FC2ブログ

今日のこと

今日は少し寒さも和らいでいるように感じます。

さて、大きいクラスは
久々にリレーを。
でも今日のリレーはちょっと違います。
競歩リレーです。

早く歩くっていうのも
なかなかに難しいものです。




でもやっぱり盛り上がるのは
いつものリレーだよね♪
鈍らないようにしないとね♪




ーーーーーーーーーーー


さて、今日は
先日のちょっとしたエピソードを。

お迎えの時間に
にじのとりっ子の
お兄ちゃんやお姉ちゃんが
一緒に来てくれることが度々あります。
みんなもう年長さんや小学生なのですが
その子達と
一言二言会話をするのが
私の楽しみでもあります。

小さい頃は保育園
大きくなったら幼稚園
というご家庭の教育方針に基付いて
3歳児から幼稚園に通っているお兄ちゃん達
嬉々として妹のお迎えに来てくれます。

そんな時に時々ママの了解を得て
私からこっそりお菓子をあげることもあるのですが
何が嬉しいって
その時の無防備な笑顔ほど
老婆心をくすぐるものはありません。

今ようやく我が家の子ども達が小さかった頃に
母があれこれ私に内緒で
おやつを与えていた喜びがわかります。

先日ももう自転車にまたがっていた
年長さんの男の子、
最初は「僕いらないよ」と突っぱねていたのですが
どっちのポケットに入ってるでしょう?
と、クイズにしたら
すぐ笑顔で乗ってきて
しっかりゲットして帰りました。

それだけでお話は終わりなのですが
翌日の妹のノートに
ママが書いてくださった後日談によると
その後お友達と会い
他でもらったおやつは一人のお友達に
私からもらったおやつは
もう一人の別のお友達の手に渡ったそうです。
そうしてみんなでニコニコ遊んでいたと
教えてくださいました。

その日はひょっとすると
いらないからあげたのかもしれませんが(笑)
きっと彼は
自分が食べる食べないは別にして
分けた時の喜びを知っているんじゃないかなぁと
思いました。

それを証明する<優しさ>は
彼が先陣を切ってにじのとり保育園に
入園してきた2歳の時には
もう備わっていたことを
私はがっつり覚えています。
彼のその優しさを保育園が消さないように。。。
そんな風にも考えていました。

こんな時彼ならこうするだろう・・・
という大人の予想をはるかに超える彼の優しさ。
そこを外さずに
ご家族の愛情に包まれて
そのまま成長して伸びていたこと、
そしてそれを教えてくださったことが
とってもとっても嬉しかったです。

今度は何あげよ〜かなぁ♪


・・・・・・・・・


子育てをしていると
それはそれは日々色んなことがあります。
だけどそんな時は
生まれた時のことを思い出してみては
いかがでしょう・・・。


とかく大人は、どんなことも
どちらかと言うと
よくないと思うところにばかり
焦点を当ててしまいがちです。

でも、こと子どものことに関して言うと
大人が思う
子どものよいところと悪いところは
いつも紙一重です。
(大人もそうですね)
悪いと思うところをなくそうとすると
よいところまでなくしてしまうかもしれません。

優しい子は
自分の思いを遠慮しちゃって言えなかったり

慎重でコツコツこなす子は
瞬発力がちょっと弱かったり・・・。

一人で完璧の完成形はなくて
ちゃんと世の中は
それぞれが無理をしない形で
それぞれに応じた場所で
補い合って生きていけるようになっていると思います。

よい・悪いという
判断そのものをスッパリやめて
みんなで認め合いながら
何があっても楽しくやっていきましょう♪


ーーーーーーーーーーーーーーー


モップがけをするさんたさん。
モップをズルズルとひきずるように
掃除をするので喝です。

fc2blog_201601211820442d6.jpg


何人の人にこれを教えたことでしょう。
これぐらいの幅で
リズミカルに!
腰入れて拭き上げる!!

<自分がやった方が早い>とか
<自分がやった方がきれい>とかいう
大人側の面倒な心持ちを捨てるのは
子ども達が小さい時に
たくさんお手伝いをさせて
余計な仕事を増やされる経験を積んで
子どもと一緒に不出来を楽しむことに
尽きるかもしれませんね。

そうすると
ガチガチの頭があるときスッと軽くなって
「ま、ええか」の向こう側が
見える瞬間があります。

そうしていると
ある日、柱にペンキを塗られたり
帰ってきたら勝手に部屋を
使いにくく模様替えされてたり
おこしのような固いご飯が炊けていたりして
山も谷もある
楽しい毎日をゲットすることができます。

育てるということもまた
学ぶということですね。


最後の写真は
お着替え途中の下着姿で
お面をつけて踊りまくるジュリーと

fc2blog_20160121180617de4.jpg


お給食の時も
おててつないで仲良しの
アトムくんとサニーちゃんと

fc2blog_201601211806414e3.jpg



さんたさん作・演出の
ウンチのオムツ替えドキュメンタリー
第一回主演のルフィーと

fc2blog_2016012118265851c.jpg


第二回主演のボス。

fc2blog_2016012118054942b.jpg


ウンチのオムツを今からさんたさんが替えるんだよ!と
無駄に言い聞かせて
記憶の残そうとしている時の1枚です。
替える前に
さんたさんは1枚服を脱ぎ、
中のシャツの腕のぼたんを外して袖をめくり
オムツ替え用シートを大きく広げ
集まってくるギャラリーを鎮め
さぁ!やるで!
と、自分に勢いをつけてから替えます。
劇場型オムツ交換です。

まぁなんでもいいんです。
できるだけ早く替えるに越したことはないのですが
工場ではないですから
こんな感じで始まるのもアリでしょう。
嫌が応でも慣れてきますからね。

ただ、にじのとり保育園は
園長が古い人間ですので
女の子のオムツ替えは
さんたさんにはやってもらいません。
今後男性の保育者が来ても同様です。

黙っていても
めじろ組のセンセイ達は
私と同じ見解でしたから
これからもこの方針でオムツ替えを行います。
(劇場型は男子のみ)

楽しみは誰かが与えてくれるものじゃないよ


園長(さて、明日は誕生日会♪)


スポンサーサイト



プロフィール

にじのとり

Author:にじのとり
大阪市北区で(株)にじのとりが運営する
にじのとり保育園/ななつぼし保育園の日常と
園長の主観だらけのひとりごとです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
25位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
4位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR