FC2ブログ

嬉しいことがありました

今日はメイちゃんのママから
うれしいお知らせをノートに頂きましたよ。

春から通う幼稚園の説明会に行った時に
他のママから
にじのとり保育園の子どもたちが
公園で遊んでいる中に
メイちゃんがいたよというお知らせですが

センセイがほんとに
楽しそうに子どもと遊んでいて
みんながとっても嬉しそうだったと
いい保育園だねと言ってもらえたことが
とっても嬉しかったと
報告してして下さいました。

嬉しいですね。
ほんとに嬉しいお知らせでした。

誰だか知らない人が見てくれて
そんなことを教えてくれるなんて
ほんとに嬉しいです。


これからもこのまま
楽しんで子ども達と
喜び合って日々を過ごしていきたいと思っています。


写真は病院ごっこ中のゆいセンセイ。
今日は何度も救急車で搬送されたそうです。
注射も何本打たれたことか、、と
嬉しい悲鳴です。

fc2blog_20140122163936e6d.jpg



===========

いつの世も
自分も含めて人は、
自分の見たいようにしかものごとを見ませんから
嫉妬、批判、誹謗、中傷が先行しがちですね。

なかなか人のポジティブや
喜びを心から喜べないように
できてるんじゃないかと思います。

特に
子育て中は
よその子にできて
自分の子にできないことがあったりすると
もうそれだけで
マイナスのスパイラルに入ったり

よその子がちょっと褒められただけで
自分の子は劣ってるんじゃないかと思ったり
大きくなったらなったで
友達の子は有名大学に合格したとか
お医者さんになったとか

そういうことも
残念ながら嫉妬のタネになるのが現実です。

だからと言って
嫉妬や中傷されることを恐れて
嬉しい自分を殺す必要はないと思います。
何度も書きますが
人は自分の見たいようにしか
できごとを見ません。

自分が嬉しいことを
心から喜んでくれる人が
それを喜んでくれますから
それでいいと思います。

そして一歩先をいくと
誰に一緒に喜んでもらえなくても
自分の喜びを隠したり
卑屈を装ったりしないですみます。

誰かがいるから幸せ
何かを食べてるから幸せという段階を過ぎたら
この私でココにいることが幸せという
自分自身が幸せそのものっていう
境地に立てるような気がします。

もうそんなところは
とっくに超えているママ達も
いるのかもしれませんが

どこかで気付かないと
一生抜けられません。
嫉妬、批判、誹謗、中傷のスパイラルから。

子育てというお役目が与えられた
パパとママは
今、子ども達が小さいうちに
他人の喜びを
自分の喜びにする練習を積んでいきましょう。

人がどうではなく
自分が。


私は、これからも
嬉しいと感じたことはお伝えしますし
保育園の自慢や
センセイ達、子ども達、ママ達の自慢は
どんどんしますよ。

ひねくれた人に
自慢か!と言われても
はい!と返事して!(^^)!


園長(誰になんて言われても♪♪♪)

スポンサーサイト
プロフィール

にじのとり

Author:にじのとり
大阪市北区で(株)にじのとりが運営する
にじのとり保育園/ななつぼし保育園の日常と
園長の主観だらけのひとりごとです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
35位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
3位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR