FC2ブログ

かまきり先生の生き物教室①

にじのとり保育園では
これまで
昆虫・生き物に関しては
図鑑やそれを得意とする先生が
お話をして聞かせてくれたり
公園で見つけた虫を持って帰って
一時皆で育ててみたり
といった関わりでした。

どこかで
この道の専門の先生に
来て頂く機会があったら。。
と思ってはいましたが
なかなかその機会に巡り会うことなく
これまでを過ごしていました。

2019年の年明け間もない頃
卒園児さんのママから
かまきり先生っていう
昆虫の教室を主宰している
面白い先生がいらっしゃることを伺い
一度大人対象のセミナーに参加させて頂きました。

そこでは
先生が普段の教室で
どのように子ども達に
虫(生き物)のことを伝えているか

どうすれば
都会にいながらにして
子ども達が楽しく虫と関われるか
をお聞かせ頂きました。

「この先生なら!」
で、即決です。

是非先生には
お時間を頂き
保育園に来て頂いて
子ども達と私も含めた先生達に
動物や昆虫との
正しい触れ合い方を
教えて頂こうと
改めてお話をさせて頂き
今日に至ります。


昨日クラスで
「明日は、かまきり先生が来て
楽しい話、知らない話を
たくさん教えてくださるので
みんなしっかり聞こうね」
と、話をされて迎えた
今日の生き物教室です。

fc2blog_201905311702574fc.jpg


みんなもう大興奮です。
朝から
かまきり色でキメてくる子
がっつり
香川照之さんの
かまきり先生Tシャツを着てくる子
動物柄Tシャツでキメキメの子
<気持ちが前のめり>
いいですね。
毎日が遠足気分で生きられるなんて
こんな幸せなことはないと思います。

fc2blog_201905311705476ec.jpg


能動的に楽しんだら
思い出は色濃く残ります。

それは洋服だけに限らず
先生の投げかけに対して
積極的に答えようとする姿
そこからじんじん伝わってきました。

fc2blog_20190531170909690.jpg


どの子も
イキイキ
キラキラしてて
素直でいいなぁ・・・
なんていい5歳児さん達だろう・・
この目の輝き
積極的に参加する!
というこの気持ち
なんていいんだろう・・

fc2blog_20190531170511b8d.jpg


と、また私の
ひいき目が出ました。

クイズに真剣に答えたり
自分が知ってることを答えたり
ちょうちょの工作をしたり
グループで話し合ったり
とても楽しい1時間半は
あっという間に過ぎました。

fc2blog_20190531170451f5f.jpg



次回は6月21日(金)です。
どんなお話
どんなカードが
次回は待っているのかな・・・・


・・・・かまきり先生より・・・・

なんて上手に
話が聞ける5歳児さん達なんだろうと
感動しました。
次からの時間もとっても楽しみです。
またこれからは
昆虫だけじゃなくて
動物や恐竜
お天気の話や
星の話なんかも
みんなと一緒に楽しめたらと思っています。



かまきり先生
これからも
どうぞよろしくお願いします!



最後の写真は
お友達にお手紙出して
「一緒の洋服着ようね♫」と
約束して実現した双子コーデ♫

「さんた先生も着て来てくれたら
3人一緒やったのになぁ・・・・」と
呟くオンナゴコロなのでした・・・


fc2blog_20190531170651df5.jpg



園長(家に帰ったら話したいことてんこ盛りですね)

スポンサーサイト



宇宙人を呼ぶネックレスとお姉ちゃんパンツ

先日の私の洋服は
ピングーのTシャツでした。

fc2blog_20190528174213b5d.jpg


「今日のポイントはどこ?」
毎日聞かれるので
私も手が抜けません。
この日のポイントは
ピングーそのものと言いたいところですが
それはこの前言いましたから
今回のポイントは
一緒に写真に写ってる
ネックレスだと伝えました。
(前にも言ったっけな・・)と思いながら。

fc2blog_20190528174258a58.jpg


子ども達は
私が身に付けているものに対して
とっても貪欲に質問してきます。
興味津々です。

女の子は
キラキラしたものが好きですが
このネックレスは
つばめ組の男の子達が
かなり食いついてきました。

いつもは服の下にあるネックレスが
この日は外に出ていたのですが
そうすると

「園長センセ!ダメだよ!
早くしまわないと
宇宙人が来るよ!」と。

fc2blog_2019052817570871d.jpg


そうだった。

このネックレスは
昼間、おひさまの光を吸収して
太陽のパワーを貯めてから
夜、満月のお月さまの光を当てると
このネックレスから
ピッカーーーーーーーーって
光が出て
宇宙にいる宇宙人を呼ぶんだよ。

ってお話したんだった。

「うん、そうだったね」
と答えて
次に広げる物語を
頭の中で考えます。

誰か
宇宙人と一緒に
宇宙船に乗った子がいるんだけど
宇宙人は悪い人ではなくて
実はお友達になりたいと
思ってるんだよ
っていう展開にしてみよう。
ふふふふ・・・

その後本園へ行ったら

最近オムツを卒業した可愛いアノ子が
嬉しい報告を。

「園長センセ!
あのね!ワタシ!
パンツなんだよーーー!!
おねえちゃんパンツだよ!!」

と言って
パンツを見せてくれました。

「うわーー!超絶お姉ちゃんパンツ!
トレーニング的なヤツじゃないヤツ!」

と言って
ほっぺむぎゅむぎゅしたのは
言うまでもありません。

fc2blog_20190528175443d9d.jpg



あっちでは宇宙人を
本気でビビらせ
そしてこっちでは
お姉ちゃんパンツに大喜び
心の振り幅広い毎日に
嬉しい疲れで
よく眠れる毎日です。。

最後の写真はある日の
双子コーデ

fc2blog_201905281753382b7.jpg



園長(つばめ組・ひばり組は大絶賛懇談週間です♫)

先週のこと補足

先日、
保育園の全体LINEで
冷蔵庫のシャケを
勝手に
(いや、きっと良かれと思って)
パパが冷凍した後に
冷蔵庫を見たらシャケがなかった時の
パパへのクレームメールを
誤爆しちゃったママを持つ
5歳のメルモちゃんから


「園長センセ、
前にさぁワタシと同じ服持ってるって
言ってたヤツ、金曜日に
着てきてな!約束やで!
忘れたらあかんから
なんかに書いといてな!」

と、言われて

「オッケー!まかせといて!」
と答えて迎えた金曜日は
奇しくも2人とも前日に
シャケを食べた日でした。

グラタンだ
ムニエルだと
シャケの話を散々しながら
お約束の写真を撮ってたら



「園長センセー
ボクもシャケだよー!
おねえちゃんの持ってきたんだけどさ♫」

と言って
ティッシュ片手にメンバーインを
立候補してきたのは
ジャビットくんでした。




負けた~!!
やるなぁ~!!
旬を外さんなぁ~!!


まだまだあるのよ。
伝えたいこと。

さんたファシリテーターと
カードゲーマー達のことやら

ひとみ所長率いる
星座天体研究員達のこと。

そこは
もう少し調査進めて

ひとまず今日のところは
おふざけ中のトム係長と




カードゲームが
楽しくて仕方ない
松っちゃん課長の
顔写真で
おしまいにします。



よい週末をお過ごしください。



園長(笑いが止まらない毎日をありがとう♫)



5月24日(金)

人生終盤、この年になってもう一度
若い新任の先生と共に
子ども達と向き合える立場に
自らを立たせた今年は
私も保育日誌を毎日つけています。

私の日誌は
ここで公開しようと思います。

・・・・・・・・・・・

5月24日(金)
ジェミニちゃんの誕生日会
朝礼の前
自由遊びでそれぞれが使っていたおもちゃを
片付けるシーン。

聞きたくない話には
一切興味ないそぶりしかしない
イルハンくんと
いつもおとなしくて
自分の思いを保育園では
あまり言葉にしようとしないピッピが
最後の最後のひとつまで
おもちゃを黙って片付けていた。

こんな時の言葉かけは
「早くしなさい」じゃない。

私は二人をみんなの前に出して
大いに褒めた。

ピッピはにっこり満面の笑み。
イルハンくんはニヤニヤして
「ぼく、お片付け上手やからな」とか
ひとこと多めに言う。

そして
追加でもう一人を前に呼んだ。
学年がひとつ下の
イルハンとピッピが
最後まで片付けてるよ・・・と言った時に
さっと出てきて
ピッピがしまう場所がわからずにいたおもちゃを
めんどうな場所だったけど
ちゃんと最後までナビしてくれたボニーちゃん。

ごまかしたりせず
最後までちゃんと片付けられたり
困っている子に
手を差し伸べられるやさしさは
大きくなってからの後付けは
なかなか厳しいから
こういう姿を見たら
ほっぺをいつまでも
むにゅむにゅしていたい。

そんな場面を
見逃さない場所に
今年はたくさんいられると思うと
ほんとにうれしい。
だから毎日の嬉しいことは
大きいクラスだからこそ
きっちりママ達に伝えたい。

だから私の日誌は
できる限り公開しよう。



園長(ここにはお手本がいっぱい♪)


ジェミニちゃんの誕生日

本日5月24日は
かもめ組のジェミニちゃんの
お誕生日会を行いました、

ジェミニちゃんは
4月からにじのとりっ子になった
ホヤホヤの女の子です。

ジェミニちゃんというお名前は
ふたご座からいただきましたよ。

最初は
とても
はにかんでいたジェミニちゃんでしたが
日を重ねるにつれて
お友達との会話も
先生たちとの会話も
お笑い芸人さん並みに
達者になってきて
嬉しく楽しい毎日を過ごしています。

私が毎日
その日着てきたお洋服のどこが
ファッションポイントなのかを
いつも誰に聞かれてもいないのに
嬉しそうに発表すると
次の日からジェミニちゃんも
自分の着てきたお洋服の
ファッションポイントを探して
教えてくれるようになりました。

そして今日のお洋服も
あれこれ
おうちで悩んだ結果
決まったようです。

いい笑顔の写真もゲットできました♪

今日の
<大きくなったら何になる>は
ケーキ屋さん。

fc2blog_2019052416204732c.jpg

実はジェミニちゃんは
大きくなったらケーキを作る人に
なりたいんだって。
だから大好きなゆみ先生に
変身させてもらっちゃいました。

fc2blog_20190524162028903.jpg


ジェミニちゃん
4歳のお誕生日おめでとう♪
ここで
みんなと一緒に
いっぱい汗かいて
楽しい毎日を過ごそうね。

fc2blog_20190524162831e81.jpg



かわいい笑顔が
いっぱい見れる毎日でありますように♪


園長(女の子はプリキュア好きだなぁ・・)

ナンシーちゃんの誕生日

5月16日は
ナンシーちゃんのお誕生日でした。

ナンシーちゃんは
今年から
にじのとりっ子になった女の子。
夏色だからナンシーちゃんって
ここでは呼びたいと思います。

慣らし保育の時から
人懐っこい笑顔で
もうずいぶん前から
仲間入りしていたみたいな
ナンシーちゃんは
すぐに保育園に慣れました。

ママのお仕事が決まるまで
たっぷりおうちで過ごして
いよいよ
いよいよ
長い慣らし期間を経て
来月からもっと長い時間
みんなと過ごすことになりました。

お友達からのインタビューにも
しっかり答える姿は
貫禄しかありませんでしたよ。

ナンシーちゃん♪
初めてのにじのとり保育園でのお誕生日
心からおめでとう♪

fc2blog_20190524160607ce8.jpg


これからみんなと一緒に
楽しい思い出いっぱい作ろうね♪♪


fc2blog_20190524160520acc.jpg


園長(ジェミニちゃんに続く→)

これからのことを


先月観葉植物の
モンステラを買いました。
花屋の店先で目が合った
というアレです。

抱えて帰り
部屋の中に置いたら
心なしか
葉っぱが1枚1枚揺れて
呼吸をしながら
部屋の中にその存在を
しっかりマーキングしているような
そんな気がしていました。
正直そのいざまは
少し怖くもありました。

そんなモンステラが
部屋にやって来て数日後の朝
真ん中の奥の方から若い黄緑色した
新しい芽が伸びてきているのを
発見しました。

毎日観察して
水やりの時に声をかけるのも
楽しくなってきました。
ぐんぐん伸びた新しい芽は
今ではすっかり元の葉っぱ達に
仲間入りして
みずみずしい葉っぱを
広げて嬉しそうにしています。

fc2blog_20190523190221d80.jpg

なんだか殺伐としてるなぁ・・とか
なんだか気持ちが重だるい時は
生き物(動物がダメなら植物)
と共に暮らすことで
新たな気付きや変化があるかもしれません。

小さなことから
始められてはいかがでしょう。

ついでに
ガジュマルもこんな新しい葉っぱが♫

fc2blog_20190523190241a86.jpg



・・・・・・・

保育園では毎日の日常が
これでもかと繰り返されていますが
一日たりとて同じ日はなく
その色合いは日に日に
少しずつ深みを増しています。

保育園の今年のスローガン
<Return to basic>

にじ組は
その生活のほぼすべてを
基本にかえって習得中です。

fc2blog_2019052318542354e.jpg

自分のハンカチ
自分のティッシュは
自分の持ち物に責任をもって
大切にする心を育みます。

お掃除は心こめて
ほうきで掃いて雑巾がけ。

鍵盤ハーモニカは
基本の<き>から
ドレミファソ♪
カスタネットで正しいリズムを
トンタントン♪

fc2blog_20190523191215e27.jpg


お絵描きはとことん自由な表現。
否定されない気持ち良さを
一度知ったらだれかのまねっこなんて
やってられない。
見てられない。
誰もだれかの真似をしない。

にじ組描画<雨>より抜粋。

fc2blog_2019052319152377d.jpg


つばめ組は
もうみんなプチ折り紙奉行。
「折ったらアイロン!」は
すっかり身に付きました。

それとつばめ組のもうひとつの
<Return to basic>は
昔ばなしや
童話を堪能すること。
新しいものももちろん楽しむけれど
限りなくベーシックなお話の数々を
この1年で完全マスターするはずです。

それは教えこみではなく
普段の活動の中で
しっかり体に
しみつくはずです。

そこから広がっていく数々の遊びも
準備は整っていますよ。

今年は各クラス遊具にも
積極的に触れています。

fc2blog_201905231855409d5.jpg

fc2blog_201905231856028bd.jpg


かもめ組さんは
<歌>で基本にかえります。
子どものために作られた
歌い継がれてきた
またこれから歌い継がれていく
童謡を今年は
たくさん歌っていこうと考えています。

fc2blog_201905231854054a1.jpg


また分園では
今年は本格的に野菜を育てます。
みんな心をこめて水やりに精を出しています。



・・・・・

またそれとは別に
めじろ組のきえ先生が
分園のみんなと一緒に歌う時間も
今年は毎週設けていきます。

イラストがきえ先生
ソックリですよね。

fc2blog_201905231854515f3.jpg

まずは今日。
みんなで<にじいろライフ>を歌いました。

これは
3年ぐらい前にきえ先生が
作った歌です。
これまで1回だけ音楽祭で
披露したまま
その後はずっと眠っていた曲なのですが
満を持しての大復活です。
今年は合奏もできるかもしれませんね。

きえ先生の
<今年やりたいこと>のひとつが
こうして
他の先生達の賛同と協力のもと
子ども達と共に叶います。

毎月歌う歌は変わりますから
こちらもどうぞお楽しみに♪

ひばり組は
オリジナルワンマンコンサートに向けて
日々楽しく音楽と触れ合っています。
それだけじゃなく
お外遊びも活発にこなして
この前まで1歳児さんだったことが
もう遠い昔バナシのように思えます。
3人の先生達との息もぴったり。

fc2blog_20190523185336364.jpg


ひばり組さんも
野菜を育てますよ。
成長を楽しみましょうね。


めじろさんは
すっかり保育園にも慣れて
毎日元気に過ごしています。

fc2blog_201905231921404e6.jpg


インプット期の子ども達が
勢揃いするお部屋では
大人からの言葉の投げかけが
本当に大切です。

おはようございます
いってきます
いってらっしゃい
ただいま
おかえりなさい
いただきます
ごちそうさまでした
おかわりください
ありがとう
ごめんなさい
さようなら

挨拶言葉だけではなく
大人同士の話し言葉も
よく聞いています。
おうちでよく聞いていると思われる単語に対する
反応もとても面白いです。

めじろさんは
きょうだいのお子さんが多いので
なにげなく
お兄ちゃんやお姉ちゃんの名前を
口にすると
はっ!とした顔になって
ドアの向こうを指さしたりします。
ほんとに可愛い瞬間です。

一人一人の成長を
しっかり見守っていきたいと
思います。


fc2blog_20190523192208d49.jpg

・・・・・

ここで
子ども達と一緒に
実現したいことは何ですか?

この問いかけに対して
自分の中に答えを持つ先生達の
確かな答えが
ちゃんと表に出るように
見失ったら一緒に探したり
破れたものは繕ったり
原石見つけて磨いたりすることが
第二章を迎えた
にじのとり保育園での
私の確かなお役目です。

完璧でない私だからこそ
私はそれを
喜んで引き受けています。

事務の先生が来て下さったことで
少し空きができた私のスペースに
新しく入ってきたのは
底なしのやりがいと
喜びでした。

どっぷりと保育に浸れる嬉しさを
心から味わっています。
今、子ども達のことが
以前にも増して輝いて見える
毎日です。

本日最後の写真は
ある日の私とアナの<親子コーデ>
今年は大きいクラス全員との
<親子コーデフォトアルバム>を
作るぞ~~~♫

fc2blog_20190523193543e29.jpg



園長(私らの若い頃は・・・
と言ったら私の頑張りカードに
×がつく仕組み♫)←今×3



5月の誕生日会

先週お誕生日を迎えた
ひばり組のナンシーちゃんのことは
改めてご紹介するとして
今日は5月生まれのお友達の
お誕生日会を行いました。

初めてにじのとり保育園のお誕生日会に
参加されるパパとママが
今回は2組いらっしゃいます。
さぞかし
「めんどくさい保育園だなぁ」と
思われたことかとお察ししますが
思い出は
めんどくささや
しんどさを引き受けて
能動的に参加することで
より濃く人の中で生きるものだというのは
私のこれまでの人生で得た
ステキな真実です。

なので私は
保育園や子ども達という媒体を通して
少々のめんどくささと
しんどさを提案し、提供して
保護者の皆さんに引き受けて頂いて
めんどくささやしんどさを
嬉しく楽しい思い出に変えるお手伝いを
しています。(嫌われながら)

そんな5月は
新入園児さん二人を加えた
4人のお友達が
お誕生日を迎えました。

fc2blog_20190522152947341.jpg

それと
先生は二人。
お給食の樋口先生と
にじ組のさんた先生です。

fc2blog_20190522153246533.jpg


今月からは
にじ組さんに
毎月司会のお手伝いをしてもらいます。

まず最初の5月は
この二人にお願いしました。

私の顔を見ると
「園長センセ、アレの練習しようよ♪」と
声がかかり
しっかりMC役を楽しんだり

またおうちでお姉ちゃんの
スパルタ指導で
ユーチューバーごっこをしている弟は
そつなくMCをこなしていました。

コンビ名は
テンテコマイマイ♪

fc2blog_20190522160022f46.jpg


さて、来月は
誰にお手伝いしてもらおうかな。


出し物の動画は先に
ママ達にご覧頂きましたが
それぞれの学年の出し物も
とても上手になっています。

めじろさん。
今回初めてお姉ちゃんたちの前で
いつも歌ってるうたで
楽しく体を動かしました。


fc2blog_2019052216443681e.jpg


ひばり組さんは
大好きな体操をしました。
普段の体操の様子をちらりと見たことあるのですが
それはそれは嬉しそうに
楽しそうに体操していましたよ。
普段の姿こそですね♪

fc2blog_20190522164422af4.jpg



かもめ組さんは
新しいお友達が増えて
お歌の時の声もとても大きくなってきました。

fc2blog_20190522164405793.jpg



いろんなことを模索中のつばめ組さんは
たくさんの新しいことにトライしている真っ最中。
今年のお誕生日会には期待しかありません。

fc2blog_2019052216445631f.jpg

にじ組さんは
大好きな歌
「ラプラスに乗って」を
自分達で描いた
歌詞に沿ったイラストを持っての
初披露です。

fc2blog_20190522164515993.jpg


<優しい声が聞こえる>の絵を
描いてごらん
と言われて描けるこの子達は
天才じゃないかな・・と思うのです。

雲も風も
独自の表現で素敵です。
自信を持って
楽し気に描いている姿が浮かびますね。

絵だけを集めてみました。

1番の歌詞

fc2blog_20190522163226acc.jpg


2番の歌詞

fc2blog_20190522163104d69.jpg



先生の出し物は
さんた先生恒例の<色の講義>

これなんだ。

fc2blog_20190522155723f33.jpg


さて、どれが正解の色?
そして、それはどうして?

fc2blog_2019052215563727f.jpg

fc2blog_20190522155700baf.jpg

なんていう問題がいくつか出て
みんなで色のことを知る時間になりました。


fc2blog_20190522155753bd8.jpg


ママ達は
人を使った間違い探しを。

サングラスや帽子は
すぐにわかるけど
細かいところがわかる子がいたね。

時計とか
靴下とか・・
さすが!

fc2blog_2019052215345528a.jpg


そうして
いつも以上に
時間通りに楽しい会は終わりました。

5月生まれのお友達
お誕生日おめでとう♪

お日さまの光を体いっぱいに浴びて
ぐんぐん育つ新緑のように
イキイキと
伸び伸びと
これからも一緒に楽しもうね♪

fc2blog_201905221653195bc.jpg



園長(久しぶりのブログになってしまいました・・)

ポピーちゃんの誕生日

さて、次は先週の金曜日に
お誕生日を迎えたポピーちゃんのこと。

今のにじ組世代の子ども達は
数が多いのでしょうか。
こんな小さなにじのとり保育園でさえ
ポピーちゃん世代の子ども達が
1歳の時には
保育園の前に入園申込みのママ達の
列ができました。

20人ほどの1歳児さん。
どうしよう・・人数多いな・・
先生を新たに採用せねば・・
そんな切羽詰まった
もうすぐ新学期というある日
「今から入園できますか?」
というママの声で電話を頂いた日のことは
今も鮮明に覚えています。

(もう一人いらっしゃいましたが
二人ともしっかり
現役にじのとりっ子というのが
本当に嬉しいです)

電話口で
「ママ、そんなんじゃアカン!
とりあえず話は聞くから
すぐ来て下さい!」とお伝えすると
ほんとにすぐにやってきたママが
入園を決めてくださり

病気がちで
行事のたびに
泣く泣く休んでいた小さいクラス時代を経て
アイデンティティーも
しっかりと確立されて迎えた
6歳のお誕生日です。

きっとママにはずーーっと
「入園の相談に電話した時から
怖い園長先生」と思われていることかと思います。

あの日の私が怖かったのかどうかは
受け手であるママの感性ひとつですが
ただひとつ言えるのは
確かに保育園に
入園希望の連絡をしてくるのは遅かったけれど
求めていることがハッキリとしていて
何を聞いても
ママ自身のことをしっかり認めて
それでも預けたいということを
しっかり伝えてくれたママだったから
今もこうして
ことあるごとに
一緒に笑って過ごせているのだと思っています。

怖いと思ったし
なんか気に入らないから入るのやめる
怖いと思ったけど
もう背に腹はかえられないから入りたい
これはどちらがいいとか悪いではなくて
単なる分かれ道を選ぶ
ひとつのチョイスでしかないのだと思っています。

改めまして
心からありがとうございます。
そして
ようこそ!にじのとり保育園へ♫


そんなママが今日の為に可愛いワンピースを
用意してくれていたのだけれど

「違う。そんなのじゃない。
ワタシはこれで行く!
ワタシはこれがいい!」
と自分で用意したお誕生日ウエアは
明るい黄緑色のチェックのブラウスと
水色のキュロットでした。

<自分の意思>
おしゃれはソコから始まりますね。
好きなものと似合うものが違ったり
好きな色と映える色が違うことを
いっぱい試して失敗して
自分イズムはできあがっていきますけど
やっぱり一番大事なのは
みんながどうでも
自分がどうしたいのか
どうありたいのかということです。
自己主張、自己表現の手段を
ポピーちゃんが忘れずにいることが
とっても嬉しいです。

ポピーちゃん
6歳のお誕生日おめでとう♫
園長先生は
もうすっかり大人のようにお話する
ポピーちゃんとの雑談タイムが
本当に大好きです。
それから
仮面ライダーや男の子が好きそうなものを
好きなところも
園長先生の小さい頃と同じで
見ていてとても嬉しくなります。
これからもここで
お茶目な毎日を
一緒に楽しもうね♫

fc2blog_20190515145522d0f.jpg


・・・・・・・

さて、ポピーちゃん。
お絵描きがとても好きで
色使いやタッチが
いつもとっても大胆です。
塗り絵チャンピオンにも
よくなっています。

そんなポピーちゃんのお誕生日を
お祝いする
<大きくなったら何になる>は
この絵本でした。

fc2blog_20190515142236ac9.jpg

この本を3行で語ると
医者になれと言う親の言い分をよそに
主人公のマシューは絵描きを目指します。
そこでマシューは成功を遂げる。

・・と、なるのですが
読み終わったあとに先生が子ども達に話した
エンドトークは

なりたい!と思ったり
挑戦しようと思うものは
必ずしもひとつでなくていいんだよ。

みんな生きていく
これからの時代は
あれがやりたい
これをやってみたいと
自由に思っていい時代だし
一度にたくさんのことを
選んでもいいんだよ。

なにかひとつ本業があっても
違う形で
自分を生かすことだってできるから

みんなも思いつくことや
やりたいなぁと思ったことだけじゃなくて
それまでやったことなくて
できないかも、、と思っていたことで
やってみたら面白かった
ってこともたくさんあるから
とにかくまず
やってみるといいよ。

でした。
この日の絵本やお話もまた
子ども達の心に
響きますように。



園長(すっかり夏日です。水分補給と清潔を♫)


ロッキーくんの誕生日

過ぎてしまいました。
かなり時間がたってしまいましたが
5月1日。
元号が変わったこの日に
誕生日を迎えた
にじ組のロッキーくんは
6歳になりました。

ロッキーくんは毎朝
電車に揺られて保育園に来ます。
ママの通勤時間の間に
ママとの時間を作ることを
入園した時にママが決められました。

大変な時があったことも
私は知っています。
年度が替わるたびに
私はご自宅から近い保育園への転園も
やんわりお勧めしてきたのですが
ママは
いろいろなことを考慮の上
通勤時間を
お子さんとの時間にすると決められましたから
そのお気持ちを応援して現在に至ります。

ロッキーくんは
今年の6歳一番乗りです。
言葉はますます達者になり
相変わらずのマシンガントーカーですが
私は3か月ほど前から
ロッキーくんの
知られざる
これまで表にあまり出ていなかった面を
ひとつ発見しましたので
お誕生日を機に
今日はそのことを皆さんと共有したいと思います。

ロッキーくんは何かしたら
そつなくこなし
おうちでおばあちゃんたちと一緒に
遊びの中でやってる
ひらがなや漢字
駅の名前なんかもスラスラ言えるし
物知りだし
生まれ持っての・・・とか
好きこそものの・・・とか
大人頭で勝手に思っていたのですが

昨年度の音楽祭前。
これまでは分園で
鍵盤ハーモニカの時間
いつもわかっているのかいないのか
静かに鍵盤ハーモニカと格闘していたのですが
日に日に上手になっている姿を
毎日確認できたので
素直に
「ロッキーくん、毎日上手になっていってるね~
びっくりしたよ~~」
と声をかけると

いつもだったら私が何か
余計なこと話しかけたりしたら
生意気な小学生並みに
切り返しの術が長けているので
やられてしまうのですが

その日は
こんな顔になるのか・・・・
というぐらい
ロッキーくんは
恥ずかしそうに
うれしそうに
でもやり遂げた喜びにあふれた
なんとも言えない顔をして
そっと目をそらしたのです。

翌日も
翌日も
確実に腕を上げていくロッキーくん。

翌日も
翌日も
無言で頭を撫でる日々を過ごす私。

ロッキーくんが日に日に腕を上げて
弾きこなしていたのは
奇しくも
ロッキーのテーマでした。

音楽祭本番でも
自信を持って弾いていた姿に
ひとつ山を越えたうれしさがこみ上げてきました。

4月を過ぎて
ママと鍵盤ハーモニカの
驚くほどの上達に驚いたお話しをした時に

「ある日から鍵盤ハーモニカの練習をする!と言って
毎晩帰りの電車の中で
ドアを鍵盤ハーモニカに見立てて
指で弾いていたんです!」と
教えていただけました。

働いているから
忙しいから
時間がないのではなくて
時間は作るもので
意識ひとつで実り多い時間になる
ということが
本当によくわかりました。

ママはいつも1年の終わりに
「赤ちゃんの頃から
にじのとり保育園にいたかった」
と、お話してくださいます。

その言葉は
私たちみんなの励みになり
ロッキーくんを受け持ったことのない
小さいクラスの先生を
うれしい気持ちにさせてくれたことも
しっかり私たちの<今>の糧になっています。

あれれ
支離滅裂ですね。

ロッキーくん♪
6歳のお誕生日おめでとう♪
頑張ることの楽しさとか
嬉しさを知ったロッキーくんは
これからどんどんできることが増えるよ!
そしてこれまで以上に
頑張ってるお友達のことも
本気で応援できる優しい人になれるね♪

にじ組さんは始まったばかり。
これからここでみんなと一緒に
そして
貴重な
ママとの通園時間を通して
豊かな経験いっぱい積んでいこうね♪

fc2blog_20190514164523764.jpg



・・・・・・・


今年のクラスでのお誕生日会
テーマは
<大きくなったら何になる?>
を題材に
カードを作った先生が
司会を担当して
みんなと一緒に考えていく時間を設けています。

前回ボスの時は
「つばめ空港」という絵本を通して
飛行機に関わるお仕事をたくさん知りました。

今回は
「たてる」というお話です。
ひとみ先生の
ひとみ文庫には
ありとあらゆるジャンルの絵本があるのを
私は知っていますから
今年、子ども達と一緒に
ひとみ文庫を開くことを
とても楽しみにしています。

fc2blog_20190514165958671.jpg



今回の「たてる」は
表紙を見たらすぐわかる
働く車が出てきます。
最初は何もなかったところに
いろんな車がやってきて
地面をならしたり
重いものを運んだりして
何かができていきます。

最終的に出来上がったのは・・・?

いろんなやりたいこと
やってみたいことが
ここにも詰まっています。

今はわかりやすいことで
子ども達は
そのお仕事の様子を受け止めていきます。

ケーキやさん
お花やさん
駅の人
おうち作る人・・・
今はそれでいいと思います。
何もなくてもまた
いいと思います。

だけど幼少期のこの時期に
何らかのヒントや気付きがあれば
いいなぁと思っています。

「大きくなったら何になる」というのは
お仕事のことを意識するのではなくて
広い意味でどいういうスタンスで
どういう風に
自分の持ち味を生かしていけるかな
ということですから
なんでもそれは
生きていく術になるのではないでしょうか。

ゆっくりよーーーく
一緒に考えていくこれからにしましょう。


園長(本は惜しみなく与えたい)

母の日

にじ組さんから2人
5月になってから今日までの間に
お誕生日を迎えて
誕生日会をクラスで行った子達がいますが
今回はちょっと先に
こちらのお話をお伝えします。

5月第二日曜日は
いつの頃からか<母の日>となっています。
この日は
<おかあさんのことを思う日>
という意味に捉えて
にじのとり保育園では
心ばかりのプレゼントを
子ども達と一緒に作ります。

これまで大きいクラスは
ずっと<縫い物>で
何やらステキなものを作って
お母さんにプレゼントしていました。

今年は一旦それをリセットです。
先生が考えた
お母さんに贈りたいものではなく
<プレゼントって何だろう>
というところに焦点を当てました。

なので今年は
一切の事前情報なしで
制作しました。

もう手にしたママは
どう思われてるかな・・
「今年のは、しょぼいな・・」
「手を抜いてるんじゃないか」
とか思われている頃でしょうか。

今のにじ組さん達が
歩き始めて
初めて保育園に来た日に
初めて顔を見た先生が
今年の担任の先生です。

小さい頃公園へ遊びに行ったら
みんな
木の実やら
きれいな葉っぱやら
キレイな石を見つけては
小さなポケットを
せっせとパンパンにしていました。

「これどうするの?」
「誰にあげるの?」
と、聞くと

声を揃えて
「ママ」と答えたものでした。

それは年齢を重ねても
同じでした。
少しわけがわかってきていますから
より美しいものを選んで
より大きいものを一生懸命探して
ポケットにこっそり。

見ないふりして見た先生が
「それどうするの?」と
小声で聞いたら
やっぱり
「ママにあげる!」
「きっとママは喜ぶで!」

若い先生は考えました。

「それが、その気持ちこそが
プレゼントなんじゃないかな。
プレゼントの原型って
そういうことじゃないのかな。
大人の考えるステキな「もの」と
子ども達が持ち合わせている
ママが好き♫っていう「気持ち」は
少し違うんじゃないかな・・・・」

を、形にしたら
こうなりました。

にじ組さんは
公園でママの為に探した石に
思い思いに色を付けて
ニスで仕上げて
世界にひとつしかない
宝石を作りました。

お手紙の下地で塗った色も
思い思いのママへの気持ちです。
その上に重ねたママへのお手紙も
文言は定型文ではありますが
驚くほど丁寧に書いています。
書写の時間の賜ですね。

子ども達が一心不乱に
無言で集中して思いを込めたこの石には
もうちゃんと魂が宿っていますから
あとは
受け手のママが
この石を大切にするお気持ちを
乗せてあげてください。

<贈りたいと思う人の為に心を込める>
ということを
ひとつ覚えて
石拾いから包装の時の
マスキングテープの貼り方まで
自分の表現方法で仕上げました。

fc2blog_20190510182755d0a.jpg


これなら
身近なもので
いつだって自分だけの
自分なりのプレゼントを
考えることができるのではないかなと思います。

来年は小学校へ上がる子ども達の心に
贈り物をする気持ちの種が
植わったことを信じています。


続いては、つばめ組です。

つばめ組は
1年を通して
たくさん折り紙で
作品を作ろうという目標に向かって
今ひとつひとつ折ることを
楽しんで取り組んでいます。

その折り紙の技法で
子ども達と先生とで話し合って
<大好きなお母さんと私(ぼく)>を表現しました。

はじめは戸惑って折り紙に向き合っていた子も
今では
「今日は何を折るの?」
「こういうの折ってみたいな」
「わー!キレイな折り紙!」
と、
無心になって折り進めました。

1枚の紙が
こうなるということ

大好きな人の為に
キレイな色の折り紙を選んだり
丁寧にお顔を描いたり
それはそれは楽しく心を込めていました。

4歳児時代の
ママへの気持ちが
ここに表現されています。

fc2blog_20190510182739db2.jpg




次は
かもめ組です。

かもめ組さんは
ようやく、お兄ちゃんお姉ちゃんクラスになったことを
少~~~~し
理解できるようになってきた今
公園へ行って
たくさんの木の枝を拾ってきました。

やっぱりあげたいのは「ママ」でした。
粉絵の具を溶いて
色とりどりの絵の具を
拾ってきた枝に塗って
集中して仕上げたものを
壁掛けにしました。

背伸びしない
3歳児の<今>がここにあります。
どうぞお話しながら
一緒に作品を楽しんでくださいね。

fc2blog_20190510182721203.jpg



さて、
小さいクラスの
めじろ組さん
ひばり組さん
ひよこ組さんの子ども達からの
今年のママへの贈り物は
<タイムカプセル>です。

fc2blog_2019051018160827a.jpg


それぞれのクラスの
それぞれの子ども達の箱の中には
先生達が捉えた
<今>の子ども達が詰まっています。

どんなことが好きで
どんなことがイヤで
何に笑って
何に泣いているのか
先生とどんなやりとりを
ここで楽しんでいるのか
が、詰まっています。

開封日は指定されていますよ。
2022年の3月31日
2023年の母の日
2024年の母の日
みんなが小学生になる母の日にオープンです。

それまでも飾り物として
楽しめるようになっています。
どうぞ
悶々、じれじれしながら
その日を楽しみに待っていてくださいね。



それぞれの母の日です。
<親孝行したい時には親はなし>
とよく言いますが

親の立場で考えたら
生まれてきて
そこから先がどうであれ
親にならせてくれて
関わらせてくれていることで
もう充分に親孝行してくれていると思います。

子の立場で考えると
私の場合はもう両親ともに亡くなっていますが
もしもあの世があって
こちらが見えているのだと仮定したら
今を楽しんで喜んでいることが
何よりの親孝行だと思います。

形あるものは
なくなります。
けれど
自らの経験や思いは
生涯(おそらく死んでも)
消えません。

保育園でのあれこれが
親子の楽しい会話の糸口になって
豊かに心が満たされますように♫


fc2blog_20190510182818311.jpg



園長(さて、お誕生日会のことに続きます)

変化を受け入れる

近年希に見る長いお休みは
それこそ本当に
盆と正月が一緒にやってきた以上のお休みで
神様からの贈り物として受け止めて
大切に毎日を過ごしました。

今年は保育園として
基本にかえる~Return to basic~
ということをスローガンに掲げていますが
それは私自身のスローガン(大げさ)
でもあります。

住まいを整えること
食を整えること
体を整えること
動く限りは動くこと
を意識付けています。

それは「忙しい」に流されずに
「今の自分」をしっかり生きるということです。

どんなに忙しい日でも
朝10分はどこかを掃除することを
習慣付けています。

ようやくですが、どんなに忙しい日でも
自分の為に一食は
きちんと料理することを
習慣付けています。

休みの日でも
雨の日でも
必ず午前中の早い時間に
外に出て
お日様の光や外気を浴びることを
習慣付けています。

そうするだけで
どんどん体だけではなく
心が丈夫になっていくのを感じています。

必要なものと
そうでないものが
おのずとわかるようになりました。

そんな生活をこころがけるだけで
あんなに取れなかった
読書の時間や
映画を観る時間が
普通に自分の時間の中に
存在していることに気付きました。

好きな作家さんが薦めていた
料理本を手にしてみると
そこには
これまで作ったことのある
定番中の定番料理が掲載されていました。

その本は料理本としてだけでなく
読み物としても楽しめる
贅沢な作りの本でした。

<まずは、自分なりのアレンジは
ちょっと横に置いて
レシピ通りに作ってみてください>

と書いてありましたから
まずはその本が言う通り
レシピ通りに料理を作る為に
軽量スプーンを百均まで買いに走りました。

軽量スプーンなんて
これまで買ったこともなかったことに
気付きました。

いつも料理本を買ったら
それだけで作ったつもりになっていましたが
その本のマジックに
すっかりかかってしまった私は
レシピ通りに
オムライスを、唐揚げを
エビフライを、ちらし寿司を
作りました。

オムライスなんて
レシピ見たことなかったです。

そうしたら
これまでの私のオムライス作りの
常識にはなかったことが
書かれています。
他の料理も全てそうでした。

自分の為に一生懸命になって
料理をすることも
なかったように思います。

子ども達の手が離れてから
私は初めて
(というかようやく)
自分の為に料理をする喜び
すなわち、料理を通して
自分を大切にする喜びを
知りました。

生きているうちで良かったなぁと
本気で思っています。

自分を大切にすることを覚えたら
更に生きやすくなりました。
高級なノイズキャンセルのヘッドホンを
つけた時って
こんな感じだろうなぁと
思うぐらいの別世界感です。

あんまり本の紹介はしないのですが
ちなみに
その料理本はコチラです。
同シリーズはPART3まで出ています。
副菜本も2冊。
朝食の本もあったような気がします。

fc2blog_2019050716105660e.jpg


そのどれもが
とってもベーシックで
基本にかえる料理達です。
レシピ通りにオムライスを作る経験は
本当に貴重でした。
どこからでも
いつからでも
変われますね♫

自分の変化を楽しんで生きるというのは
晩年の楽しみですね。
なにせ
いつ終わるかわからないのですから。

こんな話を
子育てとお仕事真っ最中の
「忙しい」と一心同体のママや
料理がそんなに好きではないママも
いらっしゃるかもしれない中
あえてお伝えしていますよ。

「私は無理」とか
「私はそうじゃない」とか
何でもいいのですが
とにかくこの料理本が伝えているように
「私のやり方や私なりのアレンジを
一旦横に置く」ことで
自分を新たに発見できたり
ごそっと変えることができたりしたら
モウケモンですよね。

自分が変えられるのは自分だけです。
人は人に教えられず
ただ学ぶのみだと思っています。

自分がお腹を痛めた子でさえ
自分の思い通りには
生きませんからね。

気になられた方は是非
1冊お手に取ってみてください。
私がおばあさんになってから気付いたことに
ママ達の年代で気付けていたら
もっともっと楽に・・・
・・・と思うことがもう老害かもしれませんから
これ以上は、美・サイレント ということで。


・・・・・・・・・・・


今日は長い連休明け初日です。
年齢なりのお部屋の様子でした。

今年から入園してきた
子達が大半の
1歳児さんのお部屋では
もう私の顔を忘れている子がいて
また最初の人見知り泣きをされたり

fc2blog_20190507165024b48.jpg


園生活をすっかり忘れていて
また行動の一から涙を伴う子もいたり

fc2blog_201905071651508e5.jpg


新しいお友達全員集合の
ひばり組さんは
少し賑やかになりました。
お姉ちゃんパンツを見せてくれたり
トイレでおしっこができたことを
嬉しそうに教えてくれたり

fc2blog_201905071652185c8.jpg


かもめ組さんは
私の顔を見るなり
みんな今日の自分のお洋服の
おしゃれポイントを教えに来てくれます。

fc2blog_20190507165309703.jpg


「ボク、しましま!」
「ワタシのくまさん泣くんだよ!」
「ボクのはバイクだよ!」

3歳の子達から
自分の洋服のおしゃれポイントを
朝一番で口々に教えてもらえることが
ワタシの一番のおしゃれポイントです♫

つばめさんは
なんだか少し落ち着いていて
一回りも二回りも
お兄さんお姉さんになったように感じます。
置いて行かれないようにせねば!

fc2blog_2019050716533125b.jpg

もちろん、
今日もつばめ組さんは
折り紙に精を出していました。
こっそりしおり先生お手製の
<おりがみブック>を
盗み見しましたよ。

fc2blog_20190507170715508.jpg


お~~~~!素晴らしい!
最後には
こんな感じのものが折れるように
なっているつばめさん達を想像すると
楽しいです。

にじ組さんは
休みの日の体験を
その場で栄養に変えて
体にも心にも補給してきている様子が
ありありです。

fc2blog_20190507165358669.jpg


通常に戻って
少し眠そうにしている姿からも
ランランと目を輝かせて
ちょっと小さい声で
「園長センセ、今日のふりかけ何?」
と聞いてくる姿からも
ママが今日からお仕事に行くことになったことを
上司のように話して聞かせてくれる姿からも
ご家庭での充実ぶりがわかりました。

fc2blog_20190507165432961.jpg


煮物は
ぐつぐつ煮ている時ではなく
火を止めて
冷めていく時に味がしみ込むように

(たとえが良くないかもしれませんね・・)

人は動いている時ではなく
眠っている時に成長すること
オンタイムに保育園で過ごしている時に
得たことは
それからのおうちでのオフタイムで
じっくりじわじわ
子ども達の心と体に
しみ込んでいることを感じます。

・・・・・・・・

連休の間に
年号が変わり
新しい時代が幕を開けました。

これからを生きていく子ども達は
どんどん変化して進化していきます。
昭和生まれの私達が
足を引っ張るようなことのないよう
変化を受け入れていきたいなと思います。

fc2blog_2019050717144284f.jpg



園長(明日は水曜日お間違えなく)

プロフィール

にじのとり

Author:にじのとり
大阪市北区で(株)にじのとりが運営する
にじのとり保育園/ななつぼし保育園の日常と
園長の主観だらけのひとりごとです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
2位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR