FC2ブログ

クリスマスの大傑作

今日は、かもめ・つばめ組は
カツオ通信発行日です♪
おかばんチェックよろしくお願いします。



私の一日の仕事の中で
一番パワーを使ってるなぁと感じるのは
小さい大学ノートを見る時です。

ノートの使い方はそれぞれです。
ママの育児ノートや覚書きとして
使っておられるケースや
その日、保育園から帰った後の
ご家庭での様子を
教えてくださるものだったりします。

うちの娘は
どうやら
ライザップJr,くんが気になるようです(笑)

とか、少し前には

うちの息子は
翼ちゃんと結婚すると言ってます♪
園長センセイ
結婚式に来てくださいね。
子どもが生まれたりしたら
親子二代に渡ってにじのとりっ子ですね♪

うわー♪
親子二代にじのとりっ子・・・
そこまでは考えてなかったな・・・
よし!
寿命伸ばそう!!


==========


さて、昨日のお給食は
みんな大好き
<豆腐ハンバーグ>でした。

fc2blog_201512031555131b6.jpg

お部屋の中は
いつまでもハンバーグの匂いが
消えませんでした。
たくさん焼きましたよ。
えりかセンセイ♪

fc2blog_2015120315523905f.jpg


いい匂いの中で待つ子ども達の中
ひたすら得意気な子がいました。
ルンルンです。
どうやら今日から新しいエプロンに変わってることを
お友達に教えています。

fc2blog_20151203155551313.jpg

今日のお給食は
初メニューでしたのに
写真がありません!!私としたことが!

<お楽しみ袋煮>
なんてふざけた名前をつけましたが
薄揚げを半分に切って
巾着状態にして
中にお野菜や鶏肉などの具材を入れて
煮込んだものです。

イメージはこんな感じです。
(まったく同じです)

20090717100228398.jpg

また
新しいメニューに
挑戦したいと思います。


今の時間は
きえセンセイが
おやつの ドーナツ を作っています。

fc2blog_201512041358299da.jpg

小麦粉、ふかしたじゃがいも、
とうもろこし粉、塩、
少〜しだけ気持ち、三温糖が入っています。

もちろん、もちろん、
米粉で作ったドーナツもありますよ♪
上からふりかけるのは黒糖です。

fc2blog_2015120414044960e.jpg


食べる時のみんなの嬉しそうな顔が
目に浮かびます。

ーーーーーーーーーーーー

めじろ組さんは
何かを手渡してもらう時に
必ず「ありがとう」を
体に覚えてもらっている時期なのですが
これまでは
頭を下げて「ありがとう」
と、アクションをしていた子達が
言葉で
「あーとっ!」と言えるように
なってきました。

お茶を手渡してもらった時
落としたものを
拾ってもらった時
お友達に順番こで代わってもらった時
毎日のあちらこちらで
「ありがとう」の習得です。

でも本当のところ
見よう見まねに勝るものはないなぁと
はっ!としながらいつも思っています。

子どもは
大人が教科書通りに教えて育つのではなく
いい悪いに関わらず
大人の姿を見て育っているのだということを
子ども達といるとつくづく感じます。


・・・・・・・・


ここのところの製作活動は
もっぱらクリスマスの飾りです。

めじろ組さんが
一生懸命無言で作っているのは

fc2blog_20151203163535f63.jpg

fc2blog_201512031634548e3.jpg

fc2blog_201512031633417b0.jpg


これ、
リースです。
ダンボール製です。
リボンは包装紙です。

fc2blog_20151203163557d8a.jpg


小さい子達は
<そこにあるものを使う>ということが
ひとつのテーマにもなっています。
そしてセンセイが手を加えない。
その子のタイミングで
言葉を掛けながら
様子を見ながら作ります。

なのでひとつひとつに
わかりやすいストーリーが生まれます。

たとえばたくさんの色を使って
ダイナミックに塗ることや
多くの与えられた紙を切って
所狭しとたくさん貼ることが
<上手>なことではありません。

特定の色だけを使うように
仕向けるのでもなく
「やりたい!」という興味を引き出し
<私はコレがいい>
<私はたくさん貼りたい!>
<僕はココでおしまい>
<僕は塗らない>
この一人一人の
真似っこでない気持ちのひとつひとつが
表現されていることが大切です。

fc2blog_20151204110130447.jpg


同じ形に切られたダンボールでも
全く違うものが出来上がっていますよね。
大傑作だと思います。
誰かの真似っこではなく
その子のその子らしさしか出ていない
そんな1歳児さんは
本当に素敵なアーティストだと思います。
少し大きくなったら
もうこんな風には
なかなかできなくなってしまいます。


大きい子は
ちくちくぬいぬいの靴下だけじゃなく
ツリーも作っていましたよ。
仕上がりはこんな。

fc2blog_20151203163248a8f.jpg


大きい子になってくると
またぐんと幅が広がってきます。
切る・貼る・丸める・・
いろんな手法を知り
場面に応じて使えるようになります。

そうなると
自分であれこれイマジネーションが湧く子は
放っておいてもあれこれイメージします。
なかなかイメージしにくい子には
いろんなヒントを出して見せると
突然閃いたりします。

大人の思う「上手」という
曖昧な褒め言葉や枠は
時として邪魔になりますね。
それを見たその人の感性ならまだしも
とりあえず子どもの作品を見れば
こう言っておけばいいだろう的な
<心ない上手>は
褒め言葉でもなんでもなく
百害あって一利なしではないでしょうか。

子どもの絵や作品を見たら
必要以上におだてる必要はありませんが
是非
その子の
その子しか持たない味わいを見つけて
たっぷりと目をかけてあげてくださいね。

どうせ褒めるなら
「ここの感じが面白いね♪」とか
「あ!ここに黒を使ってるなんて
ママのお洋服と同じやん♪」とか
「ここ、好きだなぁ♪」とか
その方が具体的でいいですね。

自分がそうだと思っていないところを
褒められるということで
子ども自身に驚きと発見があって
その面がぐっと伸びるのではないでしょうか。

これはお絵描きだけでなく
子どものことを
なんでもかんでも褒める必要はなく

まさかココが褒められるなんて・・
という子ども自身の驚きが
子どもを伸ばしているような気がします。

なので
言葉だけで褒める必要もなく
子どもの作ったそれを
大切にしている大人の思いは
黙ってそれを飾るだけでも
十分伝わるのだと思います。

学ばせてくれますね。
子ども達って・・・。


・・・・・・・


最後は子ども達のとは違いますが
私が利用している駅の
クリスマス仕様を。

イケメン駅長さん(谷町 九さん)は
早くもサンタクロースになっています。

fc2blog_2015120411020089d.jpg

九さんは
雨の日も風の日も嵐の日も
自動改札を抜けたところで
一日の仕事を終えた乗客のみなさんを
暖かくお迎えしてくれています。

この駅には
こういう美術関係を担っている駅員さんが
いらっしゃいます。

いつも嬉しい思いで、気持ち良く
改札を抜けているということは
1年ぐらい前に
駅員さんにお伝えしました。


ちなみに歌舞伎座までの案内も
こんな風。

fc2blog_2015120413481857f.jpg


バスツアーの案内も
こんな風です。

fc2blog_20151204134859b75.jpg

同じような心模様に触れると
本当に嬉しくなりますね。


園長(風が強くなってきました・・。)
スポンサーサイト
プロフィール

にじのとり

Author:にじのとり
大阪市北区で(株)にじのとりが運営する
にじのとり保育園/ななつぼし保育園の日常と
園長の主観だらけのひとりごとです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
40位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
3位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR