FC2ブログ

【年齢に応じるということ】


年齢に応じた活動。
年齢に応じた言葉かけ。
幼少期の
とかく3歳までの子ども達には
この「年齢に応じた」ということが
本当に大切です。

私が常々お伝えしている
大切にしていることは
1歳までは
とにかくママとの信頼関係を構築する期間なので
できる限り、べったり一緒に過ごすこと

かたことが話せるようになってきたら
おしっこの自立をそろそろ考えること

楽しい食事時間を過ごすこと
優しい言葉遣いで接すること
日常生活であまりにもたくさんの
禁止事項を作らないこと
あせらないこと
人と比べないこと
なんでもかんでも褒めて育てないこと
場合に応じた挨拶ができること
靴を揃えられること

それらをほったらかしにしてまで
やらなきゃいけない
水泳も体操も英語もありません。

この時期に大切なことは
字が読めることより
きちんと挨拶ができることや
人との繋がりを喜んで
笑顔で毎日を過ごすという経験です。


それらを踏まえて絵本も
いきなり
物語を読み聞かせても
何がなにやら子どもはわかりません。

色を見るだけ
形を見るだけ
かじるだけ(笑)

そこから始まります。

教訓めいたことも
いちいち説明なんてしなくていいです。

「たのしいね」
「この女の子、お名前なんだった?」

と、
楽しかった絵本の感想を
引き出す言葉かけは楽しいですが
ついついしっかりしているママほど
聞きすぎてしまいます。

絵本の醍醐味は
本を閉じてから始まる
一人一人のストーリーの方です。

3歳ぐらいになったら
読み聞かせて終わった後
2秒ぐらい子ども達が息を飲む瞬間があります。
その時の目を覚えていてください。

その時にこそ
その絵本のお話をそしゃくして
頭の中で繰り返し
その後の展開まで実は想像していたりします。

この顔が見れるのも
今のうちです。

読み聞かせるときは
自分の子どもしか聞いていませんから
ある時は
思い切り感情こめて
ある時は
ゆっくりさらりと
ママやパパ自身も楽しみながら是非♪

くれぐれもお間違えにならないように。
年齢に応じた絵本を♪


お馴染みの写真の絵本は是非
英語表記と日本語表記両方あるものを。
いろんな職業に挑戦するカバの話ですが
右のページ
英語では全て表記は「NO!」となっていますが
大阪弁翻訳なので
日本語バージョンでは
本当にバリエーション豊富です。

改めて日本語の云々よりも
私は逆に改めて
英語の奥深さを知り
英語圏で暮らす人と
日本人とでは
思考回路は違って当然だなと思いました。

とにもかくにもこの絵本は
大人になっても楽しめるほどの
ヒントがたくさん詰まった
いい絵本だと思います。

園長(ぼちぼちいきます)

20131030.jpg
スポンサーサイト



プロフィール

にじのとり

Author:にじのとり
大阪市北区で(株)にじのとりが運営する
にじのとり保育園/ななつぼし保育園の日常と
園長の主観だらけのひとりごとです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
3位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR