FC2ブログ

11月13日、五感を鍛える

写真は昨日のおやつ
<白玉だんご>です。
子ども達のためというのは大義名分で
実はセンセイが楽しんでるという素敵なものです。
『私から楽しみ取らないで!』とは
ひーこセンセイの弁。

fc2blog_20121113132312d20.jpg


<今日のお給食>
・おいなり風味のちらし寿司(レンコン、人参、ほうれん草、ゴマ、うすあげ)
・味噌汁(キャベツ、大根、かぼちゃ、ねぎ)
・きんぴら(レンコン、人参)

fc2blog_20121113132338ed7.jpg


うすあげを醤油と少量の砂糖で煮て取り出し
細かく切ったそれ以外の野菜を入れて更に煮たものを
だしも一緒にごはんに混ぜましたので寿司飯ではありません。
うすあげは、そのまぜごはんの上に散らしました。

今日のお味噌汁はかつお節の量を最後に少し増やしました。
それだけで優しい味のうまみが加わり
ほんとに美味しいお味噌汁になりました。
みんなこぼさないし
中のお野菜もしっかり食べています。

きんぴらは0歳児クラスさんのみ
この大きさではなく刻んで出しています。
これもみんな食べました。

完全無農薬で自然栽培の人参は
いわゆる<にんじんくさい>味がします。
色も濃く、とても重いしっかりした味です。
皮のまま食べられますから
きれいに土を取って洗ったらそのまま使います。

薬でならされた畑でなく
健全な生きている土からとれる作物を口にしている子ども達を見ていると
<あー、よかったー!>
と、今日も自分が勝手に課した責任をクリアしたと
自己満足に浸ります。

<人は食べるものでできている>

これは間違いのない事実です。
結果が出るのは
ずいぶん先のお話だとしても。

たばこを吸っていようがいようまいが
死亡率や体の汚染度合や
DNA傷つけ度は変わらないかもしれないですし
農薬や添加物についても
どうなのかということは正直私にはわかりませんが
自分の五感は鈍らせてはいけないと思っています。

ではどうすれば五感が鈍らず研ぎ澄まされるのか
いろいろ勉強して得た結論は

<少し足りないぐらいが丁度いい> ということです。

子どもに置き換えると

<少しの飢え>と
<少しの寒さ>を与えること。

おなかが空いているという状況を作ること
冷たい風に当たったり
はだしや薄着で過ごすこと。
これが
体を強くして
免疫力も五感も鍛える方法ではないでしょうか。


とは言え
お風呂上りに全裸でトイレはチト寒かったね、翼ちゃん♪(笑)


それから1歳を過ぎたら
<泣くから>
<ぐずるから>
という理由で子どもの言いなりにならないこと。
体の小さいうち、
要求するものの小さいうちなら
手も打てます。

可愛い子の為に心を鬼にするのは
ママの役割です。

胎盤とおっぱいで繋がっている母子の絆は
たとえパパでも間に入ることはできませんから
可愛いお子さんをその手に胸に
たくさん抱きしめる時期が終わったら
心の中に<愛情の鬼>を仕込む時期です。

そしてそれはやっぱり
何をしても嫌われない<ママ>のお役目です。

じぃじやばぁばには美味しいトコロをお任せして
ママは毅然と優しくいきましょう♪
パパはそんなママを優しくフォローしてくださいね。


子育ても
食べるものでも
結果はいつもずいぶん後になって出てきます。



園長(少女漫画を読まずに育ってしまっています。マーガレット知らず。)



スポンサーサイト



プロフィール

にじのとり

Author:にじのとり
大阪市北区で(株)にじのとりが運営する
にじのとり保育園/ななつぼし保育園の日常と
園長の主観だらけのひとりごとです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
2位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR