FC2ブログ

会話力を磨くということ

給食を作る時に
お部屋に子ども達がいない日は
BGMを流して楽しんでいます。
最近はもっぱら
Mr.childrenの新しいアルバムです。

時々歌詞に入りすぎて
手が止まることがあったり
軽快なリズムの曲は
一緒に歌ったりして
子ども達がいない日は
そうやって楽しく
調理の時間を過ごしています。

飽きるまでソレというのが
どうも私のクセのようですから
きっとしばらくはまだ続きます。

ちなみに今日のお給食は
お好み焼きです。
子ども達、今日もおなかいっぱい
食べました。

fc2blog_201506181308467f5.jpg

そして今日は木曜。
6月の木曜日はポップコーンDayです。
今日の味は<のりしお>です。

fc2blog_2015061815061380e.jpg

ポップコーンメーカーの音に
泣き出す子は約1名(笑)

fc2blog_2015061815052933a.jpg

あったかいポップコーンは
シアワセの味です。

fc2blog_201506181509464e5.jpg

・・・・

プライベートで初対面の人にお会いした時
私が必ず聞くことは
「あなたの好きなことは何ですか?」
という<好きなこと>カテゴリーのことです。

なんでもいいから
好きなことのある人にそれを聞くと
大概の人は
顔がぱ〜っと明るくなります。

それは私自身が
小学1年の2学期に
他府県から大阪へ転校してきた時に
私に興味を示してくれた昭和の同級生達と
交わした会話にヒントをもらって以来
転校生と仲良くなるツールとして
子どもの私なりに地味に培ってきたスキルです。

特に
好きな食べ物とか
好きな音楽とか
好きなスポーツとか
そこから話が広がっていくと
楽しさ広がりますね。

話をし始めた子どもに対して
子どもだからと
子ども向けに会話をするのではなく
一人の人として向かい合うと
これほど楽しいことはありません。

あーあ
うーうと
喃語を話し出す前から
厳密に言うとお腹の中にいる時から
ママにしかわからない言語で
赤ちゃんと
究極のコミュニケーションをしているのが
ママです。

子どもは何でも聞いていますし
何でもお見通しです。
必要なことも教えてくれます。
ただ、生まれてしばらくは
言葉を発しないだけです。

そうして赤ちゃんの頃から培った会話力を
言葉たくみになってきた頃
外で存分に披露するのです。

家庭の中で子どもとの会話で
会話力を磨くというのは
えっらい弁の立つ子を育てる
ということではなくて
人を思う心を育むということです。

親子での楽しい会話は
子どもの成長の糧になるだけでなく
親にとっても
気付きが多いだけでなく
相当の生きる栄養源になります。

家で十分に会話を楽しんでいる子の
共通点は
ボキャブラリーが多いことと
子どもながらに
ちゃんと言葉を選べること、
丁寧な言葉を知っているということです。
そして何より
<黙っている>という
究極の会話もできることです。

これはひとえに
相手ありきの会話を
家庭で楽しんでいたり
家族の中でも
大人のそういう様子を
見て育っている証ですね。


写真は昨日の夕方
公園でのお遊びの後
保育園までの帰り道を
一緒に手をつないで歩いたお二人さん。


fc2blog_201506181355487ce.jpg



お兄ちゃんの方は
どんな小さな子が相手でも
ちゃんと話を聞いています。

私が絵本を読んでいて
とんでもなく脱線しても
ちゃんと
自分の世界観で答えてくれます。

時々ハッとするようなことを
言葉にして気づかせてくれたりします。

この日は手をつないで帰りながら
「階段があるから気をつけてね」
「あ!ほら、止まれ!って書いてあるね」と

自分よりも小さい子を相手に
紳士的に、、ではなく
紳士の様な
かしこまった声と対応の仕方で
教えてあげている姿が
とっても微笑ましかったと
ひとみセンセイが
速報メールを送ってくれました。


^^^^^

親が子どもにしたことは
そっくりそのまま親に還るのではなく
人様に還ります。
きっとよいことも悪い事も
関係なくですね。

生まれた時から受けていた
ママの思いだらけの
暖かい言葉のシャワーは
誰が見るでもないところで
自分よりも後に生まれた子に対して
ちゃんと還っています。
別に
褒められようとして
そうするのでなく、、です。

子どもは親の体を使って生まれてきて
親のもとで育ち、やがて
社会に還元するということですね。
親に孫の顔を見せる為や
親に楽をさせる為や
親に自慢をさせる為に
今ここにいるわけではありません。

だからこそ
誰かに対して
優しい気持ちを還していたり
暖かい言葉かけをしている姿は
できる限り見逃したくないなぁと
思うのです。

子ども達の鏡である私達は
本当に
心から笑っていましょうね。
私もまだまだ勉強中です。


園長(明日は6月唯一のお誕生日会♪)
スポンサーサイト



プロフィール

にじのとり

Author:にじのとり
大阪市北区で(株)にじのとりが運営する
にじのとり保育園/ななつぼし保育園の日常と
園長の主観だらけのひとりごとです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
25位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
4位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR