FC2ブログ

5月6日、たとえば絵本

このお話は
ちょっと長いです。

保育園で絵本を読む時は
ただ読んで聞かせるだけではありません。

食べ物が出てきたら
一人一人のお口に運んで食べ真似したり
時折ページページで
脱線したりして
絵本を楽しむのですが
発達段階に応じて
保育の現場では色々変化を持たせます。

だいたい
生後4~5か月ぐらいから
反応しはじめます。

だから小さい子用の絵本は
少しサイズが小さめで
赤 黄色 黒 丸いものなど
反応しやすい色や形が多く用いられています。
子どもが小さな赤ちゃんだって
アンパンマンに反応を示すというのは
理にかなっているのです。

個人差はありますが
1歳ぐらいになってくると
ページをめくると繰り返される
単純ストーリーを
繰り返し喜びます。

この喜びは
テレビを見せているだけ
絵本をただ
文字の通りに
大人都合だけで読んで聞かせるだけでは
味わえない喜びです。


たとえば絵本の題材。
子ども達にとって
もっとも日常的で
毎日繰り返されて
しかも楽しいこと
楽しみなこと
というのは
食べることです。

なので
食べ物が出てくる絵本は大好きです。

そこで
見たことない食べ物を知ったり
色んな形状を知ったりもします。

センセイが手でつまんで
絵本の中の食べ物を食べる真似をすると
口を開けて待っています。

そうすると次に一人で絵本を見る時には
お気に入りの食べ物の絵本を広げて
ページに描かれた食べ物の絵を見ては
パクパクお口に運んだり
食べ真似をするようになります。




はらぺこあおむし


ご存知 エリックカールの
はらぺこあおむしです。

もう何十年もベストセラーで
子ども達も大好きです。

3月のミルキーちゃんのお誕生日には
この絵本を
内容に沿った歌(CD)に合わせて
みんなで見ました。

いつも読み聞かせてもらっている時よりも
ずっとずーーーっと
集中して見ていました。

それ以来
この絵本は取り合いになっています。

王子さまは
いつもお給食の時に
『はらぺこあおむしのCD聞きながら
食べよう』と
提案してきてくれますから
究極のヘビロテです。


この絵本1冊をとっても
色々な楽しみ方がありますし
子ども達それぞれの反応もまちまちで
とても面白いです。

たっくさんの食べ物が出てきて
ムシャムシャ食べるシーンが好きな子。

太ったあおむしの登場シーンが好きな子。

あおむしがちょうちょになるシーンが好きな子。

なによりこの歌が好きな子。

センセイの抑揚が好きな子。

それぞれの興味に合わせて
そこから先が無限に広がります。

子どもにとって絵本というのは
最後のページを閉じてから広がる
無限の世界への扉だと思っています。

絵本を閉じた後のストーリーを想像するクセ付けは
言葉を操り出したら
どんどんさせて頂きたいと思います。

それまでは
年齢に応じた絵本を
お子さまと一緒に楽しんでください。

絵本の読み聞かせの目的は
その内容を覚えさせることだったり
儀式的なことではありません。

<ココロに栄養 ラブ注入(古い)>
ってことです。

絵本だって食べ物だって
もっと多くの色々だって
全ては<ココロを育む>材料です。

日本にいれば
まぁほとんど同じものが万人に与えられ
手にするチャンスだってほぼ平等です。
違うのは
受け手の感性なのです。

そこに気付いた人が
トクする仕組みです。
これからはもっとそうなっていきます。
気付いた人
そこに手を伸ばした人が
求めたものを手にできる。

素直であること
豊かな感性と
想像力を持つこと

これは未来を生きる
今の子ども達が
今のうちにその基礎をしっかり身につけて
備えていなければ
大人になってから
かなり苦労することになるのは目に見えています。

ココロを育くむ材料は
絵本に限らず
思いのほか
身の回りにたくさんあることに
大人がちょこっと気付いて
ヒントをちょろっと与えるだけで
子どもはどんどん吸収して成長します。


長くなりましたが
ほんとのお話です。
ご清聴ありがとうございました。



園長


スポンサーサイト



trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【5月6日、たとえば絵本】

このお話はちょっと長いです。保育園で絵本を読む時はただ読んで聞かせるだけではありません。食べ物が出てきたら一人一人のお口に運んで食べ真似したり時折ページページで脱線した...

comment

管理者にだけ表示を許可する

Re: 手でつまんでパクパク

ジェニファー母さま

手でつまんでパクパクも
ほっぺに手を当てる仕草も
お目目を隠す仕草も
お手手を上にあげてキラキラするのも
とっても上手ですよ♪
昆虫図鑑も食べ物図鑑なのですね(笑)
らしくて可愛いです♪♪
最近のリアル食欲もすごいです!!

手でつまんでパクパク

手でつまんでパクパク、家でもよく披露してくれています!
今夜は、4歳の兄に昆虫図鑑を読んでいた時に、カマキリやクモなどをつまんでパクパクやっていました〜。なかなか美味しそうに食べておりました。
プロフィール

にじのとり

Author:にじのとり
大阪市北区で(株)にじのとりが運営する
にじのとり保育園/ななつぼし保育園の日常と
園長の主観だらけのひとりごとです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
2位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR