FC2ブログ

音楽と保育園

分園では11月月半ばから
一日一曲
音楽鑑賞の時間を設けています。



これまでの曲目は

①トルコ行進曲/モーツァルト
②ラプソディー・イン・ブルー
 /G.ガーシュイン
③威風堂々/エルガー
④交響曲第5番「運命」
/ベートーヴェン
⑤剣の舞/ハチャトリアン

⑥序曲/すぎやまこういち
⑦E.Tのテーマ「フライング・テーマ」
 /ジョン・ウィリアムズ
⑧交響曲第7番第一楽章
/ベートーヴェン
⑨四季~春~/ビバルディー
⑩ドナウ川のさざなみ/イヴァノヴィチ
⑪交響曲第9番第4楽章/ドボルザーク

⑫マリオのテーマ/近藤 浩治
⑬ポケモンのテーマ/増田 順一
⑭ドンキーコングのテーマ/デヴィッド・ワイズ
⑮カービィーのテーマ/宮川 彬良
⑯ヨッシーアイランドのテーマ/
近藤 浩治

ゲームの曲は
多くの
ゲームを知らない子ども達にとっても
場面のイメージが湧きやすかったようで
より楽しんで聴いていました。

最初は落ち着けず、
しっかりと聞けなくても
そのうち
毎日3分~5分程度の
音楽を聴くだけの時間に
身をゆだねているうちに
<音楽を聴く>ということが
なくてはならないものに
なっていれば素敵ですね。

そして成長して
街中のどこかで偶然耳にした曲が
いつも聴いて体が覚えている曲
だったり
曲に合わせた軽快なリズムを
刻める体になっていたりして
曲を楽しめる感性を育んでおくことは
世界通用の近道なのかな、、、
とも思っています。

もちろん
保育園でだけ
ではないに越したことはありませんが
ジャンルを問わず
プレイする側になるだけでなく
<音楽好き>な人に成長して欲しいと
願っています。

これからも
きっかけの種を
どんどん蒔いていきたいと思います。

写真のCDは
数年前まであった
クラブニンテンドー会員プレゼントの
非売品CD。



素晴らしい音楽が
ここにもたくさん詰まっています♪
遊びの時のBGMに大活躍です。

子ども達には
与えるのみです。

園長(演歌は日本と世界の橋渡し)
スポンサーサイト



11月の誕生日会

11月の誕生日会のお話を。

個別のお誕生日とは別に行われる
全体のお誕生日会は
11月も予定通り行われました。
(保護者の皆さまにはリアルタイムで
クラス出し物も動画でお届けしています)

11月生まれは全部で7人。
もうすっかり慣れたものです。

fc2blog_20191209163551656.jpg

すっかり慣れた子ども達よりも
今回が<初司会>のしおり先生と
アシスタントは
今回このお二人です。
やる気満々のお兄さんお姉さんです。

fc2blog_201912141632571eb.jpg




今月の出し物
めじろ組。
「」


fc2blog_2019121416432504e.jpg


ひばり組とかもめ組は
今回合同で行いました。
「虫のこえ」

fc2blog_201912141634490e8.jpg


つばめ組は
「きみのこえ」

fc2blog_201912141635209be.jpg


にじ組
「ぼくはくま」


fc2blog_20191214163549a50.jpg



先生の出し物は
「てぶくろ」のペープサートを
お誕生日の子を中心に
お手伝いをしてもらって。

fc2blog_20191209163649f19.jpg


ママ達は
「カラダヨロコブ体操」を
マッスルンルンで体操してくれました。
嬉しそうに体を動かす姿に
子ども達も見とれましたよ。

めじろ・ひばり・かもめ組の
誕生児だったのですが
みんなママと一緒に
とっても嬉しそうにダンスしてくれました♪
ママとのダンスは
また一味違いますね♪♪

fc2blog_201912141636142f7.jpg


11月生まれのみんな
お誕生日おめでとう♪
これからも一緒に
全力で楽しもうね♪



園長(来週は12月の誕生日会♪)

かまきり先生へリクエスト講義

12月のいきもの教室は
虫のビンゴゲームをしたりして
楽しく遊ぼう♪と
あらかじめ伺っていました。

かまきり先生のいきもの教室は
本来ならば<アフタースクール>の
教室のひとつとして捉えるものだと
私は考えています。

<昆虫や生き物が好きな子>
或いは
<興味を示した子>が
<選んで>
<個別にお金を払って>
<課外時間に>
教えて頂くものというカテゴリーです。

それを
21人(つばめ組も入れると32人)が
一同に会して教えて頂くのです。

楽しく工夫をしてくださっていて
好きな子にはタマラン内容の
生き物教室ですが
どうしても個々に
興味のバラつきが出て
おいてけぼりを食らい気味の子が
出てくるのは当然の話です。

それは保育園での
どんな活動の中でも同じです。

そこで私は
その貴重な時間が
少し苦手だな、、という子にとって
ただ流れていく時間になってしまわないように
いきもの教室のサブとして、
11月は
昆虫カードを使って遊びました。

知ってる虫は順番に名前を言ったり
覚えにくい虫は
園長先生が食べたことある虫・・だとか
まっちゃんのまつむし・・とか
みのっちゃんのみのむし・・とか
お友達の名前に絡めて覚えたりして
子ども達の感覚で
毎日毎日楽しみました。

fc2blog_20191212172133e4d.jpg


そうすると
みんなカードに描かれた虫の名前は
そこそこほとんど覚えましたから
ぜひそこに出てくる
みんなが知っていて
興味を持った昆虫を題材に
その特性などを教えて頂けたら・・と
講義内容をリクエストしたところ
かまきり先生は快諾してくださり、
12月の
いきもの教室の時間となりました。

みんなが見慣れた昆虫カードと
スクリーンに映った
昆虫イラストを見ながら
それぞれの特性を教えて頂き
分類をしました。

こうちゅうの仲間
ハエの仲間
チョウの仲間
カメムシの仲間
バッタの仲間

それぞれの特徴別に分類したのですが
今回の講義では
子ども達の理解力の高さを
大絶賛しておられました。

その瞬間の子ども達は
ポカ~ンとしていましたが(笑)
「この分類がこんなにわかるなんて
これはすごいことなんやで!」と
興奮気味に仰っていたのは
私がしかと受け止めました。

・・・・・・・

今回は
パーティー仕様だと伺っていましたから
前日には子ども達一人一人
カマキリ先生へ
クリスマスカードを作って
子ども達の気持ちを
表してみました。



カマキリ先生
いつもありがとうございます♪
先生のおかげで
虫が苦手だった子が
少し興味を持てるようになり
好きな子はもっと好きになれました。

虫の名前とその個性も
たくさん知ることができました。

私達はこれからも
地味な作業ではありますが
通常の保育を通して
子ども達一人一人に
<お話を聞く姿勢>
<ものごとに向き合う姿勢>
を育みます。

これからもここにいる子ども達の
日々の成長を
共に喜んで頂ける存在で
いてくださいますよう
よろしくお願い致します。



カマキリ先生の今年の講義は
今回が最後です。
新しい年も
どうぞよろしくお願いします♪

園長(かまきり先生十八番は尾崎豊♪)




ペコちゃんとすみれちゃんの誕生日

時々
ブログをご覧になってくださっている
おじいちゃまおばあちゃまから
「この保育園に通う子達は
ハイカラな今時の名前の子が
多いんだね~」と
お話しておられると伺うのですが
ブログは本名ではお届けしていません。
全てブログ上での
ブログネームとなっていますので
以後お見知りおきをお願い致します。

・・・・・・

11月最後の日
ひばり組ではお誕生日会が行われました。
3歳になったペコちゃんです。

ママのノートは
ママのお人柄そのままに
いつも笑ってるみたいな
とっても温かいノートです。

ご夫婦間で「ありがとう♪」を
絶やさないようにしている と、
ある日遠慮がちにノートに書いて下さったことが
本当のことだというのは
ペコちゃんが保育園で
しっかり証明してくれています。

ペコちゃんはリアルな場面だけでなく
ままごとをしている時にも
目の前のだれかさんに対して
意味がわかって<ありがとう♪>と
にっこり対応できるペコちゃんは
まだ3歳になったばかり。
でももうどこに出ても
恥ずかしくない立派なレディーです。

ペコちゃん♪
3歳のお誕生日おめでとう♪
これからも
ありがとうの神様を
ますます笑顔にさせようね♪♪

fc2blog_201912111700399cc.jpg

・・・・・

さて、同じ日
ななつぼし保育園でも
この日2歳になった
すみれちゃんのお誕生日をお祝いしました。

すみれちゃんというブログネームは
私の好きな花からいただきました。
(にじ組にいるお姉ちゃんのブログネームは
あやめちゃん)

凛と咲くあやめより少し早い時期に咲くすみれは
美しい紫色をまとって
春の訪れを知らせる花です。

すみれちゃんがお誕生日会に
すみれ色のドレスでやってきてくれて
心の中でガッツポーズをして
誰よりも嬉しく思ったのは私だったはずです。

すみれちゃん♪
やっとやっとの2歳のお誕生日おめでとう♪
わがままに
たくましく
いろんな表情大切にしていこうね♪
※写真右下は同じ頃のお姉ちゃんあやめちゃん

fc2blog_201912111700135fa.jpg



園長(12月も誕生日ラッシュ)

ビューティフルネーム

あっという間に12月が
過ぎます。

毎日子ども達それぞれの1年に
付き合っていると
夕方には放電必須で
鍵を閉めて
保育園を後にする頃には
きっと道行く誰とも
目が合わないと思います。

それでも
一緒に鍵を閉めた先生と
「明日も頑張ろな♫」と
声を掛け合って帰る毎日は
充実以外のなんでもありません。

30年ぶりに作る
お誕生日カードの構想を練りながら
過ごす時間も
また楽しいものです。

そんな中
ふと頭に浮かんだのは
中学時代の友達との会話でした。

・・・・・

友人の名前は
「ふじえ」ちゃん。
私は「ちかこ」。

私達は話題に途切れると
よくお互いの名前への不満や
他の名前への憧れを
2人でぶちまけていました。

さゆりとか
れいことかいいよな、、
いや、
二文字も呼びやすくて
可愛いよな、、

しかしさぁ、、
なんでこんな名前なんやろ、、
と、私達は
自分の名前を呪い
名前をつけた親への不満を
ダラダラ吐くことで
ナニカをおさめて
ドコカをすっきりさせていたのかも
しれません。

ちびまる子ちゃんと
タマちゃんのソレです。

やがてヒマな私達は
自分で自分の名前を
罵ることに飽きてきて
お互いの名前を罵ってみようと
トライしました。

なんかさー
ふじえって
戦時中ってかんじ。
耐えてますって
泣いてるかんじやなー。

ちかこって
落ち着きない子の名前っぽいわ。
お嬢様には、まぁおらんな。

などと
私達は遠慮なく言い合っては
笑い転げ、
長い通学路の
話のタネにして遊んでいました。

そんな最中
ところでふじえちゃんは
なんでふじえなん?

と、素朴でありきたりな疑問を
投げた私に
ふじえちゃんは
スラスラと返してくれました。

なんでも
ふじえちゃんのお母さんが
それまでに出会った人の中で
「は行」で始まる名前の人は
みんな心根の優しい人だったから
子どもが生まれたら
「は行」で始まる名前をつけよう!
ということで
「ふじえ」になったらしいのです。

だからって
「ふじえ」はないわ、、
せやな、、、

ほな今日のとこは
このへんにしとこか、、
と言って
別れたかどうかは別にして

このエピソードは
当時14歳の私にとって
忘れられないものとなりました。

私も女の子が生まれたら
(女の子が生まれたら
命名の主導権があった為)
花ちゃんってつけよう♫と
妊娠中に
夢を見たものでした。

この話をふと思い出しながら
保育園にいる
「は行」で始まるお名前の子に
勝手に思いを馳せてみたりしました、、

ふむ、
ふむ、ふむ、、、

・・・この話は
ふじえちゃんのお母さんの
思い込みなのかもしれませんが
時として思い込みや
思い過ごしだって
今風に言うと
かなりめに
ありよりのアリですね。
命名する側には
願いや
思い込みが
てんこ盛りですものね。

ぜひ
とびきりの愛情を持って命名した
パパやママのお気持ちを
折に触れ
お子さんにお話しして
聞かせて
心に刻んであげてくださいね。

そんなことを
思いました。

ちなみに私は
智恵子さんが
敦賀で産んだ子だから
智賀子です。

今日の写真は
夕方保護者の方が
「仕事帰りに発見!」と
送ってくださった
カンフル剤になった
ある日の感謝の1枚を共有します。



園長(今は大好きな名前です♫)

プロフィール

にじのとり

Author:にじのとり
大阪市北区で(株)にじのとりが運営する
にじのとり保育園/ななつぼし保育園の日常と
園長の主観だらけのひとりごとです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
3位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR