FC2ブログ

今日のことと<おはなしタイム>のこと

昨日はきっちりカツを食べました。
串カツ風味にエビを揚げて
串はないからそのままで
(いわゆるエビフライっていうヤツですね)
美味しくいただいて
心も胃袋も満たされました。
(もちろん今日のお弁当もエビフライです)

分園のお庭に
みんなで植えた
夏野菜達が
ぐんぐん育っています。

これはちょっと前の。

fc2blog_2019061316265416a.jpg


それぞれの苗に名前をつけて
お名前呼びながら水やりをしたり
お迎えの時に
今日の育ちを
子ども達がママに説明している姿もまた
その苗たちがちゃんと見て
嬉しさを感じているようです。

今年の夏は
ものっすごい収穫祭になりそうです。

今日の野菜達はコチラです。

fc2blog_2019061316253775d.jpg


あ、その傍らにあるのは
さんた先生と子ども達との
何もないがある「地球の庭」だそうです。

fc2blog_20190613164208dfb.jpg


今日は
かもめさんと
めじろさんの交流会でした。
みんなでタンバリンとかカスタネットで
リズムを楽しみました。

fc2blog_20190613164517baf.jpg

お兄ちゃんやお姉ちゃんと一緒に
歌ったり
踊ったり
違うお部屋に行っても
場所見知りして泣いたりしないめじろさん達の
すごさったらなかったです。

かもめさんも
いつもは分園で一番小さい子達ですが
今日ばかりは
小さい子達にも優しい
お兄さんお姉さんでした。

fc2blog_20190613164822dc9.jpg


にじ組さんは
買い物に出かけました。

毎回の道すがらのトークが楽しいのですが
今回もまたとっても
楽しい賑やかな会でした。

fc2blog_201906131627233e7.jpg



・・・・・・・・・・・・・・・・・・


分園での園長先生の絵本タイムが
定着してきて
私の顔を見ると
「今日のふりかけは何?」
「今日のファッションポイントは何?」
以外のクエスチョンが
増えました。

笑顔いっぱいで
「今日絵本持ってきた?」
「今日のお話は何?」

分園にある
私の隠し本棚には
もう何回目の買い直しかな、、、
という絵本が肩を並べています。

保育の仕事というのは
(だけではありませんが)
<考えること>
というのがその大半を占めるのでは
ないかなと思います。

曲がりなりにも
年端のいかない子ども達の前に立って
何かをする時には

計画なし
事前準備なしの行き当たりばったりで
前に立たないということは
鉄則中の鉄則だと考えています。

そのための
年間カリキュラム
月案
週案・日案なのですが

<絵本を読む>
という活動の中にも
ちゃんと
そのお話を読み聞かせる
ねらい(目的)があります。
ただ
時間つぶしに読むというのでは
子ども達に失礼です。

そのねらいをまっとうする為に
導入に神経を使います。
落語で言う<まくら>です。

この絵本のお話が
頭に耳に心に
スッと入るように
そしてじわ~っと効くように
身近なものを使って
こちらに興味を引かせます。

今年の私の1年を通した絵本のテーマは
<伝承>です。
幼い頃からこれまでに
私が絵本から受けた喜びや感動を
次の世代にしっかりと伝えて繋げていくこと。

折に触れ
各クラスの保育時間の妨げにならない時間を狙って
担任の先生達に了解を頂いた上で
こっそり大胆に侵入して
心に置き土産です。

分園では特に
クラスによって活動時間が違いますから
かもめさんを中心にしたお話、
にじさんを中心にしたお話。
その両方につばめ組は
リアルタイムに加わるので
なんかちょっぴりのお得感。

かもめさんには一度最初に見せて
次に全体で一緒に見る
というレベルには配慮が必要です。
今1度目をクリアしたのですが
目の輝きがとっても良かったです。

先週から読んでいた本は
コチラです。

パパママには
ご存知中のご存知本ですね。

先週の
からすのパンやさんに続いて
かこさとしさんと言えば・・・
という定番本。

「だるまちゃんとてんぐちゃん」です。

fc2blog_20190613155522a26.jpg

この絵本も
だるまちゃんがおうちに帰って
うちわや
はきものや
帽子を
たくさん出してもらっているページに
釘付けです。
今読み聞かせていても
ゾクゾクわくわくします。


そして今日読んだ絵本は
長新太さんの絵本から

「ゴムあたまポンたろう」です。

fc2blog_20190613155558565.jpg

長新太さんの絵本は
パターンをかえた繰り返しが
最後まで続き
あ、うん、それでおわりか、、
というエンディングを迎えるのが特徴ですが
教訓めいたことは何もなく
ただただ
シュールに空想の世界を楽しめるのです。

最後のページを閉じた後に
自分の第二章が
自由に始まるのを止められません。

これまた
自由に始めていいよ~
と、作者の声が聞こえるのです。

長新太さんの絵本は
他にもキャベツくんシリーズなどがあります。
その他の絵本も
また子ども達と一緒に楽しみたいと思います。

うーーん、
しかし
「ゴムあたまポンたろう」は
タイトルだけで
ぐっときます。

導入では
いろんなものに
名前をつけるクセがある
私自身の話を子ども達にして
具体例を挙げながら
おもしろおかしく伝えたのですが

時代をいくつ超えても
導入の時に
ぐっとこちらに前のめりになる
子ども達の姿と
読み聞かせてもらっている時の
目のキラキラは
変りません。

近頃の若いモン達は
全然捨てたモンじゃないのです。


園長(読んでいる側も癒されますね♫)
スポンサーサイト



プロフィール

にじのとり

Author:にじのとり
大阪市北区で(株)にじのとりが運営する
にじのとり保育園/ななつぼし保育園の日常と
園長の主観だらけのひとりごとです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
1位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR