FC2ブログ

幼児教育無償化

教育学者の先生に
無藤隆先生という方がいらっしゃいます。

FacebookなどSNSも利用され
日に何度も
保育に関することや
その他のことを
ご自身のお言葉で
発信されています。

保育に関すること
幼稚園に関する
現場での姿をリポートされたものや
昨今の幼児教育に関する
施策などについても
歯に衣着せぬご自身のお言葉で
多岐にわたり
発信をしておられます。

最近では
・体操教室の是非
・小学生の読書感想文の指導法について
の、ご自身の見解が
とても面白く
膝を叩きながら読ませて頂きました。

その無藤先生の個人的見解として
保育料無償化について
保育園や幼稚園側が
気に掛けておかなければ
ならないことを
先日呟いておられました。
本日はその全文を
お届けします。

以下
無藤隆先生
Facebookより転載。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

保育料無償化後、いかに園として保育を進めるか。

 保育料の無償化が実現したときに、
では、園としてまた個別の保育者として
今後、園の運営や保育を進めるにあたって
どのようなことを配慮すべきでしょうか。

 まず必要なのは
保育料の無償と呼ばれる範囲が
どこまでかということです。

おそらく多くの私立幼稚園では
その無償の範囲を超えて、
特定の教育環境の改善のための費用を
徴収することにしていると思われます。

また保育所なども
何らかの費用が
保護者負担として必要かもしれません。

しかもそれらは
自治体の補助が加わる場合もあり、
自分の自治体・園での事情により、変わります。

3歳未満では
多くの保護者には
無償にならないことにも留意がいります。

一定額の範囲となり、
それを超えることもあるでしょう。

 中核となる保育時間
(それは幼保ともに4時間程度を想定するとして)
の充実は一層進めるべきでしょう。

また家庭で親子が
一緒に過ごす時間の大切さも
説明していくべきです。

必要を超えていたずらに
園に長く預かることを
奨励する策ではないのです。



 認可・無認可を問わず、
すべての施設で質を確保し、さ
らに高めていく努力が大事なことが強調され、
自治体にも
その責務を改めて求めています。

各園また各保育者が
その保育(幼児教育)の大事さを改めて認識し、
その質の向上に向けて、
園として保育者として努力を進め、
また自治体とその点で
連携を強めていくことが重要になります。

 無償化とは
保護者の経済的負担の軽減が
直接的なねらいですが、
同時に、幼児期の
教育の重要性の認識に基づいた施策です。
乳幼児期の保育に求められるものは
以前にも増して大きなものとなります。

それに応えるために、
どの園・施設であろうと、
質を高める努力を仕組みとして取り入れ、
またここの保育者はそのための研修に参加し、
スキルを上げ、知識を広げ、さ
らに視野を広げていくべきです。
そのような
質向上の大きな契機になることを
期待したいのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


常々私が
保護者の皆さまに
お伝えしていることが
ここでも記載されていて
私は少し安堵しています。

実際に
ママの育休で
保育時間が短くなっているお子さんは
それぞれのご家庭のありようのまま
家庭時間を過ごされ

最初こそ
早い時間のお迎えに
ママが戸惑っておられましたが
そこはきょうだい育児を
堪能して頂くようご提案を続けています。

そうすると
1歳の時から保育園に来ていて
保育園での遊びに
どちらかというと
依存しがちだった子ども達が

自分の家で
自分のおもちゃで
誰にも邪魔されず
自由に自分の世界を作って遊ぶことの喜びを
ママよりも先に
子ども達がそのカラダで理解をしました。

早いです。
そうなると
保育園での活動が
俄然イキイキとしてくるのです。

保育園のおもちゃを
イチから取り合わなくても
家に帰れば
自分だけの大切なおもちゃを
一人で心ゆくまで堪能できる
というコトが体でわかっている子ども達は
保育園遊びに余裕が出てきました。

たかだか
保育園で遊ぶおもちゃを
取り合わなくてもよくなったのです。

借り物(保育園やお友達のもの)と
自分の物(自由に使えるもの)
の区別がしっかりつくようになって
借り物に対して
そこまで執着しなくなりました。

また発言も活発になってきました。
楽しいことや好きなことが
おうちにあることで
保育園恒例のインタビュータイムの
答えの幅が格段に広くなりました。

くれぐれも誤解のないように。
これは
働いていたらできないのか?
というと
それは違いますよ。

昨今の子ども達が
家庭で陥りがちなパターンを
今日はお伝えして
ブログを閉じたいと思います。


・家にいる時に
遊びよりもお手伝いが主流になっていませんか

・課題を与えすぎていませんか?

・おうちの中で
してはいけないことが多すぎませんか?

子どもは
遊びの中で智恵を得ます。
遊びの中でしなやかさを培います。
それは
外でもおうちでも同じです。

本当の価値は
ナニカをして褒められることではなく
ナニカに気付くことの方ですから
2歳までなら別ですが
3歳を過ぎたら
あえて褒める時には
言葉もシールもない方が
心に効き目があるのではと思います。

何かをしたら
ナニカを買ってもらえる
という制度の中では
自己肯定感は
育まれにくいのかもしれません。

それに
そんなに
一生懸命褒めようとしなくて
いいと思います。

親心の核は
どんなに時代が変わっても

この子が今ここにいてくれること

それしかないと思います。

成績悪くても
言うこと聞かなくても
誰かと比べて劣っているように見えても
正直ひいきめに見ても
ある部分めちゃくちゃかっこ悪くても

何ができるようになっても
生まれた日の感動
忘れずにいたいですね。


さて、今日の写真
誰が誰の妹ちゃん弟ちゃんだか
わかるかな?

若干1名
大きいですが(笑)

生まれたよ~♪と
送って下さった
速報親バカ写真集より抜粋しました。

fc2blog_20180817200954d54.jpg

ナニカあっても
このピカピカの命を見ると
よしっ!っていう気持ちに
なりますね。

生まれてきてくれて
本当にありがとうと
どの命にも感謝しかありません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ブログは
お盆休みを頂いておりました。
来週からまた
保育園の日常が始まります。

来週の金曜日は
楽しみにしている
にじのとり夏祭りです。
体調整えて一緒に楽しみましょう♪

来週以降のプール遊びは
気温や子ども達の様子を見ながら
適宜慎重に行いたいと思います。

園長(夏休み明けのみんなの顔が楽しみです)

スポンサーサイト



プロフィール

にじのとり

Author:にじのとり
大阪市北区で(株)にじのとりが運営する
にじのとり保育園/ななつぼし保育園の日常と
園長の主観だらけのひとりごとです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
61位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
4位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR