FC2ブログ

園長担任の日

暁を覚えないぐらい眠りたい
5月なかばの水曜日、
私は実に約30年ぶりに
3歳児・4歳児の担任をしました。
と言っても
1時帰りの子が帰るまで、
ほんの半日ですが。

不思議なもので
子ども達を前にすると
カンは戻ってくるもので
自分のポリシーも当時のままだったことに
一人で驚いていました。

にじのとり保育園は
<自由でのびのび>と思われているようです。
小さい子は
どちらかと言うとその色合いが濃いのですが
大きい子に関しては
少し違います。

保育内容に関しては
小さい子達と同様
子ども同士の自由な遊びや
関わる人達との毎日のふれあいを通して
一人一人の持っているものを
大切にしながら
心を育むことを第一に。

そして3歳児に達したら
幼稚園教育要領とも兼ね合わせ
観点を教育に置いた活動もしています。

私が幼児期に考えている
身につけなければいけない大切なことは
「メリハリ」とか「緩急」といったことです。
すなわち
「やる時はやる」「寝る時は寝る」です。

それは間違っても
ネイティブな英語の習得や
とってつけたような算数的な、
お仕着せの国語的なことではなく

話の聞き方を養うこと、
ものごとを正しく理解すること、
すなわち
頭の運動神経を養うことです。

小学校に上がった時に
先生の話を聞く時に
じっと座っていられない子の特徴は
自分のことを
全部ママが先回りして
世話を焼いていたり、
子どもに必要不可欠な
不便や不具合を与えていないケースが
多いのではないでしょうか。

今日私が担任をしたかもめ組でも
個人差は本当にありますが
お話の間、正座ができない、
言われていることがわからない、
自分でやろうとしない、
自分のものがなくなってもわからない、
食べていても他のことに意識が向いて
遊び食べに興じてしまう、
触る必要のないものを触って
モゾモゾしている、、、
といったケースが
それはそれは多々見られました。

ただしこれは
ひばり組からかもめ組に
この春進級したての子ども達ですから
こんなものです。
昔も今も同じです。
それでいいのですよ。

どんな博士も大臣も
ここからのスタートです。
なので1年間徹底して
自分のことは自分でしてもらいます。
ご家庭でも手綱緩めず
お願いします。

脱いでほったらかしになっている靴下が
自分の靴下なのかどうか
わからない子を排出してはいけません。

子どもは家庭の子です。
家庭で育っています。
あくまでも保育園は
子育てのお手伝いですから
そこはお間違えないよう
しつけに関しては
保育園と家庭との両輪で
しっかり身につけてもらいましょう。

ーーーーーーーーーー


さて、そんな今日は
かもめ・つばめ組は
泥遊びをしました。

笑ちゃん・きなこちゃん・こだまくん
スカッシュくん・クララちゃんは
後先考えずにどろどろになって
楽しみました。

私も一緒にどろどろになって
泥山を作りましたよ。

fc2blog_20150513160754f79.jpg


園長センセイに持ってきてくれるのは
お酒のアイスと
ビールのアイス。
食べ物も欲しいなぁって言ったら
チーズとハムを持ってきてくれます。
(なかなかイカしたおつまみ)
(決して飲んべェではない)

成長を感じたのはピーチ姫。
以前なら作ってたおだんごを落としちゃったら
ギャンギャン泣いてたのに
「また作ったらいいだけやしな」と
言えるようになってて嬉しかったなぁ。

王女が
泥だんご作りがとっても上手になってて
間違ってお友達に泥だんごをぶつけちゃった時に
「ごめんね」って自発的に言えてたのも
嬉しかったわぁ。

たい焼き屋さんの角を曲がる時
利家くんが
「僕、お金いっぱいいっぱい貯めて
たい焼き買ってあげるからね」って
約束してくれたから

「そうだね、お仕事一生懸命やって
頑張ってね♪」って言ったら

スカッシュくんに真顔で
「園長センセイってお仕事したことある?」と
聞かれたり

こだまくんに
「エディオンでなんか買うたるからな」と
やたらリアルな店名を言われたりしながら
歩く道すがらは本当に楽しかったのです。

公園に着いて
泥だんごがなかなか作れないベルちゃんが
「作ってください・・」と言いに来るのを
やんわり断りながら自分で作るように促すと
大きいお姉ちゃん達が
アドバイスをし始めて、
とうとう最後には泥だんごが作れた時の
やり遂げた笑顔を見れたこととか

色当てクイズしながら歩いてた時、
ミルキーちゃんの
食のボキャブラリーが豊富だったことに
笑わされ、

ピコちゃんが意地でも洋服汚さないように
しゃなりしゃなりと遊んでいたり
ひーこセンセイがいる時にやってる手順を
1から100まで説明してくれてるのに
その通りにやらない私を
怪訝な目で見つめ返してくれたり(笑)

誰よりも遊びに積極的なきなこちゃんの
ポテンシャルの高さに嬉しい驚き感じて
お弁当の時間に蓋を開けたら
こんなことになってたり。

fc2blog_20150513161713450.jpg


翼ちゃんは
泥の手で触ってきたから
泥で手を洗ったら
白くなるんだよって教えたら
本気でゴシゴシ洗ってて
写真は未完成の変顔だけど可愛かったなぁ。

fc2blog_20150513161607b8d.jpg


笑ちゃんとクララちゃんは
もうずーーーーっと
来てから帰るまで泥水三昧で
大声の笑い声、そして時々無言になってると思ったら
笑ちゃん、泥の中に胸までつかって・・・。

fc2blog_2015051316081810b.jpg


写真は全員分なくて残念ですが
9時半から11時まで
きっちり遊んで帰りました。

fc2blog_20150513162303201.jpg


カメラ向けるだけで
ピースしたり作り笑いしたら
園長センセは写真撮らないのでよろしくね♪


================


楽しく遊んだ午前中ですが
保育園で育むことの話に戻しましょう。

大きいクラスになったらある
お当番の仕事。
以前よりお当番のはじまりの様子を
動画でもお伝えしましたが
前に出て名前言ったり
インタビューに答えているばかりが
お当番ではありません。

たとえばお給食の前にお当番さんが
「手を合わせましょう」
「いただきます」
と言ったらみんなで頭を下げて
「いただきます」と唱和するのですが

小さい子は
小さな手を合わせて頭を下げて
「いただきます」を表現しますし
それで十分ですが

大きい子に関しては
「いただきますって
言うたらええのんちゃいまっせ!」
なのです。

ここがいい加減なのも
園長センセイうるさいのですよ。
形にはこだわるのです。
みんなが本当に手を合わせて
きちんと頭を下げて「いただきます」をするまで
何度でもやり直しです。

fc2blog_20150513164925268.jpg


それができればあとは
極端なお行儀悪い事がなければ
楽しく食べたらよいのです。
お箸の持ち方や姿勢は逃さず毎回、
しっかり食事の時にチェックしてください。

内でできないことは
外でもできません。
家庭内で必ず
「おはようございます」「おやすみなさい」
「いってきます」「ただいま」
「ありがとう」「ごめんなさい」を
氾濫させておいてくださいね。

今日の私の担任時間では
お話を聞く時や絵本を見る時に
誰か一人でも正座を崩していたり
お行儀の悪い事をしていたら
お話も絵本も中断です。

今はお仏壇のないご家庭も多いですし
正座の習慣なんかないのかな、、とは思いますが
正座というひとつの形とその意味を
きちんと体で理解することは
大切なことだと思います。

今できていないことは
非難することでも
いちいち反省することでもありませんよ。
今こそ、しつけの時だということです。
きちんと目を見て
ダメなものはダメをしっかり伝えていきましょう。

大切なのは
メリハリです。緩急つけることです。
言葉よりも行いで
体で覚えさせることです。
まだ間に合います。

挨拶ひとつできないこと
ありがとうが言えないこと
人の話を聞けないこと
その他もろもろで
後々親のいないところで
恥ずかしい思いをするのは子どもであり
その子どもを通して
親である自分が
しこたま恥ずかしい思いをするのです。

でも他人は影で言うだけです。
誰も何も言ってくれません。
だからせめてママ達と密に関わる私ぐらいは
事前に、そうなる前に
声に出してお伝えしたい、と
そう思っています。

担任のセンセイとは勿論相談済みです。
1年かけて
しっかり<けじめのある>
かもめ・つばめ組にしたいと思っています。

それが私の考える
大きい子をお預かりすると決めたことに対する
責任のひとつです。

4人のつばめ組ですか?
彼女達には
かもめ組が加わって人数が増えたことによって
より<いろんな人がいる>という
クラス感が出てきた中に今年いますから
当初戸惑いもあったようですが
昨年とは違って
<いろいろ>ということの意味が
ようやく少しずつわかってきたように思います。

なので
<こうでなくちゃいけない>という
いわゆる<普通の頭>を
崩せたらなぁ・・・と
私は思っています。
いろんな選択肢が思いついて
どれを試してみることも
いいのだということを
わかって欲しいなぁと思っています。

時々行っては
しつけめいたこと言って
ロッテンマイヤーさんみたいなことしてたら
子ども達に嫌われるよ、、ってですか?

大いに結構なのですよ。
子ども達が将来
恥ずかしい思いをしないために今できる、
でも誰も引き受けない嫌われ役なら
買ってでもしますよ♪♪

それに
嫌われない。
子ども達はちゃんとわかってますよ。


園長(思い過ごしも恋のうち♪)
スポンサーサイト
プロフィール

にじのとり

Author:にじのとり
大阪市北区で(株)にじのとりが運営する
にじのとり保育園/ななつぼし保育園の日常と
園長の主観だらけのひとりごとです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
5位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR