FC2ブログ

新しい年にハミダシ論

笑門来福♪

新しい年になりました。
今年は開園以来待っていた
<とり年>です。

fc2blog_201701051230228b0.jpg

fc2blog_20170105123124feb.jpg



毎年毎年を
勝手に節目節目と言い続け
気付けば筋だらけになりながらも
少しずつ背丈が伸び
地中を這う根も広がっていることを
感じています。

これもひとえに
にじのとり保育園を選んでくださる
保護者の皆さまを始め
多くの皆さまの
ご理解ご協力の賜です。
改めて新しい年を迎えた今
感謝の思いでいっぱいです。
本当にありがとうございます。

また
お会いせずともこうしてインターネットを通じて
ひょんなことからにじのとり保育園に出会い
関心を持ってブログを読んでくださる皆さまの
心の中で送ってくださるエールの声が
年々大きくなって
私の元に届いていることも日々嬉しく感じております。
ありがとうございます。

今年も更に枝葉を広げて
日々を喜び、楽しんで参りますので
どうぞよろしくお願い致します。


今年も元旦にお届けできたことを
嬉しく思います。
にじのとり保育園からの年賀状です。


よくこういうのをお見せすると
関係各位から
<センセイ達大変>という感想を
お聞かせ頂くことが多いのです。

fc2blog_20170102123313c43.jpg

特に株式会社系で
保育の業界に参入されたところからは
開園当初からそういうことを言われました。

が、
保育の仕事をする上で
コレを大変だから負担だからやらない方向にする!
なんて組織で決めると
まともな保育士さん(こう書くとまた叱られます)は
面白くもなんともなくなり
魂の奥深くにやる気を押し込めて
組織が腐っていきます。(保育園あるある)

30年ほど前の私はハミダシ保育士
(ほんとはまともな保育士と書きたい)でしたから
私が提案することはことごとく却下されてきました。
<足並みが揃わない>
<時間がかかる>という理由で。

こういうことを反対されて
1年目2年目の内は
泣きながら組織に従いましたが

いかんせんハミダシているので
3年目からは
こっそり自分のクラスだけやって
あとで職員室で
こっぴどく叱られるという道を選びました。
(誕生日会も誕生日カードも年賀状も
鍵盤ハーモニカも生活発表会の出し物も)



fc2blog_20170105093438ffb.jpg


小さい頃から人と違うことばかりやってきて
叱られてきました。
叱られながら
「人と同じでないことは悪いことなの?」という疑問を
いつも抱えていました。

なので、今我が子がちょっとハミ出してるんじゃないか・・・
と心配されているママにとって
私は最大の味方だと思っています。

いつも私は声を大にするのです。
集団の枠の中に収まり切らないことの中に
その子の持つ宝ものが潜んでいる!と。

ウチの子だけみんなと同じじゃない・・・
もしも我が子にそう思うフシを発見したら
「我が子はパイオニアだ~!」と
みんなと同じじゃない部分を
しっかり見つめてあげて欲しいと思います。
間違っても
みんなと同じを強要しないでくださいね。

みんな違ってみんないい とか
そういう言葉を
多くの人は知っています。
テストに出たら書けるということが
理解しているということではありません。

みんな違ってみんないいを
どうか心から本気で
実践して欲しいと思います。



・・・・・・・・・・・・・


話は年賀状から少し逸れましたが
<ソレを嬉々としてできること>が
その道のプロだと思います。

しんどい?
めんどくさい?

とんでもない!
楽しいんです♪

どのクラスのセンセイも

「ウチのクラスの年賀状が一番!」
と思って原案を出してきます。
そうして
そんな思いで仕上げたものを
袋に入れて回してみんなでチェックします。

他のクラスのを見ながら
「ウチのが一番!」と思っている人同士は
他の人の作品を見て
必ず自分が表現していないいいところを見つけて
ほぅ~・・と心の中で感心したり
次のナニカに生かすために技を盗みます。
そしてアドバイスをもらったりします。

年賀状は作品をお届けするものではありません。
受け取った人の笑顔を想像して
<思い>をお届けするものです。

その方法や機会は
たくさーーーーーーーーーーーんあります。
方法は日々変わり、形を変えます。
そこばかりを注目しがちですが
変わらないのは
<思い>ただひとつなのです。


できあがったものに対しては
謙遜するところではありません。
自分の全てを出して、自分の作品を愛でて
まずは<どや!>
それからじゃないと他を受け入れられません。

センセイ達のそういう活きた姿を
目に焼き付けるたびに
若い頃の私がどんどん慰められて
時折ココで嬉しそうに
ミーティングに加わっている姿を
発見します。

あー
若い頃にこの環境だったらなぁ・・・
というのは無い物ねだりです。
今自分がこの環境を作っている時点で
過去などとっくに慰められています。


先日も、朝から分園で過ごして
いつまでも帰らずに
子ども達と遊んでいる私を見て

「ホンマ、楽しそうですよね・・・」と呟いた
ひーこセンセイの言葉が
嬉しく頭の中で響きます。


マイナスな思い同士がぶつかっても
更なるマイナスの境地に足を取られて
苦しみが淀みますが
やる気とやる気がぶつかると
新しく更に高みを目指す
プラスの境地に立つことができます。

お約束通り大ざっぱ部長の作った
消しゴムハンコのひよこちゃんが
のんきに歩きながら
そんなことを
言葉なき言葉で呟いているように見えませんか?

fc2blog_20170105093417646.jpg


・・・・・・・・・・・

年明けからわたくしごとを
支離滅裂なままお届け致しましたが
なにはともあれ
今年も明けました。

年明けに見た大好きなテレビ番組内で
分子の博士、山本尚先生が仰っていたお言葉で
新年最初のブログを閉じたいと思います。


fc2blog_201701051227366a9.jpg

(その道において)
「出る杭になれ」
「鼻持ちならぬ人間になれ」

年明けにこの番組を見て
名だたる先生方の
歩んでこられた道を知って
過大解釈ではなく
その道において
ハミダシている人達の中に
力を得た人がきっとたくさんいると
信じてやみません。

信じた道があるならば
信念曲げず
打たれること恐れず参りましょう。

打たれてから開くドアがたくさんあります。
学ぶこともたくさんたくさんあります。
でもそれは
きちんと前を向いて表に立ち
しこたま打たれてからでないと味わえない
蜜の味です♪

打たれる=失敗ではないのです。
失敗があるとしたら
信念を曲げて
自分らしさのソレを出さずにいることです。

杭が出ちゃってる人は
さっさとソレを認めて隠そうとせず
どうぞ打ってくださいと
堂々と出ちゃいましょう。
大丈夫です。
いい年をして
私もまだそのジャンルにいますから♪



園長(時にはヘルメットかぶってもいいのですから♪)

スポンサーサイト



プロフィール

にじのとり

Author:にじのとり
大阪市北区で(株)にじのとりが運営する
にじのとり保育園/ななつぼし保育園の日常と
園長の主観だらけのひとりごとです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
3位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR