FC2ブログ

出会い

にじのとり保育園を開園するにあたり
本当にたくさんの素敵な方々に出会ってきたのですが
今日はそんな中から
まずお伝えしなければいけない出会いのお話を。



私は2~3年ほど前から
ひたすらブログに暑苦しい保育への思い
子育てへの思い、そしてまだ形のない保育園への思いを
来る日も来る日も綴っていました。

そんな時、さていよいよと動き始めた頃でしようか。
そのブログを通じて
私宛てにメールがきました。
それは切羽詰まったような思いを綴る
愛知県在住の現役の保育士さんからのメールでした





保育に携わって9年目だけれど
このままここにいても
自分の保育はどうも頭打ちのように感じる。
行事行事に追われて
子ども達の心を育むということには
至ってないのではないかとこれまでもずっと思っていたところ

「心育む保育」という言葉で検索したら
私の暑苦しいブログにたどりついて
一気にこれまでのログを読み
「この人と一緒に!」と思ってくれて

居ても立ってもいられずメールをしたという思いが
綴られていました。
機械的なパソコン入力の文字ですが
そこから静かな熱い思いが
私にじんじん伝わってきたのです。





私の暑苦しい思いが必要な誰かに伝わっていたのを感じた初めての出来事です。

私はすぐに彼女に連絡を取りました。
大阪へ来てもらって
私と会って話をしてから決めても遅くないことを伝えようと
まず軽く食事でもしながらお話をしたのですが
彼女がこの世で最も大好きだとリクエストをくれた
焼きそばを食べ終わる頃には
二人はもう握手を交わしていました。

よくよく話を聞くと
彼女は愛知県の公立保育所で働く9年目の保育士さんでした。
公務員としての安定も
9年目という地位も
全部捨てて一から私と一緒にやりたい!と
その思いを伝えに来てくれた彼女が
何が得意で
何ができて
なんてことよりも
「保育」以前に「自分の人生」を考えて

このままではダメだと立ち上がり
0から1に駒を進めて
どこの誰ともわからない私に会いに来てくれたのです。

大阪に来て
保育以外のことに目覚めたとしても
私はそんな彼女を心から応援したいと思いました。

愛知へ帰る彼女に私が伝えたことは
あなたの居場所はもうここに用意したから
3月までは誠心誠意を尽くして
自分自身の9年間を修めてきて下さいということです。
決して今いる場所が嫌だからという
逃げ辞めはせずに来てくださいと
それだけを伝えました。
もうきっとそんなことはわかってたことでしょうが

彼女は私の言葉に
「はい」と返事をして
昨年の3月一杯で
愛知県の保育所を無事卒業という形で退職し
4月からにじのとり保育園で
「副園長」として
日々自身の理想の保育を追求しています。

「あなたと一緒にできるのなら」 
そう言って
住み慣れた土地を離れてやってきてくれた彼女のことは
絶対に幸せにしなくっちゃ!

そういう思いが当時の私を突き動かす
原動力になっていたと思います。
お陰様で現在は定員一杯の満員御礼の状態に
ひたすら感謝しています。

にじのとり保育園は
何時から何時までのお仕事で
お給料はいくらでという
求人広告のみで集まる人が働いている場所ではありません。

先生方一人一人が
大袈裟なようですが
人生を賭けて自分自身の可能性にトライしている
そういう場所です。

なんかまた暑苦しく長くなりました。
すみません。

写真は副園長。

20130209.jpg
スポンサーサイト



プロフィール

にじのとり

Author:にじのとり
大阪市北区で(株)にじのとりが運営する
にじのとり保育園/ななつぼし保育園の日常と
園長の主観だらけのひとりごとです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
25位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
4位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR