01
1
2
3
4
6
7
8
9
10
12
14
15
17
18
19
20
21
22
24
25
26
27
28
29
30
   

大阪市 認可外通所児童に保育料の半額を支給

大阪市は23日、
幼児教育の無償化を現行の5歳児から4歳児にも拡大するため
平成29年度当初予算案に
54億8千万円の計上を検討していると明らかにした。

現在は無償化の対象外となっている
認可外保育施設に通う児童も新たに対象とする。

市によると、無償化の対象となるのは5歳児が2万683人、
4歳児は2万555人。
28年度予算では必要経費は25億円だった。


29年度からは認可保育施設への入所を希望しながら
やむを得ず認可外施設を利用している児童や、
国の指針に準拠した保育の質を確保している
認可外に通う児童も補助対象に追加。


30万8千円を上限に
年間保育料の半額を支給する。
28年4月時点で認可外に通う4、5歳児は計1079人。

これら以外のインターナショナルスクールなど
特色ある教育を行う認可外施設は
30年度からの補助を検討している。

<以上 産経新聞2017年01月24日より>


・・・・・・・・・・・・


記事は上記迄でしたので
大阪市の子ども青少年局さんに問い合わせをしたところ

現在予算案としてあげている段階であるということから
決定事項ではないということを踏まえた上で
この案がこのまま通った場合

①認可を申し込んだにもかかわらず
やむを得ず認可外に通っている4~5歳児。

もしくは

②国の指針に準拠した保育の質を確保している
認可外保育施設に通う4~5歳児。

に対して
年間保育料の半額相当分を
支給することになると思われるが

全ての認可外保育施設が
無条件にその対象となるわけではない。

とのことでした。

ここからは私の憶測ですが
たとえば
学識者の方が見学に来られたり
これまでの
年間、月間のカリキュラムを見たり
今後の取り組みやポリシーについて
園長と面接をおこなったりして
一定のラインが引かれるのでは
と思います。

その結果
<該当する園なし>

となることもあり得ることを
うっすら匂わされたような気がしないでもありませんが

それでも
少しずつ動いています。

1年ほど前に
保育園にテレビ局の方が取材に来られ
現在のにじ組さんのママ達が
大阪市が5歳児無償化を決定したことを受けて
認可外に通う保護者が
どう感じているかということを
インタビューに来られたことを思い出しました。

テレビ局としては
「なんで認可外にはないの!」
という怒りの声を求めたのかもしれませんが

インタビューを受けた一人のママが

「生まれたタイミングもあるかと思いますが
ウチの子は今回の無償化には乗れませんでしたが
市として、公費を老人にだけでなく
子どもに向けてくださったことは
大きな進歩だと思います。」

と、カメラの前でお話をされました。

ひとつの投げかけに対して
どの角度から
どの言葉を選んで
どの面を見せてお返しするのかというのは
人の数以上のサンプルがあると思います。

ブログや本もそうですね。
ひとつの出来ごとを伝える時に
それを表現する人の数以上に
見せる面があります。

受け手の感性や好みもそこに加えると
ひとつの出来事や事実には
無限の解釈が存在しますから
ひとつひとつに対して
正しいとか間違ってるとジャッジしていくと
自分しか正しくないという主張同士がぶつかって
喧嘩(戦争)するしかなくなってきます。

こと、保育のことに関わらず
行政の決定に対して思うことを募ると
自分の利を前面に出した
ネガティブな意見を多く耳にしますが

答えの中に
ひとつこの考えを持ち
それを言葉にされたママの思いが
テレビの電波に乗ったのかどうかは
私の知るところではありませんでしたが

この時のインタビューを間近で見て
私は
色んな意味で新たに覚悟を決めることになりました。


そうして1年が経ち
5歳児の無償化の次は
おそらく4歳児、或いは3歳児ぐらいまで
無償化になるのかしら・・・
と思っていた矢先
まさかの認可外保育園にも
その対象を広げるという
大阪市のお心づもりに
ありがたい思いが溢れます。

とにもかくにも、
これは決定事項ではありませんから
この予算案が通った後に
にじのとり保育園が

②国の指針に準拠した保育の質を確保している
認可外保育施設

であると認められるよう
私達は変わらず精進を続けるのみです。


・・・・・・・・・・・・・


写真は11月の誕生日会で
寸劇に興じるママ達と
11月生まれのセンセイ。

DSC_6902.jpg


お空の上で、にじのとり達が運動会の練習中。
そんな中

DSC_6904.jpg


にじ組さんだけが
プラカードがまだなくて
入場行進がかっこよくできない~と
悩んでいたところ

DSC_6905.jpg


みんなで相談して

DSC_6903.jpg


とってもステキな
プラカードを作りました。

DSC_6896.jpg

・・・・・ということでできあがった
にじ組のプラカードです↑

というお話でした。
役者揃いの11月生まれでした。

DSC_6878.jpg



最後は身内だけが楽しい動画で。

ケン&コリーの漫才動画は
まだ記憶に新しいですが
実はあちらこちらに
ちゃんと後継者がいます。

これは年末に撮影したものですが
動画撮影をする5分以上前から
この二人は
ずっと同じことを続けていたそうです。

エントリーナンバー2
ひばり組が生んだニューヒーロー。

海老ザップの二人です。
テーマは<仲間>

張り切ってどうぞ!!





園長(寒さにめっきり強くなりました)
スポンサーサイト

12月の誕生日会

朝のルーティンのひとつに
1歳児をおんぶして小走りする
というのが加わり、
遊びながら筋トレをしています。

子どもの前にしゃがんで
背中を差し出すタイプのおんぶではなく
立った姿勢で
子どもを自分の前に後ろ向きで立たせ
後ろから可愛い脇に手を入れたら
織田裕二がコートを羽織るように
勢いをつけてそのまま子どもを背中に回します。

これは
昔、祖母に教わった
1本の紐で赤ちゃんをおんぶする方法です。

脇から背中を通して帯をかけて
そのまま勢いで子どもを背中に回し
胸でバッテンにして
そのまま子どものおしりの下あたりで
紐をしっかり結ぶ・・・

弟や妹をおんぶする祖母の一連の動きを
なんだかカッコイイと思ったものでした。

背中に感じる大きさとか
重さとか
走ってる時のテンションとか
1歳児さんぐらいがちょうど良いです。

調子に乗って大きい子のクラスでやると
激しく後悔します。
ひばりさんの小さい子でも
コレをやるにはずっしり重い・・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・


さて、1月のお誕生日の前の
12月のお誕生日会のことを先にお伝えします。


12月生まれは
なんとひばり組さんだけという
ひばり天国なのでした。


選手会長
神妙な顔です。
生まれて初めての散髪をして
さっぱりしていますね。

相変わらず自由で
よくしゃべって
誰に対しても同じテンションでわがままを言って
保育園で過ごしている姿を見ると

あ~
今日もいつもの選手会長だ♪
と、嬉しくなります。

いつもあんな風(どんな風)なのに
こういう場に出ると
少し緊張した面持ちになるところにも
成長を感じます。

DSC_7094.jpg


入園してきた時から
不動の王子様キャラはオリオンくん。
おでこの絆創膏はファッションです。

いつのまにか
お喋りも達者になって
知識欲も旺盛で
お兄ちゃんお姉ちゃん達のクラスがやっている
カード取りにも夢中です。

飛行機も電車も
その都度興味のあるものには
貪欲に知ろうとする姿は
博士のようです。

毎日靴下の左右が違うのも
個性のひとつ。
でも
今日はちゃんとおそろいの靴下♪

カーディガンがとっても似合う
ステキなオリオン王子です。

DSC_7106.jpg



運動会では毎年赤い芸人ジャージで
ブイブイ登場のまるちゃんですが
今日ばかりは生まれ持った乙女力を
全力で発揮しています。

ほんとは個人的には赤い芸人ジャージを着て
もりもり食べて、ニカ~っと笑姿が大好きなんですが
女の子がいつか一度は通る(かもしれない)
お姫さま憧れ期に
思い切り満たされる経験は必要ですね。

現在職場見学に来ている
高校生のお兄ちゃん達の中からも
お好みのお兄ちゃんを見つけて
お膝を独り占めしている
とっても女の子なまるちゃんです。

DSC_7100.jpg



さて、オールヒバリーズのトリはこの方。
海老蔵さんです。
目立つの大好き
主役大好き
電車も好きだけど
仮面ライダーも大好き!

気に入らなかったら
渾身の力を振り絞って抵抗し
泣いてる姿も芸術的ですが
達者な口上(口ごたえ)も
それは見事な海老蔵くんです。


DSC_7097.jpg



そんな12月生まれのお友達のお誕生日会での
お祝いの出し物です。

まずは1歳児さん。




そして2歳児さん。




大きい子達。






センセイ達の出し物は
ひとみセンセイ主催の
<今年を振り返る>

まずはカープの優勝♪

DSC_7177.jpg

そして
バブル再来
平野ノラさんの人気に火がつきました。


DSC_7179.jpg


スペシャルゲストは

平野翼
平野ピコ
平野ミルキー
平野ピーチ
の、4人です。

ひとみセンセイと午後からの時間で
練習して仕上げた
<しもしも〜♪>な寸劇も
ソツなくこなす
にじ組さんなのでした。


DSC_7190.jpg


そしてお次はこの方。
大人も子どもも大好きでしたね。
イラストを見ただけで
PPAP!!と叫ぶ子ども達でした。

DSC_7178.jpg


もちろんスペシャルゲストも
お呼びしていますよ。

じゃん!!

DSC_7197.jpg


ちょっと恥ずかしいけどなぁ、、と思いつつ
だけど
おうちでママにダメ出しをもらいながら
可愛い我が子の誕生日会のために
夜な夜な練習した團十郎さん。



そのままママ達の恒例となった
<我が子クイズ>になだれ込みました。

DSC_7211.jpg

DSC_7210.jpg


今回は正解した数だけ
ラムネを箱に入れる方法で
みんなで競いましたよ。

DSC_7234.jpg


誰も知り得ないような
我が子の特性を
3択クイズにして楽しみます。

これはなかなか子ども達にも好評で
センセイ達も
密かに楽しんでくれています。

ここでもまた子ども達は
クイズのマナーを覚えます。

どうやったら
より楽しくなるか
それは
実践からしか学べませんね。
恥ずかしがらずに
自信を持って自分の思った答えを出すこと
以外に目的はありませんから

クイズ的な不正解を出して
悔しがれたり喜べたら
それでもう大丈夫♪♪

楽しいクイズは
1月にも続くのでした・・・・・


12月生まれのみんな
お誕生日おめでとう♪

これからも
好きなこと
一緒にいっぱい楽しんでいこうね♪


園長(手洗いしっかり!)




11月の誕生日会

今週はお誕生日会を明日に控えております。
大変お待たせ致しました。

11月・12月のお誕生日会の様子を
今ここで改めて振り返りたいと思います。


・・・・・・・・・・


さて、11月生まれのお友達。

みずほくん。
ピッピ。
そしてトットちゃん。
お誕生日おめでとう♪♪


みずほくんはもうすっかり
3歳になっている様相でしたが
実は11月生まれさんです。

ママがその時々で
頭を抱えて悩んでいたことも
今は昔のように感じます。

fc2blog_2017011716513960b.jpg


いつの間にやら
日本語も、そして英語も堪能になってきて
毎日をみずほくんらしさ全開にして楽しんでいる姿を
本当によく見かけるようになりました。

fc2blog_2017011718000479a.jpg


1年前は一人我が道を行く息子に
ハラハラしたり
大丈夫なんだろうか、、という
ママの心配顔をよくよくよく見ていましたが
ひばり組になって
言葉も堪能になってからのみずほくんは
ものごとを丸く収める天才としても活躍しているようです。

去年、
気がついたら私の事務スペースにいたことは
すっかり今は昔のお話ですね。

・・・・・・・

小さいクラスの女子マッスル部長のピッピは
このところ、イヤイヤ期を迎えてはいますが
同時に少しずつ
女の子らしさも備わってきました。

カードは大好きなラブリーなバッグです。
冬子センセイは
できあがったものを見せてくれる時の顔が
ほんとに嬉しそうなんです。
ピッピも幸せ♪

fc2blog_20170117170440148.jpg


ピッピは若干2歳ですが
マッスル部長なだけじゃなく
ひょうきん部長でもあります。

毎日の楽しそうな笑顔は
何にも変えられません。

fc2blog_20170117175110718.jpg


・・・・・・・・・・・・


さて、そしてトットちゃん。
おしゃれにも目覚めて
お誕生日に着てきた可愛いスカートは
センセイひとりずつに見せて回ってくれました。
そして主役のいすにも
迷うことなくサッと座ります。

fc2blog_201701171800290c3.jpg


トットちゃんは
クラスの元気印です。

トットちゃんがいると
お部屋の空気が動くのがわかります。

パァ~っと明るくなって
みんなの楽しい声のトーンも
1オクターブほど上がるように感じます。

これからも
お友達のことを引っ張っていくリーダーに
なるんじゃないかなぁ・・・と
少し大きくなった姿を想像します。


fc2blog_20170117180143504.jpg


さて、そんなお誕生日会の出しもの。
まずは小さいお友達。





そしてひばり組さん。





大きいクラスのお兄ちゃんお姉ちゃんです。



今月は
ママとセンセイとで合体出し物。

<運動会で使うにじ組さんのプラカード>を、
短い劇で楽しみました。


大人の出し物については
すみません。あらためます。




園長(明日はお誕生日会)


to Toilet via enjoy.

2017年もはじまって2週間が経ちました。
お正月モードだった子どもたちも
少しずつ、”日常の生活”を取り戻しつつあります。

そんなある日のことを・・・

いつものように、ライザップJr.とジャニーくんと一緒に
仮面ライダーごっこをしていると
突然飛行機の話題になりました。

「ボクねぇ、おばあちゃんのお家にぃ、
JALで行ったのぉ」とライザップJr.。

「ボクもぉ、イルカちゃんのヒコーキ、乗ったよぉ」
とジャニーくんが話してくれたところから、
今回のお話ははじまります。


さて、「イルカちゃんのヒコーキ」って・・・
一応、「JALのこと?ANAのこと?」と
2人で聞き返してみました。
当然ですが、こたえは「NO」でした。


それはそうです。。

「イルカちゃんのヒコーキ」とは、
ジャニーくんの言ったとおり、
JALでも、ANAでもなく、
大阪空港に1日にたった1回だけやってくる
「天草エアライン」というヒコーキのことだったのです。




img_0-1.jpg


私は興味があるので知っていましたが
これを
イルカちゃんの飛行機と認識して覚えていた2歳児には
心から恐れ入りました。



・・・・・・・・・・




さて、保育園のトイレには、
雲の絵が描かれた青い壁紙が貼られています。
きっと、少しでもトイレが楽しくなるように、と、
設計した際に決められたと思うのですが、

日々、トイレトレーニングに励むひばりさん。

無敵の”お姉さんパンツ”を身に着けて
自分でトイレができるようになってくると・・・


IMG_0956.jpg

わたしたちが「トイレへ行きましょう」と促しても、
「(今は出ないから)いかない!」と
真っ向から反対されることも少なくありません。

その姿は実にお姉さんらしく、
微笑ましい光景なのですが、ここは、保育園。

万が一、外で行きたくなっても、
1人だけを連れ出して
遠く離れた公衆トイレへ走るのは、なかなか難しいのです。

だからと言って
お外に出る時にオムツを穿かせると
お姉さんやお兄さんのプライドを傷つけます。



IMG_1111.jpg


そこで、何とかトイレが楽しくなるようにと、
雲の壁紙に合わせて(自分の関心にも合わせて)
部屋中をヒコーキで埋め尽くそう!!と、考えました。


ジャニーくんが教えてくれたように、
この空の上には、
JALやANA以外にもたくさんのヒコーキが飛んでいます。

そして、恋ダンスに励むみんなが教えてくれたように、
「楽しい」はどんな何よりも
計り知れないパワーを発揮するのだと
実感しながら
お昼寝の間に
トイレに飛行機を仕込みながら
ニヤニヤが止まりません。


さぁ、お昼寝から目覚めて最初のトイレです。





fc2blog_2017011617084608d.jpg



自惚れであり
自己満足に過ぎないのかと思いますが
明らかに、さっきまでのトイレのときとは、
”目の輝き”が違う!と思いました。

なんとなくルーティンをこなす感じで
寝起きのトイレに足を向ける子ども達でしたが
壁じゅうに飛び交う飛行機を
目の当たりにして、口々に

「あそこにJALがあるよ~」

「ボクこれ乗りた~い」

「わ!!ヒコーキいっぱ~い」

「こんどはANAとPeachも貼っといて~」

と、声を出して、用を足し
いきいきとトイレから出てくるのです。


これからも
自分自身の興味や関心に蓋をせず
子ども達と一緒に楽しんでいきたいと思いました。



三大(みんなのハブ空港でありたいです)


子どもの興味に便乗してみる♪

子ども達はひとときも待ってはくれません。
時の流れもあっという間です。

ノートを通じて
パパやママがこれまでの人生では
およそありえなかったことを
お子さんを授かったことで
経験しているという驚きや喜びを
教えて頂けるのも私の役得なのですが

新年早々
アンパンマンが大好きな我が子のおかげで
登場キャラを覚えて
絵も描けるようになりました♪と
ノートにササッと描いて見せてくれるママがいました。

かねてよりこちらのママの素直な性格が
にじみ出ているノートなのですが
絵を描いてくださったことで
ますますママの素直さが
溢れ出てきて、しばらく朝から
ニヤニヤと見とれました。

それがこの絵です。

fc2blog_2017011220264316b.jpg

ママ達は世間的な目で見ると
子持ちのミドル世代です。

でも私にとっては
若い頃に保育園で働いていた時に
初めて受け持たせて頂いた子達が
今年35歳になりますから
パパやママ達を見ていると
当時のあの子達も今頃どこかで
こうして子育てをして、仕事をして、
社会に出て頑張っているんだなぁ、、、と
愛おしく思い出すのです。

そして大人になった当時のあの子達も
子どもを産んで親になって
保育園に我が子を預けて働いていたり
するのかなぁ・・・

しんどい思い抱えたり嬉しくなったりしながら
頑張ってるのかなぁ・・・

自分が保育園に通っていた時のこと
少し覚えてくれていたりするのかなぁ・・・

と、勝手に思いを馳せています。
会えなくても
こうして思いを馳せるだけで
その人を守るオーラになると信じています。

それは
にじのとり保育園でも
ここで共に過ごすパパやママはもちろん
卒園したり、遠くにお引っ越しをして
毎日顔を見なくなったママ、パパ、お子さまのことを
時折思い出す時も同じです。

遠くに住むおじいちゃまやおばあちゃまが
離れた場所に住むお孫さんのことや
親になった我が子の生活を
心に留めたり、祈ったり
しないわけがありません。

その思いは
どんなに離れていても
瞬時に伝わって
思いをかけた人を守っているのだと思います。

私達は
みんなそうして育ってきたのですね。
誰かを思う時にいつも
幼少の頃から自分にかけてくれた
家族の思いに触れ
温かい気持ちになります。

今こうして
誰かを思えるということそのものが
愛されてきた証で
自分が確かに存在した証になるのだと
思います。

そうしてまた、ありがたい思いが
胸一杯に広がります。


話は少しそれましたが
そんなことから
私はこの場所で出会うパパやママのことを
当時の子ども達とだぶらせて
勝手に愛しい目線で見ていますから

ノートを読む目もついつい和み
お絵描きなどしてくだっていたら
つい花マルなどつけてしまい、
ママだけじゃなく
是非パパのお絵描きもお願いします!と
おかわり要請までしてしまう時もあります。

今回も調子に乗って
「おかわりくださ~い♪」をしてしまいましたが
素直なママは素直に反応してくださり
パパ画伯の絵も見せて頂けました。
その絵がこちらです。





どうもクリームパンナちゃんがねぇ・・・
うまくいかないんですよ・・と
朝お会いした時に
そのときの心情もお伝えくださいました。

それ用の褒め言葉ではありませんが
完璧じゃないところに味があるものです。
大人はつい
大人基準で
ウマイ or ヘタ を取り沙汰しますが

これまでやったことなかったジャンルのことを
子どもがいるから
足を踏み入れてしまった・・・・
なんともはや・・というパターンですね。
これからもパパのお絵描きゴコロを
お子さんがくすぐってくれることと思います。

ね、キョンキョン♪

fc2blog_201701131048060fe.jpg





さて、
ノートの端の落書きと言っても
これまでも好きでやってきたパパクラスになってくると
味がどうこうというわけではないレベルになるのは
ご愛敬ですね。


fc2blog_20170113100553b49.jpg


妖怪ウォッチシリーズ
~ひもじい~ だそうです。
今回のもお絵描き大好き嵐くんからの
リクエストに応えたパターンで
新年のノートには

<今年も嵐くんのリクエストに応えていきたいと
思います!!>
と、力強く今年の抱負を書いてくださいました。

fc2blog_20170113110458c55.jpg




こちらも
パパが知らない世界を
お子さんによって勉強しているパターンです。


アンパンマンでも妖怪ウォッチでも
仮面ライダーでも
電車でも車でも
なんでもそうですが
お子さんが興味を持ったものに興味を持って
そこで一緒にテレビや映画を見たり
本を買ったりイベントに出かけたり
内容について掘り下げてみる・・。

方法はなんでも
子どもが抱いた興味に対して
一緒に取り組んで知識を深めていくという
親の姿勢は
たとえ今後興味の対象が変わっても
しっかりと着実に子どもに伝わり続けていきます。

子どもの興味に少~~し
便乗してみる。

これ見よがしでなくてもよいのです。
自分が好きなものが何かをわかってくれていると
子どもがわかった時
それは何にも勝る力になります。

お子さんが興味を持ったことを
研究することで
自分自身の違う一面に出会う・・というのも
楽しいものですから
是非若いパパ・ママには
その楽しさも思い切り味わって欲しいと思います。


私達も
子ども達が興味を持っていることに対して
貪欲に共に吸収して
学んでいくだけでなく

幼少期に過ごす集団生活の場として
子ども達の前に
様々な糸口を提示できる場所であるよう
日々日々努めていきたいと考えています。

そのためには大人が常に活性して
与えていかなければいけません。

与えていくためには
受け取りのアンテナを常に
敏感にしていなくてはなりません。

フットワークの軽さと
果てのない好奇心

これは保育をする人の
不可欠の資質だと思います。

人はいつでも
教えることはできなくて
ただ、学ぶのみですから

元気な子どもを見て
子どもから元気をもらった♪と
言ってるようでは
子どものことがちょっと好きなお姉さん(お兄さん)です。

保育園で過ごす大人は
子どもから元気の搾取をしたり
ナニカを教えようとするのではなく

与えるのみ。
学ぶのみなのです。

そのためには
自分の好奇心を枯らさず
フットワーク軽く
色んなことにふたをせず
キャッチできるよう
アンテナを磨いて
器(引き出し)の中を
いつもきれいにしておくことが大切ですね。




最後の写真は
今日のお給食のカレーライスです。

大きい子も小さい子も
3ばいぐらいずつ食べてます。

fc2blog_20170113115446c7f.jpg

大満足のカレーライスでした。
普段私はカレーにじゃがいもを入れないのですが
このカレーのじゃがいもは
絶妙な煮え加減でした。

fc2blog_201701131155194f8.jpg


園長(来週の中華丼も今から楽しみです♪)



喜べば

あっという間に1月も半ばです。

あちらこちらで聞く
新年の決意や抱負が面白いです。

知り合いの中でお一人
「今年は毎日白湯を飲む!」という人がいました。

私は特に何も目標めいたものは立てていなかったのですが
新年早々出向いた健診で
これまで、低血圧貧血街道のセンターを歩んできた私が
140/90という
これまで見たことのない血圧の数値を叩き出して
なにやら焦っています。

ごまかしのきかない年齢ですから
今年はちょっとこまめに
自分の体と向き合います。


・・・・・・・・・・・


色んなことでバタバタと
焦りはじめてはいますが
保育園ではひたすら毎日を楽しく過ごすのみの
私達です。

分園の壁面は富士山と初詣。
壁面が変わるまでに
私もどこかに紛れこませてみよう♪
わかる子は誰かな・・・。


fc2blog_20170111101912e8a.jpg


大きいクラスは書き初めをして
早速お部屋の中に子ども達の墨字が
黄色い壁紙とのコントラストに映えています。

来年度4月からの大きいクラスのカリキュラムも
話し合いをしながら、少しずつ具体的に
なってきました。

満を持しての書写の時間が
いよいよ実現することに向けての
決意の1枚です。

こうして貼られた子ども達の文字の背後で
ひーこセンセイの
「やりたい!」がニコニコして
こちらに向かってアピールしているのが見えませんか?


fc2blog_20170111101900033.jpg


そんな中
習っているお習字教室の展覧会で
入賞を果たしたつばめガールがいますよ。

fc2blog_20170111102800438.jpg

小学生のお兄ちゃんお姉ちゃん達に並んで
堂々の書きっぷりは
サファイアちゃんです。

fc2blog_2017011110285766d.jpg

幼少期は
単に「好き」や「得意」だけでなく
遊びの中で楽しみながらやっている
「好きなこと」が、結果として
将来の自分がまとう
品格や助けや支えになることが
あちらこちらにちりばめられています。

子どもはみんな知っています。
好きなことじゃないと
やれないことを。


fc2blog_20170111170829b45.jpg


キッザニアなどの職業体験
映画鑑賞
音楽鑑賞
ダンスやピアノ
サッカーや野球・・・
ママの好きなカフェ巡りやグルメツアーに同行。
恒例になっている
おばあちゃんチで食べる休日のランチ・・

そんな日常のあれこれが
今の子どもを作っています。
そしてそれは
その子の未来を
必ず温めてくれます。

どうぞ自信を持って
お子さんとの毎日を楽しんでくださいね。

・・・・・・・・・

小さいクラスの子ども達は
1月恒例の堀川さん、天満宮さん詣を終えました。

私は同行できませんでしたから
写真をお願いしたらすぐ送ってくれたのが

可愛い福娘さんとの1枚です。

堀川さん


選ばれた福娘さん達は本当に可愛いのですが

ウチの朝ドラ女優、りなセンセイも
負けてないで・・・
横に並んでみ・・・と心の声最大にして叫んだ後に
念写した1枚がすぐにやってきたことに
驚きました。

ほらね。

堀川さん2


今日はえべっさんと。

季節を
地域を
味わい尽くすにじのとり保育園です。

fc2blog_20170111164131079.jpg

残念ながら
お餅投げのお餅は手にすることなく
後方へ流れていったのですが
お菓子袋はちゃんと手に届きましたよ。

fc2blog_2017011116542141b.jpg

今年も福しか来ない予感♪


・・・・・・・・・・・・・・・・・


本日より1月27日迄
水曜日と金曜日の
決められたわずかな時間ですが
近所の府立高校の
職業体験の授業の一環で
3年生の生徒さんが3名見学と勉強に来ています。

生徒さん達は
もう既に進路が決まっています。
高校を卒業したら
心理学
スポーツマネージメント
社会学 
それぞれ決めた道を歩むのだそうです。

高校時代に将来を見据えた進路を決める人は
そんなに多くないのかもしれません。

ただ、今日来てくれた学生さん達が
自分の進路を
見ず知らずのおばちゃんに話してくれる中で
キラリと輝く瞬間があったのを
私は見逃していません。

本園から分園までの距離で
進路のことを親や先生にどんな風に言われてるか
でも、自分はどうなのか、、、
学生時代のクラブ活動の話など
色々聞かせてくれました。

緊張していた顔からくしゃくしゃの笑顔が出る頃には
分園前に到着です。

まさのりセンセイや
子ども達、ひーこセンセイに会って
自己紹介をする頃には
いい笑顔になっていました。

裁縫中の子ども達に話しかける姿も
とても頼もしく映りましたよ。

5日間の職場体験で
ナニカしら楽しい思いをして
ワクワクする思いを
思い出してくれたらいいなぁと願います。

そしてその思いが
何かしら心の中に残って
どんなことでも社会に出て仕事をするということは
単に自分の時間を職場に売ることではない
ということに気付く一つの糸口になればなぁ。。。と
ちょっと理屈っぽく思ったりしますが
そんなことは後付けの理屈です。

せっかく学校に用意してもらえた時間ですから
学生さんには
思う存分この時間と環境を生かして
がっつり楽しんでもらえたらと思います。

そしてセンセイ達には
若い世代の人達と
せっかく時間を共有できるのです。
彼らから何かしら吸収しないテはありません。

大いに学んで欲しいと思います。

どんなことの中にも
楽しみを見つけられたら
怖いものありませんね。


・・・

年が明けてから2冊目に読んだ本に
紹介されていた
明治の終わりにかけて詠まれたうた
(詠み人知らず)を。


喜べば
喜びごとが 喜んで
喜び連れて
喜びに来る


そして最後は写真で締めくくります。

どちらかと言うと
体育会系でお笑い系のヤンチャクチャと
思われているけれど

実は人知れず
字が上手で
文章を綴るセンス溢れる
ビリーくん。

fc2blog_20170111190447526.jpg


これは
お餅つきの後分けたお餅に
添えるお手紙を書いた時のものですが

ひーこセンセイは
お手紙を書く時にそばについて
大人の言葉を書かせるようなことはしません。

子ども達は、子ども発信の
子どもの言葉でいつも書いています。
もちろんこの日もそうでした。

ささっと書いて
「これでいいですか?」と聞きに行くビリーくんに
思わず褒め言葉をかけたのは自然な流れでした。

そして記念に1枚撮っとこう!と声を掛けると
座っていたなでしこちゃんを呼ぶじゃありませんか。

ビリーくん曰く
「このお手紙は僕一人で書いたんじゃないよ
なでしこちゃんがキレイに色を塗ってくれたんだよ
だからこっちに来て
一緒に写真撮ろう!」

ビリーくん!
近い近い・・・
くっつき過ぎ・・・・
などと、近くにいた子に言われて
照れくさそうに笑って応じる姿を見ながら
私、 じーーーーん・・・・

100まで消えない
目に沁みる美しさの三つ子の魂です。

今年も愛と感謝で
いっぱいの1年にしましょう♪♪♪



園長(ありがとうございます)

新しい年にハミダシ論

笑門来福♪

新しい年になりました。
今年は開園以来待っていた
<とり年>です。

fc2blog_201701051230228b0.jpg

fc2blog_20170105123124feb.jpg



毎年毎年を
勝手に節目節目と言い続け
気付けば筋だらけになりながらも
少しずつ背丈が伸び
地中を這う根も広がっていることを
感じています。

これもひとえに
にじのとり保育園を選んでくださる
保護者の皆さまを始め
多くの皆さまの
ご理解ご協力の賜です。
改めて新しい年を迎えた今
感謝の思いでいっぱいです。
本当にありがとうございます。

また
お会いせずともこうしてインターネットを通じて
ひょんなことからにじのとり保育園に出会い
関心を持ってブログを読んでくださる皆さまの
心の中で送ってくださるエールの声が
年々大きくなって
私の元に届いていることも日々嬉しく感じております。
ありがとうございます。

今年も更に枝葉を広げて
日々を喜び、楽しんで参りますので
どうぞよろしくお願い致します。


今年も元旦にお届けできたことを
嬉しく思います。
にじのとり保育園からの年賀状です。


よくこういうのをお見せすると
関係各位から
<センセイ達大変>という感想を
お聞かせ頂くことが多いのです。

fc2blog_20170102123313c43.jpg

特に株式会社系で
保育の業界に参入されたところからは
開園当初からそういうことを言われました。

が、
保育の仕事をする上で
コレを大変だから負担だからやらない方向にする!
なんて組織で決めると
まともな保育士さん(こう書くとまた叱られます)は
面白くもなんともなくなり
魂の奥深くにやる気を押し込めて
組織が腐っていきます。(保育園あるある)

30年ほど前の私はハミダシ保育士
(ほんとはまともな保育士と書きたい)でしたから
私が提案することはことごとく却下されてきました。
<足並みが揃わない>
<時間がかかる>という理由で。

こういうことを反対されて
1年目2年目の内は
泣きながら組織に従いましたが

いかんせんハミダシているので
3年目からは
こっそり自分のクラスだけやって
あとで職員室で
こっぴどく叱られるという道を選びました。
(誕生日会も誕生日カードも年賀状も
鍵盤ハーモニカも生活発表会の出し物も)



fc2blog_20170105093438ffb.jpg


小さい頃から人と違うことばかりやってきて
叱られてきました。
叱られながら
「人と同じでないことは悪いことなの?」という疑問を
いつも抱えていました。

なので、今我が子がちょっとハミ出してるんじゃないか・・・
と心配されているママにとって
私は最大の味方だと思っています。

いつも私は声を大にするのです。
集団の枠の中に収まり切らないことの中に
その子の持つ宝ものが潜んでいる!と。

ウチの子だけみんなと同じじゃない・・・
もしも我が子にそう思うフシを発見したら
「我が子はパイオニアだ~!」と
みんなと同じじゃない部分を
しっかり見つめてあげて欲しいと思います。
間違っても
みんなと同じを強要しないでくださいね。

みんな違ってみんないい とか
そういう言葉を
多くの人は知っています。
テストに出たら書けるということが
理解しているということではありません。

みんな違ってみんないいを
どうか心から本気で
実践して欲しいと思います。



・・・・・・・・・・・・・


話は年賀状から少し逸れましたが
<ソレを嬉々としてできること>が
その道のプロだと思います。

しんどい?
めんどくさい?

とんでもない!
楽しいんです♪

どのクラスのセンセイも

「ウチのクラスの年賀状が一番!」
と思って原案を出してきます。
そうして
そんな思いで仕上げたものを
袋に入れて回してみんなでチェックします。

他のクラスのを見ながら
「ウチのが一番!」と思っている人同士は
他の人の作品を見て
必ず自分が表現していないいいところを見つけて
ほぅ~・・と心の中で感心したり
次のナニカに生かすために技を盗みます。
そしてアドバイスをもらったりします。

年賀状は作品をお届けするものではありません。
受け取った人の笑顔を想像して
<思い>をお届けするものです。

その方法や機会は
たくさーーーーーーーーーーーんあります。
方法は日々変わり、形を変えます。
そこばかりを注目しがちですが
変わらないのは
<思い>ただひとつなのです。


できあがったものに対しては
謙遜するところではありません。
自分の全てを出して、自分の作品を愛でて
まずは<どや!>
それからじゃないと他を受け入れられません。

センセイ達のそういう活きた姿を
目に焼き付けるたびに
若い頃の私がどんどん慰められて
時折ココで嬉しそうに
ミーティングに加わっている姿を
発見します。

あー
若い頃にこの環境だったらなぁ・・・
というのは無い物ねだりです。
今自分がこの環境を作っている時点で
過去などとっくに慰められています。


先日も、朝から分園で過ごして
いつまでも帰らずに
子ども達と遊んでいる私を見て

「ホンマ、楽しそうですよね・・・」と呟いた
ひーこセンセイの言葉が
嬉しく頭の中で響きます。


マイナスな思い同士がぶつかっても
更なるマイナスの境地に足を取られて
苦しみが淀みますが
やる気とやる気がぶつかると
新しく更に高みを目指す
プラスの境地に立つことができます。

お約束通り大ざっぱ部長の作った
消しゴムハンコのひよこちゃんが
のんきに歩きながら
そんなことを
言葉なき言葉で呟いているように見えませんか?

fc2blog_20170105093417646.jpg


・・・・・・・・・・・

年明けからわたくしごとを
支離滅裂なままお届け致しましたが
なにはともあれ
今年も明けました。

年明けに見た大好きなテレビ番組内で
分子の博士、山本尚先生が仰っていたお言葉で
新年最初のブログを閉じたいと思います。


fc2blog_201701051227366a9.jpg

(その道において)
「出る杭になれ」
「鼻持ちならぬ人間になれ」

年明けにこの番組を見て
名だたる先生方の
歩んでこられた道を知って
過大解釈ではなく
その道において
ハミダシている人達の中に
力を得た人がきっとたくさんいると
信じてやみません。

信じた道があるならば
信念曲げず
打たれること恐れず参りましょう。

打たれてから開くドアがたくさんあります。
学ぶこともたくさんたくさんあります。
でもそれは
きちんと前を向いて表に立ち
しこたま打たれてからでないと味わえない
蜜の味です♪

打たれる=失敗ではないのです。
失敗があるとしたら
信念を曲げて
自分らしさのソレを出さずにいることです。

杭が出ちゃってる人は
さっさとソレを認めて隠そうとせず
どうぞ打ってくださいと
堂々と出ちゃいましょう。
大丈夫です。
いい年をして
私もまだそのジャンルにいますから♪



園長(時にはヘルメットかぶってもいいのですから♪)

プロフィール

にじのとり保育園

Author:にじのとり保育園
大阪市北区にある
にじのとり保育園の日常と
園長の主観満載のひとりごとです。

カレンダー

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
育児
148位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
10位
アクセスランキングを見る>>

ランキング参加中

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QR