園長のひとりごと〜子どもが教えてくれること〜

日曜日ですね。
あっという間に夕方です。
リアルな今のタイミングは
ちびまる子ちゃんが始まったところです。
もうすぐ明日♪♪
しっかり充電できましたか?

================

私は日常生活の中で
探すでもなく
顔に見えるものを見つけたら
ちょっとウキッ♪とします。
これはもう小さい頃からそうです。

雲とか
マンホールとか
洗濯バサミとか、、
いろいろありますね。

最近自宅の浄水器を変えたのですが
(手を下すのは次男の役目)
その浄水器がなんとも可愛い顔をしていて
料理をするたび
手を洗うたび
小さく心が浮き立つのを感じます。


fc2blog_20150531160414fe6.jpg


なんでもいいのですが
同じように流れる日常の時間の中で
この、わずかばかりの
ウキッ♪とする時間があるかないかで
脳波とか
抵抗力とか
心拍数とか血圧とか
いろいろもろもろ
違うんじゃないかなぁと思うのです。

日々の一瞬一瞬で
ウキッ♪を重ねていきたいですね。


人は生まれたら
保育園や幼稚園、学校へ通うとは言え
概ね15年間は家庭の中で
家族の影響を受けて育ちます。
後々ずっとその人をまとう
<育ち>が身に付く時期です。

難しいことは考えず
とにかく何だって
楽しみに変換して素直でいましょう♪♪

いつの時代も
子どもが見たいのは
何があってもなくても
どこに行っても行かなくても
自分に向けられた
大好きなママの
(ごめんね、幼少期は
パパやじ〜じ、ば〜ばはその次)
心からの←ココ大事
笑顔ですから♪♪

=========


大きい子の教室にいる時は
おやつの時間がさんたくんに任された時間です。

おやつタイムは
これまで通り
お机なしで食べていますが
その時に足クセ悪かったら
水筒を倒してしまったり
こぼしてしまったりするのですが

ここできっちり
いただきますとごちそうさまでしたを言い
さんたくん判断で
ちゃんと最後まで座って食べられた子は
おやつの後に3人
みんなの前でお名前を呼ばれます。

取り立てて褒めるのではなく←ココ重要
ただただ、その日のおやつの時間、
とても行儀がよかったという事実を
伝えるものなのだそうです。

さんたくんなりの観点があるようなのですが
まだその3人に入ってない子は
もういないそうです。

みんなとても上手におやつを食べられるようになって
とうとう先週の金曜日は
これまで絶対に出すことのなかった
<みんなが1番>を
かもめ組・つばめ組全員がやり遂げたことを
とっても喜んで報告してくれました。

それだけのことですが
日常の小さなことを
積み重ねていく楽しさと喜びを
子ども達と一緒に分かち合っているようです。

子どもにやる気を出させる方法は
いろいろありますが
子どもにに対して
褒めるという動機付けは
実はとっても弱いものだったりします。

子どもは大人と違って
まだまだ感覚で生きていますから
大人の言う通りにした時に褒められていると
すぐにその感覚は
麻痺してしまうような気がします。

それに一歩外に出たら
世間はそないに子どもを褒めません。
<褒められる>ありきでは
子どもが苦労します。

私が3歳を過ぎた子どもを
褒める時はただひとつ。
褒められようとしていない
リラックスしている時に
その子らしさが輝いている時です。

そんな時は何も言わずただ、にっこり
頭を撫でています。

子ども達はみんな
それが喜ばれていることを
よーーーーーーーーくわかっています。


それは
褒められることを期待して
やっていることではないからです。

そしてそれは
言葉にすると嘘になってしまうような
そんな気がします。

言葉を覚えていって
これから言葉でコミュニケーションを
とっていくことが
断然増える子ども達だからこそ
言葉にできない思いを
言葉以外の方法で伝えることを
大切にしたいと思っています。

我が家の子ども達に
お習字を習わせたのは
今後必ずデジタル文化がやってきて
ワープロやパソコンを使うことが
絶対必須になると思ったからです。
だからこそのお習字でした。


<言葉にできない大切なことを大切に>

いいですね。
子どもは本当に
たくさんたくさん学ばせてくれます。


・・・・・・・

・・・見えてないけど
この後ろにあと二人順番待ってるねん。
クララちゃんはほんまに
小さい子を上手に巻き込ませてくれるよ。
人は選んでるけどな(笑)


fc2blog_201505311332114e1.jpg


・・・どっちが人形やねん!
って突っ込みたくなるやろ(笑)
小さい子は見てるだけで1日おれるわ。
ドラマがあるし、全力やし、、、。

fc2blog_20150531133141041.jpg


・・・最近、不敵な笑みを浮かべて
気がついたらそばにいてるねん。
何したろか考えてる感じがおもしろいわ。

fc2blog_2015053117493595b.jpg


・・・走ってくるくまさんとちゃうで。
嵐くんやで。
嵐くんは全力で派手にいらんことしてるねん。
でも嵐くんがやってたら
もっとやれ〜!って思うねん。
よう見とってみ。
ただ、可愛いだけちゃうで。

fc2blog_2015053117521327d.jpg


一休さん、真顔やろ?
女の子のガヤガヤに消されがちやけど
一休さんはこの日も歌ってるねん。
この時は<妖怪ウォッチ>歌ってるねん。
ほんま、最高やで。一休さんの歌♪
最高に癒されるねん〜♪
そのうちボクの英語の童謡も
歌ってくれるかな(笑)

fc2blog_20150531175509db8.jpg


・・・これ、何をしてるかは
翼ちゃんの名誉の為に言われへん。
園長センセイに背中を向けて
こっそりひっそりやっててん(笑)

fc2blog_20150531175026234.jpg

見た目まんまの
食べっぷりやろ(笑)

fc2blog_2015053117500576e.jpg

ひばり組ともなると
近付いて来る方法も
何か持ってきてくれる・・とか違うねん。
これ、ええ顔してるやろ。
これは、妖怪ウォッチ踊るから
写真撮って〜言うて近付いて来てるシーン。

fc2blog_2015053117491771d.jpg


さんた劇場
最近小さいクラスのお話も増えてきました。
また追い追いお伝えしますね。


園長(ちびまる子ちゃんチがハンバーグなので我が家も)

スポンサーサイト

5月の誕生日会〜スカッシュくん〜

お待たせ致しました。
5月ラストのお誕生日会になりました。
最後を飾るのは
にじのとり保育園のマエストロ
スカッシュくん。
おしるしはコレです。

スカッシュくん


1歳で入園してきた時からそうですが
スカッシュくんは
音楽をこよなく愛する赤ちゃんでした。
まだお話が
しっかりできるかできないかの内から
泣いてるスカッシュくんを抱っこすると
可愛い声で歌をくちずさんでいて
驚いたことが、このおしるしの由来です。

開園間もない頃、
1歳だったスカッシュくんは
今と変わらないんじゃないか
という印象が残るほど大きくて、
大きな声でよく泣いて、
鼻水と涙でぐちゃぐちゃになったお顔を
擦り寄せてきては
よく抱っこを求めてきました。

当時体調がすこぶる悪かったママが
一時預かりで利用の打診に来られた時には
ママの方が
どうにかなっちゃうんじゃないかと思うぐらい
小さく弱々しく、か細く
大げさではなく
このままだと母子共倒れのピンチに見えました。

月極の保育が決まってからも
ママとの別れが本当に辛そうで
おそらく開園して以来
歴代の新入園児さんの中で
この世の終わり泣き時期が
一番長かったのは
スカッシュくんだと思います。

当時、特に1歳児を担任していたセンセイは
スカッシュくんが辛かった時期に
いつも寄り添って
「今日はお外で歌ってくれました♪」
「残さず食べました♪」と
何か一山超える度に
報告してくれていたのが
昨日のことのようです。

そんなスカッシュくん
4歳のお誕生日会の様子を
まずは動画で各クラスの出し物から
ご覧いただきます。

めじろ組。
だんだん、前に出ても
泣かない子が増えてきましたよ。
大きな成長ですね。

DSC_5697.jpg





続いてひばり組。
引き続き出てる子がいますが
毎度のご愛嬌です。

DSC_5704.jpg




かもめ・つばめ組です。

DSC_5718.jpg




リクエストを頂きましたので
お誕生日カード
今回もチラ見せします。

工事現場の車が大好きなスカッシュくん。
タイヤも大好きなスイカ柄。

fc2blog_2015052917175988a.jpg


トラックの中では
マエストロスカッシュが
バースデー単独ライブ中です。

fc2blog_20150529172112aba.jpg


ママは昨年はフラメンコと
エプロンシアターで
お話をしてくださいましたが
悩みに悩んで今年は
マジックを披露してくださいました。

まずはオープニングの皿回し。
どうですか!
ただ、皿を回しているのとは違いますよ。

このポージングには
実直で真面目な努力家で
何事も手を抜かず
全力でトライする
スカッシュくんのママの
この会への思いが込められているのが
写真で伝わりますでしょうか。

夜な夜な
あーでもない、こーでもないと
色んなポーズで練習を積んだに違いないのです。
そしてこのポーズに決まってからは
スカッシュくんが寝静まってから
ふーふー言いながら
練習していた様子が手に取るようにわかって
私は、本当に嬉しくなりました。

DSC_5737.jpg

どの子もそうですが
パパやママの
これまで見たことない様子を
お誕生日会で見ることができます。

どんな形でも
パパ・ママの本気を見せる機会は
そうそうありませんから
このチャンスをどうぞモノにしてくださいね。

その後披露してくれた
数々のマジックも
ママの思いの総決算でした。

何よりも
時折スカッシュくんが
ママの出し物の限りを知っているのに
さも知らないテイで
「さ、これはこの後何色に変わるんでしょうか?」
「さ、この後何が出てくるんでしょうか?」
と、客席から真顔で
ナイスアシストぶりを発揮していたことが
とっても微笑ましかったです。


さて、その後はセンセイの出し物。
めぐみセンセイ初めてのリーダーの日です。
今回はコレを行いました。

今回やりたいことはコレです♪
とお伺いをたてにやってきた
ある日のめぐみセンセイの目、
キッラキラでしたから
即採用です(笑)

fc2blog_20150529163807ff5.jpg

導入のお話で使った
おすもうさんのペープサートが
めぐみセンセイに似てるのもご愛嬌。
「似てましたか?」と
自覚のないあたりも素敵でした。

fc2blog_20150529164207e16.jpg

デモンストレーションで行った
子ども達のおすもうや
トントンずもうの可愛かったこと。

この勝負は
負けず嫌いの度合いで
クララちゃんの勝ち!
翼ちゃん負けた後ニコリともせず
かっこよかったです。

そうくん2


小さいけど
女の子だけど
何回やっても勝っちゃう笑ちゃん。
やっぱ、プリキュアよりコッチだよ♪

そうくん1


トントンずもうならやる!と手を挙げた
ピコちゃんとビリーくんの戦いは
ピコちゃんの勝ち!

DSC_5766.jpg


ところが笑い話はココまででした。
トーナメント制で
スカッシュくんのママとおばあちゃまも加えて
優勝一人を決める
子どももドン引く
正真正銘のアームレスリングが始まりました。

初戦敗退したのは
私とひーこセンセイときえセンセイ。
これで今日から私も
アメトーーーークに出る時は
かよわい女くくりです♪

スカッシュくんのおばあちゃま、
負けちゃいましたが
めっちゃ強いんですよ。(ひとみセンセイ談)

DSC_5776.jpg

センセイ達の中では
ひとみセンセイが桁違いに強かったのですが
今回、そのひとみセンセイをくだして
栄えある第一回腕ワングランプリに輝いたのは
なんと!
あの日、大きなスカッシュくんと
悩みと体調不良を抱えて
保育園の門を叩いた
スカッシュくんのママでした。

そりゃ飛び上がりますね。

DSC_5778.jpg


そうして楽しいひとときは
別段空気を読んだわけではありませんが
スカッシュくんのママの優勝で
終わりの時を迎えました。

==============


頭の中に一種独特な
自分だけの遊園地を持ち
いつもそれを場面に応じて
少しずつ小出しにして
聞かせてくれるスカッシュくんの
初めての出来事に遭遇した時や
何かを発見した時の
キラキラした様子や
見て聞いて体験したことを
頭の中にカチカチと刻んでいるあの様子は
ママ譲りだったのですね。

1日たりとも
大きいノートに
スカッシュくんの様子を記すことを欠かさず
真剣に子育てを通して
自分自身と向き合ってきたママのこれまでは
ひとつも無駄なことなく
スカッシュくんの栄養になっています。

スカッシュくんにはこれからも
たとえ
人と違うと言われて笑われても
自分を信じて
頭の中にある遊園地をフル稼動できる環境を
整えていきたいなぁと思っています。

スカッシュくん♪
4歳のお誕生日おめでとう。

にじのとり保育園のみんなと一緒に
今年も素敵な1年にしようね♪♪

fc2blog_20150529163844fca.jpg



園長(週末、ゆっくりお休みください)

お誕生日会のことの前にお伝えしたいこと

今日はお誕生日会でした。
早速お伝えしたいことがありますが
その前にひとつ。

先日まなみセンセイからの
<まなみ通信>を
お配り致しました。

その後、私の予想をはるかに超えて
多くのママ達から
励ましのお言葉を頂きました。

まなみセンセイの
嬉しい事実を知って
涙が出たという
歳を重ねたことをひょんなことから
実感したとおっしゃるママの
短いメッセージを読んで
私も、その気持ちのやりとりが嬉しくて
涙がにじみました。

中には、まなみセンセイのことを
知らないママも
純粋に喜びや祈りを
ノートに書いてくださいました。

そのお気持ちは
一つも漏れず
だいぶ落ち着いてきたとは言え
まだまだ入退院を繰り返していて
予断を許さない状態の
まなみセンセイに送りました。

彼女のことですから
きっと涙流して読んでると思います。
そして
不安な毎日に
大きな励みとなっていることと思います。

本当に本当に
ありがとうございます。
一行のお気持ちが
とてつもなく大きなパワーを持っていることを
改めて感じました。

まなみセンセイは
元々あんまり
体が丈夫な方ではなく
初期の頃から大変な状態になっていましたので
大事をとってかなり初期からおやすみを
してもらいました。

「このままだと迷惑をかけて
申し訳ない」ということを理由に
退職することも考えておられましたが
にじのとり保育園では
体調のことで
迷惑をかけることが申し訳ないということは
辞める理由にはなりません。

辞める理由なんて
それはもういくらでも考えられます。

他にやりたいことがある、
家庭の事情、、、
口で話せる理由は
ひとまず口実ですから
私にとってそれは
なんでもいいのです。
どんな理由でも辞められます。

必要なのは
本当の理由だけです。

ただ、子ども達の為に
自分の時間を使いたくない。
ここの人間関係や組織がイヤ、
そもそも飽きた。
なんか合わない。
もっといいお給料が欲しい。

私はその人の本心を聞いて、
或いは察して
それならばと
できることを提案しています。

それが
すぐに辞めること
という提案の場合もあります。

まなみセンセイは
他のセンセイに迷惑をかける
ということを危惧しているだけで
子ども達や保育への情熱は
ただの一瞬も欠けたと
感じたことがありません。

何度も何度も
まなみセンセイと二人で
第一応接室(笑)で
泣きながら話し合いをしたことも
昨日のことのようです。

なので残留が決まってからは
黒板のデザインをする仕事、
にじのとり音楽祭の時の
衣装を作る仕事、
その他日々の保育で必要なものを
作る仕事を
嬉々として引き受けてくださり
感謝と共に
魂をにじのとり保育園に預けてくれています。

ですから
体こそ毎日ここにありませんが
今年度もしっかり
にじのとり保育園の職員として
心をこめて、ここに在籍しています。

諸々含めて
ご連絡のタイミングも
ご連絡方法をどうするかということも
全て私の責任において
管理しておりました。

体調のことを含め、
とってもデリケートなことですから
ご連絡が遅くなりましたことを
お許しください。

まなみセンセイのお子さんも
にじのとりっ子ですか?
というご質問も頂きました。

もちろん、私のポリシーは
変わりません。
1年間はびっちり
ママとの信頼関係を築いて
2歳になる春頃から
ボチボチ子連れで
ラッシュの時間を避けて
来てもらえたら嬉しいですね。
そしてまた
ラッシュの時間を避けて帰ってもらえたら
十分ですよとお伝えしてあります。

が、
これは
まなみセンセイだけの問題ではありませんから
私は提案事項を伝えるだけなのですが。。。

ひとまず
今日は
先にこのことをお伝えしてから
次にいきます。

写真は去年のまなみセンセイ。

fc2blog_2014092611560370c_201505281706129e1.jpg

何をやる時も
とにかく全力なんです。

fc2blog_20140918172901738_201505281706132c7.jpg


多くのことは
チョロっと伝え合うだけで
その関係のパイプは
ぐんと太く強くなりますね。
受け手に回った時の感度は
鈍らせちゃいけないなと思います。

何かあるたびに
本当に勉強になります。
ありがとうございます。


※さんたくんの園だよりへの感想も
ひとつ残らず伝えてあります。
反省1秒・勉強一生♪で
みなさんに育てて頂いてます。
こちらも併せて
ありがとうございます。

fc2blog_2015052817092771d.jpg



園長(さ、お誕生日会動画の準備がそろそろ仕上がります)
  (もう少しお待ちくださいませ)





本のことと、今日の遊び

小さい頃からいろんなものを
じっくり見るのが好きでした。

お風呂に入りながら
シャンプーの容器の裏に書いてある文章を
読んだり、
お菓子を食べながら
箱の裏の字だらけを全部読んだり

まるで初めて地球に降り立った宇宙人が
見たもの全て、
聞くこと全てを
スキャニングするように
そうしていることが楽しくてしょうがなかったのです。

幼い時に
漢字があることを知り
いつも近くにいる大人に教わりましたから
私を読み物好きにしてくれたのは
絵本や与えられた名作本ではなく
パッケージの裏でした。

その後、本はもちろん、
電話帳や辞書を物語のように楽しみ
大きくなってからも
雑誌に書かれている文字という文字を
読むこともしばしばでした。

そういう感じでしたから
私は直感以外は
全てもうひとつの別の道から
この道の答えを手繰り寄せていました。

何が言いたいのかと言うと
時々<オススメの育児本>を
教えてくださいと言われることがあるのですが
答えに困るのです。

育児をする時に育児本という頭をまず置いて
自分自身が感性豊かであることが
育児に最適な資質かもしれません。

子ども達には
素敵な感性を磨くお手伝いをしたいなぁと思っています。
ついでにママも、
そしてついでにパパも、
ありがたく授かった子どもが
それを教えてくれますから
お見逃しなく日々を過ごしましょうね。

ちなみに、本でお伝えすると
私は
<泣いた赤おに>に心震え
<ちびくろサンボ>にワクワクして
幼少期を過ごし

小学生時代は多くの伝記に加え
<赤毛のアン>と
<トム・ソーヤの冒険>に同化して

<シャーロック・ホームズ>と
<怪盗ルパン>にドキドキし

中学時代は
アガサ・クリスティーと
ジェフリー・アーチャーを読みふけり
日本の純文学に惚れ惚れしていました。

ミヒャエル・エンデ<モモ>
サン=テグジュペリの<星の王子さま>
宮沢賢治<銀河鉄道の夜>

はい。
今挙げた本の中には
育児のヒントにとどまらず
生きるヒントが溢れていますよ。

読もうよ!本!
私が言うのもナンですが・・。

試験勉強の為でなく
体で覚えるのです。
倒置法♪

===============

写真は
昨日もスプリンクラーの水攻撃で
遊ぼうと企てたひーこセンセイが
早い時間から向かった中之島公園での
一コマです。

お給食を取りに来たさんたくんが
興奮気味に
写真を繰りながらやってくれた
説明通りに、できるだけ進めます。

今では完全に
かもめ組の女子のアネゴ的存在の
サファイアちゃんの呼びかけで
今から
コンサートが始まるみたいやねん。
こだまくんの誕生日会の
トランペットがここで効いてるんやな。

fc2blog_20150528065049fca.jpg

サファイアちゃんは司会
スカッシュくんは歌
ミルキーちゃんはバイオリン・・・
どんどんやりたい役柄を
みんな選んでいってるねん。

「私も入れて〜♪」と笑ちゃん。
「何ができる?」と
軽くオーディションを仕切る王女に
「ダンス!」と即答。
そしてこのポーズで合格してん。
その時こっち見て真顔でポーズ決めるから
そら、写真撮らんとアカンやろ(爆笑)

fc2blog_20150528065124337.jpg

ほんでな、
こうなるねん。
笑ちゃんはこの時
コッチ側で踊ってるねん(爆笑)

fc2blog_201505280651473e1.jpg

利家くんは何?
「音響さんちゃう?」(笑)
なんでもええねんで、多分。
とにかく女の子が
利家くんと一緒にいたいから
呼ばれてる感じやな。
人気あるからな。女の子に。

いいですね〜。
もうこうやって
ちゃんとお友達同士で
ルール決めて
仲間遊びができるんですよ。
この時のこの空気感
まさに天国です。
微笑ましいの通り越して
泣けてきますよ。

泣いてるだけの時代を過ぎたら
あっという間です。

私は若い頃からよく
幸せな気持ちになったら
<ここは天国>だと表現します。
そうすると
死んでもないのに天国なんて
極楽なんてわかるのか?と
意地悪なこと聞き返されたり
してきました。

その時は
「雰囲気、雰囲気、ふふふふ〜ん♪」と
笑って受け流していましたが、
ほんとのところ
生きてるうちに
天国感を感じてない人は
死んでも天国なんて見れないし
行けないじゃん!って思ってました。

天国は
死んだら行けるとことちゃいまっせ!
イマジネーションひとつ
感性ひとつ
生き方ひとつで
自分の居場所は
いつでも天国なんだぜ〜!
って、思ってたんですよ。
それは今も変わらないから
今も言い続けているのです。

で、中之島公園、
昨日はスプリンクラーはお休みだったようで
保育園に帰った後
みんなでジョーロで水かけをして遊んで
ひとまず納得したようです。

最後の1枚はひばり組の
壁面作り風景。
ひばり組です。
あくまでもひばり組ですよ。
日に日に
<なんちゃってひばり組>が
増えてる気がしますが
気のせいではありません。
彼らも含めての
<ヒバリーズ>です。

fc2blog_20150528064846675.jpg



・だいたい遠足で中之島公園行って
スプリンクラーの水にかかって
びしゃびしゃになって
子どももセンセイも喜んでるのは
あの日、たくさん幼稚園とか来てたけど
にじのとりだけやったで。

大きいクラスだけじゃなくて
小さいクラスのセンセイまで
水がかかってふにゃふにゃ言うてる子に
めっちゃ笑って
「こんなんで泣いとったらアカンで〜」
言うてたからな〜。へへへ
・・・by さんた

・中之島公園に電話して
スプリンクラーいつ動きますか?
って聞いてから行かなあきませんね。
しくりましたわ!(真顔)
・・・by ひーこ

園長(さ、今朝は5月最後の誕生日会>

ルーフアップ de カープファミリー

♪るう〜ふ あ〜っぷ
か〜ぷ〜 ふぁみり〜
びっげすと か〜ぷ いず ふぁ〜〜〜ざ〜♪

という変な中1イングリッシュで
こいのぼりの歌をうたいながら
ボスやジャニーくんをあやして
きょっと〜んとされているさんたくんです。

男子は総じて
いわゆるアホな部分を
いつまでも持ち続けるのだと思います。

一人一人が持つ
いわゆるアホな部分は
いつまでもキラキラと輝いていて欲しいなぁと
思います。

我が家の息子達は
長男はうまいこと仮面を使い分けて
チョビ出ししながら、
次男は覆面をかぶってもすぐにバレるレベルに
底なしのもろ出しで
それぞれの個性の通りに
人さまから愛情込めて
「アホやなぁ・・」と
言って頂ける風味に育っているようで
安心しています。

・・・・

みなさんもそうだと思いますが
1日が終わる頃は
私も相当ぐったりしています。
そういう時は帰り道
歩くようにしています。

ほんの一駅歩くだけで
しっかり放電されて
天満橋の上から
遥かガンダーラを見渡す頃には
頭の中もリセットされていて
自然と歌をくちずさんでいたりします。

・・う〜ん・・おかしい・・

iPhoneからは
お気に入りのあの歌が流れているのに
どこか耳の奥の方で
妙な妖精さんがあの歌を歌ってる・・・

♪るう〜ふ あ〜っぷ
か〜ぷ〜 ふぁみり〜
びっげすと か〜ぷ いず ふぁ〜〜〜ざ〜♪

このくだらなさが
耳から離れません(笑)
子どもが持つ計算のない<アホさ>に
結局いつまでも
救われているということですね。

煮詰まったらどうぞご活用ください。
ルーフアップ de カープファミリー。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー


さて、
そんな今日は
かもめ・つばめ組さんは
お楽しみ給食の日です。

初回の今日は
ポテトサラダを作りました。

あ!お伝えするのが遅くなりましたが
ようやく机が届きました。
なんだかにじのとり保育園
いっぱしです。

人数が増えたらどうする?
と、時々聞かれますが
な〜に、大丈夫です。
血を売ります(笑)

fc2blog_201505261752202f5.jpg


満足気な顔は
こちらの写真で。

みんなとても上手に
じゃがいもの皮をむいて
混ぜて
味を加えて
最後まで楽しく作りました。

fc2blog_20150526175019094.jpg


さぞかし、さぞかし
美味しいサラダになったことと思います。

fc2blog_20150526174838a5a.jpg


たくさん作ったポテトサラダを食べたので
ごはんとスープで
お腹いっぱいのお友達の中に
やっぱり
パスタも食べたツワモノがいました。

ビリーくん、ミルキーちゃん、翼ちゃんです。
もう夕飯は
ごはん抜きでもいいぐらいですよ。

fc2blog_201505261747563e2.jpg


また来月のお楽しみ給食の日は
カツオ通信でお知らせしますので
お楽しみください。


それから本日のお給食は
献立にはナポリタンの表記がありますが
先週のパスタを
ナポリタンで提供していますので
本日は豆乳とかぼちゃで
クリームパスタを提供しています。
急な変更、申し訳ございませんでした。

スープは洋風のコンソメ仕立てですが
セロリとトマトが入っていますので
いいお味に仕上がっています。
みんなしっかり食べました。

私がセロリ大好きなので
お給食にもよく使います。
表記のない時にも
わざわざ使います。
また美味しいセロリ料理
ご存知の方は
教えていただけたらなぁと思います。

fc2blog_20150526175254103.jpg


今日は
いつもの園だよりと、
まなみセンセイからの
まなみ通信もお持ち帰り頂いています。
いつもと違う大味でざっくりした
愛想のない園だよりは
さんたくんが担当しました。

と、ここまで書いたら
かわいい坊やがお迎えの時間を迎えました。

なんと!今日はママではありません!
パパにブログネームがついたのは
おそらく初めてじゃないでしょうか。

本邦初公開
ライザップパパと
ライザップJr.です。
以後お見知りおきを。

fc2blog_2015052617513632c.jpg


今日もパパは
今から河原で走りこんでくるような
いでたちでしたよ。
仲良し親子は大きく手を振って
保育園を後にしました。

さ、みなさんもご一緒に♪

♪るう〜ふ あ〜っぷ 
か〜ぷ〜 ふぁみり〜〜〜♪
びっげすと か〜ぷ いず ふぁ〜〜ざ〜〜♪



園長(おしまい♪)

5月の誕生日会〜こだまくん〜

さぁ、週明けの月曜日です。
皆さまにおかれましては
どんな風にワクワクお過ごしですか?

にじのとり保育園は
それぞれ土日で充電を済ませ
今日も元気にお誕生日会です。

今日は、かもめ組の
このマークをおしるしに持つ
何時間でも絵を描いていられる
にじのとり保育園の画伯
こだまくんのお誕生日会です。

こだまくん

こだまくんの描く絵には
ストーリー性があって
自信を持って紙に向かう姿は
同じように何時間でも絵を描いていた
さんたくんの幼稚園時代と重なります。

既にこだまくんの頭の中に
出来上がっている<ソレ>を
どんどん躊躇なく
表現できる自由な環境を
これからも整えていきたいと思っています。

忘れないうちに
今日のお給食。
豆腐ハンバーグとお味噌汁です。

fc2blog_201505251652278eb.jpg


さて、
そんなこだまくんは
ひばり組の時に入園してきて
今年で2年目です。

かもめ組になって
弟も入園してきて
ぐん!と自信に溢れてきたように感じていたのは
気のせいだけではなかったようです。

今日はパパが来てくれましたが
パパは毎週
平日がお休みの時は
こだまくんとひかりくんの兄弟を
一人で預かり
あっちへこっちへ連れて行って
男同士の時間を満喫していらっしゃいます。

まさに今が
パパの出番だというこの時期に
男三人で過ごしている平日の時間は
後々必ずこだまくんが
その人生を生きる上で
いい隠し味になります。

昨年本を読んでくれたママは
今年はお仕事で来られませんでしたが
その分、パパが得意のアレを
披露してくださいました。

こだまくんのママは昨年9月、
こだまくんが在園児さんにも関わらず
弟のひかりくんの入園に際して
万が一を考えられて
朝6時、一番に
シャッターの降りた保育園の玄関前に
立って並んでくださいました。

ノンキに8時前に保育園に到着した私の目の前には
もう10人以上のママ達が列をなしていました。
その先頭に立っていた
こだまくんのママの静かな雄姿を見て
心の中で熱い泉が沸き立つのを感じました。

あーー
募集の当日に
こういうママが早起きをして
並んでくださるような保育園になったんだなぁ・・と
嬉しい思いでいっぱいになりました。

そんなママ、今日は涙を飲んで欠席ということで
前日に、こだまくんと一緒に
「いつも遊んでくれてありがとう♪」の思いを込めて
クッキーを焼いて
みなさんに持たせてくださいましたよ。
感謝のお気持ちは
感謝の心でありがたくいただきましょう。

このように一人一人個別にいただいたものは
親御さんにお見せする前に
保育園で子ども達には食べさせません。
必ずお持ち帰り頂きますので
子どもと一緒に
「ありがとう」と言ってから
いただきましょう。

fc2blog_20150525165209036.jpg

※新入園児さんのママへ
私にはこんなことできない・・・
私もやらなあかんの?・・・
という貧しい気持ちにならないのは
にじのとり保育園の鉄則です。
ただただ、
感謝の気持ちでいただくのみです。
ありがたいことです。本当に。

もしも神様がいるのなら
私達は
<もらい上手>になるだけで
幸せを手にできるようにできていると思います。

では<もらい上手>になるには
どうしたらいいのかと言うと
<感謝上手>になることではないでしょうか。

神様はきっと素直で正直なんだと思います。
私達が「欲しい」と願ったものを与え
小さなことに「嬉しい」と
感謝の念をわかせていたら
「なんだ。。こんなことで
そんなに喜ぶの?
じゃあコレなんかどう?」と
次から次へと
いいこと注いでくれているのでは・・・と。
そして、それは神様に限らず
人にもまた。
というのが
これまで私が生きてきて感じていることです。


さ、
そんなことより何より
それでは
貴重な平日おやすみの日に
同じ顔をした可愛い息子二人と
男同士を満喫していらっしゃる
若きパパの
今日の出し物をご覧ください。

パパがこんなにお話する様子を
初めてゆっくり見たような気がしますが
こだまくんのべったべたの大阪弁は
パパとの会話の賜物だったのだと
改めて知りました(笑)

いいないいな♪
親子っていいな♪

こうきくん4

ノーカット版




つづいてひばり組さんです。
もうなりきりひばりっ子だらけですが
そこはご愛嬌で。

こうきくん6 (2)




かもめ・つばめ組は今回はコレです。

こうきくん3


幼稚園児さんが
みんな一度は通る楽曲として
ジブリ系に並んで
この曲も必ずと言っていいほど
上がってきますね。
ひーこセンセイらしい仕上がりですね。

こうきくん6 (1)


めじろ組さんは次回に期待♪です。

あ、そうそう
5月生まれの男の子の
お誕生日カードは
さんたくん作です。

今回のは裏側だけをチラ見せ。
この広く空いてるスペースには
今年からお誕生日のお子さんと
当日来てくださった御父兄、
そしてセンセイ全員の
集合写真が入ります。

こうきくん2

私の老後の楽しみアルバムも
色濃くなってきましたよ。

fc2blog_20150525185924bd8.jpg


センセイ達の出し物は
名付けて
「こだまくん漫遊記」

貨物列車の運転士に扮したこだまくんが
あちらこちらに列車で出かけ
特産品をゲットするお話を
巻き絵と共に楽しみました。

にじのとり保育園のお誕生日会は
年のはじめに
誕生日会の司会の割り振りが決まります。
そしてその日司会を担当したセンセイが
センセイ達の出し物をはじめ
会を仕切ります。
が、
話し合いなしに
完全にリーダー任せということはしません。
事前にもちろん
その催しに対して揉みこみを行います。

実は私は、この揉みこみの時間が
一番好きです。
担当のセンセイが
その日、何をしようと思っているのか
どんな風に進めようとしているのか
具体的なことを聞かなくても
担当のセンセイの頭の中で
しっかり絵が描けている時は
私にもその絵が見えますから
全部聞かなくても大丈夫。
センセイの目がキラキラしていますから。

仮にまだ模索中でも
話をしているウチに
センセイの目がキラキラしてきます。

いずれにしてもこのキラキラがなくなったら
それは
<やらされ>です。
子ども達の前で見せるわけにはいきません。

大人のキラキラが
子どものキラキラを生むのですから。

で、今回は
ひとみセンセイ渾身の巻き絵です。
土日のひとみセンセイの様子から
こりゃ<降りてきた>な・・と
感じました。

fc2blog_201505251822579a0.jpg

fc2blog_20150525182342669.jpg

久しぶりの<スチ子姉さん>に
子ども達も
こだまくんも
そしてパパも大興奮♪

fc2blog_201505251823225b2.jpg

やがてホンモノのスチ子姉さんに来てもらって
子ども達をギャン泣きさせたいな・・・。
(とか言っておく)
(が、そんなお金はない)


=============

ひばり組の時は
説得されるようにして
保育園に入ってきていたこだまくんも
今ではとっても積極的になりました。

言葉数がとても豊富で
その分、心のひだも敏感で
パパやママ、
おじいちゃまやおばあちゃまと
たくさん会話をして
過ごしてきたんだなぁということが
本当によくわかります。

ハロウィンの時にお邪魔したお寺さんで
門をくぐった途端に
私の隣でニコニコして
手を合わせてお辞儀をしたのは
当時ひばり組だった
こだまくんでした。

こだまくんを見ていると
人は生まれながらに
守られて生きているのだということ、
そして親は
子どもから多くを教わっているのだということを
改めて確かめることができます。

少々人見知りでも
だいぶ泣き虫でも
時々ウジウジしてたって
大げんかしてたって
確実に養われているのは
<真実を見る目>と
<優しい心>。

これからも
こだまくんの目の奥のキラキラを
曇らせることのないよう
全力の<本当>で
向き合っていきたいと思います。

こだまくん♪
4歳のお誕生日おめでとう。
にじのとり保育園のみんなと一緒に
今年も素敵な1年にしようね♪♪

ーーーーーーーー

こだまくんを見てると
自分を見てるような気になるねん。
うん。
うまく言われへんけどそういうこと。 by さんた

fc2blog_201505251520428a5.jpg



園長(明日は大きいクラスはお楽しみ給食♪)

一週間こぼれ話とさんた語録

先にお伝えします。
明日の月曜日5月25日(月)は
お誕生日会ですので
リトミックは29日(金)に変更致します。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

毎日のことをお伝えするブログですが
子どもの数が増えると
ドラマも増えますから
到底1日ではお伝えし切れません。

ブログの活用方法は
人それぞれでよいのですが
中には
ざーーっと上から
写真だけを追って
我が子、我が孫の写真を
一生懸命探されている方も
いらっしゃるのかな、、、と
チラリと思ったりはしますが
そこに関しては申し訳ありません。

できる時に調整して
近々の園での様子をお伝えします。

たとえばひばり組、
お給食の後、
実はめじろ組にはない
ひばり組だけのオタノシミがあります。

代々のひばり組伝統の
食後のカード遊びです。
簡単なルールのある遊びを
この、少しゆっくりした時間に
楽しんでからお昼寝をします。

fc2blog_20150524103337a45.jpg

そりゃあ
まだまだ月齢の差が出る学年ですから
冬になる前に生まれたチームさんは
さっさとルールを理解して
ちゃっちゃとカードを
自力で自分のものにしていきます。

fc2blog_201505241034198f3.jpg

そうすると
なかなか取れない子が出てきます。
悔しくて泣く子、
センセイと一緒にとったら納得する子
どうしたって自分で取りたい子、、
それはそれは反応はさまざまです。

毎年います。
取れないから悔しくて泣く子、
負けちゃったから泣く子。
泣く子が出てきたら
ゆいセンセイの容赦ないゲキがとびます。

「泣いてても勝たれへんで!がんばれ!」

歴代のひばり組達は
こうしてストロングハートを養われて
かもめ組に進級します。

いつもカードゲームの時は
悔しくて涙涙のフラワーちゃんも
お外遊びの時には
こんな花のような笑顔。
この心の揺れ幅も
成長の糧ですね。

fc2blog_201505241038196eb.jpg


写真の彼は
別に取れても取れなくても
慌てない、慌てない♪
気にしない、気にしない♪のスピリッツで
そこで心を痛めたりしない
余裕の一休さん。

fc2blog_20150524104723a6c.jpg

最近お外遊びでは
かもめ組さんのお兄ちゃんお姉ちゃんを見つけると
率先してそちらに走り寄り
一緒に遊びに参加していることが多いです。

この写真は戦いごっこ。
ゾンビ役のクララちゃんと笑ちゃんの
鬼気迫る迫真の死んだ演技に
とうとう耐えきれなくなって
起き上がる一休ゾンビ(笑)
いいぜ〜♪まだまだ青いぜ〜♪
お姉ちゃん達と一緒に遊んで
そこのところ
しっかり習得するんだよ〜♪

fc2blog_20150524104740f7d.jpg


・・あんなぁ、一休さん、
「さんたくん、ダッコして」言うて
この頃近付いてきてくれるねん。
ほんで、最近いつも歌をくちづさんでるねん。
一休さんが人知れず歌ってる<踊るポンポコリン>
サイコーやで♪・・by さんた


この二人はもうすっかりしっかりしてるなぁ。
大きいクラスに憧れてるから
リトミックの時に分園に行っても
余裕で走り回ってる。by さんた

fc2blog_201505241135231ee.jpg


めじろ組さんも
パコちゃんのお姉さんぶりが止まりません。
お気に入りのまるちゃんに加えて

fc2blog_20150524114720e0c.jpg

fc2blog_20150524114626609.jpg


しれ〜っと遊ぶルフィーに対しても
惜しみなく愛情を注いでいます。
ある日の砂場での一コマ。

いないいない・・・・・

fc2blog_201505241148039ce.jpg


ばぁ〜〜♪♪

fc2blog_20150524114915ac9.jpg

いつペコちゃんポコちゃんが生まれて
ホントにお姉ちゃんになっても大丈夫♪


あんな、
にじのとり保育園を絵本やとすると
この彼が出てきたら
途端に飛び出す絵本になるよなぁ・・
映画で言うたら3D。
迫力あるわ〜♪
ええわ〜♪ by さんた

はい。
もうすっかりマブダチ化している
海老蔵くんのことだそうです。

fc2blog_201505241035184fd.jpg


女の子って
なんとなくどんな時も
わかって動いてるんやな。
男の子は絶えずいらんことしてるな。
面白いな。
こんなめじろ組の頃からそうやねんな。

でもな、
僕は発見した!
めじろ組の女の子の中で
男子並みにいらんことしてて
自分の世界で楽しんでる女の子がおる!
この子!

fc2blog_20150524104910d99.jpg

出た!ルンルン!!
やっぱり、、誰が見てもそうなら
そうだな。
2年前にいた
可愛い自由人タバサちゃん並みだ。
そのやることも、笑顔も(笑)

写真は先週午後からのお外遊びで
お姉ちゃん達が見てないうちに
お姉ちゃん達の水筒を
全部首からさげてご満悦になっていたところ
見つかってしまった一瞬を
ゆいセンセイが捉えた1枚。

見つかったか・・・のテイが
可愛いですね。
懲りずにがんばれ♪♪

fc2blog_2015052412381586c.jpg


ねぇねぇさんたくん、
なんでさんたくんは
翼ちゃんのこと翼ちゃんだって知ってるの?
翼ちゃんが自分のこと
翼ちゃんって言ってるから?

・・・うん、知ってるよ。前から知ってるよ・・・

ねぇねぇさんたくん、
翼ちゃんのこと好き?

・・・うん、好きだよ・・・

みんなのことは好き?

・・・みんなのことも好きだよ・・・

でも、翼ちゃんが
一番可愛いから一番好きでしょ?

・・・・・・。

と、言った時の顔がこれ。

fc2blog_20150524104802060.jpg

翼ちゃん曰く
このテの顔は2歳の頃から
練習していたらしいです。
そしてそんな翼ちゃんは、
この日は52歳だったそうです。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


先日の遠足の時
ビリーくんがウンチをもよおしたので
ひーこセンセイに
「さんたさん、ついて行ってあげて」と言われて
トイレに連れて行ったさんたくん。

とは言え
いつも保育園でかもめ組さんがウンチした時の
おしりチェックは
ひーこセンセイがやってくれているから
どうしよう・・と
内心ヒヤヒヤだったそうな。

ほどなくして用を足したビリーくんの
おしりを拭く為に
ちょっとおじぎしてもらったら
角度が足りなくて
全然拭けなかったらしく

「ビリーくん!
もうちょっと足しっかり伸ばして
頭が足につくぐらい体曲げて!」と
かなりハードな要求を。

言われた通り
赤ちゃんの時のように
思いっきりの<も〜>の体勢を
ビリーくんが取ってくれて
お尻が拭きやすくなったので
結構一生懸命拭き始めた途端、
ビリーくんが

「さんたさん!それは拭きすぎ!」
「なんだか立ってられないよ!」と
さんたくんに伝えたので
拭く手を緩めたらしいです。

どれほど綺麗に拭こうとしたのかは
定かではありませんが
驚くほど綺麗にお尻が拭けたと
満足気に話して聞かせてくれました。

保育園では超日常的な
そんな出来事を
驚きと喜び満々で話してくれたエピソードで
今日のところはおしまいにします。

fc2blog_2015052410354300a.jpg


・・・・
しかし、
保育園が何かの刺激になったら
面白いな、、ぐらいに思っていた
さんたくんのお手伝いですが
思うところ、感じるところが
私が思っていた以上に、本当にたくさんあるようで
毎日毎日さんたくんは
家に帰ったら寝るまで(ほんとに寝るまで)
<僕が見た今日の子ども達>の話を
主観交えて詳細に語って聞かせてくれます。

それは
私にとってもとても勉強になっていて
ありがたいと思っています。

本当はリアルタイムで
一つ残らずその日のうちに
ママ達にもお伝えしたいところですが
タイムラグの発生と
全てをお伝えしきれていないことをお許しください。


園長(明日は誕生日会♪)

遠足♪遠足♪るんるるん♪

普段天気予報を見ない私ですが
遠足前と
遠足当日だけは見るのです。
しかもNHK。

大阪発信の朝のテレビ、
6chのおはようAとか
人気イケメン俳優が
オリーブオイルをたんまり使う料理コーナーが人気の
10chのZなどを見ていたら
絶対に出てこないような
朝から何か機嫌悪いの?という
真顔系アナウンサーの
良くも悪くも
<事実を伝えるだけ>に徹したアナウンスっぷりは
本当に勉強になります。

彼らを見ていると、お誕生日会に招待して
「好きな食べ物はなんですか?」とか
「昨日何して遊びましたか?」とか
「民放局の番組では何が好きですか?」とか
あの真面目にふざけた
にじのとり保育園専用マイクで
ニヤニヤしながら
質問攻めにしたい衝動に駆られます。
どこまでも質問突っ込んだら
どこで笑うんだろう・・・(にやにや)

・・・と、多分今私は
かなりどうでもいいことを書き連ねてしまった気がしますが
読み返さず進めます。
・・・今朝、天気予報を見たよ。
夏日って言ってたよ。
遠足、晴れてよかった~♪
と、言いたいだけです。

ここまでお付き合いくださって
ありがとうございます。

===============

かもめ・つばめ組は
今日は遠足でした。
月案では計画していますが、
例外なく週のお天気と相談しながら
突然決まるにじのとり保育園の遠足ですが
保護者の皆さまの対応力、臨機応変力には
頭が下がります。

fc2blog_201505221854267bf.jpg


子ども達は中之島公園へ出かけ
途中、合流した
めじろ・ひばり組さんとも遊び
楽しい時間を過ごしました。

見たことあるよな親子連れ。。。と思ったら
ひーこセンセイとコメットさんでした。

fc2blog_20150522185955eaa.jpg


fc2blog_20150522185505b88.jpg

fc2blog_201505221855374a4.jpg

fc2blog_20150522185602013.jpg

fc2blog_20150522185733515.jpg


大きい子達にとって
なんと言っても一番のお楽しみは
お弁当です。

ベルちゃんは一日中
きっとこんな笑顔だったに違いありません。
朝からもうルンルン♪でしたから。

fc2blog_201505221852438f7.jpg

おかず入りのお弁当を
作ることもいとわず、
遠足の日を間違えて親子でフライングし、
前日もフル弁当でやってきた翼ちゃんは
もうお弁当屋さんのようです。

fc2blog_20150522181653026.jpg


1歳の頃から中2弁当の笑ちゃん。
いよいよ来年あたりは
ママが言ってたように
中3男子弁当になるのかなぁ。。。

fc2blog_20150522193841be9.jpg


毎日ママ必死のデコ弁を
お友達がワイワイ言うのを尻目に
普通に無反応で
苦い顔をしているなきなこちゃん。
今日も一段と苦い顔で
超キャラ弁に向き合う姿はいぶし銀。

fc2blog_20150522181120530.jpg


お弁当作りを手伝ったというピコちゃんは
朝から「ピコが作ったんだよ♪」と
嬉しそうに報告してくれました。
名付けて「パパと作ったハニカミ弁当」

fc2blog_20150522185304097.jpg

二日前からお弁当のこと考えて
「べべべん べんとう」という愛読書を見ながら
お弁当をママと一緒に研究し、
OLさん並のランチバッグに
大きなお弁当を入れてきたミルキーちゃん。
「ミルキーちゃんのお弁当
今日、おっきいんだよ~♪」と大喜びでした。

fc2blog_201505221809596a0.jpg


たこさんウインナーが入ることを
前の日から教えてくれた嵐くんのワクワクが
いっぱいいっぱい詰まったお弁当です。

fc2blog_201505221931422ce.jpg


進級してからごはんを食べるのが
本当に早くなったピーチ姫は
まっくろくろすけに大喜びで

fc2blog_20150522181050667.jpg


ひっくり返したら
おにぎりがくまさんだったということを
最後の最後に気付いたビリーくん。

fc2blog_20150522190912b95.jpg

いや、お弁当そのものよりも
くまさんのおにぎりを作ってる時の
ビリーくんママを激写したかったぐらいで。。。。(笑)

自身のキャラにないことも(失礼)
子どものためならできるんですよ。
それに気付いてもらえても
もらえてなくても
子どもが生まれて、育てていく過程で
そういうことに
一生懸命になる自分に気付かせてもらえるだけで
ママ達は幸せだなぁと私は思います。

出来栄えのことをとやかく言うのは
大人だけですよ。
しかも人のお弁当を見て
あれこれ言うのは
更に特別意地悪な大人だけです。
子どもはそんなこと
なーーーんとも思ってません。
それどころか
みんな誇らしげです♪♪

にじのとりっ子のママ達の中で
誰かのお弁当をけなして笑ったりする人は
誰一人としていませんよ。
そこが私のプライドです。

何かがあった時
「こんなことしたら何か言われるやろな・・」
「こんなことしたら笑われるやろな・・」
と思う人は
誰かに何かあった時
間違いなく一番に何か言ったり笑う人です。

そういう自分の心のポジションにも
気付けますね。
いいですなぁ~お弁当作り♪♪
そして、しれ~っと大公開♪♪

快くお弁当が写ってる写真を使うことを
承諾してくださったこだまくんママ。

fc2blog_201505221818279e6.jpg

お弁当は出来栄えを競うものではなくて
ママが料理好きかどうか
お弁当作りの達人かどうか
そんなことを競うものでも
かっこつけるものでもなくて
ママの愛そのものなんだということを
このブログを見てくださっている
幼稚園児をお持ちのママには
本当にわかっていただきたいなぁと
いつも思っています。

誰かのお弁当を見て素敵だなぁと思ったら
「私にはできない・無理!」と思う前に
マネしてみたらいいのですよ。

「素敵だと思ったから
教えてほしいなぁ・・」と言われて
嫌がる人はいないんじゃないかなと思います。

大人はすぐに
「私はこんなのできないわ・・・」と言っちゃいますね。
よくないサガですね。

一部の意地悪な大人に
惑わされてはいけませんよ。
ましてや
そんな一部に
自分自身が染まる必要もありませんからね♪

続けます。

スカッシュくんのお弁当は
いつも野菜がもりだくさん。
今はこんなに誇らし気にたくさん食べていますが
こう見えて保育園に来た当初は
食べないことをママは心配していたのですよ。。。

fc2blog_201505221810295e7.jpg

利家くんも
「ボク、今日のりたまおにぎりだけやねん・・」
と言ってたので
半々の確率で心配しましたが
大丈夫。しっかりおかず in していて安心しました。

fc2blog_20150522181144aa7.jpg


そして、最後に登場する(決してオチではない)
彼女のお弁当のインパクトは
毎回相当の破壊力を持っています。
撮影していたさんたくんも驚きの
1歳の時から量も変わらない
じゃん!!
王女持参の 「一人正月弁当」!!
今度売ってもらおう・・・・。

fc2blog_20150522181624b50.jpg


遠足の後は
しっかり歩いて保育園まで帰り、
タイガーマスクさまから
差し入れていただいたジュースを飲んで
楽しい遠足は幕を閉じました。

また突然<カツオ通信>
(という名前のかもめ・つばめ組のクラスだより)
お出ししますね。
忘れずお手紙チェックでお願いします。


最後の1枚は
中之島公園
<つなげよう!リード!>キャンペーン中の
中之島花子お姉さんです。
一旦マイクをスタジオにお返しします♪

fc2blog_20150522185932521.jpg


園長(服部まこでした~)←いちいち古い・・・・

食べること

私はそこそこ普通に単純ですから
ママ達のノートを読んで
美味しいものを食べた話が書いてあったら
すぐに同じものが食べたくなります。

先日ビリーくんママが書いておられた
くら寿司へ行ったお話を読んで
早速その日の夕飯は
くら寿司に集合をかけました。

そこそこ好き嫌いなく育ちましたから
大人になった今は
食べなければいけないものを
意識して食べるより
体が求めるものを忠実にその時
食べるようにしています。

そうすると
今自分に何が足りないか
体が教えてくれるようなきがします。

先日は納豆・おくらなどの
ネバネバ食品でした。
朝から近所のコンビニで
納豆を買い、そのまま食べて
昼にも食べ、夜には
ビリーくんママが知らずに投げた糸を掴んで
くら寿司に家族へ出かけ
生まれて初めて
納豆の軍艦巻きを食べました。

この世にこんな美味しいものがあったのか!
と、
コーラの瓶を初めて見たブッシュマンぐらい
(たとえが古い)感動して
味わいつくして食べました。

fc2blog_20150521055645197.jpg


翌日も夕飯時に
酢飯に納豆と海苔。
体が<足りた>と判断する瞬間の
「ごちそうさま」は最高でした。

子ども達にもそんな風に
食事を楽しんで欲しいと思います。
やっぱり基本は、
<食べること>ですから
ママやパパがキッチンに立つ姿
「どうぞ」とテーブルにおかずを並べる姿
あつあつのご飯の匂い
今日のお味噌汁の具材の予想・・
それらすべてが<食育>ですね。

おかずの種類じゃなくて
家族と囲む楽しい食卓。
それが<食>のすべて、
すなわち<生きる>すべてですから
幼い頃の食事はやっぱり
大切の中の大切ですね。
家族の中で、知らないうちに
養われるものですね。

さぁ食べよう!
今日も食べよう!

写真は昨日のお給食。

fc2blog_20150521055737868.jpg

================

忘れないうちにお伝え致します。
【かもめ・つばめ組直近の園長担任デー】
・5月21日(木)
・5月29日(金)
・6月3日(水)
・6月4日(木)
以上となっております。
よろしくお願い致します。

===============

怒涛の誕生日会ラッシュで
なかなか通常の保育のことが
お知らせできずにいます。

めじろ組・ひばり組の子ども達は
毎日外に出て
身近な自然に触れながら
センセイやお友達との関係を
少しずつ深めています。
保育室から泣き声がすっかり消えて
どの子も安心して過ごしている様子が
伺えます。

入園したてのお子さんは
どうしても
熱を出したりしてお休みがちになる子もいます。
これまでずっとママとべったり一緒にいたのですから
無理もありません。
そのような時は
<念のため>のお休みをお勧めします。

2年目を迎える頃には
驚くほど免疫どっさりついて
お熱を出す回数も
ぐんと減ってきます。
ですから1歳児時代はどうぞ
無理のないように保育園生活を
送らせてあげてくださいね。

また
かもめ組・つばめ組の子ども達は
朝の始業準備を一人ですること
お話をしっかり聞くこと
お箸を使って食べること
に、重点を置きながら
季節の歌を歌ったり
製作活動を行ったり
これまでとは違った
お友達との関わりを深めて
日に日にお兄ちゃん・お姉ちゃんに
なっています。

また改めて
写真を見ていただきますが

前々回のお誕生日会の動画を。

ひばり組。



めじろ組。




園長(また後ほど)

5月の誕生日会~利家くん~

さて、5月のお誕生日会も佳境を迎えました。
続きましては
カッチョイイこのおしるしを持つ
にじのとり保育園が誇る
お武家さま、利家くんです。

利家くん

にじのとり保育園の筋肉部長である
パパ譲りの身体能力を備え持ちながら
やさしく穏やかなことから
女の子達からの信頼を獲得している
まさにスーパーヒーロー利家くんです。

とは言え、
もうみなさんおわかりかと思いますが
男の子はみんな(・・間違いなくみんな)
女の子と比べると
どこか「へチョイ」のです。
利家くんも例外なくへチョイ部分を併せ持っている
れっきとした男の子です。

1歳の頃、とにかくよく泣きました。
ママとのお別れはもちろん、
取り合いになったら
勝負の前から泣くし
独り占めするだけしておいて
取られそうになっただけで泣くし

物語を読み聞かせていると
じーーーーーっと聞いて
神妙な顔をしてるし
給食をやっつけようと
無言で戦ってるし、、、

1歳ぐらいの時から
自分の美学を持っていたのだと思います。
できることしかやりたくない。
みすみす下手打ちそうなことには手を出さない。

私にはそんな美学がとても面白く、
おりこうでないことや失敗しちゃうこと
ころんじゃうこと、どろどろになることを
センセイ達と一緒に
あえて推奨していました。

何事も自分の判断で
「やれる!」と決断した時の
利家くんの爆発力はすごいものがあるんだろう、、と
しれ~っと、でもガチガチに期待して
私達は
ただただ
爆発の時を待つのみでした。

すると、もう痺れも切れる
保育園に通いだして
1年を過ぎた昨年なかば頃、
とうとう利家くんは
自分らしさを全開に爆発させました。

前に出て発表する時も
歌う時も踊る時も
誰よりも一生懸命な姿を
初めて見ることができた時
お迎えに来たママに
興奮して伝えたこと
今もまだ新鮮に覚えています。

子ども達はみんなバネを持っています。
よく跳ねるバネは強靭で
ぐーーーーーっと縮んで
跳ねる時を迎えます。

ぴょこんぴょこんと
すぐに跳ね上がる時期やものごとがあったり
深く深く身を縮めて
ぐぐぐぐっと力をためている時もあります。

どの子も大人の都合で勝手に跳ねさせず
一人一人のタイミングを待って
高く高く跳ねさせてあげたいものです。

そうそう、利家くんの
泣き虫エピソードはまだあります。

3月に行われた
ミントくんの卒園式。
厳かなその式の最中に
前に出ている子ども達の誰よりも早く
利家くんが
ママに抱きついて号泣していました。

私が滝涙になったのは
利家くんの号泣を見たからです。

やっぱりね。
1歳の頃のあの泣き虫には
ちゃんと意味がありましたね。
言葉が話せないその時に
<泣く>という表現方法で
しっかり心が育まれていたのですね。

それしか表現方法のない
生まれてすぐの小さな子どもに対して
「泣くな」
「泣かせるな」は
虐待と同じぐらい
心の成長に歯止めをかけてしまうのだと思います。

<泣き>だけの時期もあっという間ですから
今その時期のママは
泣いてる我が子を受け止めてあげてくださいね。

さて、そんなお誕生日の今日の出し物は
ひばり組とかもめ・つばめ組で行いました。

まずはひばり組の出し物。



かもめ・つばめ組。



ママは絵本を読んでくれました。
その後パパ・ママと一緒に
電車ごっこを楽しみました。
動画は
ママの冒頭のご挨拶のみです。



何をするとかしないとか
成功するとかしないとかではなくて
子どもの成長を喜んでいる
ママの【本当】がここにはあります。

我が子のお誕生日をきっかけに
いつも一緒に過ごしているお友達に
「いつもありがとう♪」の思いを伝えに来る
それがお誕生日会の一番の目的です。

どんな小手先も
子どもには通用しませんが
朴訥でも
【本当】は必ず子どもに伝わります。
子どもは
【本当】を知っていますし
【本当】にしか興味がありません。

今回もとっても楽しく
嬉しいひとときでした。

====================

かもめ組になってから
ぐん!と成長して、お友達に頼られている場面を
よく見かけるようになりました。

かっこ悪いシーンや
うまくいかない出来事を
なんとかうまく消化している姿も
とっても可愛らしく頼もしいです。

いつも優しくても
これだけは譲れないものに関しては
頑として踏ん張る姿は
園長センセイの大好きな姿です。
生きていく上で
その心は失っちゃいけないから
譲れないものは
折り合いつけて
譲ろうとしなくていいんだよ。

本来持つその性格を
ちゃんと生かして生きていく為に
利家くんには、愛嬌とか
天然っぷりも十分(笑)兼ね備わっているから
大丈夫♪

これからも、ここにいる間は一緒に
利家くんの良さを、
ぐんぐん引き出すお手伝いを
していきたいと考えています。

4歳のお誕生日おめでとう。
にじのとり保育園のみんなと一緒に
今年も素敵な1年にしようね♪♪

fc2blog_20150519114546b08.jpg


園長(お誕生日会はまだまだ続く・・・・)

5月の誕生日会〜ポピーちゃん〜

さて、パソコンの調子や
動画の調子も整いましたので
さくさく更新と参ります。
大変お待たせいたしました。

5月15日のお誕生日会、
ダブルブッキングとなりましたが
今回はパパ・ママのご予定でそうなりましたが
サニーちゃんとポピーちゃんは
同じ日がお誕生日ではありません。
(今年は同じお誕生日の子が複数います)

今回はポピーちゃんのお話。
ポピーちゃんは
実はサニーちゃんよりもギリギリに
お席が決まりました。

ポピーちゃんのママが
ある日お電話をかけてきた時には
もう次の学年の子達の
新しい用品などを揃えて
完全に締め切りをした後でした。

もう誰が電話をしてきて
誰がどんな風に食いついてきても
ガチガチに空席ゼロの状態で
のんきな声で(笑)電話をかけてきたのが
ポピーちゃんのママでした。

のん気にもほどがある!
私は電話口でそうママに伝えたことを
覚えています。
相当ないじわる婆さんです(笑)

でもポピーちゃんのママは
そこからが違いました。
普通ならそこで
怒ったり
電話をガチャ切りしたり
しそうなもんですが
(実際そういう方もいらっしゃいます)

非常に荒けずりですが
ママの飾り気のないストレートな【本当】が
私に向かってまっすぐ刺さってきましたから
いじわる婆さんな私でも
「とりあえず見学に来てみますか?」と
聞いていました。

それに対して
二つ返事で翌日に面談日を決めて
やってきたママは
声の印象通りの若い可愛いママでした。

「昨日はすみませんでした〜」
・・・イマドキやなぁ・・・
「やっぱりお席、空いてないんですよね・・」
・・・昨日の今日では変わりませんねぇ・・・

諦めてくれるように
わざわざ
いちいちはっきりもの言う私にも
ニコニコして
「でも、どうしてもここに入りたい♪」と言うママに
どこか私自身の姿を重ねて見ました。

「今お申し込みをされている方の中から
キャンセルが出た場合にのみ
入園のチャンスがありますが
待たれますか?」と聞くと
またママはとびきりの笑顔で
「はい!」と。

すると
なんということでしょう、
直後ほどなくして
「専願です」と申し込まれた後
きっちり認可保育園に申し込まれ
認可保育園にお席を決められたママから
お断りの電話が入り
ポピーちゃんは
にじのとりっ子になることが決定しました。

こういう事例は
今回の1件だけではありません。
毎年こんな形でお席を決められる
熱いママがいらっしゃいます。
ね、デイジーちゃんママ♪

その後ほどなくして
ご挨拶に来てくださったパパに連れられて
やってきたポピーちゃんは
しっかりとこちらを見据えて
声なき声でちゃんと私にご挨拶をしてくれました。

その時のパパのご挨拶も
私はしっかり覚えていますよ。
とっても真面目ないでたちで
にっこり笑って
しっかり頭を下げて

「嫁はいつもこんな感じです(笑)すみません。
娘ともどもよろしくお願いします。」と。

家族の結びつきの強さと
家庭のあるべき姿をそこに見て
私はじんわりしました。

そして迎えたお誕生日会当日、
両家のおばあちゃまも来られて
後ろで見てくださり
リアルに保育園での様子を見て
成長を喜んでくださったことと思います。

パパとママもお誕生日会に向けて
何度も練習されたという
可愛いダンスを披露してくださいました。

まなちゃん2

ギリギリでもなんでも
ママの思いで決まったお席に鎮座して
毎日保育園生活を
楽しんでくれている
笑顔弾けるポピーちゃん、
2歳のお誕生日おめでとう♪

生まれてきてくれて
ココで出会ってくれて
本当にありがとう♪♪

fc2blog_20150519080534eae.jpg



園長(今日のお誕生日会に続く→)

5月の誕生日会~サニーちゃん~

今日はお誕生日会でした。
もうめずらしくありませんね。
ここにいる子ども達の数だけ
お誕生日会を行います。

お誕生日会にプレゼントする
首からさげているカードも
子ども達の数だけ種類があります。
誰一人同じカードの子はいません。

何度目かになって慣れてくると
「ふーん・・今年はこんな感じか・・」
「去年のがよかったな・・」と思うのも
これまた人情で
感動も薄れていくものなのかもしれませんが
毎回同じ既製品よりは
保育園としての<心>を表現することが
できるのではないかな、、、と
いつまでも私は自画自賛しています。

センセイ達、
それはそれは頭をひねっていますが、
ある瞬間に降りてくる
カードの神様の存在を
新しいセンセイには感じて欲しいと思っています。

…という感じで
ブログを書き進めていたら
今年の4月から
にじのとり保育園で
過ごすことになっためぐみセンセイが
初めてカード作りを手がけたのが
5月入園で、
今回お誕生日会の主役
サニーちゃんのカードでした。

以下、
初めてカードを作り、
にじのとり流の誕生日会を
経験しためぐみセンセイが、
夕方私に会えなかったので
メールで寄せてくれた感想を
原文ままお届けします。

………

お疲れ様です。
今日お誕生日会で
サニーちゃんが
カードを受け取った時、
ゾワゾワと鳥肌のようなものが
こみ上げてきて、
泣きそうななりました!

いままで(前の保育園で)
何回も誕生日会をやってきたけど、
サニーちゃんだけのカード、
他の子と違うカードを
堂々と渡せる環境にいることが
とても嬉しく思いました!!

(センセイ達の出し物などで)
前に立つことも、
ドキドキより今は
ワクワクが勝ちます!

究極のアットホームを
だんだん感じてきました♪
これからの誕生日カード、
誕生日会の司会も
今から楽しみです♪

長くなってしまい、
すみません。
今日のうちに
園長先生にお伝えしたくて
メールさせてもらいました♪

………

技術とか、資格とか
どこの学校を出たとか
そんなことよりも大切な、
ここにあるのは
【めぐみセンセイの本当】です。

こういう本当の気持ちが
本当にわいたら、
人はきっと誰しも
鮮度衰えない内に
その思いを
伝えたくなるものだと思います。

前からいるセンセイも
モチロンそうですが、
ブログで見て知っていたとはいえ
4月から関わることになった誕生日会を
こんな風に受け止めて、
ここにいることを
こんなに喜んでいる人と
いつも一緒にいる子ども達は
本当に幸せだと思います。

そんなめぐみセンセイが
受け持つサニーちゃんは
今月からのお友達です。
パパとママは
手品を披露してくれました。


ママは、ほぼギリギリに
サニーちゃんのお席をゲットしました。

かねてより
にじのとり保育園は
ママの腹のくくりを
応援しているとお伝えしていますが、

ママ達が保育園探しの為に
電話をかけてきた時に
交わす会話は主にコレです。
概ね
「保育園、空いてますか?」
が、切り出しです。

その後の私の答えも
ここ2年はずっと
「いいえ、今空きはありません。」

私が応援するママの本気というヤツは、実はこの時にわかります。

「そうですか」と
そそくさと電話を切るママは
そこまでです。

食い下がり方は人数分ありますが
空いてないと言われてから
どういう風に
風穴を開けてきてくれるかで
ママの本気と、
意識せずとも備わった
今後長く続く
親としてだけでなく、
一個人としてのママの人となりが
そこでわかります。

今にじのとり保育園にいる子ども達の
ママ達はみんな、
一人も漏れることなく
そこを突破して、今ここにいます。

ギリギリのタイミングで、
サニーちゃんのママは面談の後に
私の思いやメッセージを
心に留めてくださり
ご自身にしっかり問いかけ、
そこで出た結論を
電話で教えてくださった時は
本当に嬉しかったです。

子どもを授かってから遭遇する
保育園探しを始めとする
色んな出来事の突破口なんて、
どこを探してもありません。
誰かが何かしてくれるわけでも
ありません。

サニーちゃんのママのように
全て答えは
自分自身が既に持っています。

保育園にお子さんを小さい頃から
預けるご家庭のママこそ
自己責任の意識強く持って
保育園に任せっきりにせず
限られたわずかな
我が子と過ごす時間の中で
存分に子どもと関わり
必要な品格を
しっかり身につけさせて欲しいと
強く思っています。

幼少期に身に付く品格の話は
また今度ゆっくりお伝えするとして



ママの思いと
パパの最強の協力で
にじのとり保育園に
仲間入りを遂げたサニーちゃん♪
1歳のお誕生日おめでとう♪♪

生まれてきてくれて
ココで出会ってくれてありがとう♪


園長(ポピーちゃんに続く→)

小さい子達も泥遊び

わたくしごとですが
GWに北陸新幹線<はくたか>に乗りました。
(今ごろ言う)

<はくたか>というのは
こんな形の新幹線です。
ボディーに関しては
まぁまぁといったところでしょうか。
可もなく不可もなく。

はくたか

同じような色目の特急系なら
断然近鉄特急の
<しまかぜ>が好きです。

まぁ言うなら
福山雅治か小栗旬かという
好みの問題です。(小栗旬派)

しまかぜ

============

さて、
昨日大きい子の泥遊びを披露しましたが
今日は小さいクラスも
泥が友達でした。

fc2blog_20150514170652b8b.jpg

fc2blog_201505141706350f4.jpg

fc2blog_20150514170523a7c.jpg


この前は泣いて
泥どころか
裸足も嫌やね〜〜〜ん!!
だった子達も
見事な泥の天使達です。

fc2blog_20150514170558e5f.jpg

fc2blog_20150514172439f57.jpg

fc2blog_2015051417262598b.jpg

fc2blog_20150514172712057.jpg


成長って
こういうことですね。
子どもはいつまでも同じところにとどまっていません。

「あの時、あんなこと言ってた」とか
「あの時、あんなことされた」とか
過去にネガティブに受け止めた
あんなことやそんなことを
いつまでもいつまでも
いっつっまっでも引きずって
根に持ったりするのは大人の方ですね。

子どもはとどまっていません。
叱られたあとにもしがみついてくるのは
ママの腕ですからね。

============


さて、
新学期が始まったばかりですが
にじのとり保育園には
来年の4月以降入園のお子さんの
お問い合わせ・面談が
ゆるゆると始まっています。

まだ募集はしていませんが
お申し込み時期はまだもう少しあとですから
現在妊娠中、育児休暇中のママ、
早くから保育園を探して
探しすぎることはありませんから
とりあえず、気になる保育園があったら
ちゃんとノックして
経営者の方や
園長先生とお話をしてください。

決して
空いていればどこでもいいから
とにかく保育園に預けなくちゃ!
と、考えるのではなくて

ご自身が仕事をしている間、
我が子がどうなら安心して
仕事ができるかな、、と
お考えになって
保育園探しをしてください。

ご家庭が保育園に求めることを
しっかり理解して旗を立てたら
保育園探しはきっとスムーズです。

「こんな素敵なことやってますから
ウチへどうぞ♪」とは
とてもじゃないですが
にじのとり保育園の場合
私の口からは言えません。

休むことを推奨されるし
3歳以上はごはん持参だし
ブログでオチに使われたり
かわいい我が子に
こっそりつまみ食いさせたりするし
ブログは園長の主観満載で
写真載るし、認可外だし
運動会めちゃくちゃハードだし
誕生日会には
ひとネタやらなあかんし・・・・。

あ!!
思い出しました!!
明日はお誕生日会です!!
二人同時に行います。
4月入園と、5月入園の
若いパパとママが
頭を悩ませた出し物、
とってもとっても楽しみです♪

9時には始まりますから
よろしくお願いします。

この写真、
小さいクラスの<さんた組>。

ひーこセンセイ曰く、
「女の子はさんたくんのそばに行ったら
クニャクニャになるんですよぉぉ〜〜!!
まったくもうっ!!」
小さい子も一緒みたいです。

fc2blog_20150514171133f99.jpg

fc2blog_20150514170938aa6.jpg


大きいお姉ちゃんの輪の中に入って
ご満悦な海老蔵くん。
一緒に遊んでいるように見えますが
お姉ちゃん達に指示された
赤ちゃん役の意味がわからず
頭をこくんと動かしてニコニコしていたら
きっちりお人形にその役を奪われ、
お姉ちゃん達に邪険にされて
その後はさんたくんのところで
ごろにゃんしていました。

fc2blog_201505141708447b0.jpg



園長(未だ、園長が美人という噂立たず・・)

園長担任の日

暁を覚えないぐらい眠りたい
5月なかばの水曜日、
私は実に約30年ぶりに
3歳児・4歳児の担任をしました。
と言っても
1時帰りの子が帰るまで、
ほんの半日ですが。

不思議なもので
子ども達を前にすると
カンは戻ってくるもので
自分のポリシーも当時のままだったことに
一人で驚いていました。

にじのとり保育園は
<自由でのびのび>と思われているようです。
小さい子は
どちらかと言うとその色合いが濃いのですが
大きい子に関しては
少し違います。

保育内容に関しては
小さい子達と同様
子ども同士の自由な遊びや
関わる人達との毎日のふれあいを通して
一人一人の持っているものを
大切にしながら
心を育むことを第一に。

そして3歳児に達したら
幼稚園教育要領とも兼ね合わせ
観点を教育に置いた活動もしています。

私が幼児期に考えている
身につけなければいけない大切なことは
「メリハリ」とか「緩急」といったことです。
すなわち
「やる時はやる」「寝る時は寝る」です。

それは間違っても
ネイティブな英語の習得や
とってつけたような算数的な、
お仕着せの国語的なことではなく

話の聞き方を養うこと、
ものごとを正しく理解すること、
すなわち
頭の運動神経を養うことです。

小学校に上がった時に
先生の話を聞く時に
じっと座っていられない子の特徴は
自分のことを
全部ママが先回りして
世話を焼いていたり、
子どもに必要不可欠な
不便や不具合を与えていないケースが
多いのではないでしょうか。

今日私が担任をしたかもめ組でも
個人差は本当にありますが
お話の間、正座ができない、
言われていることがわからない、
自分でやろうとしない、
自分のものがなくなってもわからない、
食べていても他のことに意識が向いて
遊び食べに興じてしまう、
触る必要のないものを触って
モゾモゾしている、、、
といったケースが
それはそれは多々見られました。

ただしこれは
ひばり組からかもめ組に
この春進級したての子ども達ですから
こんなものです。
昔も今も同じです。
それでいいのですよ。

どんな博士も大臣も
ここからのスタートです。
なので1年間徹底して
自分のことは自分でしてもらいます。
ご家庭でも手綱緩めず
お願いします。

脱いでほったらかしになっている靴下が
自分の靴下なのかどうか
わからない子を排出してはいけません。

子どもは家庭の子です。
家庭で育っています。
あくまでも保育園は
子育てのお手伝いですから
そこはお間違えないよう
しつけに関しては
保育園と家庭との両輪で
しっかり身につけてもらいましょう。

ーーーーーーーーーー


さて、そんな今日は
かもめ・つばめ組は
泥遊びをしました。

笑ちゃん・きなこちゃん・こだまくん
スカッシュくん・クララちゃんは
後先考えずにどろどろになって
楽しみました。

私も一緒にどろどろになって
泥山を作りましたよ。

fc2blog_20150513160754f79.jpg


園長センセイに持ってきてくれるのは
お酒のアイスと
ビールのアイス。
食べ物も欲しいなぁって言ったら
チーズとハムを持ってきてくれます。
(なかなかイカしたおつまみ)
(決して飲んべェではない)

成長を感じたのはピーチ姫。
以前なら作ってたおだんごを落としちゃったら
ギャンギャン泣いてたのに
「また作ったらいいだけやしな」と
言えるようになってて嬉しかったなぁ。

王女が
泥だんご作りがとっても上手になってて
間違ってお友達に泥だんごをぶつけちゃった時に
「ごめんね」って自発的に言えてたのも
嬉しかったわぁ。

たい焼き屋さんの角を曲がる時
利家くんが
「僕、お金いっぱいいっぱい貯めて
たい焼き買ってあげるからね」って
約束してくれたから

「そうだね、お仕事一生懸命やって
頑張ってね♪」って言ったら

スカッシュくんに真顔で
「園長センセイってお仕事したことある?」と
聞かれたり

こだまくんに
「エディオンでなんか買うたるからな」と
やたらリアルな店名を言われたりしながら
歩く道すがらは本当に楽しかったのです。

公園に着いて
泥だんごがなかなか作れないベルちゃんが
「作ってください・・」と言いに来るのを
やんわり断りながら自分で作るように促すと
大きいお姉ちゃん達が
アドバイスをし始めて、
とうとう最後には泥だんごが作れた時の
やり遂げた笑顔を見れたこととか

色当てクイズしながら歩いてた時、
ミルキーちゃんの
食のボキャブラリーが豊富だったことに
笑わされ、

ピコちゃんが意地でも洋服汚さないように
しゃなりしゃなりと遊んでいたり
ひーこセンセイがいる時にやってる手順を
1から100まで説明してくれてるのに
その通りにやらない私を
怪訝な目で見つめ返してくれたり(笑)

誰よりも遊びに積極的なきなこちゃんの
ポテンシャルの高さに嬉しい驚き感じて
お弁当の時間に蓋を開けたら
こんなことになってたり。

fc2blog_20150513161713450.jpg


翼ちゃんは
泥の手で触ってきたから
泥で手を洗ったら
白くなるんだよって教えたら
本気でゴシゴシ洗ってて
写真は未完成の変顔だけど可愛かったなぁ。

fc2blog_20150513161607b8d.jpg


笑ちゃんとクララちゃんは
もうずーーーーっと
来てから帰るまで泥水三昧で
大声の笑い声、そして時々無言になってると思ったら
笑ちゃん、泥の中に胸までつかって・・・。

fc2blog_2015051316081810b.jpg


写真は全員分なくて残念ですが
9時半から11時まで
きっちり遊んで帰りました。

fc2blog_20150513162303201.jpg


カメラ向けるだけで
ピースしたり作り笑いしたら
園長センセは写真撮らないのでよろしくね♪


================


楽しく遊んだ午前中ですが
保育園で育むことの話に戻しましょう。

大きいクラスになったらある
お当番の仕事。
以前よりお当番のはじまりの様子を
動画でもお伝えしましたが
前に出て名前言ったり
インタビューに答えているばかりが
お当番ではありません。

たとえばお給食の前にお当番さんが
「手を合わせましょう」
「いただきます」
と言ったらみんなで頭を下げて
「いただきます」と唱和するのですが

小さい子は
小さな手を合わせて頭を下げて
「いただきます」を表現しますし
それで十分ですが

大きい子に関しては
「いただきますって
言うたらええのんちゃいまっせ!」
なのです。

ここがいい加減なのも
園長センセイうるさいのですよ。
形にはこだわるのです。
みんなが本当に手を合わせて
きちんと頭を下げて「いただきます」をするまで
何度でもやり直しです。

fc2blog_20150513164925268.jpg


それができればあとは
極端なお行儀悪い事がなければ
楽しく食べたらよいのです。
お箸の持ち方や姿勢は逃さず毎回、
しっかり食事の時にチェックしてください。

内でできないことは
外でもできません。
家庭内で必ず
「おはようございます」「おやすみなさい」
「いってきます」「ただいま」
「ありがとう」「ごめんなさい」を
氾濫させておいてくださいね。

今日の私の担任時間では
お話を聞く時や絵本を見る時に
誰か一人でも正座を崩していたり
お行儀の悪い事をしていたら
お話も絵本も中断です。

今はお仏壇のないご家庭も多いですし
正座の習慣なんかないのかな、、とは思いますが
正座というひとつの形とその意味を
きちんと体で理解することは
大切なことだと思います。

今できていないことは
非難することでも
いちいち反省することでもありませんよ。
今こそ、しつけの時だということです。
きちんと目を見て
ダメなものはダメをしっかり伝えていきましょう。

大切なのは
メリハリです。緩急つけることです。
言葉よりも行いで
体で覚えさせることです。
まだ間に合います。

挨拶ひとつできないこと
ありがとうが言えないこと
人の話を聞けないこと
その他もろもろで
後々親のいないところで
恥ずかしい思いをするのは子どもであり
その子どもを通して
親である自分が
しこたま恥ずかしい思いをするのです。

でも他人は影で言うだけです。
誰も何も言ってくれません。
だからせめてママ達と密に関わる私ぐらいは
事前に、そうなる前に
声に出してお伝えしたい、と
そう思っています。

担任のセンセイとは勿論相談済みです。
1年かけて
しっかり<けじめのある>
かもめ・つばめ組にしたいと思っています。

それが私の考える
大きい子をお預かりすると決めたことに対する
責任のひとつです。

4人のつばめ組ですか?
彼女達には
かもめ組が加わって人数が増えたことによって
より<いろんな人がいる>という
クラス感が出てきた中に今年いますから
当初戸惑いもあったようですが
昨年とは違って
<いろいろ>ということの意味が
ようやく少しずつわかってきたように思います。

なので
<こうでなくちゃいけない>という
いわゆる<普通の頭>を
崩せたらなぁ・・・と
私は思っています。
いろんな選択肢が思いついて
どれを試してみることも
いいのだということを
わかって欲しいなぁと思っています。

時々行っては
しつけめいたこと言って
ロッテンマイヤーさんみたいなことしてたら
子ども達に嫌われるよ、、ってですか?

大いに結構なのですよ。
子ども達が将来
恥ずかしい思いをしないために今できる、
でも誰も引き受けない嫌われ役なら
買ってでもしますよ♪♪

それに
嫌われない。
子ども達はちゃんとわかってますよ。


園長(思い過ごしも恋のうち♪)

感謝と今日のこと

先にお伝えしておくことが2点あります。

①明日5月13日(水)のお給食は
5月15日(金)の献立
クリームシチューに変更致します。
(野菜炒めとスープは5月15日(金)に行います)

②明日5月13日(水)は
かもめ・つばめ組の担任は園長が致します。

(毎日9時には保育が始まります。
子ども達は準備等も自分で行いますので
9時に分園到着では遅いです。
遅くても9時10分前には
分園に到着しておいてください。)

 
・・・・・


保育園で、母の日や父の日のプレゼントを
作ったり絵を描いたりすると
外野ではいろんな意見が飛び交います。

お母さん(お父さん)の
いない子に対してどうなんだ
とか
配慮が足りないのでは?
など。

でも私はやります。
それは
今一緒にいようがいようまいが
どんな事情があろうが
自分の今の肉体を持った命は
父と母ありきだからです。

どんな命の誕生も
それは大いなる奇跡の上に
成り立ったものだからです。

誰かが決めた母の日ですが
その日は上っ面なぞりで
戸籍上お母さんという関係の人に
何かプレゼントする日では
決してないのです。

日々感謝を怠る未熟な私達が
母の日や父の日があることで
感謝の対象に心を向けることができる
ありがたい日だと私は思っています。

何かもらった時の
「ありがとう」ならば
この命を授けてもらったことへの
「ありがとう」は
今父母がいようがいまいが
その気持ちを込めて表すことは
悪いことでも
悪影響を及ぼすものでもないと思います。

子どもから保育園で作った
小さなプレゼントをもらって
嬉しい気持ちになったら
その気持ちは
生きていても
たとえ亡くなっていても自分の母へ。
或いは夫の母へ。
もしくは
母親の代わりに接してくれた
あの人に
感謝の気持ちを伝えるだけで
その日が終わってそれでいいと思います。

にじのとり保育園では
どうしても
「我が家ではプレゼントは必要ありません」
というご家庭につきましては
話し合いの上、考慮致しますよ。
いらない!とおっしゃるのに
無理に作って持ち帰ってもらったりもしません。
でも、
感謝の機会をみすみす棒にふるような
そんなもったいないことは
ママやパパには
して欲しくないなぁと思っています。

(現状、どなたもいらっしゃいません)

全て、最終的に
にじのとり保育園で行っていることは
私の責任において
行っています。

他の保育園がどうされているのかは
私の知るところではございません。
また、ママ達から
「母の日のプレゼントが欲しいから
何か子どもに作らせてください」
などという
とんでもない要望もございません。

ご自身のお子さんが通っている
幼稚園や保育園で
それがないのであれば
おうちで
パパやママが
お子さんにお顔でも描いてもらって
壁に貼ってみるのも一案でしょう。

全く無視も一案で
その日は家族揃って外食へ行くと
決めるのも一案です。

何かがあってもいいし、なくてもいい。
その日を過ごす方法なんて
何百通りもありますから
ご家庭のよいようにされたらいいと思います。

ただ、にじのとり保育園では
どうせなら
感謝を伝える日という意味付けで
子ども達と一緒に
これからも楽しみたいなぁと思っています。


・・・


私は幼少期
祖父母のもとで育ちました。
一時、父はもちろん、
母とも離れて暮らしていた時期がありますから
きっと周りからは
相当寂しい子だと
思われていたのだと思います。

大人達からの憐れむような視線や
心無い言葉は
浴び慣れていました。

子ども心にいろんなこと思って
泣いたこともあるかもしれません。
記憶はうっすらですから
テキトーなもんですが。

でもそんなことより
父や母がそばにいないその時に
ずっと祖父母が一緒にいてくれたので
寂しいなんて思っていなかったのです。

なのに周りは勝手に
「かわいそうに」と言う。
へんなの・・といつも思っていました。

当時子どもだった私には
自分が心の中で思っていることを
大人に向けて言う豊富なボキャブラリーは
備えていませんでしたから
黙っていましたけど
頭の中では
「私はかわいそうじゃないよ♪」と
ずっと思っていました。

多分私は
どこかが強めに生まれてきたのでしょう。
持って生まれたものというヤツですね(笑)

でも私は
だからこそ
今自分の目の前にいる子ども達と
その親御さんには
一緒にいようがいようまいが
大いなる感謝でしかない
自分の今ある命は
父母ありきだということを
ほんの少しでも
小さすぎる種でも
撒いて伝えておきたいのです。

悪いこと、良いこと、
みじめなこと、健全なこと、
そんなものは自分のものさしでしかないのです。
誰かが何か言うからと言って
信念があるなら
自分を変えなくていいと思います。
自分が生きるのは
あくまでも自分の人生ですから。

何をとってみても
みんな同じなわけがなく
抱えている問題も課題も
各家庭、各個人それぞれだということ。
思いも考えもそれぞれな人間の集まりの中だからこそ
ほんの少しの共通点を見つけたり
すごく小さなことも
手に取るように分かり合える人を見つけたなら
もうそういう人達との時間を大切にする時間しか
私達には、与えられていないような気がします。

子ども達にも
しっかりそれを伝えたいと思っています。

同じ経験するなら
いらないものはどんどん捨てながら
どんなことも糧にして生きた方がよいですよね。
たった一度の人生ですから♪
人生のうちで
<今日>は二度とない
貴重な<今日>ですから。

ママもパパも
生育環境も何もかもが違うにじのとりっ子達の
たったひとつの共通点は
今にじのとりっ子だということです。
その必然のキセキを
ここにいる間、お互いに感謝して
ええほど味わっていましょうね♪

・・・

さて、
雨が降ってきましたが
大雨の被害は夜のうちに
大阪から去っていきそうですね。

今日のおやつは
味噌蒸しパンです。
にじのとり保育園のパティシエ
きえセンセイ作です。

fc2blog_201505121555028c0.jpg


1歳児さんは今日も絵の具で何やら描いていましたよ。
お察しの通り
顔じゅう、体じゅう
真っ青になっていました。

ぐいぐい系切り込み隊長のクリリンです。
誰よりも派手にやってくれています。(いつも)

fc2blog_201505121543498dd.jpg


ジャニーくん。
一番最初に真っ青になって
部屋中を海にしてくれました。

fc2blog_20150512154307ee4.jpg

ルンルンです。
何をしていても
こちらが笑顔になります。
子どもってほんとにすごいです。

ルンルンだけじゃなく
どの子もみんな、毎日
泣くも笑うも食べるも寝るも
遊ぶもいたずらするも
全力です。

fc2blog_20150512154417e39.jpg


はい。みずほくんです。
どこにいるのか。
はい。園長センセイのお部屋です。
誰かが入ってきたら
どんなに離れていてもやってきます。

fc2blog_20150512162612073.jpg

最近入る前に
めっちゃくちゃ大きな声で
「おーう!」とか「おーい!」と言って
一人でひと問答してから入ってきます。
桑原和男師匠のようです。

海老蔵くんとは今日もまた
ちびまる子ちゃんごっこをしましたが
光ゲンジごっこの時ほどノッてはくれませんでした。
写真は過去に行った
ちびまる子ちゃんごっこの時のものです。

fc2blog_20150512163951c9d.jpg


海老蔵くんのママが毎日綴ってくれる
私とのやりとりノートの
心の声満載赤裸々日記が
毎日楽しみな私です。

保育を見つめて
保育の本を読み、実践するだけでは
保育は上達しないのと同じで
子育てしている時期だからと言って
家でも外でも子どものこと一筋、
子どもオンリーでない方が
子どもにも自分にもいいと思っています。

もちろん何事も
グーとパーのさじ加減は大切ですが。

ママの赤裸々日記は
その行数の9割が
海老蔵くんのことではありません。
すっごく面白いので
共有したいところですが
そこは究極の個人情報ですから
二人のお楽しみにさせていただきますが、、、笑

でも私はその中に
何事にも常に心を掛けているママの姿や
ママが生きる上で大切にしていることや
ご家庭の、ご夫婦の間に流れる
あったかい温度を読み取ることができて
嬉しくワクワクしているのです。

子どものこと以外も
自身のキャパ超え感じながらも
頑張るママの姿そのものが
海老蔵くんへのママの思いや行い
そのものだなぁといつも思っています。
一事が万事とは
まさにこのことですね。

子育て中のママには
ぜひ
子育てコンテンツでないことを
じゃんじゃん吐いて欲しいと思います。
そうすることによって子育てのヒントや
自分のクセがわかって
いろんな答えに
ゆるゆると直結するのではないかな・・
と、思います。
ね、翼ちゃんママ♪(元祖赤裸々系)


そんなこんなで今日はこのへんで
おしまいにします。

園長(子ども達はみんな天才です♪)

母の日

さて、大型連休を取られていた方も
本気で連休明けを迎えた5月11日は
大盛りミートソーススパゲティーのお給食で
幕を開けました。

fc2blog_201505111431459aa.jpg

おやつは
青のりとゴマのケーキでした。
by きえセンセイ 
(写真ありません、すみません)


4月入園の1歳児さんも
すっかり保育園の生活に慣れて
シーンが変わるたびに泣くということが
なくなってきました。

ほんの1ヶ月前は
お散歩に行く前はほぼ全員がこの世の終わり泣きでした。
散歩に出かけても
帰ってきてもそれはそれは
大騒動だったのですが
今は本当に落ち着いています。

よく途中入園を心配されるママがいますが
4月一斉の時よりも
時期をずらした入園の方が
スムーズに溶け込めるケースの方が多いのです。

それは
待ち受けるお友達が
みんな慣れていて
保育室全体に流れる空気が
一斉入園で
たくさんの新しいお友達がいて
みんながみんな泣いている時よりも
ずいぶん穏やかなので
すんなり場に馴染むのですね。

実際今年も
4月の途中から
或いは5月からの入園のお子さんは
この世の終わり泣きは
1日2日で終わってしまいました。
なんだか寂しいので
朝泣いてる子を探しては
楽しんでいる私です。

ふふふ♪♪
まだまだ泣いてていいよ♪♪


そんな今日は
母の日の翌日です。
実は子ども達は金曜日に
母の日のプレゼントを持ち帰っています。

めじろ組さんは
子ども達の顔がトップの
ペンダントです。
初めての母の日プレゼントが嬉しかったと
多くのママがノートで教えてくださいました。
今のこの気持ちを
忘れないでいてくださいね♪

fc2blog_20150508184930bbf.jpg

めじろ組さんから1年成長したひばり組さんは
フルで一人でなぐり描きをした紙で
エプロンを作りました。

fc2blog_20150508184955b6f.jpg

おまけにママの顔も描いてみました。
案外描けててびっくりです。

fc2blog_201505081850119d9.jpg


写真は今日の朝の集いで
ひーこセンセイの手の中の
いちごの匂いを嗅いだ直後の子ども達の顔です。

たったそれだけのことで
人は
こんな幸せな顔になるのですね。

fc2blog_20150511162708e0c.jpg


かもめ組・つばめ組は
巾着を作りました。
かもめ組は柄は自分でチョイスして
貼ってあります。
つばめ組は縫いました。

早速ノートに
<プレゼント嬉しかったです〜>と
我が子からのプレゼントを
喜んだというご報告いただきました。

どんな小さなものでも
プレゼントをする時は
相手のことを考えています。
子どもは特に純粋ですから
そのことだけ考えています。

小さい子は
偶然の産物というケースが多いかと思いますが
大きい子達は
作る前も作る時も出来上がってからも
お母さんのことを思いながら作るよう
保育士は言葉を掛けたり
イマジネーションを膨らませたりして
これ見よがしでなく
しれ〜っと←ココ重要
働きかけます。

これは
母の日の前だけそんなことをしてもダメで
毎日のお弁当やお茶の用意、
そんな小さなことからも
感謝の気持ちがしっかり根付くよう
言葉を掛けて接しています。

今回ももちろん例外なく
出来上がった時に
どんな言葉をかけて渡したら
お母さんは喜ぶだろうね、、、と
子ども達と一緒に考えて
一人一人、自分の言葉で
お母さんに<ありがとう♪>を伝えられるよう
接しながら完成しています。

それぞれのありがとうがあったことを
大きい子のノートから教えてもらえて
本当に嬉しかったです。

ピコちゃんは
巾着を首にかけながら
「おかあさんありがとう♪」と
妹のパコちゃんと一緒に。

(※ピコちゃんのママに
第三子が生まれたら
女の子ならペコちゃん。
男の子ならポコちゃんと決めています)

ピーチ姫は
もうおうちまで待てずに
「ありがとう♪」とプレゼントを。

嵐くんも
ひとつひとつ説明しながら渡してくれたそうです。

そんな中
メールに写真が添えられていたのは
スカッシュくんのママ。

「ママ、、いつも、、いつも、、。色々、、
手伝ってくれて、、ありがとう」と
照れながら真顔で一生懸命伝えてくれたと
思ってもいなかった息子からの言葉に
嬉し涙が一筋、、とのことでした。

fc2blog_201505111432350a0.jpg


今の気持ちを忘れないで
母の日をきっかけに
実は何もわからないような子どもから
日々与えられているたくさんのギフトに
ただ、感謝していましょうね。


園長(母から「友達と温泉行くんやけど・・」と
   おねだりメールが来るお年頃)
園長(その後すぐ弟から「甘やかし禁止」と
   メールが来るお年頃でもあります)
園長(母が元気でいてくれる源のために
   私にもできることがまだあるのは嬉しいことです)

more...

5月の誕生日会〜えっちゃん〜

さて、始まりましたよ。
怒涛の誕生日月間の5月。
一番最初は、かもめ組の
このマークをおしるしにするイカした女の子、
えっちゃんです。
サブネーム<食い倒れ花子師匠>。

衣装の散髪屋カラーは
食い倒れ太郎師匠のイメージから
いただきましたよ♪

えっちゃん


このおしるしに決まった後
ママがノートで
「ウチの子の世界観が
この絵の中に全部現れてる!」と
教えてくださって
本当に嬉しかったです。

えっちゃんは
ままごとの達人です。

それはそれは
それはそれは(2回言うほど)
見事にママの様子を再現している
リアルなママごっこです。

えっちゃんのままごとの特徴は
とにかく何事も
なんだか忙しそうにバタバタしています。
一人で何役もこなし
赤ちゃんの相手もしながら
料理の後の家事の手順も
テキパキと子ども役の子に指示します。

「これ終わったら買い物行かなあかんから
はよ用意してや」・・まるでママ。(笑)
かと思いきや
携帯電話を取り出して
宿の予約を入れたりも。・・きっとまるでママ。(笑)
とにかくえっちゃんのソレは
ずーーーーーーっと
眺めていられるままごとっぷりなのです。

そうそう、よく聞かれますが
「ブログネームは、なぜえっちゃんなの?」
これは
昔私が子どもの頃に見ていたアニメ
「さるとびエッちゃん」から由来します。

当時は
夜7時〜テレビアニメの時間帯がありました。
魔法少女もの全盛期に
この「さるとびエッちゃん」は
少々異質なアニメでした。

エッちゃんという子は
えらい怪力だったり、動物と話をしたり
飼ってる犬が大阪弁しゃべったり
学校で起こる
小学生的なハプニングのあれこれを
ガハハと笑って豪快に解決したり
とにかく当時私のような女子は
見ていて本気で笑い
スカッとしていたものです。

初入園の日
人見知りな上に場所見知りして
ママを求めて泣くエッちゃんの姿に
全く真逆なのに
私には当時のこのアニメの主人公である
猿飛エツ子が
問題解決をしてガハハと笑う姿が
重なって見えたのです。

あ〜なるほど♪
今は泣いてるけど
ほんとはお転婆で大雑把なんだと
泣いてる背中が教えてくれました。

直感で生きる私に
見えたからしょうがないのです。

今目の前でぎゃんぎゃん泣いている女の子は
瞬時にえっちゃんに決まりました。
それからえっちゃんは
時間をかけて
お転婆街道まっしぐらです。

特に去年あたりからは
本当に<ガハハ>と大口開けて笑うシーンを
見かけることが増えて
しめしめ・・・と
私はとっても嬉しくなっているのです。

「園長センセ〜!シールちょーだい!」と、
却下を恐れず
自分の要求を伝えてくれるのも
私には嬉しすぎて仕方ありません。
時々あげて、時々やんわり却下して、
緩急つけて接し、楽しんでいます。

えっらい長い前書きになりましたが
昨日はそんなえっちゃんの誕生日会でした。

fc2blog_20150509094612683.jpg

なんと、ニアリーは
5月2日生まれのさんたくん。
なんだか結婚式みたいな二人です。

ブログ用えっちゃん1


ママは、パティシエに憧れているえっちゃんの為に
あまり得意とは言えない(かもしれない)裁縫で
手作りケーキを作って
上に乗せるクリームやフルーツも作って
みんなでケーキを作りました。

fc2blog_201505090943206d9.jpg

fc2blog_20150509094425044.jpg

そこに至るまでに
GWにパパのご実家に行った時
裁縫上手なお姑さんと一緒に
このケーキやフルーツを縫ったこと、
その時にたくさんお話ができたこと、
その時のえっちゃんの様子が嬉しそうだったこと、
当日も仕事を休めなかったパパと
途中まで一緒に来られて嬉しかったことを
ノートいっぱいに書いて
お知らせしてくれました。

ブログ用えっちゃん6


もうそれで十分なのです。
何度も書きますが
保育園のお誕生日会に出し物をしていただきますが
大切なことは
「何をするか」
「成功するか」ではなくて
「どんな気持ちでそこにいたいのか」
「どんな気持ちでその日を迎えたいのか」
「どんな気持ちをその日伝えたいのか」
ということです。
いいも悪いもありません。

誕生日会の催しひとつですが
いろんなことが丸裸です。
そこには
本当にいろんなことの
ヒントどころか答え満載なのです。

みなさん、帰り道には
多くのことに感謝の思いが溢れて
嬉しい気持ちになるはずです。
お誕生日会の目的やねらいはそこにあります。

子どもだけを見ての誕生日会は
底も天井もすぐに尽きます。
保育園や幼稚園は
大人の笑顔に貢献しなければ
意味がないと私は思っています。

疲れて眠ってもオールオッケー♪

ブログ用えっちゃん4


さて、そんな昨日の子ども達のお祝いの出し物を。
まずは出し物デビューのめじろ組。
今日の初舞台では泣いてるこの子達も
3月の音楽祭では
えらいことになってるはずです。(ニヤニヤ)
のびしろしか見えませんね。




そしてひばり組。
今回は混じってるめじろさんはいないかな・・・。




かもめ・つばめ組はこんな感じ。
画面向かって右から4番目にいるのが
夏のドレスで登園してきた笑ちゃん。

みんなにドレスを褒められてご機嫌のさなか、
さんたくんのところにやってきて

「ねぇねぇ聞いて。
利家くんとビリーくんが
ドレスかわいいねって言ってくれない・・・」

また21歳男子へのツボ発言が出たようです。
可愛いと言われても言われなくても
がっさり踊る笑ちゃんにご注目です♪




センセイ達ももちろんやりましたよ。
今回はカレーライスの歌に合わせて
寸劇と振り付けです。

fc2blog_20150509094902029.jpg

劇中喧嘩がリアルすぎて
見ながら泣き出してしまって
終わってからべそかき‎顔で
「もう大丈夫?」と聞いてきたのは
翼ちゃんです。

fc2blog_201505090949506d7.jpg

写真には写っていませんが
利家くんの神妙な顔も
こちら側で演じながら
切なくなりましたよ。

でも、だからこそ
やめられないんですよ♪♪
ワタシタチ♪♪


=========================

弟が生まれてお姉ちゃんになってから
保育園でも
自分の意思がしっかり言えるようになって
大口開けて笑うシーンが増え、

私の提案とご家庭の意向が合致して
週2日の保育園生活を送るようになって
家庭時間が増え、

それまでよりもずっとずっと
<らしく>
保育園生活を送っているえっちゃん♪

4歳のお誕生日おめでとう。
にじのとり保育園のみんなと一緒に
今年も素敵な1年にしようね♪♪

・保育園に来る日数が少ないから
最初はあんまり一緒に遊ぶことなかったけど
最近よくわかってきてん。
えっちゃんはものすごい
自分のイズムを持ってるねん。
誰が叫んでも、誰が欲しがっても
自分のペースで手放したり
守ったりしてる姿はすごいケナゲやで。
ほんでな、
お母さんが誕生日会で前でやってる姿は
保育園でのえっちゃんの姿そのままやったから
ホンマ、びっくりしたわ!!
ママが友達に話しかけてる様子は
僕がいつも見てる
えっちゃんの姿そのままやった!! by さんた

fc2blog_20150508204758cf3.jpg



園長(来週のお誕生日会に続く♪)

連休明けの1日

さて、長いようで短かった
ゴールデンウィークも終わりましたね。
私はと言うと
<現実逃避>と言い切るには
少々乱暴かもしれませんが、
ひとしきりGWの毎日を
我が家の二人の子ども達とも
あまり顔を合わせることなく
自分の為に贅沢に時間を使い切って
新しく生まれ変わったんじゃないかというぐらい
フレッシュな気持ちで今日を迎えています。

文字通り、今回の連休は
私にとって黄金の週間となり、
今まさに
<さて>という気持ちでここにいます。

ゴールデンウィークの
それぞれのご家庭の様子は
ノートで教えていただき
ニヤニヤしながら読ませて頂きました。

行楽地にお出かけになったご家庭あり
いずれかのご実家で過ごされたご家庭あり
おうちでのんびりされたご家庭あり
病気をして寝込んでいたというご家庭もあり
それぞれでしたが

どこかに行っても行かなくても
病気だったとしても元気でも
家族と一緒に過ごした
いつもと流れが違うように感じられる時間は
子ども達の中にしっかり蓄えられて
成長の糧となったことと思います。

どの子も一回り大きくなって
自信がついたように見えます。

よく大人は
目的と手段を間違えがちなのですが
たとえば休みの日は
遊園地へ行くとか
テーマパークへ行くとか
さて、どうやって過ごすのかということを
目的だと勘違いしがちですが

休日の目的は(休日に限りませんが)
どんな気持ちで過ごすのかということだと
思っています。
そうすればおのずと
誰と過ごすのか
どこで過ごすのか
何をして過ごすのかという
いわゆる方法や手段は
導き出されると思います。

遊園地もテーマパークも手段です。
そこに惑わされることなく
自分自身の目的に
忠実に生きたいですね。
方法ではなくて
大事なのは目的です。

どこにも連れて行ってやれなかった、とか
何も楽しいことしてやれなかった、は
無用な反省です。

==============

そんな今日のお給食は
チャンポン麺です。

fc2blog_20150507173603fff.jpg

めじろ組さんは
黄金週間が明けて
さらに食欲が増した感じです。
いいことですね~。
がっつりいきましょう♪

fc2blog_20150507173740d4f.jpg


女の子も負けてませんよ。
みんながっつり系です。

fc2blog_20150507173930c75.jpg


こんな感じで
明日はお誕生日会を迎えます。
5月、怒涛のお誕生日会ラッシュの始まりです。


園長(明日は明日の風が吹く)

連休前の今日のいろいろ

今年のめじろ組・ひばり組のお楽しみのひとつ
(誰も楽しみにしてないかもですが)
センセイ達手作りの
消しゴムハンコの毎日のスタンプ。

4月はゆいセンセイ作のチューリップでした。
ゆいセンセイらしく
荒削りな感じで
最後まで押す方向を毎回確かめながら
一生懸命押さないとうつらないので
結構いい具合に神経使いました。

でも、
心を込めて押せたスタンプでした。
荒削りに見えたチューリップも
最後花畑になる頃には
なんとも言えず可愛いページになりました。

fc2blog_20150501171055fcd.jpg


さて、5月はなんだろう・・と
心待ちにしてくださっているママが
大きいクラスにもいらっしゃるようですので
お伝えしますね。
5月はこれです。

fc2blog_201505011338180f1.jpg


おにぎり by めぐみセンセイ です。
そのまんまやん!とか
イメージまんまやん!とか
言わない言わない(笑)

こう見えてこのおにぎりは
当初提出されたものに
手を加え改良したものです。
素晴らしくよくなりました。

めぐみセンセイも
ナンシーの襲名まで
頑張ってもらいましょう♪


===============


ロングなGWに突入したご家庭や
パパが単独でお休みのご家庭は
既に保育園をお休みされ
ご家族時間を満喫しておられるという
ご報告を頂いています。
いいですね〜。
なによりです。

子ども達が小学生になったら
きっちりカレンダー通りですから
平日のお休みは
がっつり自分のものになります。
それまでの小さいうち
手のかかるうちは
何を置いても
家庭時間を大切にしてくださいね。

子ども達は
どこかへ遊びに行った事実そのものよりも
行く前の準備にワクワクしたり
行きの乗り物の中で
こっそりお口に入れてくれた
食べたことない飴ちゃんの味とか
帰り道に疲れておんぶしてもらった
背中の暖かさとか
そういうことが
肌を通して子どもに伝わり
成長の為の糧になっているのだと思います。

お出かけ先は
テーマパークでなくていいのです。
目的を間違えてはいけません。

すぐです。
すぐに
休みの日にも
クラブだ友達だ
優秀な子は塾だと
家にいなくなるのですから。

================

そんな今日は
先日のつづきのお当番動画
先週のものです。




今日も生き生きと
お当番活動に精を出す子ども達です。
「やらない・・」なんてサボる子は
こんな時代にはいませんね。
いつからだろう、、

fc2blog_2015050113402160a.jpg


================

今日のお給食は
じゃこまぜごはんと
お味噌汁。
今日は私が作りました。

fc2blog_20150501133933cef.jpg

じゃこまぜごはんの中には
人参・じゃこ・わかめに加えて
ほうれん草も入っています。

材料を全てだし汁で煮込み
砂糖と醤油で味付けして
ごはんに混ぜます。
仕上げはごまとごま油。
(かもめ・つばめ組はおかずとしていただきます)

めじろ組さんは
「どうぞ」からの
「ありがとう」が
ほんとにみんな上手になりました。
ご家庭でしっかり
「いただきます」の習慣が
身についているのだなと感じます。


たとえ
ボールひとつ手渡されたとしても
「ありがとう」

「お茶ください」
「おかわりください」

面倒かもしれないこの一連の動作を
しっかり身につけさせるだけで
一生を生き切る武器を身につけることができます。
もちろん
後からでもいくらでも装着できますが
子ども世代でも年を重ねるほど
身につくのに時間がかかるのです。
だから今のうちに。

外食に出かけて
注文を伝える時に
「塩ラーメンください」
「ナポリピザください」と
親が伝えている姿を見ていると
自然に子ども達もそうなります。

どこへ食べに行っても
「お茶」
「おかわり」と言って
ふんぞり返る子を作らないよう
この時期にしっかり身につけてください。
言葉がおぼつかなくても
きちんと
「お茶ください」
「おかわりください」と。
そして手渡してもらう時には
「ありがとう」と。
おうちでも。

================

自分のことは自分でやることが課題の
にじのとり保育園の
かもめ組さん。

朝登園してきたら
靴を靴箱の中に綺麗に片付ける。
お弁当・コップなどを所定の場所に出す。
おちょうめんを2冊出して
示された場所にハンコを押す。
今は着ていませんが
靴下を脱ぎ、スモックを着る。
水筒を所定の場所に所定の出し方で出す。

これら一連の動作を行ってから
ようやくお部屋で遊ぶのですが
いろいろ諸々が出来ない時に
何も言わず
ふにゃふにゃぐずぐずしているだけでは
誰も何も手助けしてくれませんから
「お手伝いしてください」と
申し出をするシステムです。

我が子が引っ込み思案で
要望が言えないタイプだと
もしもママが思い込んでいるケースが
あるとすれば
そういうタイプの子への働きかけは
さっと察して気付き
痒いところに手を伸ばすことではなく
厳しめでも時間をかけて
きちんと要望を言えるように促していくことが
この時期の大人の役割です。

泣いて気付いてもらおうとする子には
センセイは待ちます。

わりと遠回りして
一旦ふにゃふにゃと
さんたくんあたりに甘えて
「できなーい・・・」と
小さい声で訴える子がいたら
すぐに手伝うのではなく
できるように促します。

最初から近道で
「お手伝いしてください!」と
はっきり滑舌よく言う子もいます。

そんな時はきっちり
「もう自分でできるよね」と言われてますが・・・(笑)
ね、ビリーくん♪

「私がやってあげよっか!」と
なんでもかんでも名乗り出て
「先に自分のことしようか」と言われる子も・・・(笑)
ね、王女♪

相手からの返しは相手の問題だから
どうでもいいじゃん!
とりあえず言ってみよ!っていう根性
私は大好きです。

先の二人は
こういうことすら考えてませんよ。きっと。
考える前に口と手が動いてるんですね。
で、考えないから
こういうタイプは
相手の返しにいちいち傷つかない。
非常にわかりやすくて
話が早くて気持ちいいです。

今朝もずーーーーーーっと
「今日はプラレールで遊びたいよーー」と
訴えてましたが
さらりと何度も却下され
それでも食い下がる姿勢は見事でした。
やらないとわかると
さっさと普通の遊びに喜んで参加してます。

さぁ今から粘土するよ〜
と、たとえばセンセイが言った時に
「いや〜」と言える気質を
封じ込めてしまうのが
就学前の子ども達に(就学時も)
必要な教育ではないはずです。
センセイの言うことを聞いて
逆らわない子がいい子という刷り込みは
怖いです。

今いっぱいの自由があるから
ちょこっとの決められたきまりごとも
楽しんでできるのが幼児期です。

その時に体感した
いっぱいの自由は
将来、たくさんのやらなければいけない
エブリディルーティンの渦で生きる時の
自分の救いになるのではないでしょうか。

いわゆる大人が決めた<設定保育>なんてものは
小さい子では1日ひとつ15分程度もあったら十分です。
大きい子でも
1日ふたつ程度、
合計時間1時間以内で十分だと思います。

一概には言えませんが
それでさえ幅を持たせた
自由度の高いものでないと
子どもは息が詰まって
発想力を失ってしまうような気がします。


=============


ダメ元ですよ。なんだって。
一度きりの今の自分の人生です。
オトシマエをつけるのも自分ですから
どの道自己責任なんだから
引っ込んでないで
じめじめしないで
やりたいことで花咲かせましょ♪♪

・・・ってことを
子ども達に伝えているのが
にじのとり保育園です。


同時にパパ・ママには
何度も何度もしつこいぐらい
お伝えしていますが
保育園がどんなに楽しそうでも
喜んで通っていても
子ども達が一番嬉しいのは
お迎えの時間であり
何もしていなくても家族で過ごす
おうちでの時間です。

いつもより早くお迎えに来た時の
得意気な子ども達の顔は
どんな時より輝いています。

小さいお子さんを
人の手に預けない選択を喜ぶ保育園です。
GW中の平日がお休みのパパ・ママ。
時間惜しまず一緒にいてあげてくださいね。
子どもはおうちで育ちます。

私が保育園を立ち上げた志の先にあるものは
・・・なんてことを話せば
何時間あっても足りませんが

追求するものがある時
近道は真逆の選択の中にあることがあります。
が、こんな話は
きっと面白くないのでこのへんでおしまい。


写真は、春眠なのに
すぐに暁を迎えるという評判の
株式会社にじのとり・すぐ寝る課のみなさんです。


fc2blog_201505011339115e9.jpg


一番にがっつり食べ終わると同時に眠くなり
すぐに大の字になるあやめちゃんが課長です。
大阪風に言うと
この課のみなさんは
ガー食べて、バーっ寝ます。

fc2blog_20150501133849bb7.jpg


サニーちゃんは
今日からのお友達です。
名前に負けないさわやかな明るい笑顔♪

fc2blog_20150501133956cea.jpg

ライザップJr.です。
ほっぺが土で汚れているのは
午前中の探検の結果です。
懐中電灯付きヘルメットを
今度用意しておきましょうか・・・。

fc2blog_20150501134107bd2.jpg


製作の後は
タトゥー娘になります。
何をやっても大胆なハイジちゃんです。

fc2blog_2015050113413766b.jpg



園長(連休中のお話また教えて下さいね♪)
園長(連休中のブログは園長のひとりごとでお茶濁し♪)

プロフィール

にじのとり保育園

Author:にじのとり保育園
大阪市北区にある
にじのとり保育園の日常と
園長の主観満載のひとりごとです。

カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
44位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
2位
アクセスランキングを見る>>
ランキング参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR