FC2ブログ

なわ作り

あまりのめまぐるしさに
今がいつなのか時々わかりません。

そんな今日、
携帯を水没させてしまいました。
わーらいまーしょ~
わっはっは~(^_^)♪

=========

なかなかに単純な脳ミソ構造ですから
なわ作りということを考えると
縄文時代という漢字が
頭の中に浮かびます。

ついでに
うほうほ喋っていたり
漫画の肉を食べる光景、
すなわち
はじめ人間ギャートルズの光景が
頭の中でせわしなく動きます。

およそ古い話ですから
若いママ達は
テキトーにググったり、
Youtube検索してくださいね。

・・・・・・・

悪いことでも何でもなく
都会に住んでいると
お米はスーパーで売っているもので
初めから白い小さなつぶつぶだと思っても
致し方ありません。

私が幼い頃は
天日干しされた山積みのわらの上に寝そべって
ふかし芋だか、季節の果物だかを頬ばりながら
ただただぼんやりと
空を眺めて過ごしていた時間がありました。

頭の中では広大な宇宙が広がっていて
こんな時間や空間が
いつまでもいつまでも続くと信じていた
あの頃の延長に今私は立っています。

都会が悪で田舎がベスト。
子育て環境にまつわる話では
どちらかというとそんな傾向に偏りつつあるのかな、、という中

保育園を立ち上げる時に
色んな保育園の形を考えて
検索に次ぐ検索を繰り返しました。
そんな中
田舎暮らしをモチーフにした保育園も存在しましたが
私の直感はそこにピンとこなかったのです。

与えられた環境の中で
恵まれている部分を最大に生かしながら
隣の芝生を見て羨ましがるよりも
たとえば田舎と
お手手つないで与え合えるんじゃないか思ったのです。
そうすればどこにいても
色んな体験はできると。

ようやくにじのとり保育園も
大きいクラスの子ども達が増えて
作ってくれたお米を食べるだけでなく
積極的に田舎との関わりの時間を
持つことができるようになりました。



無言で見よう見真似でわらを編む子ども達は
まさにあの頃の私です。



自然に目をやり、なんでだろう?と疑問を抱き
体験して、そうか!と気付く。
それだけでなんだか
生きる力を得ることができるような
そんな気がします。




都会に住んでいるから経験できないことを
田舎と手をつないで
教えてもらって体験するということは
今後も子ども達には
たくさん経験させたいと思っています。



わら→縄
この成り立ちに、
やはりお米の存在は避けられません。
今日は少しだけ
味見程度に持たせてもらいました。



今日作ったのはお正月飾りです。



わらを叩く作業は
めじろ組も、ひばり組も一緒に
させてもらいました。



あけびのツルは
また何かに変身しますよ♪
ひーこセンセイの目が輝きました。



縄、上手に編めました。



職人ピーチ姫は
あっという間に二本作りました。



とにかく、
楽しいなわ作りでした。




さて、明日はお餅つきです。
どんなお餅ができることやら。
そして
どんなぺったんこになるのやら。
今からニヤニヤがおさまりません。
おみやげは期待しないようにお願いします(笑)



ひょうたんで作った雪だるまも



来年の干支の掛け軸も



笑って明日を待っているようです♪
あ~楽しい(^_^)♪♪♪


園長(今夜は炭水化物を控えよう♪)
スポンサーサイト
プロフィール

にじのとり

Author:にじのとり
大阪市北区で(株)にじのとりが運営する
にじのとり保育園/ななつぼし保育園の日常と
園長の主観だらけのひとりごとです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
55位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
9位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR