FC2ブログ

5月の誕生日会~こだまくん~

いろんな面談がずっと続いています。
面談というのは本当にぶどう糖を消費します。
<傾聴する>
<引き出す>
3件ほど続くと
貧血症状になって
普通に体重がスコンと落ちます。

でも、終わった後
面談をした人の顔が
ぱぁ~っと明るくなる瞬間は
何にも変えられません。

山登りやマラソンに
似ているかもしれません。
(登りも走りもしませんが)

今後冬ごろまで続く面談の火蓋は
早くも切られました。
体力温存して頑張ります。


・・・・・・・

今年からお誕生日会は
様相を変えています。

一人一人のお誕生日は
各クラスでお祝いをします。

園を上げてのお誕生日パーティーは
月に一回行います。

ご報告が遅れましたが
5月25日はこだまくんのお誕生日でした。


・・・・・・・・


こだまくんは
ああ見えて(どう見えて)
実は2歳児さんの時に
にじのとり保育園にやってきました。

弟のひかりくんが生まれたばかりの状態で
保育園にやってきたこだまくんです。

顔つきや顔立ちが全然変わりませんから
大きくしっかりしているように見えましたが
まだ2歳でした。

週に2度か3度やってくる度に
保育園のガラス戸の向こうで
ママとこだまくんが
「入る」「入らない」と
やりとりをしている姿が見えます。

時には介助に向かったセンセイに抱っこされて
いやだと暴れたり
時には泣きながらママと
今来た道を引き返したり
それはそれは
たくさんのドラマが繰り広げられました。

おそらく自分のタイミングで
ママと離れる頃合いを
見計らっていたのだと思いますから
ママにはしんどいかとは思いましたが
前まで来ていながら帰る時には帰るという姿を
私は見守りました。

こと
ママがお仕事ではない場合は
極力お子さんのわがままや言い分を
小さいうちは聞いてあげて欲しいと思っていますから
いつもそのギリギリを渡り歩くこだまくんだったのでは、、
と思っています。

こんな状態いつまで続くんだろう・・・
ひょっとしたらいつまでも?
私ばっかりがしんどいんじゃない?
ママのノートにも
当時の心情が綴られます。

ところがそんなこだまくんも
かもめ組に進級する頃には
ひかりくんも入園し
すっかり保育園が大好きになっていました。

まさに
機は熟したり。です。

後はもう
毎日の生活の中での
こだまくんの姿が全てです。
今となってはあの頃がとっても懐かしいです。

泣いて笑って喧嘩して
怒って許してズッコケて・・・
まさに生きてる感満載で
文字通り生き生きと保育園で過ごしている姿を見て
私も嬉しくて仕方ありません。

年度末の音楽祭では
毎年ご家族で吹奏楽を披露してくださることも
私だけでなく、センセイ達や
保護者の皆さんも既に楽しみにしてくださっています。

「来年はこだまくんも本気のヤツ吹いてるかも・・」
「来年の曲が今から楽しみ♪」という声が
ママ達から上がっていることも
この場でそっとお知らせしておきますね。


さて、そんなこだまくんのお誕生日ですが
カードは大好きな
「おしりたんてい」がモチーフです。




裏表紙には
おしりたんていの絵を描く
こだまくんの姿が。

fc2blog_201606011549510ca.jpg


好きな電車は何ですか?という質問に対して
黙っているこだまくん。

こだまくんがインタビューで黙っている時は
その質問に対する答えが
ポン!とひとつあるのではなく
わからないから答えないのではなく
必ず頭の中に複数の答えがあって
色んなことを考えているからなのです。

今回も色んな選択肢ある中から
選びに選んだ答えが
「サンダーバード」(どや!)でした。

「こだま」という答えも
「ひかり」という答えもきっと
場合によっちゃ出してくれたに違いない(と信じ)

「鳥つながり」で(と思いたい)
「サンダーバード」と。(深読みの天才)

fc2blog_201606011547097ac.jpg


好きな電車を聞かれて悩んだ末に
「サンダーバード」と答えを出した5歳の子に

「鳥!鳥なのか!鳥つながりなのか!
キミは天才や!!」という感想を抱きながら
そのわずか数秒の時間を
自分らしさを失わず過ごせている私が
幸せすぎます。


集合写真を撮ったら
「こだまセンセイを囲む会」みたいになりました。

fc2blog_201606011548261f4.jpg



こだまくんは
誕生日会での「あたりまえ体操」も
誰よりも早く覚えて
真面目に面白がってやってくれました。
人前で言われたことをただ演じるだけでなく
「楽しませよう」というエンターティナーの資質が
もう備わっているのですね。
それはきっとこれからの人生で
こだまくんを助けてくれる宝物だと思います。

エンターティナーの資質は
自己満足に終わらず、相手を慮ること。
どんな自分も認めることが
引いては相手を慮ることに繋がるのではないかなぁと
私はいつも思っています。

だからこそ、こだまくんは
笑って泣いて怒って許すの
感情のデパートな日々なのです。
大人の価値観では一見ネガティブに思われるものでも
自分の中で湧き出た感情を存分に発揮させることが
こだまくんの持って生まれた資質を
輝かせることになるのだと私は信じています。

これからも、そんな
こだまくんらしさに寄り添って
いきたいなぁと考えています。

こだまくん、5歳のお誕生日おめでとう♪
これからも一緒に
毎日をキラキラにしようね♪


fc2blog_20160601154638999.jpg


園長(お伝えが遅くなってごめんなさい)


スポンサーサイト



プロフィール

にじのとり

Author:にじのとり
大阪市北区で(株)にじのとりが運営する
にじのとり保育園/ななつぼし保育園の日常と
園長の主観だらけのひとりごとです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
25位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
4位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR