FC2ブログ

本のことと、今日の遊び

小さい頃からいろんなものを
じっくり見るのが好きでした。

お風呂に入りながら
シャンプーの容器の裏に書いてある文章を
読んだり、
お菓子を食べながら
箱の裏の字だらけを全部読んだり

まるで初めて地球に降り立った宇宙人が
見たもの全て、
聞くこと全てを
スキャニングするように
そうしていることが楽しくてしょうがなかったのです。

幼い時に
漢字があることを知り
いつも近くにいる大人に教わりましたから
私を読み物好きにしてくれたのは
絵本や与えられた名作本ではなく
パッケージの裏でした。

その後、本はもちろん、
電話帳や辞書を物語のように楽しみ
大きくなってからも
雑誌に書かれている文字という文字を
読むこともしばしばでした。

そういう感じでしたから
私は直感以外は
全てもうひとつの別の道から
この道の答えを手繰り寄せていました。

何が言いたいのかと言うと
時々<オススメの育児本>を
教えてくださいと言われることがあるのですが
答えに困るのです。

育児をする時に育児本という頭をまず置いて
自分自身が感性豊かであることが
育児に最適な資質かもしれません。

子ども達には
素敵な感性を磨くお手伝いをしたいなぁと思っています。
ついでにママも、
そしてついでにパパも、
ありがたく授かった子どもが
それを教えてくれますから
お見逃しなく日々を過ごしましょうね。

ちなみに、本でお伝えすると
私は
<泣いた赤おに>に心震え
<ちびくろサンボ>にワクワクして
幼少期を過ごし

小学生時代は多くの伝記に加え
<赤毛のアン>と
<トム・ソーヤの冒険>に同化して

<シャーロック・ホームズ>と
<怪盗ルパン>にドキドキし

中学時代は
アガサ・クリスティーと
ジェフリー・アーチャーを読みふけり
日本の純文学に惚れ惚れしていました。

ミヒャエル・エンデ<モモ>
サン=テグジュペリの<星の王子さま>
宮沢賢治<銀河鉄道の夜>

はい。
今挙げた本の中には
育児のヒントにとどまらず
生きるヒントが溢れていますよ。

読もうよ!本!
私が言うのもナンですが・・。

試験勉強の為でなく
体で覚えるのです。
倒置法♪

===============

写真は
昨日もスプリンクラーの水攻撃で
遊ぼうと企てたひーこセンセイが
早い時間から向かった中之島公園での
一コマです。

お給食を取りに来たさんたくんが
興奮気味に
写真を繰りながらやってくれた
説明通りに、できるだけ進めます。

今では完全に
かもめ組の女子のアネゴ的存在の
サファイアちゃんの呼びかけで
今から
コンサートが始まるみたいやねん。
こだまくんの誕生日会の
トランペットがここで効いてるんやな。

fc2blog_20150528065049fca.jpg

サファイアちゃんは司会
スカッシュくんは歌
ミルキーちゃんはバイオリン・・・
どんどんやりたい役柄を
みんな選んでいってるねん。

「私も入れて〜♪」と笑ちゃん。
「何ができる?」と
軽くオーディションを仕切る王女に
「ダンス!」と即答。
そしてこのポーズで合格してん。
その時こっち見て真顔でポーズ決めるから
そら、写真撮らんとアカンやろ(爆笑)

fc2blog_20150528065124337.jpg

ほんでな、
こうなるねん。
笑ちゃんはこの時
コッチ側で踊ってるねん(爆笑)

fc2blog_201505280651473e1.jpg

利家くんは何?
「音響さんちゃう?」(笑)
なんでもええねんで、多分。
とにかく女の子が
利家くんと一緒にいたいから
呼ばれてる感じやな。
人気あるからな。女の子に。

いいですね〜。
もうこうやって
ちゃんとお友達同士で
ルール決めて
仲間遊びができるんですよ。
この時のこの空気感
まさに天国です。
微笑ましいの通り越して
泣けてきますよ。

泣いてるだけの時代を過ぎたら
あっという間です。

私は若い頃からよく
幸せな気持ちになったら
<ここは天国>だと表現します。
そうすると
死んでもないのに天国なんて
極楽なんてわかるのか?と
意地悪なこと聞き返されたり
してきました。

その時は
「雰囲気、雰囲気、ふふふふ〜ん♪」と
笑って受け流していましたが、
ほんとのところ
生きてるうちに
天国感を感じてない人は
死んでも天国なんて見れないし
行けないじゃん!って思ってました。

天国は
死んだら行けるとことちゃいまっせ!
イマジネーションひとつ
感性ひとつ
生き方ひとつで
自分の居場所は
いつでも天国なんだぜ〜!
って、思ってたんですよ。
それは今も変わらないから
今も言い続けているのです。

で、中之島公園、
昨日はスプリンクラーはお休みだったようで
保育園に帰った後
みんなでジョーロで水かけをして遊んで
ひとまず納得したようです。

最後の1枚はひばり組の
壁面作り風景。
ひばり組です。
あくまでもひばり組ですよ。
日に日に
<なんちゃってひばり組>が
増えてる気がしますが
気のせいではありません。
彼らも含めての
<ヒバリーズ>です。

fc2blog_20150528064846675.jpg



・だいたい遠足で中之島公園行って
スプリンクラーの水にかかって
びしゃびしゃになって
子どももセンセイも喜んでるのは
あの日、たくさん幼稚園とか来てたけど
にじのとりだけやったで。

大きいクラスだけじゃなくて
小さいクラスのセンセイまで
水がかかってふにゃふにゃ言うてる子に
めっちゃ笑って
「こんなんで泣いとったらアカンで〜」
言うてたからな〜。へへへ
・・・by さんた

・中之島公園に電話して
スプリンクラーいつ動きますか?
って聞いてから行かなあきませんね。
しくりましたわ!(真顔)
・・・by ひーこ

園長(さ、今朝は5月最後の誕生日会>
スポンサーサイト
プロフィール

にじのとり

Author:にじのとり
大阪市北区で(株)にじのとりが運営する
にじのとり保育園/ななつぼし保育園の日常と
園長の主観だらけのひとりごとです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
50位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
4位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR