FC2ブログ

老兵の独り言

怒涛の誕生日会バナシを
怒涛の更新
という作業はあるのですが
今年最初の更新は
このお話から。

本園前と分園前にある黒板は
「私が書きます!」
と、ベテランの職員が
2年前に申し出てくれて
コツコツと続けてくれていたのですが
今年入院することを機に
両園とも
私が書くようになりました。

上っ面の
借りてきたような
使い古されたワードや字面じゃなく
少々マニアックだったり
主観交えていて良いので
アナタにしか表現できない
板面にしよう♫

なんて上司に言われたら
私みたいなモンは
ダメ出しにさえ小躍りするけど
世の中の多勢はどうやら違います。

なぜ、私が
入院する職員に代わって
黒板を引き受けたかと言うと
間違って真っ向から若手に
業務命令として
若干の注文をつけた板書なんて
依頼しようもんなら
それこそ
パワハラだ
押し付けだ
ブラック企業だの
と言われてしまうような風潮の
世の中だから
諦めて仕方なく私が
というわけではなく

まがいなりにも
小さな場所ではあっても
責任ある立場として
存在している以上

たとえ
生まれたての
小鹿のような足つきであっても
たとえ
声や歩幅が小さくても
そんな世の中に
抗って生きていく必要を
感じているからです。

老兵が嬉しげに
毎日黒板を書いている姿を
見せ続けることが
ここにいる若い誰かの
冷えて埋もれている
色々な種類の「才」に
火まではつけられなくても
温めることぐらいは
できるかもしれないと
信じているからです。

そうして
諦めず
さりとて
大きな期待もせずいると

10回のうち
1回ぐらいは
私が書きます!

と、たとえ
分母未知数分の1人だったとしても
このご時世に
申し出てくれる若手が
存在していることを
この体で確かめられたことが
最近感じた
「超絶ハッピ~♡」のひとつです。

この稀有な若手との
やり取りは
今年
追々アップして
生きた記録をしていきます。

若手の名前
とりあえず
シオリョーシカ
とでも命名しておきます。

心配していたベテランも
無事に完全復活を遂げて
ホッと胸を撫で下ろす暇もなく
慌しく
新しい年が始動しました。

今年は、より私の言葉で
より思いに忠実に
たとえわずかでも
マメに発信したいと思います。

本年も
どうぞよろしく
お願い致します。

今日は黒板クイズ

左はフライングアップ。
巨匠シオリョーシカが書いた
明日の分園の黒板。
左上の落款が巨匠のオシルシ。

右は私が書いたある日の分園の。
同じ男の子のことを書いていますが
もうおわかりですね?笑笑







園長(欲しいのは疲れにくい体)


スポンサーサイト



プロフィール

にじのとり

Author:にじのとり
大阪市北区で(株)にじのとりが運営する
にじのとり保育園/ななつぼし保育園の日常と
園長の主観だらけのひとりごとです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
59位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
6位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR