FC2ブログ

人生楽ありゃ春遠からじ〜♪

平成30年度4月〜
にじのとり保育園
ななつぼし保育園へ
入園が決定しているご家庭の皆さま

2月10日(土)9時半〜
ななつぼし保育園へお越しくださいますよう
よろしくお願い致します。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・


保育園では
鬼が来て豆を撒いてやっつけた後は
ご家庭で
巻き寿司の丸かぶりや
豆まきなどをして
それぞれのご家庭風の節分を
過ごされたことと思います。
月曜日のノートを楽しみにしています。

私は今、かなり喉をやられています。
日常的に喋らなければいけない立場で
こんなことになっている自分自身に
豆を撒き散らした節分の夜です。


・・・・・・・・・

節分の集いが行われた金曜日。
午後からは
にじ組さんの塾と
絵本の読み聞かせに分園へ行きました。

今回は
前回の宿題で
みんなが作ってきたしりとりを披露しました。

とても絵的なイマジネーションの湧き上がる
面白いしりとりが続いていました。

たこやきえせんせいたりあいすくりーむ
というフレーズや
あめりからす なんていうフレーズを見たら
ついつい
たこやきの着ぐるみを着たきえセンセイが
イタリアンなアイスクリームを
美味しそうに食べてる姿とか
鼻の高いカラスが
自分のことを
「カラ〜ス!カラ〜ス!」と言いながら
低空飛行している姿が浮かんできて
しばし頭の中で大いに遊べました。


その後の絵本の時間では
<いちにちシリーズ>から

いちにちむかしばなし
さく:ふくべあきひろ
え:かわしまななえ


fc2blog_201802041240248b7.jpg


昔ばなしの主人公に
いちにちなってみたら
こうなった・・・
昔ばなしも楽じゃない・・というお話です。
子ども達
このシリーズの作品
大好きですね。


保育園での絵本は
あくまでもヒントです。

おうちでは絵本など見ないし
見る時間もないから
保育園でせいぜいたくさん
見せてもらいなさい

・・・ではありませんから
そこはくれぐれもご注意ください。

絵本のサイズは
ママやパパのお膝に座って
納得するまで
好きなページを何度も見返したりしながら
時折感想をはさんだりしつつ
一緒に見るサイズになっています。

全員で
ある程度の距離を保って見る絵本では
もう一度前のページが見たい子もいれば
好みの絵本じゃない子もいますので
保育園で見ているだけでは
若干のストレスがありますので

ぜひご家庭での絵本タイム
大切にしてください。


待機児童が減らないほど
保育園に需要があるということは
家庭時間が少ない子どもが
これからは増えるということです。

幼少期に必須で
とっても大切な家庭時間の不足が
目に見えない弊害として
現れているのが
今の子ども達を取り巻く現状だと思います。

まだ発達段階で
脳も心も社会性を覚える段階ではない時に
「仲良くしなさい」
「お友達に貸してあげなさい」
「友達を押したらダメ」
「仲良くしないといい子じゃない」と
理詰めで言い聞かせられても
子どもは訳がわかりません。

「写真を見ると
うちの子はいつも一人で遊んでますが
大丈夫でしょうか」

という悩みを1歳児や2歳児だけでなく
0歳児さんでも抱くようになるのです。

子どもはただ、欲しいから手を出すのです。
前にいる子が邪魔だから
押しのけようとするのです。
どうしても自分のものにしたいのは
ありのままの本能です。

本来はここを家庭の中で存分に満たされてから
社会生活に入るように人間はできています。

もちろん保育園はそこを踏まえて存在していますが
語弊覚悟で書きますが
児童福祉法ができた頃のような
「かわいそうな子」が行く施設に
してしまってはいけないと思っています。

そうならない為には
・保育園に預けっぱなしで安心しないこと
・ご家庭で衣食住をしっかり整えること
・おうち時間をしっかりとること

大切だと思います。

家庭でこれができないので
保育園でお願いしますというのは
集団生活ぐらいです。
みんなと一緒に作る「おたのしみ給食」です。

おうちだったら
あんな作業もこんな作業も
順番待たずにできるのです。

その他の個人的なしつけは
家庭で身につける意識を持って頂きたいと思います。

どの学年のお子さんも
朝出かける時に
みすぼらしくだらしなく
あるいは不潔になっていませんか?

髪はとかしてありますか?
歯磨き、洗顔
子ども任せにしていませんか?
起きてからオムツを交換してから
登園していますか?

時折歯磨きも不完全
寝起きそのまま
目やにや鼻水も
がっつりこびりついていませんか?

出かける前にしっかり気をつけるのは
今後何十年と続く社会で生きる人生の
始まりの今、しっかり習慣付けることです。

ここに関しては
あれ?と思っても
よほど親しくならなければ
誰も指摘してくれません。


4月から通う保育園が決まった
新人ママさん達は
預ける箱が決まったことを
喜ぶだけで
あとのことは保育園に任せるだけでなく
どうぞお子さまが通うことになった
保育園を信頼して
保育園と相談しながら、両輪となって
家庭時間を大切にしながら
かわいいお子さまの<今>を守ってください。
我が子を
たとえ保育園とは言え
他人に任せっきりにならないことを
肝に銘じて
家庭時間を大切にしながら
保育園生活を過ごすようにしてくださいね。




・・・・・・・・・・・・・・


にじのとり保育園の一例です。

私が分園に出向いた自由遊びの時間。
みんなでワイワイおしゃべりしている時に

「オレが!オレが!」という
成熟していない可愛い声が聞こえてきました。
いつもは絶対に聞かない言葉でしたから

「今オレって言ったん誰?」と聞くと

絶妙な間で
「オレ!」と手を挙げた子がいました。

私は可笑しくなって
特にその時に
「オレ」に対しては何も注意しなかったのです。

お母さんにお伝えすると
「最近、ハマってるようなんです・・・
家では注意をしているのですが・・」とのことでした。

お子さんはママの心配をよそに
劇遊びの練習の時にも
自分のセリフを
「オレ」でアレンジしていると
センセイから聞いて
私は正直、すごいなぁ・・・面白い。
確かにセリフではオレになってないから
練習の時には手直しが入ってはいるのですが
本番の時に
たくさんの観客を前に
「オレ」で演じ切れたら大したもんだなぁと
私は密かに(期待をこめて)思っているのです。

保育園でも「オレ」を連発したら
お咎めをお願いします
と、お母さんからは
じゅうじゅう伝え聞いていますが
私は、注意をしないというわけではありませんが
放っておくのではなく
しばらく泳がせたいと考えています。

なぜなら
「オレ」はあくまでも
一人称のボキャブラリーのひとつで
誰のことも傷つけないからです。

・わたし
・ぼく
・せっしゃ
・おいどん
・わがはい
・よ
・I my me


その中のひとつが
・オレ   ですね。


おそらく丁寧な印象はないし
使い分けを知らない幼児には
ふさわしくないから
ママに止められているのです。

でも、なぜ「オレ」じゃない方がいいのか
理解をしたら
ピタリと言わなくなるはずです。
その彼の可能性を信じたいのです。

目先のご褒美に惑わされず
本当の意味を知って
自分の意思でたくさんの選択肢の中から
自分の行動や言動や立ち位置をチョイスする
というチャンスが訪れてくるのが
4歳以降の子ども達です。

赤ちゃんだった子が
こんな選択肢を前に
考える時がやってきたのです。
この成長がとても喜ばしいです♪


毎日が旅路
実感しますね。
楽ありゃ苦もあるそれぞれの人生を
子ども達はこんな風に毎日を過ごしています。


fc2blog_201802041526589df.jpg



・・・・・・・・・・・・



ちらりと分園での遊びを見ていましたら

先生が前で
自分の劇遊びの時の役を
I'm▪️▪️と言ってください
と言って、一人ずつに言わせていました。

洋モノチームは
それなりなのですが
和モノチームが
なんとも面白かったです。

I am
これもしっかり一人称ですね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・


苦手な本は絶対読まないお姉ちゃんが
みんなの前で絵本を読んでくれている時に
後ろで弟が
大好きな女の子と
なにやら相談。。。。

聞き耳をたてると
結婚の約束。。。。

fc2blog_201802041554279f8.jpg



3秒後に撃沈。。。

「結婚式しないって言う〜〜〜〜〜〜」

最近の女性は厳しいんだよぉ・・・

人生楽ありゃ
苦もあるねぇ・・・
生きた学びだぁ・・・


fc2blog_20180204155716262.jpg




見つめ合う二人には
なにもいらない
あなただけ〜♪

fc2blog_201802041527287c3.jpg



キミと同じでいたいボク

fc2blog_201802041528007e0.jpg



てっぺん!てっぺん!
人生、楽ばかり〜〜〜♪

fc2blog_20180204152824996.jpg



園長(苦ってなんだろう・・・)

スポンサーサイト



プロフィール

にじのとり

Author:にじのとり
大阪市北区で(株)にじのとりが運営する
にじのとり保育園/ななつぼし保育園の日常と
園長の主観だらけのひとりごとです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
2位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR