FC2ブログ

昨日のことです

昨日はひーこセンセイがお休みでしたので
私とひとみセンセイ、まさのりセンセイで
かつに組の保育を行いました。

昨日のことをお伝えする内容ですが
写真が撮れていませんので
文章だけが続きます。

写真ないなら読まないわ。。。という方は
ここでさようならです。
おつかれさまでした。



折に触れ私は今も個人的に絵本を買いに行きます。
休みの日の内の1日は
本屋さんと文房具屋さんにいると言っても
過言ではないと思います。

その中から一冊
昨日用意したのはこれです。

<にじいろのしまうま>です。

fc2blog_20160630154013403.jpg


森の中で
ある日にじいろのしまうまが生まれます。
森の仲間はにじいろのしまうまが大好き。

ある時
森に干ばつが!
水も食べ物もなくなって
森の仲間達も辛そうです。

にじいろのしまうまは祈ります。
仲間が大変です。
雨を降らせてください。
なんでもやりますから!と。

そうしたら
しまうまの体から
水色がなくなり
森は水であふれました。
赤い色がなくなり
花が咲きました。

橙色はオレンジを実らせ
黄色はバナナを実らせました。

緑は茂る葉っぱを。
紫色はオリーブを。

そうしていると
にじいろのしまうまは
しろい馬になりました。

森の仲間達は
しろい馬に
七色の花の首飾りをプレゼントして
みんなで仲良く暮らしました。

というまぁそういうお話なのですが

私は<にじ>に<勇気>と<博愛>を
見ています。

にじのとり保育園の名前の由来になっている
オーストラリアのアボリジ二に伝わる
<にじのとり>のお話を
また別の角度から見た
<にじいろのしまうま>のお話です。

大好きなお話を
今回満を持してようやく
大きい子たちのクラスで
お披露目することができました。
(子ども達は知っていたかもしれませんが)


しまうまのしまが<にじいろ>というのも夢があります。
絵はあんぱんマンのやなせたかしさんです。
ほのぼのとした優しいタッチの絵です。

この絵本の私の大好きなところは
にじいろのしまうまは
にじいろで過ごしている時よりも
しろい馬になってからの方が
いいお顔をしているところです。

やなせたかしさんの
愛溢れるスピリッツを感じます。
あの方が生涯を通して伝えてこられた思いを
これからの子ども達に伝える媒体として
少しでもお役に立てればと思っています。

保育園にいるから絵本を読むのではありません。
私は絵本が大好きで
子ども達と対話をするのが大好きなのです。
ただそれだけです。


そして今回は
この絵本を読んだ後に
子ども達に絵を描いてもらいました。

fc2blog_20160630160414db7.jpg

今回のはまずイメージ画です。
折に触れこの絵本を読み込み
9月で全員がお誕生日を終える
つばめ組さんの10月以降のお誕生日会で
みんなをお祝いするツールのひとつに
手作り紙芝居もいいなぁと考えています。
いつかのお誕生日会で
披露できたらなぁと思っています。


その後滝川公園へ行き
うんてい・鉄棒・ジャングルジムで
汗を流しました。

ピコちゃんの
努力で培った運動能力に驚きました。

うんていもスッスと渡ります。(ほんとは必死)
鉄棒の前回りもくるんくるん。(ほんとは頑張った)
サファイアちゃんもくるんくるん。

それを見て
《がんばりたい!》と名乗りをあげるのは
ピーチ姫とクララちゃん。
前に回る時、私の腕の中で
半泣き顔になりながらも
何度も挑戦する姿は眩しかったです。

ビリーくんと利家くんは
ジャングルジムの王様になり

お子ちゃまブランコに乗って
ご満悦だったかもめ組さん。

水たまりを一番に見つけて
ずーーーっと二人で泥だんご作りは
スカッシュくんと嵐くん。

誰がどの遊びをしても
この二人は自分のやりたいことに対して
一切のブレがありません。
かっこいいです。

センセイに遊びの提供を求めたり
何かをして欲しがったりしないだけでなく
自分の作ったものを見て欲しがったり
なんらかの評価を求めたりもしません。

自分の中にある世界を
泥と水たまりでただ表現している姿は
そばに行っても
呼吸している感じすら感じませんでした。
キラキラの集中力でした。

放っておく・・というのは
見放していたり
無視したり、一切関せずではなくて
しっかり見ながら
大人が不用意にコントロールしようとしないこと。
そう思っています。

何かひとつ好きなことを
と、私はよく言いますし
子ども達にはそれを見つけて
突き詰めて欲しいと思っていますが

何かひとつの好きなこと
という言葉の中には
それ以外はやらない、好きじゃないではなくて
与えられた環境、空間の中で
何かを見つけて
楽しめるスキルを身につけることも
遊びの中で身に付けたいですね。

そのための自由遊びです。


午前中はそんな感じで終わり
お給食の後、
またもう一冊絵本を読みました。

<ことばあそびレストラン>です。

fc2blog_2016063015463406d.jpg

あ〜わ の字のつく食べ物が
あ〜わ の字のつく動作をして
言葉のリズムが面白いので
最後まで復唱して楽しみましたよ。

食後のリラックスタイムに
もってこいの絵本でした。

fc2blog_20160630154649c7b.jpg


最後のページの見開きを開けると
全部の登場人物が出てくるのですが
出てこなかったのはどれでしょう?と
ちょっと意地悪なクイズを出したのですが
さすが集中力の鬼
スカッシュくんと嵐くんを筆頭に
みんなよーーく答えてくれました。

fc2blog_20160630163548d89.jpg



その後はひとみセンセイと
バトンタッチをして
ひとみセンセイ主催の
大シャボン玉大会です。

ほっんとに楽しそうな(幼い)
大きい子達でした。

ひとみセンセイ曰く
<まるで初めてシャボン玉を見る子のよう>。

雨に濡れた地面では
泡が割れないことを発見して
利家くん、ピコちゃんチームに
勝手に分かれて
泡集め競争に興じたようです。

ビリーくんが
一緒に遊ぶひとみセンセイに
「ひとみセンセイ、楽しいよ〜♪」と。

それを聞いてひとみセンセイが
「うれしいよ〜♪」と。

その後は
ひとみセンセイの<星座の講義>。

ひとみセンセイは惑星のことは
わかんないけど
星と星を線で繋いだ星座のことは
大好きなんだよ〜と
こと座、わし座、、、
お話を進めた時の子ども達の目の輝きは
すごかったと
お話してくれました。



突然ここで終わりますが
昨日はそんな1日でした。





園長
スポンサーサイト



プロフィール

にじのとり

Author:にじのとり
大阪市北区で(株)にじのとりが運営する
にじのとり保育園/ななつぼし保育園の日常と
園長の主観だらけのひとりごとです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
67位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
6位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR