ママを探せ!


分園の子ども達
お母さんの顔を描きました。

遠くに住む
おじいちゃま
おばあちゃまにも
展覧会気分で見ていただきたく
今月欠席をしていたバンビくんのママ以外
36名の美人ママ勢揃いです。

もう自分で描いた絵を
忘れちゃってるかもしれませんから
当てっこするのも
楽しいですね。

待ち受けにすると
魔除けになりそうですよ♪

さ〜て
僕のママ
私のママは
ど〜〜〜こだ!?


fc2blog_20180428140656f88.jpg

fc2blog_20180428140642d91.jpg

fc2blog_2018042814062839c.jpg

fc2blog_201804281406157a8.jpg

fc2blog_20180428140553fa1.jpg

fc2blog_20180428140539b27.jpg



今年も
泣けてきます。



園長(愛いっぱい♪)
スポンサーサイト

Water!!

今日のタイトルの
「Water!!」は
お察しの通り
ヘレンケラーのソレです。

ある程度の年数を
生きて生活していると
家庭や職場
友人知人と過ごす時間や
本を読んだり
歩いている時に
突然

あ!!!そうか!!!
そうだったのか!!!
コレがソレか!!!

と思うことに
ぶちあたったことはありませんか。

私は
保育園を立ち上げようとして
前職を辞めて
しばらく経った頃

考え事をしながら
あーでもない
こーでもないと
町を歩いていた時に
突然自分の中の
<感謝の泉>が溢れて
涙が止まらなくなりました。

外でしたが
それでも涙は止まらず
自分でもびっくりして戸惑いました。

次にとった行動は
母への電話でした。

私はあんまり
両親には相談をしない子どもでした。
なんでも自分で決めて
事後報告をしていた私が
この溢れた感謝の思いは
一番に母に伝えたくて
とにかく電話をかけました。

娘からの突然の
嗚咽まじりの電話に
母も戸惑ったことかと思いますが

「これまで本当にありがとう」

という
今死にゆくのか?というような娘の声を
いつもの通りに
ちょっととぼけたような声で
受け止めてくれました。

そこでスッキリして
涙もおさまり、
何事もなかったように
私はまた町歩きを続けました。

あれから8年。

それまでピンピンに元気で
運動会には行きたいな!
走りたいなぁ!と話していた母が
昨年のお泊まり保育の週に
突然息を引き取り、召されていきました。

母を亡くした悲しみの淵というのは
こういうことを言うのか・・・・と
シャワールームで
声を殺して泣く日々が続きましたが
父の死の時とはまた違った
母の死を経験して
私の死生観はまた少し
バージョンが変わり
一回りも二回りも
成長できたように思います。

<母親は死なない>

人は
わかっているのに
なぜかどこかで
そう思ってしまいがちです。

そして、母親を亡くしても
しばらく経つと

<自分は死なない>

と、すぐに思い上がってしまいます。
ダメですね。まだまだです。


・・・・・・・


私の好きなドラマに
「プロポーズ大作戦」という
長澤まさみさん主演のドラマがあります。
4月に入って再放送が始まりましたので
先日まで録画して楽しんでいたのですが

このドラマの中で
本当に一話だけの登場で
その後亡くなるという設定の
主人公の祖父の役で登場する
今は亡き米倉 斉加年(よねくらまさかね)さんが
名台詞を発します。

「今度やろうは馬鹿やろう」
「明日やろうは馬鹿やろう」

今聞いても響きます。

やろうと思ったらすぐにやろう
大事なことを伝えたいと思ったら
すぐに伝えよう

反省一秒
即行動

また改めてそう思っています。

神さま(という言葉にしておきますが)は
どこかで必ず私を見ていて
くじけそうになると
万物を使って
支えを用意してくれていると
いつも感じていたのですが

最近では
神様って
実は自分自身なんじゃないかなと。
それぞれの心(意識)に
ちゃんと
神様的領域があって
その意識がちゃんと正常に働いていると
くじけた時の支えや
感謝しかないのだということに
ちゃんと気付けるのではないかなと
そう思うようになりました。

あんまりこんなこと書いて
不思議な世界感が出てしまっても
困りますからこれぐらいにしておきますが

誰にも平等な限りある命を生きる今
イヤな思いを
燻らせている時間はありませんから

我が子に対して
家族に対して
大切な人に対して
何より
自分に対して

今日のところは
これで悔いなし♪と、
与えられた一日を
大切に慈しんで
生きていきたいと思います。


気になったら
すぐに
離れたところに住むご家族に
声を聞かせてあげてください。



今日最初の写真は
去年のにじ組さんが
卒園の時に
プレゼントしてくれた鉄棒を使っての
体育遊びの時のあやめちゃん。


春休みに
ママのご実家で
師匠やいとこのお兄ちゃんと
一緒に遊ぼうとして
走ってついて行っても
ごまめにされ、
追いついたと思ったら
掘られた穴にまんまと落とされて
きゃっきゃと笑われ
砂まみれの泥まみれになっても
でへへと笑って
強く生きてるあやめちゃんは
まさに毎日
今を生きてるゴールデンチャイルド♪
ほんとにカッコイイ♪

この日もいい顔してるなぁ。
まるで
この日、
コレをやるためだけに生きてますっ!!
っていう喜びに満ちた顔。

こんな顔で鉄棒されたら
鉄棒もほんとに嬉しそうです。

fc2blog_20180427133246551.jpg


今年度は更に昨年以上に
体育遊びも充実を図っています。

fc2blog_201804271333536a9.jpg



保育中の体育遊びはもちろん
担任のセンセイも
計画を立てて取り組みますが
それ以外の
課外授業のような意味合いで
各年齢、各個人の発達段階に応じて
年間を通した体育遊び計画を立てて
取り組んでいます。
担当はまさのりセンセイです。

fc2blog_20180427133310fe4.jpg



同様に
絵画・製作・書写に関しては
担当はさんたセンセイが行います。

センセイそれぞれの得意を生かして
子ども達がより多くの深い経験をする中で
頑張ったり
達成の喜びを味わったり
集中して取り組んだり
悔しい気持ちを味わったり・・・など
貴重な今を使って
豊かに成長をするお手伝いができれば
と考えています。

どうぞ一緒に見守っていただき
ご家庭での個別の関わりに
生かしていただければと思います。



これは交流会の時の。
ね、エンチョーセンセー
ワタシ、もうかもめ組さんに見えるんじゃない?
大きさは負けてないから
背のびしたいのよ。

ダメダメ
アントワネットさま。
お姉ちゃんはワタシよ。
オリーブよ♪

fc2blog_20180427133330321.jpg



こいのぼりのかざぐるまを
今週はいっぱい回しながら
かけっこを楽しんだひばり~ズ♪


fc2blog_20180427133418c1e.jpg



そして
みんな通る
めじろ組
足形・手形の洗礼。

fc2blog_20180427134818f2d.jpg



園長(よいGWを♪)

絶景かな~♪

最近お絵描きのお話が多いのですが
今日もお絵描きがらみのお話を。

先月末に
私は一人のパパから
分厚いラブレターを頂きました。

そのパパと出会ってから私は
最初の面談の時以外は
顔を合わせたら交わす挨拶程度しか
お話をしたことはなかったので
突然のラブレターは
本当にドキドキしました。

積年の恨み辛みが
書いてあったらどうしよう・・・と思いながら
封を開けると
そこには便せん8枚に
ぎっしり、これまでのお子さんとの関わりや
保育園への思いが書かれていました。

お子さんの様子を見ていて
お!ひょっとしたらこの子は
絵を描くことが好きなんじゃないか
と、気付かれた
2歳の頃から与え続けた自由画帳が
もう数十冊を超えたこと

その絵ゴコロの何かになればと
平日のパパの休みに合わせて
一緒に美術館や社寺仏閣に出かけたこと

そして現在があるということと
そこに
得体の知れない感謝を
しておられること
が、書いてありました。

付録は
時系列で
お子さんが描いた絵を
簡単に綴じてくださったもの。

お宝の一部
体の一部を
割いて手渡されたソレは
私の心の涙腺を
いとも簡単に決壊させました。

その時の涙は
悲しいとか
嬉しいとか
そういう涙ではなくて

うまく言えませんが
飛行機の小窓から
どこまでも続く雲海が見えた時とか
森の中で
木々の葉っぱからこぼれ落ちる
キラキラのお日様のかけらを見た時みたいに
心に絶景を感じたら溢れるソレと
同じ味がしました。


本当は子ども達は
生まれた時からみんな知ってる
自分の好きなこと。

大人は
謎解きパズルのように
それを当てはめていくだけの
ことなのかもしれませんが

だからこそ

これかも?
こっちかな?

と、見逃さず
一緒に発見する楽しみを
存分に味わっていただきたいと思うのです。
どうせなら
自分も楽しい方向で。
どうせなら
自分のソレを探す感じで。

先のパパは
絵心の足しになればと
色んなところに連れて行かれましたが
それは
絵心の足しになるだけでなく
知識としてお子さんの頭に貯金され
パパとのお楽しみ時間を過ごしたことで
更に心に栄養が補充されたことと思います。

なにより
パパ自身が
じわじわと
時には瞬時に
その効能を感じられたのではないでしょうか。

そうなったらもうしめたものですね。
あとは惰性走行で走れます。

このお話は一例で
たまたま
このパパが教えてくださったお話です。

ママ達が書いてくださる
毎日のノートやLINEでのご連絡や
日々感じておられることからは
前出のパパと同じ心を感じます。

子育ては目的ではなく結果です。
何につけ
自分育てなのです。

お子さんのためにと思っていることは
突き詰めると自分のためです。

早い時にそれがわかっていたら
あなたのためよという大義名分を
子どもに押しつけたり
突きつけることもないのかもしれませんね。

今日の写真は
ひばり組さんと
分園のお兄ちゃん・お姉ちゃん達との
交流会の様子です。


fc2blog_201804262025137ed.jpg


fc2blog_2018042620165159f.jpg


fc2blog_20180426201636cfe.jpg


こいのぼりを作って
風車を回しながらの
よーーいどん!

fc2blog_20180426202534bc0.jpg



今月は最初の最初だったから
ちょっと遠慮していたけど
めじろ組さんも
今度参加してみようね
交流会♪♪♪



園長(さて、気付けばGW)

分園は懇談ウィークです

あっという間に時間が過ぎます。

ゴールデンウィーク明けに
3園とも監査があることと
年度末から新年度にかけての
申請手続きや
膨大に繰り越している事務仕事に追われる月末です。

分園では
個人懇談会が始まっています。
それぞれのお子さんの
保育園での様子を
4人の先生から伝えてもらっています。

それぞれのセンセイの
それぞれの観点からの
お子さまの様子を知ることで
これまで気付かなかった
お子さまの一面に触れたり
今後のご家庭での関わりのヒントを得たり

また、ご家庭での様子を
お伝え頂くことで
四人四様の捉え方で
更に色々な角度から
色々なアプローチで
お子さまに関わることができるのでは
と、思います。

<逃げ道確保>ですね。

どうぞ
気になることだけではなく
去年とは違って
家でこんなことができるようになった!
こんなことをするようになった!

という
新しい嬉しい発見もまた
是非教えて欲しいなぁと思います。


これまでこんなに家で
ピタゴラ装置作りに
夢中になることはなかったけど
どうも最近
かなり夢中みたい・・・・

と、
ママもこっそり装置の具材になりそうなものを
そーーーっと
ころがしておくんだそうですよ。


fc2blog_20180425181545e43.jpg


のりやはさみは
保育園でだけ使うものではありません。
あくまでも経験。とっかかりです。

自分の思うがままに
のびのびと製作できるのは
究極のリラックス空間である
おうちだからこそです。

いっぱいさせてください。
どこに
どんな才能が眠っているかわかりません。


fc2blog_20180425181527665.jpg


この絵は
にじのとり保育園で
みんなで遊んでいるところ だそうです。
夢中になっている様子と
その後のママの驚きと喜びも
この1枚の写真の中には
キレイに写り込んでいますね。

fc2blog_20180425181512ff6.jpg


去年までは
ブロックやライダー遊びの様子を
よく私は、親バカ写真館にinしていましたが
クラスが変わったら
なんとなんと
ママの見ていない間に
ストーリー性のある絵を描いていたと
驚いて教えてくださいました。

この驚きこそが財産なのですが
実際に保育園でも
お絵描きの時間の過ごし方が
変わってきていますから面白いですね。

子ども達は
可能性しかありませんね。

fc2blog_2018042518161168a.jpg

そんな中
OAPプラザに提出用の絵は
みんな描けました。

そして母の日のプレゼントも
大絶賛作成中・・
ナイショナイショの作成中・・
頑張って作っていますから
聞かないでいてあげてくださいね。

<言わない>というのも
大切な学びです。


実はね、、
ボク、家であんまり言わないけど
裁縫男子かもしれないよ。
そして、それは
ママがいつも楽しそうに
ミシンを使ってるからだと思うんだ・・
もうね、
針も怖くないんだよ。

fc2blog_20180425183411680.jpg


ボクもね。
実はこういうのが好きかもだよ。
いい時代に生まれたなぁと
ボクはほんとに思ってるんだ。

だって、ボクの
ひぃおばあちゃんの時代だったら
男の子は糸と針なんか
学校や幼稚園で教えてもらってなかったと
思うんだ・・・

fc2blog_20180425183443db8.jpg


ある時は
七色のつなぎ。
そしてある時は
七色のカッパ。
それが、
僕たち!
We will rock you♪

fc2blog_20180425183511636.jpg


縄跳びだって、頑張るの。
目の前にある新しいことは
なんだってやってみたい。
なんだって
なんだって!
どんなことだって大丈夫!
私にはわかってる!
心配しなくていいことぐらい♪

fc2blog_201804251836078ac.jpg


はい!
みんなちゅうも~~く!!

避難訓練っていうのは
必死で逃げて逃げて逃げたらええねん。
途中で靴が脱げたからって
泣いて取りに戻ってたら
火に巻き込まれて焼けてまう。

怖い人来てたら
連れて行かれてまう。

はい。
勘九郎くん!喋らない!
イルハンくん!走ってふざけない!
かもめ組注目!
だからボク見てください。!
こんな感じで大丈夫ですから!

fc2blog_20180425183542cd9.jpg


うん?
まみセンセイ!
よくよくよく気付いてくれました!!!

避難訓練の日に
脱げても大丈夫な
消防車靴下で登園!!!
途中で靴が脱げても大丈夫!
(大丈夫やないけども・・)

fc2blog_201804251918116ff.jpg


これはちょっとハイグレードやで。
まだかもめ組にはわからんやろし
まさかの各クラスおしゃれ番長らも
ここまでは押さえてなかったわな。

悔しい気持ちはわかるわかる。
まぁこういう切り口もあるってことで
各自きっちり持ち帰るように!!

以上上から。
市長:海老蔵でした!


園長(持っていくなぁぁぁ・・)

4月の誕生日会

さて、さて、
今日は4月の誕生日会です。
今年の4月生まれは
BOSS一人です。

一人っていいなぁ。
なんだかお得だなぁ・・
そう思って頂きたいなぁと
ワタシは思っています。


かもめ組に進級したBOSS。
去年までは
恥ずかしくて
ママと一緒にドヤ顔で過ごした2歳。
前には出たものの
頭隠しておしり隠さずで過ごした3歳。

でも、さすがに4歳です。
しっかりお名前と年を言って
おしゃれのポイント
ズボンに挟みこんでいるハンカチも
見せてくれて

トーマスやパーシーが好きだった
小さな男の子は
ライダーや戦隊ものを見て
真似をするような
カッコイイものズキな幼児になりました。

fc2blog_20180419172324d9d.jpg

今日のインタビューで

「好きなお友達は誰ですか?」
と聞かれた時に
ノールックで
「ライザップJr.くんです!」と答えました。

これまでこの質問をして
自分より大きい子を答えた子が
いなかったように記憶しています。

なんでもできてカッコイイ男の先輩を見て
憧れの気持ちが芽生えていると同時に
BOSSの場合は
きっと自分自身のステージが
ライザップJr.のいるソコだと思っているような
そんな気がします。

去年ママが
「この頃ようやく
自分の子をほんとに可愛いと
思えるようになりました」

と、心の声を漏らしてくれたことは
同じクラスの多くのママ達に
勇気と安心を与えてくれて
にじのとり保育園の歴史に
燦然と輝く名言集に入っていることは
今日だからお知らせしておきます。

・・・・・

さて、
子ども達の出し物です。
4月。
新しい生活が始まって
3週間の子ども達の姿をご堪能ください。

めじろさんは
全員前に出てお名前を呼んでいますから
今回の発表の様子は
別途でお伝えしますね。
みんなとっても楽しそうでした。

fc2blog_2018041917240299c.jpg



ひばりさんです。
成長したこの姿に
どうぞ涙してください。
3月まではめじろ組さんだったなんて
誰が思うでしょう。

生まれた時からひばりです
の面々を
どうぞごゆっくりご堪能ください。




かもめ・つばめ・にじ組の面々です。
わっさり多いですが
5月からは
各クラスでの出し物になるのですが

まずは初お目見えですから
お兄ちゃんお姉ちゃんと一緒に
うたうかもめ組の姿をどうぞご覧ください。





さて、さて、
大人の出し物です。
今回はBOSS一人なので
マジックさんとピエロッティーさんで
手品を披露してくれましたよ♪

みんな大興奮♪

泣き声はひばりの合唱です。






BOSS!
4歳のお誕生日おめでとう♪
これからも
プライドを大切にして
毎日をカッコよく楽しもうね♪♪



園長(次は5月だ♪)





保育園はきっかけ

昨日のブログのシャンプーの話。
ちゃんと彼は覚えていて
ママに写真を撮ってとお願いをしました。

だけどママは
<まさかそんなこと・・>と躊躇し
写真は撮ったものの
ワタシには送らなかったのですが
ブログを今日読まれて
すぐに電車の中から送信してくださいました。(笑)

fc2blog_20180418190352eff.jpg


まずは信じてみてください♪



・・・・・・・・

分園の壁一面に咲いたのは
さくらだけじゃありません。

fc2blog_20180418173120343.jpg

赤いのはかもめ組さん。
まみセンセイ曰く
もっとぐちゃぐちゃになるかなと思いましたが
なかなかどうして
立派に表現されていますね。

fc2blog_20180418173102fb6.jpg

4月初っぱなのお絵描き
テーマは
<家族>です。

fc2blog_20180418173134e27.jpg


昨日も少しお伝えしましたが
お絵描きや工作。
もちろん
始めるきっかけは保育園かもしれませんが
おうちでも
絵を描きたいという気持ちを
封印させないでくださいね。

クレヨンやペンを出されたら
家が汚れるからやめて欲しい

と、思ってしまえばそれまでですが
おうちでもクレヨンやペン
或いは絵の具を使って描いてる子は
保育園でも物怖じせず
紙やペンに向き合っています。

もちろん、はさみやのりも
保育園のお道具箱に入っているものでは
ありませんから
どうぞご家庭でも
ママの監督下で思う存分使わせてあげてください。

3時に帰って
「今日もおうちでドレスを作っています」と
報告を頂くたびに
ドレスのカスタマイズが
面白いことになっていっている写真を
送ってもらったり

fc2blog_20180418190905e6f.jpg


今年になってハマった
ピタゴラ装置作りの
今日の成果が送られてくると
充実している様子が伝わってきて
本当に嬉しくなります。

保育園で
見たこと
聞いたこと
やったことというのは
あくまでもきっかけです。

より深く
より自分の好きなように
やりたいだけ
好きなだけできるのは
おうちです。

是非お子さまとお話される中で
お!これは・・興味持ってるな・・
と思ったら
好きなだけ広げてあげてくださいね。

好奇心は探究心に繋がり
探究心は向上心に。
その元にあるのは
やっぱり<やりたい>という気持ちだと思います。

その<やりたい>を掘り起こすことが
幼少期に関わる
大人の仕事だとするなら
自分の好きなことや
ワクワクを見つめることが
結局子育てに繋がっているのではないかなと
私はそう思います。

子どもに好きなことを見つけさせる
とか
子どもに色んなことをさせてみる
とか
一生懸命子どもに働きかけようとしても
もう子どもは
自分の<好き>はわかっています。

その<好き>をまっとうして生きる為に
パパとママを選んで生まれてきてる

私にはそう思えて仕方ありません。
以前からぼんやりと
そう思ってきましたが
7年目のこの生活の中で
それは確信に変わりつつあります。

保育園は集団生活です。
どうしてもそこでは
活動に制限があります。
できるだけ個別に指導をしていても
やはりある程度の
制約やお約束を守った上での
時間内での活動になります。

学校でもそうですが
集団では
みんなで足並みを揃えるのは
習熟度に沿わないと
なかなか難しいのです。

絵を描く以前の
話をちゃんと聞くとか
きまりごとを守るとか
そういうところがちょっと難しい子の為に
費やす時間がどうしても必要です。

話を聞いたり
きまりごとを守ったりするのは
保育園や幼稚園で養うばかりのものでは
ありませんね。


・・・・・

今日も
かもめ組さんのママのノートに
<またおもらしをした>
<まだ家では一人でトイレに行かない>
という文字が躍ります。

急には無理です。
やらせてみ続けて
言い聞かせ続けて
やがて自立するのです。
子育ても
後輩を育てるのも
作物を育てることも
全て自分を育てる為の手段で
根気と忍耐が必要なのだと思います。

怒りの感情がわく時というのは
責任を全て相手に転嫁している時。
自分の落ち度を心の底で
ちょっと認めている時。
だけどそれを認めたくなくて
それを相手への怒りに転嫁するのですが

自分がきちんと心を込めて
誠意を尽くしていたり
角度を変えて見てみることを
怠っていなければ
後ろ足で砂を掛けられても
相手に対して怒りの感情は
わいてこないものです。

友達への思いだけではなく
親や子への思いも
実は<片思い>だなぁ・・・
それでいいなぁ・・と
思う昨今です。


Challenge the next!!

fc2blog_20180418173034b24.jpg


一歩先へ

fc2blog_2018041817304777e.jpg


もひとつ先へ!

fc2blog_20180418173016e88.jpg


ワタシはもう知ってるよ♪

fc2blog_20180418173251b89.jpg



明日は今年度最初のお誕生日会です。
まさかのエイプリルフールズBOSS一人♪
さて、シャイボーイ
どんな振る舞いを見せてくれることやら・・・・・。


園長(おだやかな4月です)

少しずつ慣れてきています

毎日が慌ただしく過ぎていきます。
ゆっくりと月を眺めたり
ゆっくりとお風呂に入ったり
という人間らしい時間は
意識して作らないといけないなと
痛感しています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

4月から新しい生活を
体験している子ども達にとっても
この2週間は
おそらくとても刺激的だっただろうなぁ
と思います。

ななつぼし保育園にいるめじろ組さん。
今年は慣れるのも早く
初日こそ
この世の終わり泣きの大合唱だったのですが
もう今ではみんな
ママにバイバイと手を振って
泣きそうな顔のママとのお別れも
とてもスムーズです。

fc2blog_201804171711121c0.jpg

公園までの往復だって
歩けるんだよ。
なんならひばりさんになれちゃうかもよ~

fc2blog_20180417171054e14.jpg

りりかセンセイと
悪だくみなう。
初めてのおやつも
外遊びも難なく終えて
楽しく保育園生活を送っています。

fc2blog_20180417165057128.jpg


今年はめじろ組さん
ひばり組さんのセンセイは
このユニフォームで外歩きをします。

fc2blog_20180417171649aef.jpg


・・・・・・・

ひばり組さんは
完全に
赤ちゃん時代のめじろカラーを払拭して
ゆみ先生の虎の穴で
ひばり道を習得しています。

fc2blog_20180417172228f7b.jpg


ひ~ばりさん!って呼ばれたら
すぐに早くお返事できるんじゃないかしら・・。

fc2blog_20180417172259fec.jpg

順番もお手のもの。

fc2blog_201804171722440cf.jpg


そんな中一番気になるのは
かもめ組さん。

場所が変わって
センセイが変わって
これまでは
同じ学年のお友達とだけ
一日をのんびりと過ごしていましたが
今年はそうではありません。

そりゃあ
まだまだ様子見ますよ。
トイレの失敗だってしますよ。

まみセンセイの
今年年長になるお子さんなんて
かもめ世代の頃
濡れたパンツのお土産は
ひとつやふたつじゃなくて
5つもあったらしいですから。

他のお友達は
8つだったらしいですから。

にじのとりっ子達
みんな優秀ですよ。
本当にそう思います。

fc2blog_20180417164441a18.jpg


もう慣れている
お兄ちゃんやお姉ちゃんを見るから
どうしてもおぼつかなく感じますが
今はまだ始まって3週目です。
壁にもたれて
全体の様子をただただ
じーーーーーっと眺めている時期です。

GWが終わったあたりから
少しずつ馴染んできて
自分から積極的に
活動できるようになってきます。

一日のうちで
好きな時間(絵本を見たり、ままごとをしたり)を
見つけて
好きなお友達とお喋りしたり
遊んだり・・・が
ひとときでもあれば
それでとびきりの合格点です。

おしっこのお漏らしや
ウンチがうまくいかないことは
あまり気に留めないであげてください。
みんな
それ以外のことで
本当にいっぱいいっぱいですから。

だから
おうちに帰っても
「今日どうだった?」
「今日なにして遊んだ?」は
しばらく封印していてくださいね。


fc2blog_201804171743356f0.jpg




にじ組さんやつばめ組さん。
今朝久しぶりに分園に朝入ったのですが
まぁもう
朝の私を捕まえて
マシンガントーク炸裂でした。

大きく変わったなぁと思ったのは
会話のラリーが
熟成してきたことです。

去年と同じ場所にいますから
つばめ組やにじ組への進級は
ヘタしたら見落としがちですから
意識して見ていましたが
みんな
一皮も二皮もむけていました。

「ボクのシャンプーが新しくなったよ♪」と
報告をしてくれる子がいましたから
「えーーー!見たいなぁ。
今園長センセのシャンプー切れてるから
貸してよ~~~」と言ったら

「ダメ!」と却下されたのですが
「ママに言って写真撮って
見せてあげるよ」と言われました。
さて、覚えてるかな。


仮面ライダーの新しい装備の話を
これでもか!というぐらい語りはじめたり
初期のライダーから
どこまでのライダーを知ってるか聞かれたり
止めどないのです。

女の子は
登園してきて
今日のファッションについて
二人で語り合ってたり

GWの予定を
教えてくれたり

わさわさとみんな
忙しくしている分園です。

なんだか
なでしこちゃんや
フラワーちゃんが
にじ組になって
リーダー然としている様子に
早くも泣けてきます。

だって
まさかの二人ですから(笑)

にじ組の4人については
また別の日にたっぷりお話しますね。



今朝、朝の体操 YMCAやろうよ!と提案したら
みんなノリノリで
さては、おうちで
踊り込んでるな・・・・と
ちょっと嬉しくなりましたので

今年の音楽祭には
レインボーダンシングチーム
いよいよ旗揚げか!
と、
少しワクワクしています!!!

頭の中では
もう
曲も衣装もできあがってるのですよ。
それを
子ども達とやるのは
最高の喜びです♪


そんな今日は
順番に
OAPプラザに提出する
お母さんの顔を描いていました。

毎年のことですが
子どもの<描く>に任せているので
いろんなお母さんがそこにいます。

お絵描きは是非ご家庭でも
赴くままに描かせてくださいね。

おうちでたくさんお絵描きをしている子は
線を描く時に熟れています。
手首を上手に使っています。

お母さんお化粧してるかもね
というセンセイの言葉ひとつで
ママの目元と
ほっぺに色が加わります。

お化粧と聞いて
ママの前に
お化粧品のケースを
たくさん描く子もいました。

お口がかなり大きく開いているママや
めがねを掛けている時のママ
髪をくくっているママ
想像の中のママ
リアルなママ
できあがりをどうぞお楽しみに♪


最後の写真は
分園の満開の桜の木の下で
なおセンセイに
絵本を読んでもらっている
にじ・つばめ組の面々。

なおセンセイも
新しい1年が始まって
とってもイキイキしていました。

子ども達とお互いのパワーを与え合って
充実した時間を
過ごして欲しいと思います。

fc2blog_20180417174434f37.jpg





園長(最近とってもお腹が空きます)

蕎麦屋での一件と保育園と

今年も黒板、
生きてます。

お花も咲いて
春ですね♪

fc2blog_20180411201810522.jpg



今日はちょっと
保育園とは違うお話から。

先日、職場近くの商店街を
所用で歩いておりましたら
新しいお蕎麦屋さんを発見したので
入ってみました。

店内はひとつだけ席が空いていました。
少し待っていたら店員さんがやってきて
「ちょっと待って頂きますけど
それでもよければどうぞ。」と、

表情ひとつ変えず
なんなら帰れと言いたそうな
つっけんどんな接客態度に
心の端っこがちょっとざわつきましたが

いや、
まぁ
しかしと
さっさと空いている席に座り
とろろ蕎麦を注文しました。

ほどなくして
隣の客が注文したであろうお蕎麦が
運ばれてきました。

なにやらお客さんと店員さんとで
揉めている様子です。

お客さんの方は
ちょっとボルテージ上がってきました。
そうしたら店員さんは
大の大人が使ってはいけない
「そんなつもりではありませんでした。」を
再び顔色変えずに言い放ち
その場を去ったのです。

顔色変えないのは
きっと特技なのかもしれません。

しばらく待って
私のとろろ蕎麦もやってきました。

お蕎麦屋さんに入っておきながら
実はうどん派なので
お蕎麦の味は実はあまりよくわかりませんが
ひとすすりしてみました。

こんなもんかな・・と思いながら
箸を進めていたら
隣のテーブルが
お勘定タイムになりました。

店員さんが
「先ほどはいやな思いをさせてしまい
すみませんでした。」と
心のない声で言い放ちました。

それを受けたお客さんもまた
「いえ、大丈夫です。二度と来ませんから。」と
心のない声で言い捨てました。

この一連のやりとりが
繰り広げられる至近距離にいて
やるせない切なさを感じはしたのですが

相当に人間臭さすぎる
人と人とのやりとりの一片に触れて
人が無意識のうちに
求めて止まないものは
結局どんなに時代が変わっても
変わらないことを思い知りました。

高評価をお金で売り買いしたり
ヒト・モノ・コト・アジ・オトの中に
偽物やまがい物が溢れて
上っ面なぞりが大手を振るような
玉石混交の世の中だからこそ

誰かがつけた☆の数や
他人の評価や感想に惑わされず
自分の大切なものは自分で守り
自己責任で生きていかなければと
改めて思えました。

そんな
お蕎麦屋さんでのお話ですが

保育園に置き換えても同じで
私達は
時としてパパやママに対して
<ちょっと冷たいんじゃないの・・>
<それはちょっとナイんじゃないの・・>と
思わせてしまうことも
ないとは言い切れません。

そういった場合
立ち位置としては
保護者の皆さまの方が
遠慮をしてしまう場面です。

ですが私は
目に見える
保育料が高いとか
開園曜日が少ないとか
給食がダメだとか
見える部分につきましては
他と大いに比較をされて
入園・在園を決めて頂ければと思いますが

気持ちに関わることについては
保育園といえども
ここだけで完璧ではありませんが
とはいえ、
それに甘んじず
捉えようが千差万別だからこそ
苦情言う側、言われる側を
作るのではなく、
仲間として

・・ここで言う仲間とは
大切なお子さまを育む
バディーという意味合いです・・

声を出し合っていきたいと考えています。

つい人は
声を飲み込んでしまいがちですから
ほんの小さなことでも
家族間でも
声を出すというのは
簡単なようで
実に難しいです。

職員間でも
毎日毎回
口を酸っぱくして
伝え合っていることです。

とは言え
思ったことを全部吐き出して
全てをさらけ出すだけというのでは
あまりに配慮がありませんから
そこはお互いの経験や想像力による
さじ加減が必要な場面ではありますが
こうしている今も
未熟な者同士
胸の貸し借りし合って
一緒に歩みましょう。

共通の目的は
<心からの笑顔>です。
子育てさえも
もはや目的ではなく
それぞれの手段だということに気付いたら
今よりすこーーし
楽になりませんか?

・・ということで
今年度もどうぞ
よろしくお願いします。


写真は
つばめ組の
ウゴウゴルーガの面々。






と、
走るのが少し早くなったジャニーくんの
つばめさんだから
お絵かきも上手くなったよ の
貴重なシーン。





そして
ひーばりさん♪
はーい♪




めーじろさん♪
はーい♪






園長(明日はもう木曜日)




初めてを楽しもう♪

子ども達は
今日も一日を楽しみました。

fc2blog_20180405200406042.jpg


めじろ組さんのかわいらしさだけでなく
ひばりさんも
かもめさんも
つばめ・にじさんも
その姿を愛おしく思う気持ちが
年々増していくように感じるのは
私が日々老いているからなのかもしれません。

fc2blog_20180405200556e34.jpg


たとえば夜に
異業種の人達が集まって
今日一日の報告会をしたら
私のパラダイス率はダントツで
抜きん出ているはずです。

あくまでも
誰でも
個人の見解のみで生きる人生です。

それはたとえ親でも
誰かの言うとおりとか
誰かの感想に左右されて
誰かの人生を生きるのではありませんから

同じ現実を見ても
それをどう思うか
どう感じるかは本人次第なのだとしたら
豊かな感性育むことしか
幼少期はしなくていいぐらいだなぁと
子ども達を目の当たりにして
本当にそう思います。


fc2blog_20180405200907dfd.jpg


・・・・・・・・・


3月最後の行事は
<おたのしみ給食~たこやき~>
だったのですが

たこ焼きを焼くスカッシュくん
お皿に盛る嵐くん
トッピング担当はこだまくん。
そして踊るビリー店長に
ショータイム担当の
サファイアちゃんとえっちゃん

食べたり
作ったり
あれこれやってる面々で
めじろさんも
ひばりさんもやってきて
それはそれは楽しく会は終わったのですが

一人、
憂鬱な顔のぼっちゃんがいました。





え?
ボクですけど・・・


ボク、たこ焼きを
あんまり食べたことありません。

一応今大阪に住んでますけどね
パパもママも
大阪人じゃないから(多分)
たこ焼きに命かけてない派やと
思うんですよね・・・

だから
相方のひーこセンセイに

「あら?今日はどうしたん!?
ちょっとテンション低いんちゃう?」って
聞かれて
モゾモゾしてしまいました。

fc2blog_201804051914358a1.jpg


あー
このパターンは
ママがお迎えに来た時に
「海老蔵さんは
たこ焼き食べたことありますか?」
って、絶対聞かれるパターンや・・・

あやめちゃんみたいに
食べたことないものでも
毎日食べてるような顔をして
食べたり

嫌いと見せかけておいて
フルーツを食べてしまう
ルンルンみたいに・・って
ボクも思ってるけど

正直すぎて
顔にも態度にもまだ出ちゃうんだよね・・・

でも、でも、でも
初めてだったってだけで
美味しかったんだよ。
これはほんと。

次のたこ焼きの会の時には
ボクも
たこパの達人になってるから
楽しみにしててよ。
思ったら
まっしぐらなタイプだよ。
こう見えて。

ボクもちょっとずつ
こうして
大阪の子になっていくよ。
センキュー♪



ほんま、
たこ焼きっていうのは
こうやって
食べるんやで。
よう見といてや!
私がルールブックやで。

fc2blog_201804051915320c8.jpg



器にソースがついとったら
やり直し。
審判は私やから。

fc2blog_20180405191505974.jpg



たこ焼きでもなんでも
誰にだってある<はじめての時>。
こうして
ひとつひとつ超えていくのですね。

いつが<はじめて>でも
同じドキドキがありますね。

そして
大人になってくると
<変化>とか<はじめて>が
苦手になってきて
同じところばかりなぞりがちですね。

でも
少しだけ
角度を変えて歩いてみたら
まだまだ
まだまだ大人にも
初めてのことがあることに気付きます。

同じところをなぞっているのも
大切なことだけど
初めてのことや
新しいことを受け入れることは
大人になるほど
意識して大切にしたいなぁと思います。

きっと
ソレを意識して生きている人は
老けないのでは
と思います。

3歩だけ先を歩いているからって
3歩うしろにいる人のことは笑えないし
3歩すすんでも
5歩すすんでも
追いつけない人がいるだけでなく
ひろ~い目で見たら
自分の知ってることや経験していることなんて
ひとつまみの塩以下なことに気付いて
笑えてきます。

おぼつかない子ども達は
そんなことを教えてくれます。

たかだか私の知ってることを
子ども達が知らないからって
どうってことないです。
生きてるうちの
どこかで知ります。学びます。

大人の方が大変で
子ども達はすっかり知ってることで
大人達も子ども時代には知っていたのに
それをみんな忘れてしまう。

人は
色んなことを知り得て大人になるんじゃなくて
多くのことを忘れて
大人になるのだなぁと
毎日思います。
大人ってなんてザンネンなんだろう・・。



家に帰るまでが
遠足。

マミー飲むまでが
銭湯。

ソース舐めるまでが
たこ焼き。


今日のところはこのへんで。

新めじろさんの
ブログネーム命名は
もう少し先に・・・。


園長(明日は近隣の小学校で入学式♪)


新学期が始まりました

激動の3月末が
もうはるか昔のことのように感じる
4月2日です。

子ども達はそれぞれの思いを胸に
元気に保育園にやってきました。

fc2blog_20180403163331b00.jpg


ななつぼし保育園では1歳児さん達が
何も知らずに
ママと一緒ににこやかにやってきて
ママが帰った後は
この世の終わり泣きの大合唱でした。

fc2blog_20180403163306678.jpg


毎年のことですが
今年は少しおとなしめかな・・
人数が少ないからでしょうか
泣き声を聞く耳に余裕があります。

fc2blog_20180403163243c95.jpg


fc2blog_20180403163220156.jpg

慣らし保育期間は
2週間ですが
これから1年をかけて
集団生活の中で過ごすことに
心も体も慣れていきます。

一人ずつのペースで大丈夫ですから
ゆっくりゆっくり慣らしていきましょう。
大丈夫です。
来月にはもうみんな
天下とった顔をしていますよ♪

・・・・・

ひばり組さんは
入園してから1年が経って
ようやく
心も体も
保育園に馴染んできて
できることも増えて
お友達の名前も言えるようになって
自分のマークも
お友達のマークも
わかるようになってからの進級です。

fc2blog_20180404101923d41.jpg


同じお部屋で
同じセンセイがいるので
ちょっといつもと違う感じも
さっさと受け入れて
小さいなりに
お姉ちゃん、お兄ちゃんになったことを
喜んで楽しんでいます。

fc2blog_20180404102007707.jpg


これから更に速度を上げて
言葉も身体能力も
思考も感情も
どんどんどんどん成長して
広がりを見せてくれます。

今は朝登園してきたら
自分でノートや水筒を所定の場所に置きます。
お鞄を片付けます。
歩いてお散歩にも行きます。

fc2blog_20180404101950146.jpg


そうして少しずつ
生活習慣の自立を目指しながら
遊びの中できまりも覚えていきます。

大切な時期ですので
ご家庭との連携
特に大切にしたいと思います。

4月は午後からお花見おやつ♪
という日がきっと増える
新生ひばり組です!

・・・・・

そうして自由な空間の中で
お友達との関わりの中
社会性も芽生えてきた子ども達は
かもめ組になります。

にじのとり保育園で
大きくその生活が変わるのは
幼稚園入園世代の
かもめ組の子ども達です。

これまで6人の子どもに対して
センセイが一人だった環境から
子ども20人に対して
センセイが一人という環境に変わります。

fc2blog_20180403163531f44.jpg


実際には
現在は15名の子ども達に対して
センセイが二人
始まったばかりの分園での生活を
サポートしています。

新しい出来事に取り組みながら
少しずつかもめさんになっていく姿を
しっかりと追いたいと思います。

fc2blog_20180404102252824.jpg


・・・・・

つばめ組さんは
とある男の子が
かもめ組からつばめ組になれるのは
4人だけだと思っていたらしく

ボクでしょ、
パコちゃんでしょ、
メルモちゃんでしょ
えーーっとそれから、、、

fc2blog_2018040410223448e.jpg


え?
選手会長大丈夫かな
ちゃんと
まみセンセイに
お名前呼んでもらえるかな

と、
小さな胸を
かなり本気で痛めていたそうです。

いつも常に本気で
常に真剣に
センセイのお話を
一字一句逃すまいと
聞いている彼らしいつぶやきでした。

みんな揃ってのつばめ組に
さぞかし安心したことでしょう。

全員夏色のいでたち。
女の子達二人ともノースリーブです。

fc2blog_20180404102135d6e.jpg


・・・・・

にじ組さんは
今春休み中のお友達もいますから
全員が揃うのは来週以降になるのですが
来ているお友達は
もうすっかりにじ組として
分園に君臨しています。

どうしたってにじ組さんの人数は
一番少ないですから
より、今年のにじ組らしいカラーで
輝けるよう
最大の力で照らしたり磨いたり
したいと思います。


ただ、
ふと気付いた時に

<ナニカにつけてかさばる7人>
(命名おもちゃのおねえさん)
元にじ組の面々がいないだけで
こんなにお部屋が静かになるのか・・
という感じの分園です。
おもちゃのおねえさんの
「ほらな・・・」
というニヤニヤした声が聞こえてきそうです。

今のところ
すこ~しだけ落ち着いて船を進める
にじのとり保育園・ななつぼし保育園です。

今年はどんな絵が
キャンパスに描かれるのか
本当に楽しみです。
これからの日々を
鮮やかに彩って
ステキな1年にしようね♪

fc2blog_20180404102107960.jpg



園長(・・・・・・・・・)

プロフィール

にじのとり

Author:にじのとり
大阪市北区で(株)にじのとりが運営する
にじのとり保育園/ななつぼし保育園の日常と
園長の主観だらけのひとりごとです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
50位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
3位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR