FC2ブログ

4月3日、ビデオカメラと高校生

時間がある時に記しておきますと。
今日の大雨大嵐の日に
映像デザイン科の高校生が
保育園に潜入して
わずかな時間ですが
動画撮影を手伝ってくれました。


iphone_20120403192127.jpg



割に真剣にカメラ購入の時に
いっしょに選んでくれた中学生とは違って
私に向かって
『フルハイビジョンでアップを撮ってもいいのか?』とか
聞いてきます。
我が家の長男です。


18年前に生まれたのは
アイルトンセナがレース中の事故で亡くなったという
ニュースが夜中に駆け巡った夜でした。

破水して病院へ行き
すったもんだの末やっと生まれたかと思ったら
次の日に
心臓に穴が開いていると小児科の先生に告げられ
今生まれたこの子は
もう死んじゃうんじゃないかと
一日中ベッドのカーテンを閉めて
泣いていました。

診断は
心室中核欠損症と
肺動脈弁狭窄。

その日から
ミルクを飲む前に強心剤を飲む生活が2年間続き
2歳の誕生日が過ぎたある日
全身麻酔をかけて
人口心肺装置を使っての
手術が行われました。

この頃にはもう私のキモチも
だいぶ軽くなっていましたが
生まれた当時は
健康に生んであげられなくてごめんね
なんて
自分勝手なセンチメンタルに浸っていたものでした。

でも
手術もたいしたものではないと先生から聞かされ
その言葉を信じてのぞんだ手術の日には
生きても死んでも
その日に悔いのない子育てをしようと思って
手術の日を迎えました。

私にとっての悔いを残さない子育てというのは
病気だからとか
寿命が短いからとかいう理由で
甘やかして育てるのはやめるということです。
そして
自分を責めないでいようということでした。


幸い
手術は成功して
生きて長男は手術室から出てきてくれました。

この子についてもまた
一生分の心配をこの時にしましたから
あとはもう
おまけの人生だと
若干2歳の長男のことを
私はそんな目で見ていました。

好きなことを見つけて
誰かに振り回されたりすることなく
自分の人生を
楽しくまっとうしてほしい。
子育ての最終目的をそこに置いていました。


幸い
手術は根治術でしたから
再度手術が必要ということもなく
長男は想像以上に
たくましく成長してくれました。


ココ3年ほど
我が家の洗濯は彼のお役目です。
保育園を始めた私に代わって
夕飯も彼のお役目です。


時折
このお兄さんも
保育園をウロウロしていますので
どうぞお見知りおきを。


トイレの横の壁に貼ってある
青っぽい絵。
アレはこのお兄さんが
小学5年生の時に描いた絵です。

このお兄さんは
iPadにアンパンマンの画像は仕込んできませんが
通常子ども達が入ってはいけない事務室に
こっそり子どもを招き入れ
隠してあるおもちゃで遊ばせたりして
手なづけています。



最後に写真は
我が家のリビングを飾る
子ども達の写真のうちの1枚です。





iphone_20120403232913.jpg




小さい時の写真ばっかり飾って
グレたり
私に対してひどい言葉を使ったり
兄弟でののしり合ったりしたら
このテの写真を叩きつけてやろうと思っていましたが
その時は
まだきていません。



園長 (長くなってごめんなさい)




スポンサーサイト



comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

にじのとり

Author:にじのとり
大阪市北区で(株)にじのとりが運営する
にじのとり保育園/ななつぼし保育園の日常と
園長の主観だらけのひとりごとです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
67位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
6位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR