FC2ブログ

小学生との絵本タイム⑤~⑩

8月のことは8月のうちに、、と思いながら
なかなかブログに向き合えず
とうとう最終週を終えてしまいます。
できるだけ時系列で
駆け込んでお伝えします。

・・・・・・・・・・

⑤えっちゃん(小2)
「はなびのひ」
作:たしろちさと

この絵本はタイトル通り
とある花火の日のお話です。
時代は遠い江戸時代。
登場人物は着物を着た動物たちです。
その登場人物たちが
花火を見るまで
見る時のお話なのですが
もう
ずーーーーーーーーーっと
いつまでも絵を眺めていたくなるような絵本です。
町での暮らしぶりや
花火の美しさが
本当に素敵に描かれています。

えっちゃんは保育園時代
ある日弟の選手会長が
「お姉ちゃん!本読んで!」と
おねだりしに行ったら
泣いて走って
「いややーーーーー」と逃げていました。
なぜいやなの?と聞くと
「本を読むのは難しいから」
「弟が読んでと言ってる本は特に難しいから
絶対いや!」と言ってたシーンを思い出しました。

そのえっちゃんが読んでる姿
そんなえっちゃんが選んだこの絵本
そう思って見ると
あー、、なるほどな、、と
私は合点がいったのでした。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


⑥スカッシュくん(小2)
「見えるとか見えないとか」
作:ヨシタケシンスケ

大人が読んで考えさせられる類の絵本
単純に視覚障害を持つ人の話と
捉えても良いし
相違を認め合っていこうと
深く読み解いても良い
少し難し気かもしれない絵本です。

絵本を読んだ後に
目が3つの宇宙人が印象に残ったりするだけでも
楽しめるので
大人の入れ知恵なしで
楽しませてあげたいなと思います。

3歳の時にシンバを演じた姿が
まだ目に焼き付いているスカッシュくんには
今度
サンテクジュベリあたりを
朗読してほしいなぁと思います。


fc2blog_20190822112311d10.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・


⑦ビリーくん(小2)
「パパ、お月さまとって!」
作:エリック・カール

エリック・カールといえば
はらぺこあおむしや
くまさん くまさん なにみてるの?
をはじめとして
たくさんの絵本を出版していますね。
今回のこのお話も
お父さんが娘にむちゃブリされて
お父さん頑張っちゃう頑張っちゃう
楽しいしかけがありました。

今回チョイスされた絵本の中で
しかけがあったのは
この絵本だけでした。
なかなかにトリッキーだった
ビリー君らしさに
うふふ♪となった一冊でした。


・・・・・・・・・・・・・・・

⑧こだまくん(小2)
「セミくんいよいよこんやです」
作:工藤ノリコ

もうタイトルを見ただけで
どんな内容の絵本かは察しがつくのですが
とにかく内容が
やりとりが優しくてほっこりする絵本です。
絵本はまず大人がしっかり熟読してから
読んで聞かせてくださいね。
文字を読んで聞かせるのではなく
情感を伝えてください。
わが子と1対1の時は
ママもパパも朗読スターですからね。
手始めにまずこの絵本を。

セミだけでなく
すべての命にやさしい気持ちが
持てる本です。
こだまくんのチョイスというのも
大きくうなずける
そんな一冊です。

fc2blog_20190822112247d76.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、お次はいよいよ最終日。
トリ前をつとめるのは
今回の絵本の読み聞かせを
言い出してくれた
⑨ミルキーちゃん(小3)
「パンツのはきかた」
作:岸田今日子
絵:佐野洋子

もうオムツを卒業したブタちゃんが
一人でパンツを一生懸命に掃く様子を
歌のような言葉で
綴った絵本です。
ほんとに歌になっていて
楽譜がついていました。

ミルキーちゃんも
とてもリズミカルに読んでくれたので
3歳児かもめ組さんが
フレーズをひとつひとつ復唱しながら
ページが進んでいきました。
ミルキーちゃんも終始にこにこ。
とてもお姉ちゃんらしい姿で読んでくれていましたが
そのにこにこ顔は
大好きなタオルを手に持って
パパに抱っこされて
まだ何も備品の揃っていない保育園に
面談にやってきた11か月の時と
同じ顔でした。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


そして最後の最後
大トリは
⑩ピーチ姫(小3)
「にじいろのさかな」
作・絵:マーカス・フェスター
訳:谷川俊太郎


このお話も有名なお話ですね。
とってもきれいな絵が
見せどころの絵本です。
ただ、
どう読んでも教訓になってしまいがちな
このお話は
大人が読み聞かせるのは
とても難しいなぁと常々思って
私の口からは子ども達には
読み聞かせていない本でした。

ところが人生経験が10年足らずぐらいの
小学生の女の子が
さらりと無機質に読み進めると
ただただ海や魚のうろこの綺麗さが心に残り
次のページへの期待が高まって
みんな集中して聞いていました。

この日二人は
保育園時代もよくやっていた
双子コーデでやってきてくれました。
小学校は別々だけど
今も何かあれば
こうして寄り沿って
一緒にやってきてくれるのは
本当にうれしいなぁと思います。

fc2blog_201908221123327e7.jpg



以上で今回の小学生の
絵本の時間のお話はおしまいです。

今回小学生たちが読み聞かせてくれた
10冊の絵本は
保育園にも揃えましたから
順次また改めて
読んで聞かせて
これからもどんどん
絵本と仲良くしていきたいと考えています。


言い出してくださった
ミルキーママ
声かけに乗ってくれた小学生のみんな
お互いのためになる
楽しい時間を作ってくれて
本当にありがとうございました♪


ちなみに今日分園で読み聞かせた絵本は
こちら。
おなじみ長新太さんの
シリーズ本です。

fc2blog_20190831040325f71.jpg


ブタヤマさんたらブタヤマさんは
おばあちゃま世代はご存知かと思いますが
「8時だよ全員集合」のコントで
「志村~~~!うしろ!うしろ!」
のあの感じが
ページのすべてで繰り広げられていて
案の定
子ども達は
最後のページまで大笑いでした。

子どもが好きな笑いの基本は
時代が変わっても
変わらないのだなぁと思いました。

この次は
つばめさんもかもめさんも一緒の時に
読みたいと思います。


園長(いやぁ~絵本ってほんとに素晴らしい!)
   (さよなら、さよなら、さよなら)

スポンサーサイト



夏祭り2019

今日は待ちに待った夏祭りです。
この夏のお祭りも
「Return to basic」です。

大人が
ではなく
子どもが作り上げるお祭り
を意識したらこうなりました。

どんなお店にしようか
どんな風にお店を作ろうか
と、子ども達が案を出したり
希望を言うのを見守りながら
今日を迎えました。

今の子ども達に
苦なく実現可能なものを
子ども達皆で探り合って方法を見つける喜びは
そばで見ている大人にとっても
とても楽しいものでした。

子ども達は
はさみやのりやペンなど
この年頃の子ども達が
持てる術を使って
切る、折る、貼る、書く、描く
組み立てる、、、
楽しそうに準備する姿で
もう夏祭りは半分終了です。

・・・・・・

今年の子ども達のお店は
・ジュース屋さん
・ポテト屋さん
・1円玉落とし屋さん
・輪投げ屋さん
・お菓子つかみ屋さん
・フランクフルト屋さん
・ゴム鉄砲屋さん
・ボーリング屋さん
・魚釣り屋さん
・ポップコーン屋さん  でした。

こうして書くと
えらい盛りだくさんですね。


・・・・・・・・・・・・・・・・


ゴム鉄砲屋さんを仕切っていた
女の子4人組は
みんな自分の役割がわかっていて
お友達が来たら
先生に言われた通りに
ちゃんと優しく説明して
自分達もゴムが飛んでこないところで
ゲームの成り行きを見守ってから
必要な指示を出したり、景品を渡したり。

先生の言うことを忠実によく聞いて
どんなに小さいお友達が来ても
丁寧に優しく遊び方を教えたり
きまりを教えている姿は
もう立派なお店の人でした。


fc2blog_20190823183527dd2.jpg


ボーリング屋さんは
一生懸命ゲームの説明をして
仕切ってくれたのです。
全て自分達で作ったそうなのですが
なかなかに倒れにくいピンの仕様で
うまいことやられちゃいました。

fc2blog_20190823183136a43.jpg


フランクフルト屋さんは
美味しそうなものを売ってるけど
食べられないから一番お腹が空いてたかも
しれません。
分園の子ども達用には
ちゃんと串に刺して
売ってる姿がほんとのお店の人みたいでした。

fc2blog_20190823183406327.jpg


ジュース屋さんは
計画通り、練習通りにジュースを入れられるはずが
途中で止まらないハプニングや
床を拭く姿を何度か見ましたが
何をしていても楽しそうでした。

fc2blog_20190823183338cb4.jpg


ポテト屋さんは
お祭りの間中味見をして
ポテトチェックに余念がありませんでしたが
ランダムにカップに詰めるのが上手な子がいたり
「はい!塩味の人は並んでください!」と
現場を臨機応変に仕切る女の子がいたり
絶対に抜かりないハンコ番長がいたりして
実際にお店を任せられそうな勢いでした。
(余談ですが
このお店の女の子の個人マークは
お店のカウンターで
お客の話に耳を傾けている女店主!)

fc2blog_20190823183320590.jpg

1円玉落とし屋さんは
みんな整然とお店を仕切り
小学生みたいな面々でした。
終わってからも警察のように
「ゲームをしたのに
ハンコを押してもらってない子探し」
にも余念がなく
しっかりハンコを押してあげていました。
らしいなぁ・・と
ニヤニヤが止まりません。

fc2blog_20190823183216535.jpg


お菓子つかみ屋さんは
昨日みんなで話し合って
つかみのルールが変ったようで
開店間近まで
店内での話し合いに余念がありませんでした。
さすがににじ組さんにもなると
ちゃんと自分の役割がわかっていて
自信たっぷりに仕切ってくれました。

fc2blog_20190823183301a57.jpg



輪投げ屋さんの女の子二人は
なんて丁寧に輪投げの説明をしてくれるんだろう・・
というぐらい小さい子にも
きちんと頭を下げて
「ありがとうございました!」と
やってくれました。
輪投げの輪も自分達で作って
手作り感満載(しかも丁寧)で
投げていてとても嬉しい気持ちになりました。

fc2blog_20190823183151ccd.jpg


かもめさんの魚釣りは
みんなで折り紙で折って作ったお魚のおなかに
ゼリーを貼り付けて
クリップをつけて泳がせておいて
手作りの竿で狙った魚をお客さんが釣る仕組みです。

これがなかなか微妙に難しくて
気付いたら夢中になっていました。
役割は
男の子達が釣り堀担当。
女の子達が受け付け担当で
みんなイキイキしていました。

fc2blog_20190823183113cd8.jpg


ひばり組さんは
ポップコーン屋さん。
今年の子ども達は
みんな威勢のいい売り子さんです。
とっても上手に
日頃のお買い物ごっこの成果を出せたのでは
ないでしょうか。
残念ながら大きいクラスのお客さまは
雨の為買いに行けなかったのですが
めじろさんの小さなお客さまにもらって
しっかりお店の人、できました。

fc2blog_2019082319163273d.jpg


めじろさんも大満足♪

fc2blog_20190823192648782.jpg


大きい子達がめいっぱい
お店の人になりきった後は
それぞれがそれぞれのお店で遊び
その後
・スイカ割り
・先生達のお店巡り
・パパママと一緒のお楽しみ♪

と、続きました。


もう書き切れないぐらい
がっつりがっつり
盛りだくさんに楽しんだ一日でした。

お昼ご飯のカレーも
どの子もいつもより
多めに食べてますよ~

fc2blog_20190823193858ae0.jpg


写真は
4杯目のカレーに挑む背中に
声を掛けたら
超真顔でしか振り返ってくれない選手会長。
今年一の真顔。

fc2blog_20190823193828ffd.jpg


・・・・・・・・・・

この夏祭りは
夏までの期間を
無事に過ごせたことへの
感謝の意味で
開園当初に始めたものです。

1年も空くことなく
毎年開催できていることは
非常にありがたく
今年も無事に開催することができ
とてもとても嬉しく思っています。

また今年も
甚平や浴衣での登園と
お楽しみ景品に
ほぼ全員のご家庭に
ご協力を頂けましたこと

また
スイカやお菓子、飲料なども
多く差し入れて頂き、本日の子ども達の
楽しいひとときに
たくさんの色を添えて頂けたことにも
感謝の思いで一杯です。

また秋からの2学期も
安全面・衛生面に充分配慮し
お預かりをしているお子さまにとっての
大切な時間を
より楽しく充実させ
豊かな心を育むため
職員一同切磋琢磨して参ります。
今後とも
どうぞよろしくお願い致します。


宴もたけなわではございますが
そろそろお時間となりました。

最後は
今日のおまつりで
ベストドレッサー賞を受賞した
じゃりン子魂はホンモノだった
おまつりをを味わい尽くすちえちゃんと

分園の男の子達が
喉から手がどるほど欲しがっていた
仮面ライダーの大きい人形が入った景品をゲットした
超スーパーラッキーボーイ
ジャビットくんにお任せして
しめくくりたいと思います。


fc2blog_201908231949194a9.jpg



園長(あ~♪いいお祭りでした~♪ありがとうございました!)



いろは姫・西郷どん・マーティーの誕生日

お盆は天気予報通り
前半は暑く
後半は台風の影響を受ける
というスケジュールでしたね。

まだまだ暑い夏は続きますから
しっかり体調管理を
怠らずにいきましょう。

ありきたりの
何のオモシロみもない定型文すぎて
気持ちの悪い違和感しかありませんが
今後世の中はもっと
あたらずさわらずな
定型文だらけになって
定型文の正義を
振りかざし合って
ちょっと出た杭を
斧を持って叩き合うのかもしれないな・・・
と、どこか危機感に似た感情を抱いて
表に出せない思いの丈のはけ口を探し求めては
何か鬱々と
日々ガスを貯めているような気がしていました。

ですが
このお盆にお墓参りをしたり
心おきなく掃除や料理などの
ハウスキーピングに精を出しながら
家族と久々にゆっくり過ごしている時間の中で
ふと、突然
前後のつながり無しに
ひとつの決断が心に宿りました。

それは、

おとなしいふりした
定型慣らしはやめる

ということです。

気持ちを
思いを表に出して
実現するには
コレまで以上に
もっともっと貪欲に
発信し続けて
出る杭にならねば!と。
そういうことです。

2019年の後半も
どうぞ
おつきあいのほど
よろしくお願い致します。


・・・・・・・・・・・・・・・・


そんな1年の前半と後半の
ちょうど狭間にある8月。
ななつぼし保育園では
最初の週に3人のお友達が
お誕生日を迎えて2歳になりました。

実は今年の1歳児さんは
例年以上に
お喋りさんが多く
いつもお部屋はそこかしこで
お友達の名前を呼ぶ声や
先生を呼ぶ声、

いただきます
おかわりくださーーい
の声が溢れています。

そんな中
8月生まれのトップを切ったのは
いろは姫です。

いろは姫というのは
伊達政宗公の娘の名前です。
漢字で書くと「五朗八姫」と書きます。
名前からの勝手なイメージですが
男勝りの活発なお姫さまだったんじゃないかと
私は捉えていて
その名前のイメージに
ぴったりだったことから
ブログネームをいろは姫にしました。

ななつぼし保育園のいろは姫は
おしゃべりが達者で
ダンスや体を使った遊びが大好きな
おてんば姫♪
2歳のお誕生日おめでとう♪
これからここで一緒に
おてんばの限りを尽くそうね♪

fc2blog_20190816165454dcb.jpg



・・・・・・・・


さて、その翌日は
お姉ちゃんがつばめ組にいる
西郷どんのお誕生日でした。

今年のめじろ組さんは
和名が多いのですが
モロ、まんま和名の
そのまんまの西郷どんです。

西郷どんは
入園した時から
よく食べ
よく遊び
よく笑い
よく泣き
よく眠る
生きてることを日々静かに静かに爆発させて
そこにいる男の子です。

いつも元気な西郷どん♪
2歳のお誕生日おめでとう♪
毎日どんどん大きく
たくましくなっていく姿を
一生懸命追いかけていくからね♪


fc2blog_201908161654219e7.jpg



・・・・・・・・・・・


さて、続いては
今月から入園の
マーティーくんです。

マーティーという名前は
映画
Back to the futureの
主人公からいただきました。

80年代当時
今はもうその場所にない梅田の映画館で
この映画を観て
世界感の虜になり
過去と未来を行き来する主人公や
デロリアンや登場人物の全てに感情移入して
何度も映画館に足を運びました。

そんな主人公を彷彿とさせる
マーティーくん!
2歳のお誕生日おめでとう♪
デロリアンがひっくりかえるくらい
未来の私達がびっくりするような
サイコーの<今>を一緒に作ろうね♪

fc2blog_201908161654371f1.jpg


最後のサービスフォトは
同じ頃の
西郷どんのおねえちゃんピッピと
マーティーくんのお兄ちゃんのイルハンくんです。

fc2blog_20190816165301976.jpg



園長(お誕生日は、来週の佐吉くんに続く→)




小学生との絵本タイム①~④

一昨日、昨日と
小学生に読んでもらった絵本を
ご紹介します。

今、保育園では
既になつやすみ中のお子さんも
複数名います。
小学生のお兄さんお姉さんが
読んでくれた絵本は
保育園でも購入しました。
なつやすみが終わったら
同じ本を楽しめますから
安心してね♪

fc2blog_20190807183921ca2.jpg



・・・・・・・・・・・・・・

①サファイアちゃん(小2)
「100かいだてのいえ」
文・絵:いわいとしお

「100かいだてのいえ」は
色んな動物の住む
100階建てのいえの住人達が
ページをめくるたびに出てきて
みんな、次は
どの動物が出てくるんだろう・・
と、ワクワク楽しみながら
ページをめくる指を見つめて
最後まで目を離すことなく
興味津々です。

私だったら
何階のどの部屋に住めるんだろう・・
やっぱりあの不思議な最上階がいいなぁ
あんなに楽しく動物たちを見せておいて
最後は
消えて見えなくなるなんて
最高の終わり方だなぁ・・
おうちはどこへ行ったんだろう・・
次はいつ来るんだろう・・・
楽しい想像はいつまでも続きました。

・・・・・・・・・・・・・・・

②翼ちゃん(小3)
「100年たったら」
文: 石井 睦美
絵: あべ 弘士

「100年たったら」は
100万回生きた猫のお話のような
ライオンと鳥との
縁ある輪廻。
何年も何十年も100年経った後にも
むかしむかしに
ライオンと鳥だったふたつの命が
色々なものとして出会っている妙を
3年生の女の子が読み上げる姿に
涙腺が緩みます。

私は、今日ここにいる
にじのとり保育園に関わった子ども達と
そのむかしのむかし
何と何だったんだろう・・・・と
いつまでも思いを馳せました。



・・・・・・・・・・・・・・・

③ピコちゃん(小3)
「ほんとにほんと」
作: ケス・グレイ
絵: ニック・シャラット
訳: よしがみ きょうた

3冊目で登場したのは
海外の絵本「ほんとにほんと」です。
子どもが喜ぶ「繰り返しフレーズ」で
構成されている絵本です。

お母さんが夜お出かけをするので
やってきたベビーシッターさんから
色んな質問をされたデイジーちゃんが
どの質問にも最後まで
ほんのチョットの
大人びた嘘を重ねていくお話です。
言葉の妙が心地良く
女子アナみたいに読み進める
ピコ姉ちゃんに
みんな釘付けでした。

・・・・・・・・・・・・・・・

④嵐くん(小2)
「パンツいっちょうめ」
作: 苅田 澄子
絵: やぎ たみこ

4冊目は「パンツいっちょうめ」です。
子どもにはたまらない
パンツいっちょうというフレーズが
何度も何度も何度も
出てくるたびに大爆笑。

主人公のだいくんが
パンツいっちょうでお外に出たら
迷子になって
パンツいっちょうめの案内人の
こだぬきに出会い
パンツいっちょうめを堪能するという
嬉しすぎるストーリーで
あっと言う間に
終わったように感じました。




・・・・・・・・・・・・・・・


いや~
絵本って、
ほんとうに
いいもんですね~♪♪

園長(今日ももうすぐ始まります~♪)


小学生の為の場所


にじのとり保育園は
名も無く(これはホント)
さして特徴もなく(チョット謙遜)
幼少期の第一は
<おうち時間の確保>だと謳い
<おうちの中に
しっかりマーキングさせてください>と言われる
おそらく保護者の皆さまにとっては
めんどくさい(相当のホント)
しがない認可外保育園です。
(無償化対象施設ではありますが)

おかげさまで
こんな保育園ではありますが
通わせてくださる保護者の皆さまが
いてくださるおかげさまを持ちまして
2012年3月に
この地で産声を上げて
今年で7年になります。
地球の日本人換算をすると
小学1年生というお年頃です。

なんだまだそんな年月か・・・
浅いなぁ・・・
とは思うのですが
この間に
子ども達や大人を取り巻く
保育の環境は
大ーーーーきく変りました。

そんな中、小さなにじのとり保育園は
少しずつ人数を増やし
卒園児の数は
現在5年生を筆頭に
16名になりました。

そして今年の年長さんは
20名ですから
来年の春には
一気に36名の子ども達の
<母園>となります。
本当にありがたいお話です。

かねてより
小学生にとっての
何らかの場所として
保育園という場所を機能させることは
できないかな・・・
と考えてはおりましたが
まだまだ保育ニーズの方が高く
小学生に向けては
何も糸をたらせずにおります。

正直なところを申し上げますと
幾度となく考えるステージには
上げたのですが
私は<学童保育>
には興味がありません。

特に最近の民間の<学童保育>は
習い事三昧のハブと化し
高額なところが多いので
ちょっと息切れがします。

話が大きく逸れましたが
にじのとり保育園の
あんまりない特徴の中の一つに
<どんなこともまず
声を出していただける関係>
ということがあります。

保育園に対して何か言う
というと
<文句><不満><わがまま>
<辛辣めなご意見>
なんてものだろう
と一般の皆さまは
思われるかもしれませんが
それらを含めて
全てを受け止める覚悟で
市がその窓口になるのではなく
私が全ての窓口となって
2冊のノートや
LINEなどを使って
泣いたり笑ったりしながら
保護者の皆さまと構築してきた関係性の礎については
ちょっとやそっとじゃ
崩れない自信があります。

今回
夏休み前に
ひとつの声がLINEに届きました。
それは

「小学生の有志を募って
保育園の子ども達に
絵本の読み聞かせに行ってもいいですか?」

というものです。

「No!!」なわけありませんよ!
なんて嬉しいお申し出でしょう。
先生達にも常々伝えていますが
(もちろん子ども達にもですよ)

自分がこうしたい
こんなことをしたい
これを子ども達と実現させたい!
と思ったことは
必ず口に出して伝えること。
それが我欲のみの願いでなければ
必要に応じて必ず必要な助けの手があり
難なく叶うことを
私は体験していますから
常々そう伝えています。

いくつかのラリーで
要望と予定をお伝えして
ベストな状況で
小学生との都合も合い
晴れて
本日より、
<小学生の読み聞かせタイム>が実現しました。

送り迎えの保護者さんの手配もあり
心配なく来てもらい
帰ってもらうことができます。

卒園した子達が
どんな様子で(どんな顔で)
保育園の子ども達の前で
絵本を読んでくれるんだろう・・・と
楽しみでしかありません。

タイムテーブル含めた
セットリストや
当日の出演アーティスト名も
程なくして届きました。

初日は
翼ちゃん(3年生)と
サファイアちゃん(2年生)です♪


トップはサファイアちゃんの
<100かいだてのいえ>という絵本です。

fc2blog_20190805182439876.jpg

まず本の大きさにワクワク♪
ストーリーと共に
ページをめくるごとに
またワクワク♪
という楽しい内容でした。

オチがまた私好みで
恐ろしいほど想像力をかき立てられ
胸の奥の方がいつまでウズウズするような
そんな絵本でした。

丁度今
星や天体のことを
みんなで学んでいるので
ラストに近付くイラストも
とても親近感がわきました。

これまで見たことのないような
楽しくって
嬉しくなるような絵本を
読んでくれてありがとう♪

・・・・・・・・・・・・・

続いて翼ちゃんの絵本は「100年たったら」
というタイトルの絵本です。

100万回生きた猫のお話のような
ライオンと鳥の長い長い輪廻の機微が
描かれている
とてつもなくスケールの大きな切なさで
心の中の奥の奥の奥で眠る核の部分が
震えるような絵本でした。

fc2blog_20190805182502acd.jpg


翼ちゃんはこの絵本を手にして読んだ時
はらはらと涙を流したそうです。

ステキな感性だなぁ。
そうやって感動した本を
みんなにも!と、読み聞かせてくれて
本当にありがとう。


この日をきっかけに
新しい絵本に出会ったり
小学生になったら
読みに来よう!と決意を固めたり
憧れの対象ができたり
とらえどころは
たくさんありますから
一人一人の心に
少しでも何か
ひっかかりになれば・・と思います。

翼ちゃん、サファイアちゃん!
ステキな絵本を読んでくれてありがとう♪

絵本だけじゃなくて
二人が
小学校でも
自分を持って
しっかりと楽しんで活動しているということが
本を読む姿から
いっぱい感じることができて
絵本の内容とは
また違う意味で
園長先生は
心がとっても温かくなって
涙がにじむ思いで
今日の絵本の時間を過ごしましたよ。
本当にありがとう。


明日も続きます。
明日は
ピコちゃん(3年生)と
嵐くん(2年生)です。

楽しみだぁ~~~~♪



園長(保育園、開いてよかったです。ほんとにそう思います。)

お絵描き教室


「かまきり先生の昆虫教室」
「れいこ先生のリトミック」
これらは
専門の知識を持った先生を
園外からお招きして
先生方の専門分野を通して
興味や関心を持ち
体を動かしたり
考えたりする活動の一環としています。

それは園内でも同じで
担任の先生との関わりだけでなく
同じ園で過ごす
他クラスの先生の得意分野や
専門分野を通して
少し角度を変えて
触れ合う時間を作っています。

分園では(一部2歳児ひばり組も)
「ひとみ先生の星の時間」
「しおり先生の折り紙の時間」
「さんた先生のお絵描き教室」
があります。

壁に貼ってある
月々のテーマに沿った絵は
今年度、ひばり組以上は
「さんた先生のお絵描き教室」
と銘打って
少しこれまでの保育園でのお絵描きとは
アプローチを変えて楽しんでいます。

ただただ線を引いたり
色んな色を混ぜ合わせたり
同じ方向に塗ったり、重ねたりして
紙にペンやクレヨン、手を使って
様々な表現をすることを
楽しんでいます。

塗り絵も各クラス
オリジナルで用意をし
年齢に応じて
いろんな塗り方で紙を埋めて
仕上げる楽しさを覚えています。

写真は
2歳児・ひばり組さんのにじの絵。

fc2blog_20190805145457b77.jpg

3歳児・かもめ組さん

fc2blog_20190805145219978.jpg


4歳児・つばめ組さん

fc2blog_20190805145256a93.jpg

5歳児・にじ組さんの
それぞれ7月の描画
<うみ~地平線と太陽~>です。

fc2blog_20190805145331740.jpg

fc2blog_20190805145406ab1.jpg


太陽の色や海の色
決して一色じゃないし
自分が見える色
自分が見ている色で良いからと
否定されずに
写真を見たり
お話を聞いて
3歳や4歳の子が
クレヨンを取り出し
躊躇なく塗り進めていく姿は圧巻です。

ぼかし方も
手を使ってこうやって・・・
みんなすごいね。
楽しいね。
ある種<めちゃくちゃ>のような
<どろ遊び>にも似た快感です。

素晴らしい絵を描くことができるように
ではなく
躊躇無く紙に向かえる気持ちが
やがて
色んなことの勇気や
自己肯定に繋がったら
嬉しいなぁと思っています。

白い紙を与えられて
さぁ描いてごらん では描けなくても
イマジネーションを引き出してあげて
子ども達が導き出した
<その時の自分の答え>を
否定されないという気持ち良さは
しっかり
感じられるのではないかな
と思います。

邪魔するのはいつも大人の側の
陳腐な感性なのかもしれません。

写真のどの絵も
「上手~~~」と言われて
描いている子はいません。

描いている途中や
描き上がった時に

「・・・うん。」

先生の放つこの一言だけで
至福の笑顔の子ども達です。

今月の分園描画テーマは
<山>です。
にじ組から順番に
どっしりと描き上がっていますので
お楽しみに♪

機会をみて
おりがみ教室をまたじっくりお伝えします。


園長(明日はひばり組のお絵描き教室)

ベガちゃんの誕生日

8月になって最初の日
1日は、4月から仲間入りした
ベガちゃんのお誕生日です。

ベガというブログネームは
にじのとりっ子にはもう常識に
なっちゃいましたが
こと座で最も明るい恒星の名前から
いただきました。
織姫星と言った方がわかりやすいかも
しれませんね。

ベガちゃんは
星や星座の話を保育園で聞いた時に
興味や想像が無限に広がり
いつも、それこそお星さまのように
目をキラキラに輝かせて質問したり
お父さんやお母さんと調べてきた
星の情報を教えてくれたりして
いつも自分の中にある
<どうしてこうなるんだろう?>
<なぜだろう?>
<もっと知りたい!>という気持ちに
真正面から向きあっています。

私はこういう姿を見るたび
保育園での活動は
保育園で完結ではなく
興味の糸口をたくさん用意して
ぐぐっと糸を引いたものに関しては
天井知らずに一人一人のその興味に答えてあげることが
この時期に
一番大切なことじゃないかなと思って
日々子ども達に接しているのですが
ベガちゃんもまた
本当にわかりやすく<知りたい!>を
極めていますから
手を休めることなく
私達も日々勉強させてもらえています。

お誕生日会恒例の
<大きくなったら何になる>のお話は
今回は現代科学の父と呼ばれる
<ガリレオ>から引用しました。



数学や物理、星の博士になってね
ということではなく
今抱いているたくさんの
<どうして?>
<なぜ?>
<もっと知りたい!>という心を
閉じ込めてしまわないで
どんなことにも
抱いた好奇心や興味の芽は
どんなに小さくても枯らせないでね。

という先生の思いが込められています。

ベガちゃん♪
6歳のお誕生日おめでとう♪
これからも一緒に
胸いっぱいの好奇心を
こころゆくまで満たしていこうね♪



園長(充実の毎日です)


プロフィール

にじのとり

Author:にじのとり
大阪市北区で(株)にじのとりが運営する
にじのとり保育園/ななつぼし保育園の日常と
園長の主観だらけのひとりごとです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
3位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR