FC2ブログ

【5歳児の存在】



今日の写真は、ひばり組から
つばめ組に進級した子ども達です。
この写真に写っている子達は
全員3歳児さん。

幼稚園では
3年保育の年少さん
みんな今年度4歳になる子達です。

『今日からつばめ組!』と
どの子も得意気に
私に教えてくれましたよ。

たきちゃんのママ曰く
『昨日からかなりイキってました!』
とのことです。

現在春休みを利用して帰省中なので
この写真には写っていませんが
今年はなんと
来年小学校に入学する年長さん(5歳児)が
にじのとり保育園に在園しています。

もうおなじみの
ミントくんです。
一人です。

ミントくんは
近所の認可保育園に申し込みをして
入園決定通知書を手にしていました。

パパは認可保育園に決定したことを確認してから
お仕事帰りに私のところに来られ

去年1年の保育園での様子を見たけれど
何も心配することはないので
認可保育園へ通わせるのはやめて
こちらで小学校へ上がるまで
お世話になることに決めましたと
伝えて下さいました。

常々私はどのママにも
子どもは3歳を過ぎたら
同じ年齢の多くの子ども同士で関わることが
望ましいとお伝えしています。

これは発達心理学上、言い得ていることです。

これをお伝えする事によって
3歳で保育園を変わる時に
少しでもママ達の心の負担が
軽くなるのではないかと
私なりに判断して
必ずお伝えしていることです。

3歳以上の保育に関しては
メリットもデメリットもお伝えした上で
ママ達の選択と判断に
委ねています。

ところがそんな中
『それでも』
『他へ変わった場合のメリットをなくしてでも』

という覚悟で、
『ウチの子が一人になっても』と
おっしゃるパパやママのお気持ちには
しっかり握手を交わし
精一杯お気持ちに答えたいと思っています。

正直とっても嬉しいです!

幸い
ココには
保育園と一家庭という関係だけではない関係、
自分の子どものように
他のにじのとりっ子のことを
見つめてくださる
多くのママの目や手があります。

どんな状況でも
『ココで子ども達と関わっていたい』
『自分のやりたいことをココで実現させたい』
と思っているセンセイ達がいます。

そんなみんなの手で
大人数にはない
『家庭的な』
『究極の特別扱い』という最大のメリットを生かして

立派に小学校に
ミントくんを送り出したいと
担任のひーこセンセイを筆頭に
職員一同決意を固める4月です。

園長(まだまだ始まったばかりです)

20140331.jpg

スポンサーサイト
プロフィール

にじのとり

Author:にじのとり
大阪市北区で(株)にじのとりが運営する
にじのとり保育園/ななつぼし保育園の日常と
園長の主観だらけのひとりごとです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
50位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
4位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR