FC2ブログ

少数精鋭のココロの友♪

街はすっかりクリスマス色ですね。
最近はイルミネーションも
なんとかナリエも
もうおなかいっぱい、、と思いながら
それでもやっぱり
色とりどりの電飾を見ると
心のどこかがトキメクのは否めません。

昨夜は
遠い学生時代からの友人で
保育園の裏園長でもある
おもちゃ部のお姉さん(れっきとした)が
子ども達とセンセイ達に
プレゼントを持ってきてくれました。


毎年その中に
カレンダーが入っているのですが
今年のカレンダーのひとつに
こんなステキなものがありました。

fc2blog_20161209100745069.jpg

絵の部分はすべて
高砂にある米田大師寺の住職さんによる手描きだそうです。

カレンダーが入っていた袋の中に
そのお寺のお電話番号が書いてある
名刺ぐらいの大きさのカードが入っていましたので
手帳に記す為に机の上に置きましたら
すべって下に落ちた時に
くるんとひっくりかえったカードから
こんな言葉が目に飛び込んできました。

fc2blog_20161209095858901.jpg


おもちゃ部のお姉さんは
きっとこのカード(御朱印)を
選びに選んでくれたはずです。
アノヒトはそういう人です。
(まさかランダムに住職さんが
手渡してくださるものだとしたらご愛敬)

我が家の子ども達が小さい頃にお土産を選んでくれる時も
同じものが並ぶ中
外箱の形状まで厳しい目でチェックして
手に入れ、そして手渡してくれていました。

その思いは開園してからいただく
保育園の子ども達へのおもちゃや
センセイ達へのひとつひとつにも
しっかり込められているのを
私はいつも感じています。

この御朱印の文言を
夜の10時過ぎに保育園の事務室で見た時に
ふつふつと私の中に
得体の知れないパワーがわきあがってきて
<勝手に>というジャンルの涙がこぼれました。

私は若い頃から
変わってると言われ続け
集団の中で自分の思うことを言ったり行動したりすると
浮いてしまうことしばしでした。

大人になるにつれ
黙って魂抜いて馴染んでるふりをして
居合わせることにも慣れてきましたが
おそらく人は年々<素の自分>に戻るのかもしれません。
それじゃあイカン!
誰の為の人生?と思い直して
現在に至ります。

みんなが同じでないと納得されない中では
やりたいことがあってウズウズしても
受け入れられないことの方が多かったように思います。

だけど、
大人になった今でも
自分をさらけ出している矢面では
嫌われたり、受け入れられないことの方が
断然多いのだろうなぁとわかっていても
たとえ他の多くの人から
「そんなのは幻だ」と言われて笑われても
ヘラヘラと前や上を向いて
自信満々に生きていられるのは

お互いのコアを熱烈に受け入れ合え
お互いをわかり合える
少数精鋭のココロの友(呼び名暫定)
がいてくれるからで
私の喜びはその人達の喜びだとわかるからです。


・・・友達、恋人、夫婦、家族、、、
少数精鋭のココロの友に対して
適切な代名詞は言葉では
存在しないかもしれませんが
その存在には
ありがとうしか言葉が見当たりません。


変わってるよね
ヘンだよね
おかしいと思わない?

今も私はきっと多くの人から
ささやきの中で気に掛けて頂き
日々成長しています。

もしも私のやることなすことを見ていて
♪わ!面白そう!♪とか
ワクワクを伴って共感する部分があるとしたら
それは私がすごいのではなくて
必ずご自身の中に同じ要素があるから
喜べているのだと思います。

自分の中から出て来れずにいる
他人の目を気にして引っ込めている<ソレ>や
時間がないからと言い訳している<ソレ>が
私の<コレ>を見て
きっと喜んでいるのだと思います♪
・・・きっと。
・・・・・・多分。


ーーーーーーーーーーー


子ども達の普段の遊びの様子を
写真で撮るのは本当に難しいです。
夢中になっているところを
わざわざこちらを向かせてしまうと
同じような写真ばかりになってしまいます。

販売できる写真なのかどうかと問われると
おそらく
商業的にはボツになるような写真が
大半だと思います。

トムとジェリーは
お外でもこんな風。
時々二人で押し合って
お互いにセンセイのところへ
トムが押した!
ジェリーが悪い!と告げ口に行きますが
目と目が合うとすぐに笑って追いかけっこ・・・となる現場を
私はこの日何度見たでしょう。

精鋭のココロの友・・・。

fc2blog_20161209140633fc7.jpg

絆深める日々の遊び。
集中して遊んでいるとこんな感じなのです。
コレはお外でのままごとです。
「みんな~こっちへ行くわよ~」と
一休さんが呼びかけて
場所移動をしてきたところ。

お互いのことをわかって
過ごす空間の心地よさは
なんともいえないものなのでしょう。

少数精鋭のココロの友・・・。

fc2blog_20161209140749640.jpg


ほら、すぐにブレブレ・・・。

fc2blog_201612091408118e9.jpg


新しいセンセイ一人占め・・・・

fc2blog_201612091524302eb.jpg


年齢の壁を越えて
ココでおうちを作っています。
オリオンくん、いい仕事をしているように見えますが
二人でやっているようで
それぞれ別のことをこの場所で楽しんでいます。
そして時折二人で笑い合って
一緒に共同作業をするという不思議な空間でした。

この関係もまた
少数精鋭のココロの友なのかもしれません。

fc2blog_20161209141745f08.jpg

お友達と関わっていてもいなくても
一人でも大勢でも
それはその時の心のままに。
自由遊びの時に
ぐぐっと成長をしているのを感じます。

もう赤ちゃん期を終えそうな二人です。
おかばん持ってお姉ちゃん達に混じって
お買い物ごっこ(のつもり)
マダムがっちゃん。

fc2blog_20161209140359180.jpg

「ちゃん」になった大五郎。
ハイハイの時期、もう終わりそうです。
(ちょっとさみしい)

fc2blog_201612091404177ab.jpg



園長(さ、もう一踏ん張り!)


スポンサーサイト



プロフィール

にじのとり

Author:にじのとり
大阪市北区で(株)にじのとりが運営する
にじのとり保育園/ななつぼし保育園の日常と
園長の主観だらけのひとりごとです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
2位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR