの議員さんの件も
立場を変えてみると
案外同じようなことがあるかもしれません。

たとえば
自分の親に
夫に、妻に
そして子どもや
後輩、友達に対して
程度の差こそあれ
自分自身の中に
あの某女性議員がいるんだよ
自覚しなさいよ
という
警告のような気がしています。

<自分はあんな風じゃない>
<後輩にあんなことは言わない>

だけど
おうちの中で
一度
ボイスレコーダーをONにしたら
案外自分の口から
きつい言葉が出ているかもしれません。

口に出して言うことは確かに大切で
そうしなければ滞ることがあるのは
ものごとによれば確かに事実だと思いますが
それによって誰かを
傷つけて良いわけではありませんから
隠し事をせず
何でも口に出して
心の中を洗いざらい言うことばかりが
正解でもないなぁとは思いますが

今回の議員さんのこの有り様は
自分の中にも大なり小なり
この議員さんのような要素が
住んでいることを認めて
自分自身を
しっかり見つめ直す為の
ひとつの材料として心に留め置きたいと思います。


職場での私ですか?

嫌われることを恐れていたら
何もできません。

世の中どんな人も
気に入られようと
必死になって合わせて自分を変えても
嫌う人からは嫌われるのですから
それならハナから自分らしくいて
嫌われた方が
ずっと体にも心にもいいですね。



・・・・・・・・・・・・・・



さて、明日は
<お楽しみ給食>の日です。

今月のリーダーは
さんたセンセイ。
作るのyは
肉じゃがとおにぎりと味噌汁。
中学生の調理実習的な献立です。

毎回<お楽しみ給食>前日は
子ども達はセンセイと一緒に買い物に行くのですが

fc2blog_20170629165227d9a.jpg


今回は
ジャガイモをたくさん
ひーこセンセイのご実家から寄付して頂き
(お母様、いつもありがとうございます!)
予算に少し余裕ができることが事前に判明致しましたので
私からも子ども達に
ナニカを改めてプレゼントしようと思い立ち
前日お手紙を書きました。

fc2blog_2017062910353623b.jpg

fc2blog_2017062910351515d.jpg



あえて申し上げますが
私から子ども達へのプレゼントは
何かしらのデザートだと子ども達は
思っていると思います。

でも
私からのプレゼントは
このお手紙を読んでもらった後に感じる
<興奮>とか<喜び>
そしてお手紙に書いてあった
<みんなとそうだんする楽しさ>
などの
目には見えない感情の体験です。

どんな相談をして
何を買って
どんな風に作って食べるのかは
センセイと子ども達に
信頼の丸投げです。


こういう相談になると
人任せにせず
主導権握るロマンティック部長です。

フルーツにする?

fc2blog_20170629170958a3e.jpg


そしてこんな時
いつも意見を出してくれる利家さん


利家   「柿!」
ひーこ  「まだ売ってヘンよ~」

利家   「ほな、桃!」
まみ   「高いよ~」

にじ組  「ほな、メロン!」
さんた  「この前食べたよ~」

にじ組  「じゃあスイカ~!」
センセイ 「昨日食べたや~ん」

・・・・というやりとりの結果
何を買ったのかは明日のお楽しみです。



何を買ったのかの相談も楽しかったようですが

私が手紙にしたためた
渾身の自分の似顔絵を
お手紙を読み上げたさんたセンセイが

「これ、なんやろ?おばけかな?」

fc2blog_20170629185055de7.jpg


と言った一言に
どっか~~~ん!

「おばけちゃうかったらヒゲかな?」

で、
どかどかどっか~~~ん!

子ども達が心の中で思ったことの
すこ~しだけ上いく
ちょっとコレ言うたら失礼ヤン!
な発言を聞いた時
子ども達は
こういう反応をしますよね。

どんな形であれ
分園でのひとときに
少しでも爪痕を残せたなら嬉しいです。



色んなタイガーマスクさまの存在がありますが
日常の
ちょっとした面白い話や
落ちていた葉っぱがキレイな色や形だったからと
お手紙と一緒に持ってきてくださることも
それは立派なタイガーマスクさまなのです。

私の保育園設立の目的は
ここに集まる人の心からの笑顔
ですから
無限大の方法があります。

子ども達は
たとえば美しい葉っぱを見つけたよ
と、現物を見せて頂き
お知らせを頂いただけで
帰りに見つけてみよう!と思えたり
その葉っぱを目に焼き付けます。

それが豊かな経験のひとつとして
子ども達の目に心に焼き付けられて
笑顔の器がまた満たされます。

そういうことです。

目的は<もの>ではなく
そこに至る
そこに込められた
<こころ>の方なのです。


ななつぼし保育園のブログは
コチラ

園長(明日楽しみ~~~♪)



スポンサーサイト



プロフィール

にじのとり

Author:にじのとり
大阪市北区で(株)にじのとりが運営する
にじのとり保育園/ななつぼし保育園の日常と
園長の主観だらけのひとりごとです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
55位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
5位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR