FC2ブログ

監査も済んで日が暮れて

にじのとり保育園とななつぼし保育園には
合計年間6回の監査がやってきます。

そのうち3回は予告監査。
残りの3回は抜き打ち監査です。

昨日今年度最後の抜き打ち監査が
本当に抜き打ちで
ななつぼし保育園へやってきました。
指摘事項はなく
お帰りになられましたが

監査の方が来られたり
保育のことや
保育園運営のことを
お話させて頂く機会が
ここのところたくさんあるのですが
そういうときはいつも
思うことが色々ありすぎるのですが
今回ばかりはさすがに
自分の毒で自分が死ぬ勢いです。

なので今日はちょっと支離滅裂で
だだ長いブログになる予感がします。
多分
ここまで書いたら
職員室に呼び出されるかもしれない勢いで
書きます。

読んだ人も職員室に呼び出されるかもしれません。
大丈夫です。
職員室で一緒に正座しましょう。


企業主導型の保育園が
雨後の竹の子のようにできて
内閣府
児童育成協会は
なんとしても
この事業の適性な運営を目指し
特に
不慮の事故による
最悪の事態を防ごうと
決まり事を毎回増やして
陣頭指揮をとってくださっています。

お国の事業ですから
指針をしっかり決めて
事業者に同じ方向を向かせようと
一生懸命取り組んでくださっていることが
本当によくわかります。

指針には沿いますが
私達現場が、どのような状態でも
事故が起きないことだけを見つめて
それを保育の最終目的に据えていたら
いつまでたっても事故はなくならないという
万物のルールを
しっかり頭にいれておかなければ
とってもしんどいと思います。

ヒヤリハット記録をもう少し書いてください。
子ども達の布団と布団の間隔は
20センチ以上あけてください。
横向き寝になってしまった時は
足をクロスさせていたら
睡眠時チェックを怠っていることに
今後はなりますよ。

という文言に対して
全てに
深く頷く私でしたが

ヒヤリハット記録に
ここ2ヶ月記載がないのは
何かを隠蔽しているからではなく
ヒヤリハットしたことが
ここ2ヶ月ほど
本当になかったからです。

これ、
センセイ達のこと
盛大に褒めるトコではないですか?

そんなこと言ってたら
虚偽のヒヤリハット記録ばっかり
増えてしまいますよ。

わかってます。
どんなに小さなことでも
それを書くことが
自分達の身を守るためだということは。

でも、それは
目的は
自分達を守るため。

救命救急の
心肺蘇生の研修も
目的は
自分達を守るため。

大人ですからやり過ごしますが
そこに<ほんとう>がないから
何をしても
私の心にいつも冷たい風が吹くのです。

毎日見ている私達しかわからないことを
昨日今日
机の上で研修して
監査の方法をたたき込まれてきた方には
お話をしてもきっと通用はしません。
だから笑って
大げさに頷きながら
私なりの許容範囲を
少しだけ広げるには
どうすればよいかを考えているのです。

そのうち
お外に出る時は
子ども3人に1人
BGをつけてくださいとか

外を歩く経路と時間を
育成協会に届けてください
それ以外は外出禁止とか
言われかねませんね。
(笑うトコです)

というところで写真は
歩いてお散歩をしているめじろさん。
ひばりさんへの進級意識バリバリです。
もうお姉ちゃんだから!
もうお兄ちゃんだから!と
背中が語っていますね。

fc2blog_20180313141938937.jpg


大阪人ですから
ついこんな風に私は書いてしまいますが
決して
お上に逆らおうとか
そんなことは思っていないのです。
まずは受け入れる
が、私のポリシーですから
面白おかしくそれに従っているのです。
頭の中で
どう料理しようとそれは私の自由ですから。

というところで
またまた可愛いめじろさん。

fc2blog_20180313142103d82.jpg


でもこのように
事故を防ごうと
あれこれ強めの禁止事項が出ることは
実は悪くないと思っています。

お外遊びは極力しない。
お昼寝時は5分ごとに
午睡チェックロボが監視。
子守歌も歌ってくれるシステム。

そのうち
一人一人
3.3平米の檻の中に入れられて
生活するようになったりして。

お友達と遊びタイムには
かみつきや
ひっかき防止の為に
全員完全武装で檻から出てきて
決められた時間
中央でみんなで遊び。

犬を躾に出すように
子ども躾塾が大流行したりして。

限りなく
星新一の世界ですね。
ボッコ先生が出てきたりして。

でも、そうなることで
(そうなってからでは遅いのですが)
0歳や1歳の子どもを
こんな監獄みたいな場所には預けたくない!
って思うママが
増えるのであれば
私にとっては
願ったり叶ったりの世の中です。

保育園を手厚くすればするほど
我が子に無関心な親が増え

0歳や1歳の子を
早朝から暗くなるまで
人の手に預ける(家にいない)ということや
それに伴い

お金はたくさんあって
快適でいいところに住んでいるのに
貧困時代の日本人と同じように
夕飯を食べずに朝を迎えたり
お風呂に入らないまま寝てしまったりして
食の経験が著しく低い子が育っていることや
全く躾をされていないまま
小学生になる子がいることが
全国的にまるで
普通のことのように
まかり通っていることや

(ん?
だから児童福祉施設という位置付けの
保育園が必要なのか!そうか!)

(だとしたら認可外の立場で
福祉事業なんてしなくていいんだ!)

(そうか!なるほど!
腑に落ちました!)

認可保育園の設置運営のありようや
公費の内で
福祉という意味合いが
どこまでをさすのか
明確な線引きになるという未来に向けての今なら
その方法のひとつとして
いろんなきまりごとが細かくなっていくことも
致し方なしなのかなと私は思います。

どんなにドールハウスのようなお部屋や
キレイな白木のおもちゃ
お子さまランチのような給食を
これでもかと見せられても
どんなに家庭的を謳われても
また、
どんなに楽しそうな行事や
日中のお遊びがあっても

保育園は
子どもにとって
おうちではないのです。

家庭的ノットイコール家庭 です。
子どもにとって快適な場所ではないということは
何ら変わらないのです。

ならばせめて
ここにいる間は
できる限り自由に
できる限り優しく
一人一人と触れ合っていたい

そう思ってみんなが接するべき場所ですが
残念ながら
お国の指針には
そこまでは明記されてはいないばかりか
中で働くのは人間です。

ベテランという衣装を着た
古びた保育士が
<大昔からの保育園のやりかた>を
いつまでも掲げて
いつもイライラしながら
同僚や
後輩や
子ども達と接している
なんていう話は
もう何十年も前から同じこと聞いて
聞き飽きました。

にじのとり保育園に見学や面接に来る
若い学生さん達から
ほんのちょっとヒアリングするだけで
何十年前と同じ話が
たくさんたくさん出てきます。

子育て支援員研修へ行ったセンセイ達からも
同様に教えてもらいます。

同じ思いを
今も若い保育士さんが抱えていて
その問題に蓋をし続ける以上
どんなにお給料を増やしても
若い人が続かないのです。

今の若い人達
誰と比べてとは言いませんが
よっぽどまともですよ。

大人はもっと
今の社会に責任持たなくては
と思います。

資格のある人がとにかくいればいい

こんなことを目標にするから
幽霊保育士がいる保育園が
後を絶たないのですよ。

経験やポリシーがなくても
とにかく勉強ができる優秀な人に
独学で資格だけ取らせる会社も
後を絶たないのです。

命を預かるということは
怪我や不慮の事故を起こさないということでは
ないのです。

大学生には
男女ともに
一般教養として
児童養護や
乳幼児心理学を
必修科目にして
心して子どもを育てることの大切さを
生活の中での実体験では無理なら
せめて座学だけでも・・・・。

高校生には
書道、音楽、美術は
選択制ではなく必修に。

なんていう
今日の毒はこれぐらいにしておいて


こと
保育に関する私の最終目標は
3歳未満児を預ける保育園がなくなることです。

だけど
それは
まだまだ今の段階で
口にしても
理解を得るのは到底難しいので
私は私のできる範囲で
私が出会ったママ達には
形を変えてお伝えしているのです。

これからの子どもを救うのは
<おうち時間の充実>です。

これがある子とない子の差は
あともう少ししたら
ばっちりと現れてしまうのが
目に見えていますから
嫌われても嫌がられても
伝え続け
認可外保育園であることに
こだわり続けているのです。

今生まれた子達が成長して大人になる頃には
生きる力のある人だけが
生き延びていく時代になっています。
わかっている人だけが。

その時に慌てない為に
今私ができることは
子ども達に
日々

1,<ありがとう>の習慣をつけること
ありがとうがハリボテでも許されるのは
せいぜい5歳頃までですから
ここでしっかり
ありがとうを形で覚えてもらえるよう
保護者の皆さんに伝え続けること

2,<おうち時間の大切さ>を伝えること
保育園に通う子に絶対的に足りない
睡眠時間とおうち時間を充実させて頂けるよう
これも伝え続けること

3,<子どもファースト>の意識付け
無意識ですが、働くママは
どちらかというと<ママファースト>に
偏りがちです。私もそうでした。
第三者目線で誰かがそばで
<違うよ!><優先順位間違ってるよ!>と
伝え続けることが必要だと思っています。
でもこんな究極の嫌われ役、
誰だってやりたくない。だから私がやります。

そして何より
保育園だけでこのポリシーは完成しないということを
しっかりご理解いただくこと。

保育園と家庭とが竿の端と端を担いで
お子さんを育てる
面倒で骨の折れることを
一緒にしようという覚悟のあるご家庭と
共に歩む場所であればいい。

とまぁ
こんなことを書いていますが
これはあくまでも私の思いですから
それぞれのご家庭の思いで
お子さんをお預けになれば
それでよいと思いますが

にじのとり保育園は
入園の時にも
なんなら来るなと言われ

入園してからも
育休に入ったら
時短保育を勧められます。

でもほぼ全員のママが
それに従ってくださいます。

そして
家庭時間を大切にしてくださっています。

たとえば
ママがお仕事していた時より
3時間や4時間早く帰って
おうちで何をするでもなく
自由におうちを散らかして
自由に自分だけのオモチャを使って
思う存分
ママとの時間を過ごしているお子さんは
それまでのお子さんの園での様子とは
全く違います。
本当に
全く違うのです。

時折、家庭時間を過ごしているママから
タイムリーに連絡を頂きます。

4時にはお風呂に入って
6時には晩ご飯を食べました。
後は寝るだけで
大好きなビーズで遊んでいます。

と、
夢中になっているお子さんの写真を
送ってくださると
本当に震えるほど
自由を満喫している姿がそこにあって
私は
よかったーーーーと
思うのです。

このママも
最初、私が時短保育の提案をした時は
1ヶ月後に
やっぱり無理ですーーーーーーと
顔中ぐしゃぐしゃにして泣きながら
無理な理由を訴えてきてくれましたが

話している内に
それが全部
ご自身のいいわけだったと気付かれ
次の日から
更に輪をかけて
親子の時間を楽しみ始められました。

お子さんは
ママの気付きのスピードに沿って
保育園での様子に
どんどんどんどん自信がみなぎってきました。

そして、お子さんと一緒に過ごす中
あんなに料理は手抜きを豪語していたママが
これまで以上に
手作りを意識され
お子さんと一緒に料理もされ
密な時間を過ごされています。

本当に
本当に
本当に
嬉しいのです。

そんなお子さんと保育園では
目が合うと
にっこり笑い合うだけです。

言葉なんかいらないのです。
そこに
<ほんとう>があるから
心の中でハイファイブです♪
将来好きな道を選んだ時
必ず今のこの時間が
栄養ときっかけになっているはずです。
一生追跡カメラで追いかけてみなくても
もう答えは出ていますよ。

保育園は
ワンダーランドじゃない。

保育園でどんなに普段ママが作らない
手作りおやつを食べていても
ママと向き合って
ママを独り占めして
一緒に食べるビスコやかっぱえびせんの味には
かなわないのです。

一日たった数時間。
ですが
子どもにとってそれは
長い長い時間です。

一人のお子さんが
こうして
家庭時間負債を減らしています。

やるかやらないか。
やってみるかみないか。

こんな丸腰で
お子さんや家族と向き合うママを
応援しないわけありません。
次にお仕事に復帰される時には
これまでとは違う角度から
お仕事も
お子さんのことも
きっと見られるはずです。

用意しますよ。
そんなママのお子さんのお席は。

その他にも
0歳で復帰したいママに
1歳児からでいいと伝えているのは私です。

保育園のせいにして
保育園が空いてないことにして
できるだけお子さんをおうちで育てていてください。
そして会社さんには
頭を下げておいてください。

責任者出てこいと言われたら
私、出て行きますから。

にじのとり保育園を選んでくれたお子さんの
家庭時間の確保は
私とお子さんとの
生まれる前からの約束ですから。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


保育園を運営していながら
保育園をなくすことが目標。

これは
わかる人だけがわかる話。
だけど
もう少ししたら
多くの人がわかってくれる話。

その遠くに立てた目標の達成を目指して
にじのとり保育園本園は
今年度から
0歳児さんは
お預かり致しません。

そのかわりに
ママがお仕事をしていないご家庭のお子さんの
プレ幼稚園としての役割を
担う準備を進めています。

早速お一人
入園を決めてくださいました。
試行錯誤しながら
行ったり来たりして進む楽しさを
私にプレゼントしに
可愛い子がやってきてくれました♪

新しい扉
またひとつ開ける
にじのとり保育園です。


写真は
台詞の練習をするひばり組さん。
頑張れ!男子!

fc2blog_20180313142208422.jpg


そんなひばり男子の
ネタバレアイテム。
根性見せてね。男子達!

fc2blog_201803131421219bd.jpg


最後の写真は卒園式の練習を
いまだ、私がボイコットするので
とうとう歌っているシーンを
ひーこセンセイから動画で送りつけられてしまった
昨日の1枚。

卒業証書の文言も、一人ずつ書いてたら
巻き紙みたいになってしまって
江戸時代の手紙が部屋中にころがっています。
どうやって短くする?
いっそ
川柳証書にしようか・・・
いまだ決まらず・・・・

卒園とりやめ!
留年決定!
おめでとう!
にじのとり小学校入学!
とか
ふざけたことばかり書いてしまって
いまだ決まらず・・・


fc2blog_20180313141831c99.jpg


園長(卒園式まであと7日・・え?)

スポンサーサイト
プロフィール

にじのとり

Author:にじのとり
大阪市北区で(株)にじのとりが運営する
にじのとり保育園/ななつぼし保育園の日常と
園長の主観だらけのひとりごとです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
38位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
1位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR