FC2ブログ

もうすぐ

いかなご番長から
今年も春のおたよりが届きました。
5年間続いた春のおたよりも
もう今年で終わりかと思うと
思わず数を数えながら
慈しんで頂きました。
毎年ほんとうにありがとうございました。

開園当初のにじのとり保育園は
ある意味
おかず持ち寄りご近所保育園でした。

ご家庭で作ってくださった
煮付けや手作りおやつの差し入れを頂いて
みんなで舌鼓を打ったことも
少なくなくありました。

旅のお土産も
まだ子ども達が少なかったですから
持ってきてくれた子が
みんなに配って
一緒に食べる楽しみもありました。

お預かりするお子さんが増えてきて
アレルギーのお子さんも
増えてきましたから
お土産配りはなくしました。

そうしたら
「くだものだったら大丈夫ですね♪」と
すいか番長をはじめ
くだものをみんなで!と
地蔵盆のように
くだものを差し入れてくださって
<いいもの>を口にする機会
年のうち何度もあります。

いただいたくだもので
<パーティー>をするのは
私達からのお礼の気持ちです。

WINWINって
こういうことを言いますね。
そしてそれは
昔の日本人は
あたりまえに生活に染み付いていました。

また私達には
ママから
<賄賂です♪>と言っていただく
おやつもあります。

<おぬしもワルよの〜>と言いながら
出されたものは
ありがたく頂きます。

残念ながらおまんじゅうの下に
小判は隠されていません。

あ、開園当初
私が出先で豚まんを買ってきて
子ども達とも一緒に食べようと思い立ち
ママ達に
食べて良いかどうかを朝確認した時

「うまれて初めての豚まんです。
食べられるかなぁ・・大丈夫かなぁ・・」と
笑顔で心配しておられたママも

いまでは
お仕事で遅くなった時は
大きな551の袋を持って
「アナタの好きなヤツ買ってきたよ♪」と
お迎えに来られる
素敵なママに成長されました。
ね♪パコちゃんママ♪

面白いのは普段なら
お迎えがちょっと遅くなったら
目に見えて不機嫌にママを迎えるのに
ほんとにその時パコちゃんが
CMみたいに
551がある時の笑顔になってること(笑)
大阪人はそうでなくっちゃ♪


・・・・・・・・・・・・・・・


先日
現場で、音楽祭の予行練習をしに行きました。

めじろさんも
ひばりさんも
可愛い過ぎる仕上がりに
見ているだけで当日の空気感まで想像できました。

当日泣くのはご愛嬌。
初めてのママは
号泣して、或いは無表情で立ち尽くす
我が子の姿を
どうぞその目に焼き付けてください。

大きいクラスのママ達も
みんなみんな
そこを通ってきました。

当日は
我が子を見守る後ろから
大きいクラスのママ達も
暖かい目で見守っています。
これは毎年の光景です。

そして1年経ったら
舞台の上で
セリフを言えるぐらいに
成長しています。


かもめさん
つばめさん
にじさん

みんないつ見ても
何回見ても
やりたくてしょうがない様子で
舞台上でキラキラしていました。

特別優しく指導されているわけではありません。
灰皿こそ飛んできませんが
演出家の指示が飛ぶ保育室です。

私も演出中にたびたび分園にいますが
細かい演出にも
忠実に子ども達は従います。
昨日と違う演出指示がでても
戸惑うことなく乗っかります。

休んでいる子がいたら
代役、二役がやりたくて
積極的に手を挙げるかもめ組さんがいます。

だから
やるたびに上手になって
やるたびに自信をつけて
予行練習で初めて舞台の上で
スポットライトを浴びたのに
ライト以上にみんなキラキラしていました。

そのキラキラが眩しくて
おうちでご覧になっている
ネタバレ劇場以上の感動が
そこにあります。

お友達の劇を見ている子ども達の
観劇マナーも面白いです。

主要メンバーが歩いてきたら
拍手で迎える・・
吉本新喜劇方式。

劇をする前から
観客側が
おなじみのアレを待って
もう笑う準備をしている。
吉本新喜劇方式。

そして誰かが挟む小ボケに
ずこ~~っとずっこける。
吉本新喜劇方式。

会場全てが温かい
切っても切ってもわろてんか。

どうぞ
温かいお気持ちで
子ども達の一挙手一投足を
お楽しみください。

何よりにじのとり音楽祭は
観客席さえエンターテイメントです。

舞台の上で頑張る子ども達には
どうぞ大きな拍手と声援を。

いろんな幼稚園、保育園の
運動会や発表会を観に行かせていただきますが
お父さんもお母さんも
動画や写真を撮るのに夢中で
演目が終わった後の拍手が少なすぎて
子ども達かわいそうだなぁと思います。

舞台上で子ども達が
無意識にママを探しても
ファインダーを覗きながらじゃ
子どもにはわかりません。

毎年お伝えしていますが
その日その時の様子は
どうぞ
ファインダー越しではなく
肉眼で見てあげてください。

貴重な<今>を
<あとから>ムービーで楽しむためにだけ
使わないで頂きたいと願います。
三脚のご用意お忘れなく。


fc2blog_20180321084059521.jpg



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


音楽祭の本番のお楽しみはもとより
先日、本番が行われるホールまで
ひばり組さん以上は歩いて行きました。

大きい子は余裕の距離ですが
ひばり組さんも
手をつないで余裕で歩いて行きました。

fc2blog_20180316105825f7c.jpg


歩いて行きましたとだけ書くと
それで終わりですが
道中にもドラマがあります。


もうすぐホールに到着というところで
一人のおばあちゃまが
声をかけてくれました。

「にじのとりの子やんか。
おばあちゃんあの近くにおるから
よう知ってるで。
こんなとこまで来てるんかいな!」

知らないところで
知らない人が
それとなく
見守ってくださっていることを
こうしてホールまで歩いたことで
知ることができます。

また、
2歳児の子ども達が
列をなして歩いている時のあるあるは
<靴が脱げる>ということです。

お友達と手を繋いで歩いていますから
靴が脱げると
自分で脱げた靴を拾って
履かなくてはなりません。

自分の靴が脱げたら
「止まってください」と告げ
靴が履けたら
「お待たせしました」と言って
また歩き始めます。

にじのとりっ子は
ひばり組世代の時に
みんなそれを教わって
その道通って
大きくなります。


・・・・・・・・・・

音楽祭以外の話では
分園の様子を少し。

朝のお当番発表では
自分が使っている鍵盤ハーモニカの色と
弾いてみたい曲を発表していました。

何気なく聞いているようですが
にじのとり保育園で行っている言葉遊びは
ちょっとハードルが高いのです。

さんたセンセイの言葉遊び虎の穴です。

おうちで普通に
ママやパパと会話をしている子は
自分の思いをしっかり持っていること。

そしてそれを言葉にすることに
ためらいがないこと。

いやだなぁとか
そうじゃないよと気付いたことも
泣いたりダンマリするだけじゃなくて
言葉で表現することの大切さを
子ども達には体でわかって欲しい。
そう願っています。

分園創設以来
泣いたりダンマリしているだけでは
自分の思いは人には伝わらない
ということを
徹底的に仕込まれていますよ。
ね、
ひーこ番長。

なんでもいいから
まずは答えてみよう。
お門違いでも
明後日向いてる答えでも。

そうして
外した経験があると
ダンマリにも意味が出てきます。


この日
「ぼくの鍵盤ハーモニカは
ライトグリーンです。
弾いてみたい曲は
カノン全曲です。」

「カノンってどんな曲ですか」

「タンタラランラララ〜♪です」
(正確な音階でハミング)

ほーーーー・・
なるほど。
5歳児ではこんな感じです。

fc2blog_201803210839370d2.jpg


3歳児さんは
鍵盤ハーモニカの色が言えて
今練習している曲が言えれば御の字なのですが

とある3歳児さんは

「ボクの鍵盤ハーモニカはネイビーです。
弾いてみたい曲は
千本桜です」

なんて言いましたよ。

すごいな〜
ではなくて
それは
家庭で十分な会話をしていることの
あらわれです。

みんなが同じこと言って
平均点取るために生きるより
得意には
どこまでも伸びる権利があります。
やらない方
できない方になびくのではなく
できることや
好きなことは∞に伸ばしたいと思います。


にじのとりっ子は
だから
声出していこう!!
おうちでの個別の会話。
インタビューするだけじゃない
ラリー感ある会話。
大切です。


今日も支離滅裂なまま
ここまで読んでくださり
ありがとうございます。

あと2日。

最後の写真は
ひばり組のだ〜れかさんと
だ〜れかさん♪

fc2blog_20180321083952733.jpg





園長(体調管理しっかり)

スポンサーサイト
プロフィール

にじのとり

Author:にじのとり
大阪市北区で(株)にじのとりが運営する
にじのとり保育園/ななつぼし保育園の日常と
園長の主観だらけのひとりごとです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
67位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
7位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR