FC2ブログ

人間関係のテーマ(仮説)



師走のラストウィーク。

街に出ましたら

3歳ぐらいの女の子とお母さん。


女の子はかなりしんどく

泣いていました。

おそらくナニカで

お母さんの逆鱗に触れたのです。

忙しいお母さんは

声を荒げています。



『もう許さん!絶対許さん!』



女の子は泣きじゃくりながらも

一生懸命『ごめんなさい』と

お母さんに謝っています。

それは多分小さな子どもができる最大のこと。


よくないことをしちゃった。

思えば小さなこと。

ごはんをこぼすとか

おもらししちゃったとか。

お外でちょっと言うこと聞かなかったとか。


そんな時子どもは叱られて

悲しくて泣いちゃいます。

その後促されて、

或いは自発的に謝ります。


これ以上子どもに打つ手はありませんから

この後は

大人の気が済むまで無視?

昔なら押し入れかな。

ママの機嫌が直るまで

ごはんもらえなかったりするのかな。


多くのママには

『私のしてること、虐待かも?』

『こんなひどい母は私だけ?』

と考えてしまう時期があって

誰にも言ってないけど

みんな寝てから反省の涙流したり

言えないほどの腐った自己嫌悪を

たーーーーーくさん抱えて毎日を過ごし

子育てが自分育てだと知るのは

子どもが大きくなってからっていう。


・・・・

時は流れて我が子から介護されるママ。

おぼつかなくてごはんをこぼして

間に合わなくておもらしも。


嘘かホントか知らないけれど

その時、過去に

ママが掛けた言葉が返ってくるんだって。

・・って、その昔産後の入院中

授乳タイムに助産師さんから聞いて

母乳の温度が下がるのを感じました。


個人の学びはそれぞれで

そこは一人一人で切磋琢磨のテーマだけど

全ての人間関係のテーマは

『許す』なのかもしれません。


他人同士の大人同士なら

お互いに背中を向けてジ・エンドですし

とどのつまりは親子であっても

ひょっとすると最終的には

その境地にたどり着くのかもしれませんが


親になった人達は

目の前で許しを乞う

血を分けた小さな命が

自分の手を離れて飛び立つまで

しっかり向き合って

『許す』の鍛錬ができるのは

幸せなことなのかもしれません。


私もまだまだまだまだ

半人前にも行き着きません。

まだまだ傷ついて

最終コーナー回って

ラストスパート

キツメの磨きがかかるお年頃です。



本年はあと一日の開園日を残すのみとなりました。

皆さんそろって無理せず参りましょうね。

写真は チクチクヌイヌイ かもめさん。

fc2blog_20181227183439be9.jpg

fc2blog_201812271834228d7.jpg

fc2blog_20181227183403705.jpg



園長
スポンサーサイト



12月の誕生日会

さて、長らくお待たせを致しました。
お誕生日会のお話です。


まずは海老蔵さん。
早いですね。
もう5歳です。

fc2blog_20181224170747db3.jpg


ハロウィンの時もクリスマスも
仮装をするのが嫌だとごねていた男の子は
お誕生日会に着ていくお洋服を
自分でチョイスし、この日のファッションポイントを
自分の言葉で教えてくれるまでに成長しました。

5歳になる今年はいろいろなことに
積極的にチャレンジする姿が印象的でした。
ママと試行錯誤しながらたどりついた
<今、ほんとうに好きなこと>。
これが一番の神様からの
プレゼントになったんじゃないかなと思います。
できた時の喜びや
頑張ることの喜びを知った海老蔵さんの
自信に満ちた笑顔は
本当にキラキラしています。

次は選手会長。

fc2blog_2018122417192112a.jpg

1歳の頃、ほんとのベイビーチームを経て
お姉ちゃんにゴマメにされる時も長く過ごし
気づけばいつの間にか
弟のいるお兄ちゃんになり
小さいクラスのお友達の名前を覚えて
積極的に関わることができる
頼れるアニキになりました。

にじのとり保育園では
大きいクラスと小さいクラスの交流会が
頻繁に行われています。
大きいクラスの子達の中には
小さい子と関わるのが得意な子と
そうでない子がいます。
私は得にそのどちらも強要することなく
自然に、その時々に応じた
その子なりの関わりが持てるように
見守っていきたいと思っているのですが
そういうシーンでも選手会長は
とても上手に小さい子を自分のテリトリーに
引き込んで、一緒に遊んでいる姿を
よく見かけます。
名前の通り、素敵な選手会長に成長したなぁと
目を細める日々です。

さて、そしてオリオンくん。

fc2blog_20181224170841643.jpg

ひばり組ぐらいの時から
大きくなったら何になる?という質問をすると
パイロットだとか
警察官だとか
具体的にお話をしてくれていたオリオンくん。
今年はお姉ちゃんが卒園でいなくなって
どんな風にオリオンくんが
頭角を表わしてくるのかを楽しみにしていたのですが
期待を裏切ることなく
しっかり順序立てて考えることができたり
空間を想像することができるオリオンくんの
地頭の活性を止めないよう
磨きをかけていきたいと考えています。


次は紬ちゃん。
紬ちゃんは昨年の入園で
今年になってすっかり保育園へのマーキングも定着し
お友達の中に溶け込んで
楽しく遊んでいる姿をよく見かけます。

fc2blog_201812241710454ca.jpg


紬ちゃんの素敵なところはなんといっても
その<音楽性>と
普段は表に出していない<前に出た時の華>だと
私は思っています。
1年経ってそんな紬ちゃんの
素敵な姿が開花するのを見ることができて
少し私はウキっ♪としています。
これからどうやって更に開花していくんだろう。
のびのびと<好き>が育まれていくのを
そっとお手伝いしたいと思います。

次はレオくん。

fc2blog_201812241711535ce.jpg

実はレオくんは
1歳の時に入園をしてきました。
2歳の時にはママのお産で途中退園をして
3歳の時に復活。
4歳になって弟がもう一人増えて
5歳の今はパパが育休をとって
3月まではお昼間
レオくんは二人の弟とパパと過ごしています。

イレギュラーな事例があると
とかく、私には無理とか
すごいですね~なんていう感想を抱きがちですが
正直、個人の感想なんてどうでもよくて
私はただただ
これからの新しい家族の形を生きる
レオくん一家を全力で応援するのみです。

パパは潔いです。
<ワンオペ育児>なんていう
陳腐な流行言葉は一切出てきません。
目の前にある
自分自身の自分の家族の現実と
ただ向き合っているのです。

特別カッコイイなんてことも
特に思いません(笑)
ただただほんとに
面白くてステキだ♪

1歳の時から変わらない
おしゃべりと食いしん坊は
しっかりそのまま継続中で
今ではいろんなことに理屈をこねて
説明してくれる姿がほんとに頼もしいレオくんです。


そして次は 
12月からの入園を決めたリンリン♪

fc2blog_2018122417122059d.jpg


中国からやってきて
日本に慣れたかどうかの前に
保育園にやってきて
リンリンの中ではもしかしたら
いろんなことが猛烈な速さで
渦巻いているのかもしれません。

行って戻って半返し縫いを
やっぱりリンリンだってしています。
わずかな変化も見逃さず
喜びを一緒に分かち合いたいと思います。

リンリンがいち早く保育園に慣れるよう
私がとった方策は、私が関わり過ぎないこと。
いつも一緒にいる担任のセンセイ、お部屋のセンセイと
まずは日本語で関係を作っていくことから
そして、同じお部屋のママ達にご協力を仰いで
パパもママも保育園になじんでもらうことでした。

在園のママ達の
善なる行動はとても早く
垣根のないいい関係を
築くことに大きな助けの手となってくださいました。

これからも一緒にここで
楽しいこと共有しようね♪

私は究極の性善説派です。
いいんです。
傷ついても。
自信持って心の中の善なる気持ちと
正直に生きています。


そして最後はルーシーちゃん。
今日もママのお膝で恥ずかしがりっ子ちゃん。

fc2blog_2018122417124671f.jpg

だけど去年よりちゃんと
成長しているのですよ。
嫌だ!恥ずかしい!は今のうちの
最大のパフォーマンスです。
ママといる時間を
秒単位で大事にしている姿は
いつ見てもほっこりします。

泣いていい。


さて、こんなお誕生日会の
出しものを順番に。

まずはひよこ組。



めじろ組。



ひばり組。

かもめ組。


かもめ組。




つばめ組。





にじ組。




センセイの出し物は
おなじみ、まさのりセンセイの
化学遊び。

fc2blog_2018122417132514d.jpg


昨年のブラックライトでの映し出しも
記憶に新しいのですが
今年は
割れないシャボン玉や
静電気ビリビリ。


fc2blog_20181224171355170.jpg


そしてママ達からは
人形劇の催しものを。

fc2blog_2018122417142368e.jpg

台本もオリジナル。
練習は主に自主練習です。

チーム12月は
いつも取り組みが速いのです。
やりたいことないですか?
と、いつもお誕生日グループLINEに
投げかけるのですが
何らかの答えが必ず返ってきて
きっちりオトシマエをつけるのが
チーム12月。

チーム名を<爆裂ペッパーズ>とつけたのは
やはり間違いではなかったなと
自画自賛。

fc2blog_201812241723246b3.jpg

こんなことひとつとっても
幼少期の子ども達と共に
ママ達にとっても
<思い出以上の思い出>に必ずなります。

ステキな思い出は
ちょっとしためんどくささを引き受けた時に
自分のものになりますから
だから私は懲りずに
糸を投げ続けます。

誰かに何かをしてもらって
楽しくさせてもらうだけでは
ちょっとスパイス足らずで後ひかない。
来年はリンリンちゃんのパパママも
きっと一緒に参加しています。



12月生まれのみんな
お誕生日おめでとう♪♪

らしさ極めて
ぐいぐいいこうね♪
そして
あ~楽しかった~♪と言って終われる毎日を
これからも一緒に作っていこうね♪

fc2blog_20181224172401753.jpg



今回のMVP

fc2blog_20181224172555957.jpg


園長(更新相当遅れてごめんなさい!)

プロフィール

にじのとり

Author:にじのとり
大阪市北区で(株)にじのとりが運営する
にじのとり保育園/ななつぼし保育園の日常と
園長の主観だらけのひとりごとです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
2位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR