FC2ブログ

愛だけしかない

さて、週が明けました。
今日こそは更新できると信じて
一気にいきます。
更新が出来ない時は
この合間にいろんなことが入って
中断されてしまう時だと判明しましたから
今日は頑張ります。

==========

今日は急遽、
私がかもめ・つばめ組にて
保育を行いました。

朝の朝礼はまず
前にいるセンセイの真似っこ遊び。
動作の真似をして遊ぶのですが
時々挟む
ふざけた動作は蜜の味ですね。
これはいつの時代の子どもも変わらない♪

その後
体の部位の細かい名称を覚えます。

ふともも・ふくらはぎ・ひざ・かかと・つまさき・・・

ひとことに<足>と言っても
いろいろな呼び方があるっていうこと
そんな小さなひとつも
子ども達は目をキラキラにして
一生懸命集中しています。

それから
園長センセイと遊ぶ日は
必ず
今日が何月・何日・何曜日なのかを
みんなで言います。
月・日・曜日・お天気など
身近にある事象に関心を持つ第一歩です。
それが
毎日押すおちょうめんのハンコの場所なのだと
いうこととリンクして
ヘレンケラーの<WATER現象>となります。
いいですね〜。
キッラキラです。


その後は
今日はお休みの子が多くて
人数が少なかった小さい子達と
帝国ホテル前の東天満公園で合流して
一緒に遊びました。

とに!かく!
楽しかった〜♪んですよ♪

最近めっきり痩せたと評判の
めぐみセンセイのブランコ屋さん。

fc2blog_20150615171523e46.jpg


砂場で広がる
ちかセンセイのお店は
いつも大人気なんです。

fc2blog_20150615171428e3e.jpg


大きい子も小さい子も
一緒に遊ぶ風景はほんとにいいです。

fc2blog_20150615171407082.jpg

木陰で昼寝(朝寝)も最高で。

fc2blog_201506151732383aa.jpg



男の子で最年長のビリーくんは
こう見えて
小さい子にとっても優しいんです。
誰も何も言わなくても
めじろ〜ズが階段を上っていたら
自分の手を差し出します。

fc2blog_20150615172755088.jpg

お膝に乗せて
一緒に滑ってもくれます。
こんな光景がしばらく続いていたのを見て
現場では

fc2blog_20150615172819cc4.jpg


・・・なんか、ウルウルするわぁ・・・
by ゆいセンセイ・ひとみセンセイ

暖かい空気が流れました。
そして、明らかに
この空間が醸し出す栄養が
子ども達の中に入っていくのを感じました。

fc2blog_201506151820351e0.jpg


差し出した手と微笑み合う空間には
<愛>しかありませんね。
その<愛>を
ここで共有します。

fc2blog_20150615171237585.jpg

人のことや周りをよく見ている子は
自分のことがおろそかになっていることが多いから
しばしば集団生活では
「先に自分のことしよ!」と
注意を受けることが多い子です。

でも、よくよく見ていると
そういう子は
みんなが自分の遊びや
目先のことに夢中になっている時に
観点の違うところで
誰かにそっと手を差し伸べていたり
優しい風を感じたり
言葉にならない何かの手応えを
感じたりしているものです。



私は今日、
公園にお水を忘れたのですが
小さい声で囁いたその一言を
覚えていてくれた子が
「私のお水あげるから、
のど乾いてしんどくなったら言うてや。
すぐ届くようにこっちに置いとくから!」
と言ってくれる子の言葉に潤いました。

そりゃ年も忘れて
鉄棒やりまくりますよ♪
まだ逆上がりできてよかったです。


そうして満たされた公園遊びの後は
お部屋に帰って
楽しいキーマカレーのお給食。

fc2blog_201506151742579ce.jpg

あ、その前に
食べる前に絵本を読みました。
「くるまに乗って」

いろんな風景がそれぞれのページに出てきます。
私はいつも
本題よりも
自分の中で作る物語にはまり込んで
なかなか絵本を読み終えない子どもでした。

今日の絵本も
子ども達と話しをしながら
読み進めました。
想像の翼はどんどん広がって
みんなで絵本の中で一緒に
くるまに乗って旅をしているような、
そんなひとときになりました。

脱線しがちです。
私はいつも。
写真ないです。ごめんなさい。

でも、絵本というのは
物語そのものの素晴らしさとか
いいなぁと思うところは
それぞれいろいろあると思いますが
いくら絵本を読んでも
読み聞かせても
最後の1ページを閉じた後に広がる
それを読んだ、聞いた、見た
一人一人の子ども達の
想像の世界が広がらなければ
意味がないと思います。 

本を閉じた後に
教訓めいたことを説明する必要は
全くないと思っていますが
1冊の絵本を読んだ後に
主人公の気持ちになってみるとか
読んであげたママの
好きなページはここなのよ、
なんでかって言うとね、、、、と
お話してあげるとか
そういうことが大切だなぁと思います。

1冊の絵本を読んで
年齢相応に主人公の気持ちになったり
いろんな場面を想像したり
本を閉じた後
どういう展開になるのか
考えてみたりせずして
少し大きくなった時に
「お友達の気持ちになって考えなさい」は
ちょっと無理ですからね。

小さなことですが
そういうことです。
子どもの犯罪、
その多くは 
愛情云々はちょっと置いておいたとしても
想像力の欠如からくるもののように思います。

お友達の気持ちになって考えなさい!という前に
絵本に出てきた石ころひとつの気持ちを
想像できる子にしないと。。。と思います。

今ですよ♪
絵本1冊、
でもその値打ちは計り知れません。

あ、お給食。そうでした。
お給食なのでした。

今日は中島センセイも
かもめ・つばめ組さんと一緒に食べました。

fc2blog_20150615173325d4d.jpg

さんたくんはこっち。

fc2blog_20150615173354f3e.jpg

私はココ。
スカッシュくんに
「園長センセー、
僕のこと一番好きでしょ?」って
念を押されて
年甲斐もなく照れました。
彼は時々こういうドッキリ発言をします。

fc2blog_201506151734165ea.jpg


そしておやつのバナナを食べて
午後からの公園へ。

とりとめのない
でも
子ども達にとっては密度の濃い1日は
いつもこうして終わっていきます。


ラストは
最近お熱を出しがちで
保育園でもちょっと疲れた様子を
見ることが多く、
おやすみすることが多かったまるちゃんが
元気復活して
久々に見せてくれたとびきりの笑顔で
締めくくります。

fc2blog_20150615171129244.jpg


よかった〜♪
元気になって
本当によかった〜〜〜♪♪


園長(素敵な月曜日をありがとう♡)
スポンサーサイト



プロフィール

にじのとり

Author:にじのとり
大阪市北区で(株)にじのとりが運営する
にじのとり保育園/ななつぼし保育園の日常と
園長の主観だらけのひとりごとです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
55位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
5位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR